cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.813 − 親知らず

viisas[ヴィーサス]

賢い、賢明な

viisaudenhammas
⦅歯⦆親知らず

「パスポート初級フィンランド語辞典」

フィンランド語で「親知らず」は viisaudenhammas。直訳すれば「賢い歯」ということになります。

これを見て英語にも同様の表現があったはずと思い調べてみると、こんな見出し語が見つかりました。

wisdom tooth

any of the four large teeth at the back of the mouth that do not grow until you are an adult

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

日本語では「親知らず」という名称が一般的ですが、viisaudenhammas / wisdom tooth に類する「知恵歯」という表現もあるようです。日国に両者の言葉の由来が出ていました。

おやしらずば【親不知歯】

〘名〙ヒトの三二本の歯のうち、最も遅く生える上下左右四本の歯。二〇~二五歳ごろに生えるので、昔は親と死別していることが多いところから、この名がある。第三大臼歯。知歯ちし。親知らず。

「精選版 日本国語大辞典」

ちえば【知恵歯】

〘名〙親不知歯おやしらずばのこと。成人し知恵がついてからはえるところからいう。第三大臼歯。知歯ちし

「精選版 日本国語大辞典」

こうして並べてみると「親知らず」は日本的、「知恵歯」は西洋的な表現なのかなという気もします。「親知らず」はおそらく日本語独特の表現なのでしょう。

さらに世界の言葉を探してみれば、「へえー、こんな呼び名があるんだ」と驚くような独特な呼称が見つかるのかもしれません。

フィンランド語学習記 vol.812 − さまざまな秋

「秋」はフィンランド語で syksy(シュクシュ)。

この syksy を『パスポート初級フィンランド語辞典』で引いてみると次のようなフレーズリストが出ていました。

syksyllä
秋に
tänä syksynä
この秋に
ensi syksynä
次の秋に
viime syksynä
昨秋に
syksyisin = joka syksy
毎年の秋に
syksystä kevääseen
秋から春まで
syksyksi
秋までに、秋へ向けて、秋のために

「パスポート初級フィンランド語辞典」

単に「秋に」と言いたいときには接格[-llA]の形を使いますが、「この秋に、次の秋に、昨秋に」などと言いたいときには様格[-nA]の形を使います。

接格[-llA] 様格[-nA]
kevät(春) keväällä(春に) tänä keväänä(この春に)
kesä(夏) kesällä(夏に) tänä kesänä(この夏に)
syksy(秋) syksyllä(秋に) tänä syksynä(この秋に)
talvi(冬) talvella(冬に) tänä talvena(この冬に)

 

この使い分けはフィンランド語の難しい点の一つ。たくさんの例文に触れて慣れていくのがベストでしょうか。

Syksyllä päivät lyhenevät ja viilenevät verrattain hitaasti, mutta toisinaan viileneminen voi olla varsin nopeaa.

秋には日は短くなり、比較的ゆっくりと涼しくなる。しかし時にはかなり速く涼しくなることもある。

Wikipedia「syksy」より

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 114,703

フィンランド語学習記 vol.811 − 動詞の瞬間活用練習

最近、フィンランド語の基本動詞をすばやく次の形に活用する練習に取り組んでいます。

  • 一人称単数現在形
  • 三人称単数過去形
  • 三人称単数条件法現在形
  • 能動過去分詞
  • 受動現在形

例えば nukkua(眠る)、tavata(会う)という動詞なら次のような形に。

nukkua(眠る)[タイプ1]

一人称単数現在形 nukun
三人称単数過去形 nukkui
三人称単数条件法現在形 nukkuisi
能動過去分詞 nukkunut
受動現在形 nukutaan
 

tavata(会う)[タイプ4]

一人称単数現在形 tapaan
三人称単数過去形 tapasi
三人称単数条件法現在形 tapaisi
能動過去分詞 tavannut
受動現在形 tavataan
 

この5つの形は『パスポート初級フィンランド語辞典』の中で動詞の代表的な活用例として掲載されているもの。

もちろんフィンランド語の動詞には他にも無数の変化がありますが、この5つを基本形として覚えておけば、ここをベースに他の形を作ることができます。

そういう意味でまず最初にこの5つを覚えるのは合理的と言えるでしょう。 練習時に気を付けているポイントはじっくり考えて作るのではなく一瞬で作れるようにすること。思い付くのに一秒以上かかった場合は不正解扱いにしています。

動詞の中でもさきほどの nukkua, tavata のように強形語幹と弱形語幹の切り替えを伴う動詞の活用は不正確になりがち。間違った音を聞いたときに不自然と感じられる感覚を身に付けるべく、コツコツ練習しています。

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 114,703

フィンランド語学習記 vol.810 − unohtaa

日本語の「忘れる」を英語に訳す時には意味に応じて、forget, leave という二つの動詞を使い分ける必要があります。

I forgot to bring my wallet.
(私は財布を持ってくるのを忘れた。)
I left my wallet at home.
(私は家に財布を置き忘れた。)
「忘れる」という日本語から真っ先に連想する動詞はおそらく forget でしょうが、「〇〇へ置き忘れる」と言いたいときには leave を使うのが普通。

フィンランド語で「忘れる」を意味する動詞 unohtaa にもこのあたりの使い分けはあるのでしょうか?

語法書の『Tarkista Tästä』を調べてみました。

UNOHTAA(verbi, transit)

unohtaa + N ill/all Unohdin lompakon kotiin.
Unohdin avaimen eteisen pöydälle.
unohtaa + V 1. inf Unohditko taas maksaa laskun ajoissa?
Älä unohda ostaa myös maitoa!

 

『Tarkista Tästä』P.155

例文をざっと訳すとこんな感じでしょうか。

私は財布を家に置き忘れた。
私は鍵を玄関のテーブルの上に置き忘れた。
あなたは期限内に請求書の支払いをするのをまた忘れたのですか?
牛乳を買うのも忘れないで!

これを見るとフィンランド語の unohtaa は英語の forget, leave の両方の意味を包括している、つまり日本語の「忘れる」とほぼ重なっていることがわかります。

そういう意味では日本語の母語話者にとって英語の forget より気軽に使える動詞と言えそうです。

フィンランド語学習記 vol.809 − sinutella, teititellä

フィンランド語の人称代名詞(主格)は次のとおり。

単数 複数
一人称 minä
私は
me
私たちは
二人称 sinä
あなたは
te
あなたたちは
三人称 hän
彼/彼女は
he
彼ら/彼女らは

 

フィンランド語の二人称単数は sinä ですが、相手が初対面のときなど丁寧な気持ちを表したいときは二人称複数の te を一人の人にも用います。(その場合は普通大文字で始まる Te と書きます。)

また相手に応じて sinä を使ったり Te を使ったりすることをフィンランド語では一語の動詞で表すことができるのも面白いところ。

sinutella[シヌテッラ]

《分》(相手に丁寧な Te を使わず)sinä を使って話しかける。

Saako presidenttiä sinutella vai täytyykö teititellä?
大統領に sinä を使って話しかけてよいのか、それとも Te を使わなければならないのか。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

teititellä[テイティテッラ]

《分》⦅一人の相手に丁寧な気持ちを込めて sinä ではなく Te を使って話しかける⦆

Välillä asiakkaita teititellään ja välillä sinutellaan.
客にはときには Te で話しかけ、ときには sinä で話しかける。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

この使い分け、理屈としてはわかるのですが、外国語としてフィンランド語を学んでいる人にとっては sinä を使うことがどのくらいフランクで、Te を使うことがどのくらい丁寧なのか肌感覚としてわかりづらいところがあります。

また気になるのはさきほどの例文、

Saako presidenttiä sinutella vai täytyykö teititellä?

の答えです。大統領に sinä を使って話しかけるのはありなのでしょうか?

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 272,775

フィンランド語学習記 vol.808 − palaa

Itsenäisyyspäivänä on perinne, että kodin ikkunalla palaa kaksi kynttilää.

独立記念日には家の窓に二本のロウソクがともされる伝統がある。

『suomen mestari 2』P.207

この palaa という綴りを見ると反射的に palata(戻る)という動詞の三人称単数形を想像してしまいます。

しかし実際にはこの palaa は palaa(燃える)という動詞の三人称単数形。

両者の活用を比較すると次のようになります。

palata
(戻る)
palaa
(燃える)
語幹 palaa pala
一人称単数 palaan palan
二人称単数 palaat palat
三人称単数 palaa palaa
一人称複数 palaamme palamme
二人称複数 palaatte palatte
三人称複数 palaavat palavat

 

タイプ4の動詞である palata の語幹はおしまいから二文字目の[t]が落ちた palaa。

一方、タイプ1の動詞である palaa の語幹はおしまいの[a]が落ちた pala。その三人称単数形はおしまいの[a]が伸びた palaa になるので、結果として palata と palaa の三人称単数は同形になります。

もちろん文脈の支えがあれば「戻る」と「燃える」を取り違えることはありませんが、ちょっと紛らわしいペアではあります。

cialis viagra online accutane