cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.736 − avata / aueta

英語の open という動詞は自動詞としても他動詞としても使うことができます。

The door opened.(ドアが開いた。)
I opened the door.(私はドアを開いた。)

また上記の日本語訳からもわかるとおり、日本語の「開く(ひらく)」という動詞も自動詞・他動詞両方の使い方ができます。

*ただし開くを「あく」と読んだ場合は自動詞限定。他動詞は「あける」になりますね。

これに対してフィンランド語には avata / aueta という動詞があり、前者はおもに他動詞、後者はおもに自動詞として使われます。

フィン
avata open 開く
aueta open 開く

 

aueta は語形変化に伴って[k]が現れる動詞。

Kansi aukesi vasta, kun väänsin sitä kaksin käsin.

The cover opened only when I twisted it with both hands.

「Wiktionary」

現在 過去
一人称単数 aukean aukesin
二人称単数 aukeat aukesit
三人称単数 aukeaa aukesi
一人称複数 aukeamme aukesimme
二人称複数 aukeatte aukesitte
三人称複数 aukeavat aukesivat

 

aueta は avata に比べると出現頻度が低いので、たまに出てきたときに「これ何だっけ?」となってしまいます。

最近もそんなことがあったので、ここにメモしておきました。

フィンランド語学習記 vol.735 − サーミ語での教育事情

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語。その他に北欧の先住民族サーミ人の言葉サーミ語にも公的な地位が与えられています。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にそんなサーミ語での教育事情に関するニュースが出ていました。

Saamenkielisestä opetuksesta on pulaa

Suomessa vain muutama kunta tarjoaa lähiopetusta tai varhaiskasvatusta saamen kielellä.

Vain noin 10 prosenttia saamelaislapsista saa opetusta saamen kielellä kotiseutualueen ulkopuolella. Kotiseutualue on Lapin pohjoisosissa.

Syy on ennen kaikkea tarjonnan puute, sillä kysyntää on koko ajan enemmän.

Laki määrää kunnan huolehtimaan siitä, että lapsi voi saada varhaiskasvatusta myös saamen kielillä. Suomessa puhutaan 3:a saamen kieltä.

サーミ語での教育機会が不足

フィンランドではいくつかの自治体がサーミ語での対面指導または就学前教育を提供している。

サーミ人の子供のうち、約10%だけが故郷の外でサーミ語による教育を受けることができる。故郷とはラップランド北部のことである。

その理由は何より、需要が増えていることによる供給の不足である。

法律は、子供がサーミ語ででも就学前教育を受けることができるよう自治体に配慮するよう義務付けている。フィンランドでは3種類のサーミ語が話されている。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
opetus teaching 教育
pula shortage 不足
muutama a few, some いくつかの
kunta municipality 自治体
tarjota offer 提供する
lähiopetus face to face teaching 対面指導
varhaiskasvatus early childhood education 就学前教育
kotiseutu home district 故郷
ulkopuoli outside 外側
ennen kaikkea above all 何よりも
tarjonta supply 提供、供給
puute shortage 不足
kysyntä demand 要求
koko ajan all the time ずっと
määrätä determine, order 決定する、命令する
huolehtia care 面倒を見る

 

歴史的な経緯からサーミ語にフィンランドの公的な言語としての地位を与えたい。しかしそのための予算や人員が確保できない。そんな理想と現実のギャップを感じるニュースです。

サーミ語での教育が行われなくなれば、いつの日かサーミ語の存在自体が過去のものになってしまうのは避けられないこと。難しい問題だとは思いますが、共存共栄の道はないものでしょうか。

フィンランド語学習記 vol.734 − エストニアの新内閣

以前のエントリーでエストニアの総選挙の話題を取り上げました。

フィンランド語学習記 vol.711 − エストニアの総選挙

その際はユリ・ラタス(Jüri Ratas)首相の所属する中央党が第1党の座から滑り落ち、変わって第1党の座に就いた改革党のカヤ・カラス(Kaja Kallas)党首がエストニア初の女性首相になると報じられていました。

しかし急転直下、情勢は変わったようです。フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」は次のように伝えています。

Viron hallitus

Suomen naapurimaa Viro on saanut uuden hallituksen. Viron parlamentti hyväksyi torstaina hallituksen, jonka pääministeri on Jüri Ratas.

Keskustapuolueen Ratas oli myös edellisen hallituksen pääministeri. Uuteen hallitukseen tulivat myös Isänmaa-puolue ja EKRE.

Osa virolaisista ei pidä siitä, että EKRE pääsi hallitukseen. EKRE vastustaa esimerkiksi maahanmuuttoa.

Viron parlamenttivaalit olivat maaliskuun alussa. Vaalien voittaja oli Reformipuolue, mutta se ei pystynyt sopimaan hallituksesta muiden puolueiden kanssa.

エストニアの内閣

フィンランドの隣国エストニアで新内閣が発足した。エストニア議会は木曜にユリ・ラタスを首相とする内閣を承認した。

中央党のラタスは前内閣の首相でもある。新内閣には祖国共和連合と保守人民党が加わった。

エストニア人の中には国民民主党が政権に就いたことを好まない人もいる。保守人民党は例えば移民に反対している。

エストニアの議会選挙は3月の上旬に行われた。選挙の勝者は改革党であったが、改革党は他の政党と連立を組むことができなかった。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
hyväksyä accept 受け入れる
edellinen previous 前の
vastustaa oppose 反対する
maahanmuutto immigration 移民

 

第1党が過半数を確保できない以上、このようになる可能性は排除できない訳ですが、政権交代を期待していた人からすれば「えっ?」という感じなのかもしれません。

IT先進国エストニアはこれからどこへ向かうのでしょう?

フィンランド語学習記 vol.733 − 話し言葉で数を数えてみる(序数編)

昨日に続いて話し言葉における数字の数え方について。

フィンランド語学習記 vol.732 − 話し言葉で数を数えてみる

今回は「○番目」を意味する序数を見ていきます。

 

1〜10

序数
書き言葉
序数
話し言葉
1 ensimmäinen eka
2 toinen toka
3 kolmas kolmas
4 neljäs neljäs
5 viides viies
6 kuudes kuues
7 seitsemäs seittemäs
8 kahdeksas kaheksas
9 yhdeksäs yheksäs
10 kymmenes kymmenes

 

前々から長いなあと思っていた ensimmäinen は話し言葉では eka。短すぎて逆に聞き逃してしまいそうです。

eka、toka はリズムがよくて覚えやすい感じ。他は、

viides → viies、kuudes → kuues、kahdeksas → kaheksas、yhdeksäs → yheksäs

のように[d]が落ちるというのが共通のルールになっているようです。

 

11〜50

序数
書き言葉
序数
話し言葉
11 yhdestoista yhestoist
12 kahdestoista kahestoist
13 kolmastoista kolmastoist
20 kahdeskymmenes kaheskymmenes
21 kahdeskymmenesyhdes kaheskymmeneseka
30 kolmaskymmenes kolmaskymmenes
40 neljäskymmenes neljäskymmenes
50 viideskymmenes viieskymmenes

 

[-toista]の[-a]が落ちるのは昨日扱った基数と同じ。

基数の[-kymmentä]は[-kyt]に変化していたのに、序数の[-kymmenes]は縮まらないというのは面白いところです。

 

まとめ

そんなに大きな音の変化が起こっているわけではありませんが、1(ensimmäinen → eka)、2(toinen → toka)だけは話し言葉特有の形をしっかり覚えておく必要がありそうです。

フィンランド語学習記 vol.732 − 話し言葉で数を数えてみる(基数編)

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にフィンランド語の話し言葉における数の数え方が出ていました。

一部ちょっと発音しづらい印象もあるフィンランド語の数字。話し言葉ではどのように変化するのでしょう?

 

1〜10

書き言葉 話し言葉
1 yksi yks
2 kaksi kaks
3 kolme kolme
4 neljä neljä
5 viisi viis
6 kuusi kuus
7 seitsemän seittemän
8 kahdeksan kaheksan
9 yhdeksän yheksän
10 kymmenen kymmenen

 

yksi → yks、kaksi → kaks

のように語尾の[i]が落ちたり、

seitsemän → seittemän

のように発音しやすくなったり、

kahdeksan → kaheksan、yhdeksän → yheksän

のように[d]が落ちたりしています。

 

11〜19

書き言葉 話し言葉
11 yksitoista ykstoist
12 kaksitoista kakstoist
13 kolmetoista kolmetoist
14 neljätoista neljätoist
15 viisitoista viistoist
16 kuusitoista kuustoist
17 seitsemäntoista seittemäntoist
18 kahdeksantoista kaheksantoist
19 yhdeksäntoista yheksäntoist

 

[-toista]は語尾の[-a]が落ちて[-toist]に変化。後続の単語がある場合にはこの方が滑らかに発音できる気がします。

 

20〜90

書き言葉 話し言葉
20 kaksikymmentä kakskyt
21 kaksikymmentäyksi kakskytyks
22 kaksikymmentäkaksi kakskytkaks
23 kaksikymmentäkolme kakskytkolme
24 kaksikymmentäneljä kakskytneljä
25 kaksikymmentäviisi kakskytviis
26 kaksikymmentäkuusi kakskytkuus
27 kaksikymmentäseitsemän kakskytseittemän
28 kaksikymmentäkahdeksan kakskytkaheksan
29 kaksikymmentäyhdeksän kakskytyheksän
30 kolmekymmentä kolkyt
31 kolmekymmentäyksi kolkytyks
40 neljäkymmentä nelkyt
50 viisikymmentä viiskyt
60 kuusikymmentä kuuskyt
70 seitsemänkymmentä seiskyt
80 kahdeksankymmentä kaheksankyt
90 yhdeksänkymmentä yheksänkyt

 

[-kymmentä]は[-kyt]に変化。

文字数削減率は50%以上。[-kyt]で通じるなら、すべて[-kyt]でもよいのではないかと思ったりします。

 

まとめ

今回はフィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』より、フィンランド語の話し言葉における数の数え方を見てきました。

リスニングをしていて話し言葉の数字が出てくるときは、いつもびゅんびゅん進んでいく印象。例えば30(kolmekymmentä → kolkyt)なんて書き言葉と話し言葉では全く長さが違うわけですから、そのことを頭に入れておかないとついていけなくなってしまいます。

フィンランド語学習記 vol.731 − loppu hyvin, kaikki hyvin

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」では政治・国際関連のニュースから、ちょっとほっこりするような日常のエピソードまでさまざまなトピックを扱っています。

今回は冬が終わり春を迎えつつあるフィンランドで起こったこんな珍事件が掲載されていました。

Heikot jäät

Monet järvet ovat vielä jäässä, mutta jää on jo heikkoa.

Kuopiossa sattui lauantaina epätavallinen onnettomuus. Koira putosi oman kodin rannassa jään läpi järveen. Koiran naisomistaja lähti pelastamaan koiraa ja putosi itse jäihin.

Seuraavaksi naisen mies lähti pelastamaan vaimoa. Myös mies putosi jäihin.

Mies sai kuitenkin koiran, vaimon ja lopuksi itsensä ylös järvestä. Loppu hyvin, kaikki hyvin.

薄い氷

多くの湖がまだ氷に覆われているが、氷はもう薄い。

クオピオで土曜日にめずらしい事故が起こった。犬が自宅の岸辺で氷が割れて湖に落ちた。犬の飼い主の女性は犬を助けようとして、自分が湖に落ちてしまった。

続いて女性の夫が妻を助けようとして、自分も湖に落ちてしまった。

しかし男性は犬と妻を助け、最後に自分も湖から脱出した。終わり良ければすべて良し。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
heikko weak 弱い
sattua happen 起こる
epätavallinen unusual 普通でない
onnettomuus accident 不幸、事故
pudota drop 落ちる
läpi through 〜を通って
omistaja owner 持ち主
pelastaa save 助ける、救う
lopuksi finally ついに、最後に

 

loppu hyvin, kaikki hyvin

この記事を読んで、なぜか子どもの頃に読んだ絵本の「おおきなかぶ」を思い出しました。

もちろん一歩間違えれば重大事故だったのでしょうが、無事全員が助かったので、loppu hyvin, kaikki hyvin(終わり良ければすべて良し)ということになっています。

英語にも all’s well that ends well という表現があり、これはもともとシェークスピアの戯曲のタイトル。フィンランド語や日本語の表現もおそらくはここから派生したのでしょうか。

cialis viagra online accutane