cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.664 − アイスランド独立100周年

北欧の中では一番小さい国アイスランド。

そのアイスランドの独立100周年に関するニュースがフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」に出ていました。

Islanti 100 vuotta

Islanti on juhlinut itsenäisyyttä. Islanti on ollut itsenäinen maa tasan 100 vuotta.

Ennen itsenäisyyttä Islanti oli osa Tanskaa. Itsenäisellä Islannilla oli aluksi yhteinen kuningas Tanskan kanssa. Vuonna 1944 Islanti sai oman presidentin.

Myös Suomi on onnitellut Islantia. Ulkoministeriön rakennus Helsingissä valaistiin lauantaina Islannin väreillä eli sinisellä, punaisella ja valkoisella.

Suomella on hyvät suhteet Islantiin, koska molemmat maat kuuluvat Pohjoismaihin. Islanti on pienin Pohjoismaa. Islannissa on noin 340 000 asukasta.

アイスランド100周年

アイスランドは独立を祝った。アイスランドは独立国としてちょうど100年目を迎えた。

独立前、アイスランドはデンマークの一部であった。独立したアイスランドには最初デンマークと共通の王がいた。1944年にアイスランドは自分たちの大統領を持った。

フィンランドもアイスランドにお祝いの言葉を述べた。ヘルシンキの外務省の建物は土曜日にアイスランドの色である青、赤、白で照らされた。

フィンランドはアイスランドと良好な関係を保っている。なぜなら両国は同じ北欧に属するからだ。アイスランドは最も小さい北欧の国である。アイスランドには約340,000人が住んでいる。

フィン
juhlia celebrate お祝いする
itsenäisyys independence 独立
itsenäinen independent 独立した
tasan exactly ちょうど
aluksi first 最初
yhteinen common 共通の
onnitella congratulate 祝いの言葉を述べる
ulkoministeriö ministry for foreign affairs 外務省
valaista light up, illuminate 照らす
väri color
suhde relationship 関係
kuulua belong 所属する
asukas inhabitant 住民

 

昨年2017年はフィンランドの独立100周年。そして今年2018年はアイスランドの独立100周年。

人口34万人の小国が独立して100年を過ごす間にはさまざまな困難があったはず。

日本で言えば一つの都道府県にも満たない人口の国が、独自の言語と文化を守って、現代に歴史をつないでいるというのは賞賛されるべきことだと思います。

個人的には、あの難しそうなアイスランド語を少しかじってみたいと思っているのですが、未だ着手できていません。

þ や ð の文字を見るたびに、何だか少しドキドキしてしまいます。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.663 − フィンランディア賞

世界の多くの国にはその国を代表する文学賞が存在します。

イギリスならブッカー賞、フランスならゴンクール賞、フィンランドならフィンランディア賞。

そのフィンランディア賞の今年の受賞者を報じるニュースがフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」に出ていました。

Finlandia-palkinnot

Kirjallisuuden Finlandia-palkinnot on jaettu.

Kirjailija Olli Jalosen teos Taivaanpallo voitti kaunokirjallisuuden Finlandia-palkinnon. Tämä oli jo toinen kerta, kun Olli Jalonen palkittiin Finlandialla. Ensimmäisen palkinnon hän sai 28 vuotta sitten.

Lasten- ja nuortenkirjallisuuden palkinnon sai Siiri Enoranta. Hänet palkittiin kirjasta Tuhatkuolevan kirous.

Tietokirjallisuuden palkinnon sai Seppo Aalto. Hän kirjoitti kirjan Kapina Tehtailla – Kuusankoski 1918. Kirja kertoo Suomen sisällissodan tapahtumista.

Jokaisen Finlandia-palkinnon arvo on 30 000 euroa.

フィンランディア賞

文学のフィンランディア賞が与えられた。

作家のオッリ・ヤロセンは「Taivaanpallo」で(フィクションの)フィンランディア賞を勝ち取った。これはオッリ・ヤロセンにとって二回目のフィンランディア賞であった。一回目の賞を彼は28年前に受賞した。

子供と若者の賞はスィーリ・エノランタが受賞した。彼女は「Tuhatkuolevan kirous」で受賞した。

ノンフィクション賞はセッポ・アールトが受賞した。彼は「Kapina Tehtailla – Kuusankoski 1918」を書いた。この本はフィンランドの内戦で起こったことを描いている。

どのフィンランディア賞にも30,000ユーロが与えられる。

フィン
palkinto prize, award
kirjallisuus literature 文学
jakaa share 分ける
kirjailija author 著者
teos work 作品
kaunokirjallisuus fiction フィクション
palkita reward 賞を与える
tietokirjallisuus non-fiction ノンフィクション
sisällissota civil war 内戦
jokainen every どの〜にも
arvo value 価値

 

作品名の訳がなかなか難しく、小説部門のフィンランディア賞を受賞した Taivaanpallo が「天球」の意味であることはわかったものの、あとの二つは上手く日本語にできませんでした。

フィン
Taivaanpallo celestial sphere 天球
Tuhatkuolevan Kirous
Kapina Tehtailla
– Kuusankoski 1918

 

さて今年の受賞作も決まったし、さっそく取り寄せて読んでみよう!

。。。などということができればよいのですが、もちろん今の語学力では難しいでしょう。

ただフィンランド語の学習においては「大人向けの本が一冊読めるようになる」という大目標があるのでそこに少しでも近づいていると信じて、日々の勉強をコツコツすすめていきます。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.662 − フィンランドの人口

フィンランドの人口って正確にどれくらいなのか知っていますか?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にフィンランドの人口統計に関するニュースが出ていたので紹介してみたいと思います。

Suomen väkiluku on yli 5,5, miljoonaa

Suomen väkiluku on laskettu. Suomalaisia on nyt 5 521 533.

Suomen väkiluku kasvaa, koska Suomeen muuttaa enemmän ihmisiä kuin täältä muuttaa pois.

Suomessa syntyy vähemmän ihmisiä kuin täällä kuolee.

フィンランドの人口は550万。

フィンランドの人口が計算された。フィンランド人の数は今、5,521,533人だ。

フィンランドの人口は増えている。なぜならフィンランドから出ていく人の数より、入ってくる人の数が多いからだ。

フィンランドでは亡くなる人の数より、生まれる子どもの数が少ない。

フィン
väkiluku population 人口
laskea calculate 計算する
kasvaa increase 増える

 

最新の人口統計によるフィンランドの人口は5,521,533人。日本の約二十分の一ですね。

フィンランドの人口は今も増加していますが、上記の記事にもあるようにこの数字には移民の増加も寄与しています。

ここ数年、日本ではフィンランド流の子育て支援にスポットが当たっているので、ついフィンランドの出生率は高いと思ってしまいがちですが、実際には日本と同じように少子高齢化という問題を抱えているんですね。

移民の受け入れという面では日本より一歩先を行っているフィンランド。様々な軋轢を抱えつつも前に進んでいくしかないのだろうと思います。願わくは迷える日本のロールモデルになってくれたら良いのですが。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.661 − ノートパソコン

「ノートパソコン」はフィンランド語で kannettava tietokone(カンネッタヴァ ティエトコネ)。

フィン
kannettava portable 持ち運びのできる
tietokone computer コンピューター

 

この kannettava の辞書形は何だろう?と思ってフィン・日辞書でそれらしい単語を探したものの見つからず。

あきらめて Wiktionary で検索してみると、正解は馴染みのある動詞 kantaa でした。

フィン
kantaa carry 運ぶ

 

kantaa と kannettava では長さが違いすぎる!

などと言い訳をせず、しっかりと変化形を覚えなくてはならないのですが。。。

ちなみに kantaa から作れる分詞の形を確認すると次のようになっていました。

能動 受動
現在 kantava
(運ぶ〜)
kannettava
(運ばれる〜)
過去 kantanut
(運んだ〜)
kannettu
(運ばれた〜)

 

kannettava は動詞 kantaa の受動現在分詞。すなわち「運ばれるコンピューター=ノートパソコン」ということになります。

辞書形から受動現在分詞を作る手順をおおまかにおさらいしてみました。

kantaa 受動現在形の形を求める。 kannetaan
kannetaan 受動過去形の形を求める。 kannettiin
kannettiin 受動語幹の形を求める。 kannetta
kannetta 受動現在分詞の形を求める。 kannettava

 

こうして一つ一つの手順を辿っていけば、受動現在分詞を作るのはそれほど難しくありません。

ただ kannettava を kantaa に戻す(kannettava から kantaa を連想する)のは大変です。

何かコツのようなものはあるのでしょうか?

フィンランド語学習記 vol.660 − マレーシアのフィンランド人

日本人が海外で勾留されれば日本でニュースになりますし、フィンランド人が海外で拘留されればフィンランドでニュースになります。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこんなニュースが出ていました。

4 suomalaista on tutkintavankeudessa Malesiassa

4 Suomen kansalaista on pidätetty Malesiassa kristillisen materiaalin jakamisen takia. Heistä 2 on naisia ja 2 miehiä.

Heidät otettiin kiinni Langkawin saarella. Suomalaiset ovat nyt tutkintavankeudessa. Poliisi takavarikoi heiltä yli 300 vihkosta, joissa oli tekstejä Raamatusta.

Malesia on muslimienemmistöinen maa. Malesiassa kristittyjen lähetystyö ja materiaalin jakaminen on jyrkästi kielletty. Rangaistus voi kovimmillaan olla 5 vuotta vankeutta.

4人のフィンランド人がマレーシアで公判前勾留中

4人のフィンランド人がマレーシアでキリスト教の資料を配布したため逮捕されている。2人は女性で2人は男性だ。

彼らはランカヌイ島で捕まった。そのフィンランド人たちは今、公判前拘留中だ。警察は彼らから300冊以上の小冊子を没収した。そこには聖書の文章が含まれていた。

マレーシアはイスラム教徒が大多数の国である。マレーシアではキリスト教の布教活動や資料の配布は厳しく禁じられている。刑罰は最高で5年の懲役になる。

フィン
tutkintavankeus pre-trial detention 公判前勾留
kansalainen citizen 国民、市民
pidättää arrest 逮捕する
kristillinen Christian キリスト教
jakaa share 分ける
takia because of 〜のために
ottaa kiinni catch 捕まえる
takavarikoida confiscate 没収する
vihkonen booklet 小冊子
Raamattu the Bible 聖書
enemmistö majority 大多数
kristitty Christian キリスト教徒
lähetystyö missionary work 布教活動
jyrkästi steeply, strictly 急激に、厳しく
kieltää forbid 禁じる
rangaistus punishment 刑罰
kova hard, strict 硬い、厳しい
vankeus imprisonment 収監

 

このニュースに反応したのは、個人的な話ですが、昔、オーストラリアに留学していたときに、マレーシア出身のクリスチャンのシェアメイトがいたから。

多民族国家であり、イスラム教、仏教、ヒンズー教、キリスト教などの信者が共生するマレーシアは宗教に対して比較的寛容な国なのかと思っていました。

今は国教としてのイスラム教の力が強くなっているのでしょうか?

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.659 − 第5不定詞

先日のフィンランド語教室で第5不定詞という動詞の形を習いました。

えーと、第1〜第4不定詞って何だっけ?

という疑問についてはまたの機会に答えるとして、今回は習いたての第5不定詞についてまとめておきたいと思います。

第5不定詞とは「〜しようとしている」という意味を表す動詞の形。

[辞書形]loppua(終わる)
[第5不定詞]loppumaisillaan(終わろうとしている)

次のように「olla +第5不定詞」という形で使います。

Kurssi on loppumaisillaan.(授業は終わろうとしているところだった。)

 

第5不定詞の作り方

第5不定詞は以下のような手順で作ります。

1)動詞の三人称複数[-vAt]の形を求める。

loppua(終わる)
[弱形語幹]lopu
[強形語幹]loppu

単数 複数
一人称 lopun lopumme
二人称 loput loputte
三人称 loppuu loppuvat
 

loppua → loppuvat

 

2)[-vAt]を[-mAisillA]に変える。

loppuvat → loppumaisilla

 

3)所有接尾辞をつける。

各人称の所有接尾辞は次のとおり。

単数 複数
一人称 [-ni] [-mme]
二人称 [-si] [-nne]
三人称 [-an] [-an]

 

冒頭に紹介した第5不定詞 loppumaisillaan の最後の[-an]はこの所有接尾辞。

loppumaisilla → loppumaisillaan
Kurssi on loppumaisillaan.(授業は終わろうとしているところだった。)

よって文によっては他の所有接尾辞が付くことも。

Olin unohtamaisillani.(私は忘れかけているところだった。)
*unohtaa(忘れる)

以上、今回はフィンランド語の動詞の語形変化の一つ、第5不定詞についてまとめてみました。

書き言葉でしか使わないレアな形ですし、忘れてしまっても大丈夫?

とも思いますが、一応頭の片隅の片隅にはとどめておきましょう。

近いうちに、これまでに習ってきた第1〜第5不定詞を概観するようなエントリーも書いてみたいと思います。

cialis viagra online accutane