cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.676 − 冬至のフィンランド

昨日12月22日は2018年の冬至。一年で最も昼が短く夜が長い一日でした。

そんな冬至の日の様子をフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」が伝えています。

Tänään oli vuoden lyhyin päivä

Tänään lauantaina oli vuoden lyhyin päivä. Päivän valoisa aika oli tosi lyhyt.

Oulussa päivän pituus oli 3 tuntia ja 34 minuuttia. Helsingissä päivän pituus oli 5 tuntia ja 49 minuuttia. Napapiirin pohjoispuolella aurinko ei noussut ollenkaan.

Huomenna sunnuntaina päivä alkaa pidentyä. Viikon kuluttua päivän valoisa aika on noin 7 minuuttia pidempi.

今日は一年で最も昼の短い日

今日土曜日は一年で最も昼の短い日だ。昼の明るい時間は本当に短かった。

オウルでは昼の長さは3時間34分だった。ヘルシンキでは昼の長さは5時間49分だった。北極圏の北側では太陽は全く昇らなかった。

明日日曜日には昼は長くなり始める。一週間後、昼の明るい時間は約7分長くなる。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
lyhyt short 短い
valoisa bright 明るい
pituus length 長さ
napapiiri polar circle 極圏
pohjoispuoli northside 北側
ollenkaan (not) at all まったく(〜ない)
pidentyä lengthen 長くなる

 

フィンランドの中ではほぼ南端にあるヘルシンキでも、この時期の昼の長さは6時間に満たないんですね。

こういう記事を読むと、フィンランドというのは「北」に位置する国なんだということを実感します。

そしてこの時期、一日中太陽が昇らない「極夜」の地域ではそもそも昼夜の長さ云々は関係ありません。

ただこの冬至を過ぎれば少しずつ太陽の季節に向かっていく訳ですから、極夜の地域の人々にとって冬至というのはマラソンの折り返し地点のようなものなのでしょうか?

この冬至の日を、世界の様々な地域で、様々な人が、様々な思いで過ごしている。そんなことを想像するだけで何だか不思議な気持ちになります。

フィンランド語学習記 vol.675 − 頭が痛い

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 2』にこんな文が出てきます。

Kun Hanna aamulla heräsi, hänellä oli huono olo. Päätä särki ja hänellä oli nuha ja kurkkukipua.

ハンナは朝起きたとき、具合が悪かった。頭が痛く、鼻風邪の症状と喉の痛みがあった。

この中で面白いなと思ったのが päätä särki という表現です。

フィン
pää head
särkeä ache 痛くする、痛む

 

「頭が痛かった」なら pää särki でよさそうなところ、本文では päätä と分格の形になっています。

これはなぜだろう?としばらく考えて päätä は動詞 särkeä の目的語であるということに気が付きました。

つまり日本語のように「頭が痛む」ではなく「頭を痛める」という他動詞の表現になっているんですね。

日本語ネイティブとしては、壁に頭を打ち付けたならまだしも、体調不良で頭が痛いと言うときに他動詞を用いるのはちょっとした違和感があります。

逆にフィンランド語ネイティブが日本語を学ぶときには、

「頭が痛い?」

「頭を主語にするなんて、違和感があるなあ」

なんて思っているのかもしれません。

もしそうだとしたら、そのあたりの感覚について一度じっくり話し合ってみたいところです。

フィンランド語学習記 vol.674 − käyttää, käytetään

クリスマスまで残り一週間。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこんな話題が出ていました。

Joulusta säästetään

Jouluun käytetään vähemmän rahaa, kuin viime vuonna.
30 % suomalaisista sanoo, että käyttää jouluun nyt vähemmän rahaa. Vain 6 % suomalaisista sanoo, että käyttää enemmän rahaa jouluun, kuin viime vuonna.

Jouluun käytetään rahaa keskimäärin 580 euroa aikuista kohden.

クリスマスには節約を

クリスマスに費やすお金は去年より少なくなる。

30%のフィンランド人は今のところクリスマスに費やすお金は少なくなると言っている。6%のフィンランド人だけがクリスマスに費やすお金は去年より多くなると言っている。

クリスマスに費やすお金は大人一人あたり平均580ユーロである。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
säästää save 節約する
keskimäärin on average 平均して
aikuinen adult おとな
kohden per 〜あたり

 

似たような文が繰り返し出てくる今回の記事。

面白いなと思ったのは「使う、費やす」を意味する käyttää という動詞の形です。

Jouluun käytetään vähemmän rahaa, kuin viime vuonna.
30 % suomalaisista sanoo, että käyttää jouluun nyt vähemmän rahaa. Vain 6 % suomalaisista sanoo, että käyttää enemmän rahaa jouluun, kuin viime vuonna.

Jouluun käytetään rahaa keskimäärin 580 euroa aikuista kohden.

受動現在形の käytetään が二か所、辞書形の käyttää が二か所。

jouluun の後に来るときは käytetään、節の最初に来るときは käyttää という形になっています。

käytetään を節の最初に持って来ると「〜しましょう」の意味になってしまうので、

Jouluun käytetään / käyttää jouluun

という形がフィンランド語の自然なリズムなのでしょう。

このようなリズムを本当に自然と感じられるようになったら、フィンランド語の感覚が身についたということなのかもしれない。そんなことをふと考えた今回の記事でした。

フィンランド語学習記 vol.673 − kaikki(2)

昨日に続いて、フィンランド語の単語 kaikki について。

フィンランド語学習記 vol.672 − kaikki(1)

まずは kaikki の全体的な意味と用法をおさらいしましょう。

kaikki

  1. (indefinite, in singular, without a main word) Everything.
  2. (indefinite, in plural, without a main word) Everyone, everybody.
  3. (indefinite, in singular and plural, as a modifier) All.

「Wiktionary」

  1. (名詞的)「すべて」の意味では単数扱い
  2. (名詞的)「みな、全員」の意味では複数扱い
  3. (形容詞的)「すべての」の意味では単数・複数扱い

昨日はこのうち1と2の区別について考えました。今日は3の用法について考えてみます。

3は kaikki を形容詞的に(後続の名詞とともに)使う場合。Wiktionary から例文を拾ってみました。

1)Kaikki sukkani löytyivät.
(すべての私の靴下は見つかった。)

2)Yhtäkkiä kaikki vesi vyöryi huoneistoon.
(突然すべての水がアパートになだれ込んだ。)

1)の kaikki は後続の sukkani が複数なので複数扱い、

2)の kaikki は後続の vesi が単数なので単数扱いであることがわかります。

(1の sukkani は所有接尾辞の[-ni]が付いているので、これだけで単複はわかりませんが、動詞の löytyivät が自動詞の複数形なので複数主格と判断できます。)

ここで思うのは、kaikki という単語には昨日紹介した分格のように複数形の格変化もあるのだから、1の kaikki は kaiket という形に変化してもよいのではないかということ。

単数 複数
主格 kaikki kaikki
→ kaiket?
分格 kaikkea kaikkia

 

と思ったら、Wiktionary にこんな注釈がありました。

Usage notes

The pronoun has also a nominative plural form kaiket which is used only in some phrases, e.g. kaiket päivät, “day after day” / “for days on end”.

これによると kaiket päivät(日々)のような定型表現においては kaiket という形も現れるとのこと。

単数 複数
主格 kaikki kaikki
(kaiket)
分格 kaikkea kaikkia

 

本来なら kaiket が文法規則通りの変化で、kaikki が例外ということになるはずなのですが、出現頻度を元に考えると kaiket を例外と考えた方が収まりがよいということなのでしょう。

これは面白い逆転現象。

結局、生きている言葉というのは「そのように使われるからそのように使われる」としか説明できない例を数多く含んでいます。そこを楽しめるかどうかが語学のポイントの一つなのかなと思いました。

フィンランド語学習記 vol.672 − kaikki(1)

フィンランド語で「すべて」を意味する kaikki は単複同形の不思議な単語。

Wiktionary には次のような説明が出ています。

kaikki

  1. (indefinite, in singular, without a main word) Everything.
  2. (indefinite, in plural, without a main word) Everyone, everybody.
  3. (indefinite, in singular and plural, as a modifier) All.

「Wiktionary」

単複について整理するとこんな感じでしょうか。

  1. (名詞的)「すべて」の意味では単数扱い
  2. (名詞的)「みな、全員」の意味では複数扱い
  3. (形容詞的)「すべての」の意味では単数・複数扱い

今回はこのうち1と2の区別について考えてみます。

まずは kaikki が主語の場合。Wiktionary から例文を拾ってみました。

1)Tänään kaikki menee pieleen.(今日はすべてがうまくいかない。)
2)Kaikki olivat täällä.(全員がここにいた。)

1の kaikki は単数扱いなので、動詞は menee と三人称単数の形に、

2の kaikki は複数扱いなので、動詞は olivat と三人称複数の形になっています。

逆に、動詞が単数形なら主語の kaikki は「すべて」、動詞が複数形なら主語の kaikki は「みな、全員」の意味になると考えることもできるでしょう。

次に kaikki が目的語の場合。同じく Wiktionary から例文を拾ってみました。

1)Vihaan kaikkea.(私はすべてが嫌いだ。)
2)Vihaan kaikkia.(私はみんなが嫌いだ。)

1の kaikkea は単数扱いなので単数分格の形に、

2の kaikkia は複数扱いなので複数分格の形になっています。

ここまでの形を整理してみましょう。

単数 複数
主格 kaikki kaikki
分格 kaikkea kaikkia

 

主格の方は動詞の形によって単複を判断できるので、同型であっても問題ないんですね。

長くなりそうなので、本日はここまで。

明日も引き続き kaikki について見ていきたいと思います。

フィンランド語学習記 vol.671 − Google-haku 2018

先日 Google による2018年の検索トレンドが発表されていました。

これは様々なカテゴリにおいて、2018年に検索数が急上昇した言葉をランキング形式で紹介するというもの。

ランキングは全世界および国ごとに集計されて Google Trends のホームページで集計されています。

全世界の Searches(検索)ランキングはこんな感じ。

これに対してフィンランド国内では、いったいどんな言葉が検索されたのでしょう?

そんな話題がフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」に出ていましたので紹介してみたいと思います。

Google-haku

Google on kertonut, mistä asioista ihmiset ovat hakeneet tietoa tänä vuonna. Google on maailman suurin hakukonefirma.

Suomalaiset googlasivat tänä vuonna tietoa esimerkiksi presidentinvaaleista. Suomessa oli presidentinvaalit tämän vuoden alussa.

Suomalaisia kiinnosti myös Helsingin uusi kirjasto Oodi. Oodi avattiin nyt joulukuussa.

Kesällä suomalaisia kiinnosti hotelli ja ravintola Kalastajatorppa. USA:n presidentti Donald Trump asui Kalastajatorpassa, kun hän tapasi Venäjän presidentin Helsingissä. Tapaaminen oli heinäkuussa.

Kesä oli myös tosi kuuma. Siksi monet suomalaiset googlasivat esimerkiksi, miten viilennetään huonetta ja miten hoidetaan lämpöhalvausta.

グーグル検索

グーグルは、人々が今年、何についての情報を求めていたのかを発表した。

フィンランド人は今年、大統領選挙などに関する情報を検索した。フィンランドでは今年の初めに大統領選挙があった。

フィンランド人はヘルシンキの新しい図書館オーディにも興味を持った。オーディはこの12月に開館した。

夏にはフィンランド人はホテル・レストランであるカラスタヤトルッパに興味を持った。アメリカの大統領ドナルド・トランプはロシアの大統領とヘルシンキで会った際、カラスタヤトロッパに滞在した。会談は7月だった。

夏はまたとても暑かった。その時期には多くのフィンランド人が部屋を涼しくする方法、熱中症の治療法などについて検索をした。

フィン
haku search 検索
hakukone search engine 検索エンジン
googlata google (グーグルで)
検索をする
presidentinvaali presidential election 大統領選挙
alku first 最初
kiinnostaa interest 〜に興味を持たせる
viilentää cool 涼しくする、冷やす
hoitaa care 治療する
lämpöhalvaus heatstroke 熱中症

 

なお Google が発表したフィンランドにおける puheenaiheet(話題)急上昇ランキングは次のとおり。

やはり presidentinvaali(大統領選挙)が一位になっています。さきほどの記事に出てきた Kalastajatorppa(カラスタヤトルッパ)、Oodi(オーディ)も入っていますね。

意味がよくわからないものもあったので、一応調べてみました。

Presidentinvaalit(大統領選挙)
Airiston helmi(アイリストン・ヘルミ)[企業]
Tuhkarokkko(湿疹)← k が一つ多い?
Kuunpimennys(月食)
Kansalaisaloite(市民発案、イニシアチブ)
Aktiivimalli(アクティブモデル)
GDPR(EU一般データ保護規則)
Kalastajatorppa(カラスタヤトルッパ)[ホテル・レストラン]
Oodi(オーディ)[図書館]
Liike nyt!(リーケ・ニュット)[政治グループ]

外国語を学んでいる人なら、その言語が使われている国でこの一年にどんなことが話題になっていたのか、この年末に振り返ってみるのも楽しい作業かもしれません。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

cialis viagra online accutane