cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.111 − 存在文のつくり方

photo credit: *MarS via photopin cc

フィンランド語教室45週目のレポート前編です。

まずは前回習った「A olla B」構文の復習。

[参考]フィンランド語学習記 vol.107 −「A olla B」構文における補語の格変化 | Fragments

続いて存在文のつくり方を習いました。

存在文とは「〜に〜がある」という意味を表す文。英語の「there is〜.」構文をイメージしてもらうとよいでしょう。

There is a book on the table.(テーブルの上に本がある。)

同じ意味をフィンランド語で表すと、いったいどのようになるでしょうか。

Pöydällä on kirja.(テーブルの上に本がある。)
*pöytä(テーブル)、kirja(本)

冒頭の単語 pöydälla は、pöytä が格変化した形。

[主格]pöytä(テーブルは)
[接格]pöydällä(テーブルの上に)

接格というのは「〜の上に」を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-lla/llä]を付けて表します。

ここまでは特に問題なし。

もう一つの文を見てみましょう。

Lasissa on vettä.(グラスの中に水がある。)
*lasi(グラス)、vesi(水)

冒頭の単語 lasissa は、lasi が格変化した形。

[主格]lasi(グラスは)
[内格]lasissa(グラスの中に)

内格というのは「〜の中に」を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-ssa/ssä]を付けて表します。

また文末の単語 vettä は、vesi が格変化した形。

[主格]vesi(水は)
[分格]vettä(水は)

分格というのは、幅広い意味を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-a/ä][-ta/tä][-tta/ttä]のいずれかを付けて表します。(*分格の意味は後述します。)

わかりやすくするため、もう一度二つの文を並べてみましょう。

1)Pöydällä on kirja.(テーブルの上に本がある。)
2)Lasissa on vettä.(グラスの中に水がある。)

1の文では kirja は主格のままですが、2の文では vesi は分格(vesi → vettä)に格変化しています。これは次のようなルールによるもの。

存在文においては、主語が数えられる名詞(可算名詞)のときは主格、数えられない名詞(不可算名詞)のときは分格になる。

ここでの分格は、グラスの中に水の「一部分」が入っているというイメージでとらえるとよいと思います。一方、テーブルの上にあるのは本の「一部分」ではありません。

ここまでを見ると、存在文をつくる際には、数えられない名詞は数えられる名詞より扱いが難しいという印象があります。

しかしこの難易度はすぐにひっくり返ってしまいます。

主語が数えられる名詞であっても、分格になるケースを二つ紹介しましょう。

3)Pöydällä ei ole kirjaa.(テーブルの上に本はない。)
4)Pöydällä on kirjoja.(テーブルの上に本が何冊かある。)
[単数分格]kirjaa
[複数分格]kirjoja

3の文では kirja は分格(kirja → kirjaa)、4の文では複数分格(kirja → kirjoja)に格変化しています。これは次のようなルールによるもの。

存在文においては、主語が数えられる名詞(可算名詞)であっても否定文のときは単数分格、また主語が複数のときは複数分格になる。

本のあるなしを話しているだけなのに一筋縄ではいきませんね。

分格のつくり方は、フィンランド語の他の格変化とは異なる独自のルールを持っているため、覚えるのがやや大変。

ただし最近習った単元ではあらゆるところに分格が登場するため、もう一度つくり方をきちんと復習しなければなりません。

分格という概念が、フィンランド語を学ぶ上での一つの鍵のように思えてきた今日この頃です。

フィンランド語学習記 vol.110 − elämä

フィンランド語で「人生」は elämä(エラマ)。

iPhone のフィン・英辞書アプリ『MOT Finnish-English』で elämä を調べたところ、さまざまな用例がのっていたので、いくつか紹介してみたいと思います。

Elämä on kovaa.
(Life is hard. It’s a dog’s life.)
*kova(難しい)

フィンランドでも、人生は一筋縄ではいかないようですね。

ちなみに “dog’s life” というのは、しんどい生活を表す英語のイディオムです。

elämän tarkoitus
(the meaning of life, reason for living)
*tarkoitus(意味、目的)

フィンランドの人も、人生の意味や目的を考えずにはいられないということでしょうか。

こちらに発音をアップしてくれている人がいました。ラテン語のような格調高い響きがありますね。

Elämä ei ole pelkkää ruusuilla tanssimista.
(Life isn’t always a bed of roses.)
*pelkkä(〜だけ)、ruusu(バラ)、tanssiminen(ダンス)

英訳は “Life isn’t always a bed of roses.” となっていますが、原文のフィンランド語の中に bed に当たる単語はありません。

そのまま訳すと「人生はバラの上で踊るだけではない」という感じでしょうか。

おそらく「人生はいいことばかりじゃない」という意味の定型表現なのでしょう。日本語でこれに類する表現はあるかな?としばらく考えてみたものの結局思い付かず。「人間万事塞翁が馬」とは少し意味が違いますね。

以上、今回はフィンランド語の elämä の用例をいくつか紹介してみました。

こうして見ると、お国が違えど、人生の有り様にそうそう違いはないということなのかもしれません。

MOT Finnish-English MOT Finnish-English
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アメリカ連邦議会におけるバイリンガル議員の割合とは?

アメリカの人は、外国語の学習にあまり熱心ではないという話を聞くことがあります。

真偽のほどはわかりませんが、グローバル言語としての英語がこれだけ普及した世界ではさもありなん、

Necessity is the mother of learning.

といったところでしょうか。

しかしアメリカ国内に目を向けてみると、移民の増加もあり、英語の母語話者比率は徐々に減少しているとのこと。地域によってはスペイン語やロシア語など、さまざまな言語が話されています。

米サイト『Language Magazine』が、そんなアメリカの第二言語事情に関する面白い調査結果を掲載しています。それはアメリカの連邦議会にバイリンガルの議員はどれくらいいるのか?というもの。

Language Magazine » Blog Archive » Survey of World Languages in Congress

対象者540名への調査結果は次のとおり。

There was an overall 65.6% response rate to the survey, and of those 35% had at least some second language ability while 20% claimed to speak the language fluently – considerably higher than the estimates for the general population.

(調査には全体で65.6%の返答があった。そのうち35%の人は何らかの第二言語能力を持っており、20%の人はその言語を流暢に話せると主張した。この数値は一般人口の推定値と比較してもかなり高い。)

第二言語を流暢に話せる議員が全体の二割というのは、思ったより高い数値ではないでしょうか。

なお言語別の内訳ではスペイン語が一位(54%)。他にはフランス語、中国語、ドイツ語が多かったとのこと。

一方、日本の国会議員はどうなのでしょう?

「何らかの第二言語能力を持っている」に該当する人はおそらく100%でしょうが、「流暢に話せる」に当てはまる人は20%もいないかもしれませんね。

もっとも、外国語を「話せる」とか「使える」と言うときの基準はあいまいなので、日本人のメンタリティを考えると、かなりの上級者でも「私は流暢に○○語が話せます!」とは言わないような気がします。

いずれにせよ、外国語の教育政策を論じるような立場の議員には、何らかの外国語をきちんと身に付けた経験があってほしいと思いますし、それが難しいならせめて専門家の意見に耳を傾けてほしいですね。

辞書にのっていない「because」の使い方

photo credit: greeblie via photopin cc

今日は雨が降っていたので、家に引きこもっていました。

I stayed home because rain.

この英文、どこか違和感がありますね。

because の使い方は、大きく以下の2つに分けられます。

  • because+節
  • because of+名詞句

つまり冒頭の文は、次のように書き換えればよいということになります。

I stayed home because it was rainy.
I stayed home because of rain.

しかし一筋縄ではいかないのが、生きた言葉の世界。

米サイト『Quick and Dirty Tips』によると、最近の英語には「because+名詞句」という形も見られるのだとか。

Grammar Girl : Because as a Preposition :: Quick and Dirty Tips ™

The new usage of “because” treats it as an ordinary preposition, by having it introduce noun phrases instead of clauses or the word “of.” I’ve also heard teenagers say things like, “I’ll do that when school’s out, because more time.”

(この新しい用法では because を普通の前置詞のように扱う。つまり because の後ろに節や of を置かないということだ。10代の子が “I’ll do that when school’s out, because more time.” と言うのを聞いたこともある。)

This construction got a name just last year. In July 2012, two linguists independently decided to call it “because NOUN.”

(この構文には昨年名前が付けられた。2012年7月、二人の言語学者はそれを “because NOUN” と呼ぶことにしたのだ。)

おそらくは若者言葉の一種なのでしょう。

少なくとも辞書や文法書でこのような文を見たことはありません。

しかし改めて考えてみると、英語には before や after のように接続詞と前置詞の両方の働きを持つ単語があります。

それなら because がそのような方向に進化(?)していったとしても、不思議ではありません。

それにしてもこれは学校のテストなどで、いかにも先生が×を付けそうな文だと思います。

もし×をもらっても、上記の記事をプリントアウトして持っていけば、あるいは◯がもらえるかもしれません。。。さて、どうでしょう?

「おざなり」と「なおざり」の違いとは?

紛らわしい日本語は多々ありますが、おざなりとなおざりの使い分けは、その最たるものではないでしょうか。わかっているようでわからない、いつも混乱してしまいます。

このあたりでもう一度、しっかりと用法を確認しておくことにしました。

まずは辞書の語義から。

おざなり【お座なり】

当座をつくろうこと。その場のがれにいいかげんに物事をするさま。「ーの計画」「ーにする」「ーを言う」

『広辞苑』

おざなりの計画というのは、行き当たりばったりで、完成度の低い計画ということになるのでしょう。

なお和英辞典で「おざなり」を引くと、careless, slapdash, perfunctory などの訳語が出てきます。

なおざり【等閑】

1 あまり注意を払わないさま。いい加減にするさま。かりそめ。おろそか。ゆるがせ。「規則をーにする」「ーな態度」

2 あっさりしていること。

『広辞苑』

規則をなおざりにするというのは、つまり規則を守らないということですね。

和英辞典で「なおざり」を引くと、neglect, disregard などの訳語が出てきます。

こうして見ると、おざなりとなおざり両方の語義に「いいかげん」という言葉が含まれているため、両者の違いが非常にわかりにくくなっています。

そこで一旦、語義から離れて頭の中で用例を思い浮かべてみると、おざなりは適当なりに行動をしているものの、なおざりはそもそもほったらかしというイメージが浮かんできました。

検索してみると、NHKアナウンスルームのホームページにそのあたりの解説がのっていました。

<前略>

『おざなり』はいい加減でも”何かする”。『なおざり』はいい加減で”何もしない”。この点が違うのです。

なるほど。つまり両者には以下のような違いがあると言えそうです。

おざなりに宿題をする。
→たいして集中もせずに、ダラダラと宿題をこなす。

宿題をなおざりにする。
→遊びに夢中になって、宿題に手を付けない。

こうしてみると宿題の場合は、「なおざり」より「おざなり」の方がまだましと言えそうです。

あるいは気が乗らないことはいっそ「なおざり」にできる方が大物と言えるのかもしれません。さてどちらが良いでしょうか?

ピンクとナデシコ

9月に発売された iPhone 5c には「ホワイト」「ピンク」「イエロー」「ブルー」「グリーン」の5色のカラーバリエーションがありました。

このうち最も人気があった色はどれでしょう?

アメリカでの調査結果を AppBank ニュースが紹介しています。

結論から言うと、男性にはホワイトとブルー、女性にはピンクの人気が高かったようです。

この結果を見て「意外」と思う人はおそらく少ないでしょう。

特にピンクという色は、現代社会においては、女性的なイメージと結びつけて用いられることが多いと思います。

しかしそんなピンク(pink)という単語が、今のように「色」を表すようになったのは、実はそれほど昔のことではありません。

『Online Etymology Dictionary』によると、pink という単語の初出は1570年代。しかしその頃にはまだ色名としての用法はなく、花の名前(ナデシコ)として使われていました。

色名としての最初の記録は1733年ということですので、意外に新しい用法なのだということがわかります。

1570s, common name of Dianthus, a garden plant of various colors, of unknown origin. Its use for “pale rose color” first recorded 1733 (pink-coloured is recorded from 1680s), from one of the colors of the flowers. The plant name is perhaps from pink (v.) via notion of “perforated” petals, or from Dutch pink “small” (see pinkie), from the term pinck oogen “half-closed eyes,” literally “small eyes,” which was borrowed into English (1570s) and may have been used as a name for Dianthus, which sometimes has pale red flowers.

『Online Etymology Dictionary』

ピンクという単語はすっかり日本語化して私たちの日常に入り込んでいるため、あまり意識されることがないのですが、英語の pink には今でも植物の「ナデシコ」という意味があります。

pink

3(植)ナデシコ<ナデシコ科ナデシコ属(Dianthus)植物の総称;特にトコナデシコ(D. plumarius);広く栽培されており、白やピンクや赤やさまざまな色の芳しい花をつける;garden pink ともいう>

『ジーニアス英和大辞典』

昨今「ナデシコ」という名前から連想するのは、女子サッカー日本代表のなでしこジャパンでしょうか。

また「撫子色」のように色名として用いられたときには、いわゆる原色のピンクよりも、落ち着いた色調を指すことが多いようです。

例えばこんな感じ。

元々は「pink=ナデシコ」であったのに、いつの間にか微妙に異なる色を表すようになったというのは、面白い現象ですね。

ほんの少し発色を抑えただけで、とても品のある色になっていると思います。

個人的な好みではありますが、工業製品や街の彩りにこのような和色が多く用いられるようになると、今よりも目にやさしい世界になるのではないでしょうか。

cialis viagra online accutane