cialis viagra online accutane

なめこのぬめぬめ

なめこ[(滑子)](名)

〘生〙

①キノコの一種。色は茶色で、ぬらぬらしている。食用。

②えのきだけ。なめたけ。

「三省堂国語辞典 第七版」

今日の夕食になめこの味噌汁をつくった際に、

「なめこ」は英語で何と言うのだろう?

と思い調べてみました。それでわかったのは、英語圏でなめこは一般的ではないので、nameko mushroom とでも表現するしかないということ。

では、英語圏の人になめこのぬめぬめした食感を説明するとしたら、どんな単語を使うべきでしょう?

和英辞書などで見つかったのは slimy という単語。実際、なめこを slimy mushroom と表現することもあるようです。

ただ slimy(slime)という単語には不快なイメージもあるので、もう少し別の角度から表現する方法はないものでしょうか?

こんなときに案外役に立つのが英語版 Wikipedia のページ。調べてみると、次のような説明が出ていました。

Pholiota microspora, commonly known as Pholiota nameko or shortly nameko, is a small, amber-brown mushroom with a slightly gelatinous coating that is used as an ingredient in miso soup and nabemono…

Wikipedia「Pholiota microspora」より

pholiota microspora というのはなめこの学名。ここではなめこのぬめりを gelatinous coating(ゼラチン状のコーティング)と表現しています。

これならなめこを知らない人でも客観的になめこの食感がイメージができるかもしれません。

日本人なら知らない人はいないと思われるなめこのぬめぬめも他の言語で表現しようとするとなかなか大変です。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

ボールとボウルの違いについて

今日のテーマはボールとボウルの違いについて。

ボール(名)〔ball〕

①球。〔ボウリングのボールのばあいは、ボウル(bowl)〕

②〔野球で〕ストライクにならない投球。

③〔交渉ごとで〕一方が提起して、他方がそれにどう対処すべきかという課題。

「三省堂国語辞典 第七版」

ボウル(名)〔bowl〕

①粉を練ったり、サラダを かきまぜたりするのに使う、(金属製の)半球形の鉢。

②〔観客席の形が すりばち形であることから〕アメリカン フットボールの対抗試合。

③〔①②とは別語源〕ボウリング(のボール)。ボウリング場の名前にも使う。

▽ボール。

「三省堂国語辞典 第七版」

もちろん日本語におけるボールとボウルの意味の違いは明白です。

ただここで考えたいのは「両者に発音の違いはあるのだろうか?」ということ。

英語の場合は ball と bowl で発音が異なります。

ball /bɔːl/
bowl /bəʊl/

しかし日本語の場合は「ボウル」と表記しても bowl のように「ボウ」と発音するのではなく、ball のように「ボー」と発音することが大半なのではないでしょうか。

それならどうして「ボール、ボウル」と書き分けるのか?

おそらくは英語の発音に由来する慣用的な表記なのでしょう。

またこのボールとボウル以外に長音符の使用有無によって意味が分かれるような単語のペアはあるかな?と考えてみたのですが、思い当たらず。

もし他に例がないのなら、日本語の中でもかなり変わった単語のペアなのかもしれません。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

sixth

個人的に発音が難しいと思う英単語の一つがこちら。

sixth /sɪksθ/

最後のsθのところでどうしてもつかえてしまいます。

その理由としてはおそらく、

  1. そもそも日本語の母語話者にとって、日本語の音にないθの発音が難しい。
  2. 日本語に子音の連続はほとんどないので、sθという子音の連続はハードルが高い。

以上の二点が大きいのではないでしょうか。

ちなみにこの sixth という単語を使った有名な早口言葉があります。それがこちら。

The sixth sick sheik’s sixth sheep’s sick.
(6番目の病気の長老の6番目の羊が病気です。)

これは難しい!

何度か挑戦してみましたが、つかえずに読むことはまず不可能。

ただこの早口言葉は英語のネイティブスピーカーにとってもかなり難易度が高いようです。

それならノンネイティブの日本人が読めないのは当たり前ということで、悔しいですが納得することにします。

腕の覚えのある人は挑戦してみてください!

 

ひとこと

Google 翻訳のテキスト読み上げ機能でさきほどの早口言葉、

The sixth sick sheik’s sixth sheep’s sick.

を読ませてみたら、かなりきれいに読めていました。最近の Google 翻訳は音声合成の精度も高いんですね。

復習う

今日は難読漢字クイズを一つ。

問:次の漢字は何と読むでしょう?

復習う

もちろん「ふくしゅうう」ではありません。

??

??

??

正解はこちら。

さらう[(:復習う)]サラフ(他五)

くり返してならう。復習する。

→:おさらい。

「三省堂国語辞典 第七版」

さらうはその漢字の通り「復習する」の意味。

名詞形のおさらいと比べて馴染みの薄い日本語かもしれませんが、何かの勉強をするときに、

「〇〇の範囲を一通りさらっておこう」

というような使い方をすることはありますよね。

復習するよりも柔らかな感じがありますし、ぜひ現代日本語に復活してほしい動詞の一つです。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

フィンランド語学習記 vol.699 − Tyytyväisempi koneisiin kuin ihmisiin(3)

昨日に続いてフィンランド教室のテキスト『suomen mestari 3』より Tyytyväisempi koneisiin kuin ihmisiin を読んでいきます。

Ihmisten tulee pitää minusta. Lisäksi ihmisten tulee olla terveitä, jotta minun ei tarvitse huolehtia heistä. Ihmisten tulee myös olla sen verran varakkaita, ettei minun tarvitse lainata heille rahaa. Ja ihmisten tulee asua omissa asunnoissaan, ettei minun tarvitse majoittaa heitä nurkkiini. Ihmiset eivät saa olla pitkaveteisiä, mutta eivät myöskään liian lyhytjännitteisiä. Ihmiset eivät saa olla liian omituisia, mutta eivat myöskään liian tavallisia. Ihmisten tulee olla huumorintajuisia, mutta tarpeen tullen vakavia, voimakkaita mutta lempeitä, herkkiä, mutta lujia, viisaita mutta lapsenmielisiä, tasapainoisia mutta yllättävia, vilkkaita mutta hallittuja, työteliäitä mutta unelmoivia, lahjakkaita mutta vaatimattomia, hillittyjä mutta pulpahtelevia.

Koska ihmisihanteeni on korkea, asunnossani majailee enemmän koneita kuin ihmisiä.

人間は私を好きでなければなりません。さらに人間は、私の世話になる必要がないよう健康でなければなりません。人間はまた、私がお金を貸す必要がないよう裕福でなければなりません。そして人間は、私が部屋の隅に泊める必要がないよう自分の住居に住まなくてはなりません。人間は退屈であってはいけませんが、あまりに短気であってもいけません。人間はあまりに風変わりであってはいけませんが、あまりに人並みであってもいけません。人間はユーモアを持つべきですが、必要なときにはまじめであるべきです。力強いのに優しい。繊細なのにしっかりしている。賢いのに子供らしい。バランスが取れていているのに人を驚かせるようなところもある。元気なのに感情は控え目に。勤勉なのに夢を見ることもできる。才能があるのに謙虚な。控え目なのに生き生きとした。そういう人間であるべきです。

私の人間の理想は高いので、私の住居には人よりも機械を泊めています。

フィン
terve healthy 健康な
huolehtia take care of 面倒を見る
sen verran as much それだけの
varakas wealthy 裕福な
majoittaa accommodate 泊める
pitkäveteinen tedious, boring 退屈な
lyhytjännitteinen short-tempered 短気な
omituinen strange 風変わりな
huumorintajuinen having a sense of humor ユーモアのある
tarpeen tullen when necessary 必要なときには
vakava serious まじめな
voimakas strong, powerful 力強い
lempeä gentle 優しい
herkkä sensitive 繊細な
luja firm しっかりした
viisas wise 賢い
lapsenmielinen childish 子供らしい
tasapainoinen balanced バランスの取れた
yllättävä surprising 驚かせる
vilkas lively 元気な、活発な
hallittu controlled 感情を抑えた
työteliäs industrious 勤勉な
unelmoiva dreaming 夢を見る
lahjakas gifted 才能のある
vaatimaton modest 謙虚な
hillitty restrained 控え目な
pulpahteleva bubbly 生き生きとした
ihanne ideal 理想

 

Ihmisten tulee pitää minusta.

Ihmisten tulee pitää minusta.

人間は私を好きでなければなりません。

属格+tulla+動詞の原形で「〜は〜しなければならない」という意味になります。

形はよく見かける täytyy の構文と同じ。

Minun täytyy opiskella.(私は勉強しなければならない。)

tulla を使っても同じ意味を表すことができるんですね。ただしややレアな形でしょうか。

 

まとめ

今回はユーモアのある文章を読みながら、人の性格を表す多くの形容詞を学ぶことができました。

くすりと笑いつつ「人間らしいってどういうことなんだろう?」というテーマについて哲学的に考えさせられたりもしました。

みなさんはいかがでしょう?

フィンランド語学習記 vol.698 − Tyytyväisempi koneisiin kuin ihmisiin(2)

昨日に続いてフィンランド教室のテキスト『suomen mestari 3』より Tyytyväisempi koneisiin kuin ihmisiin を読んでいきます。

Pölynimurin hyve on imeä pölyä. Sen se on toteuttanut kiitettävästi.

Leivänpaahtimen hyve on paahtaa tasaisesti. Sen se on toteuttanut mainiosti.

Mikroaaltouunin hyve on piipata silloin kun aika on täysi. Sen se on toteuttanut erinomaisesti.

Mutta ihmiset.

Heidän hyveikseen olen asettanut seuraavia asioita:

掃除機の長所は埃を吸うことです。それを掃除機は見事に実現しています。

トースターの長所は均一にトーストすることです。それをトースターは完璧に実現しています。

電子レンジの長所は時間が来たらピーと鳴ることです。それを電子レンジは立派に実現しています。

しかし人間は。

人間の長所として私は次のような点を挙げます。

フィン
imeä absorb 吸う
pöly dust ほこり
kiitettävästi laudably 見事に
paahtaa toast 焼く、トーストする
tasaisesti evenly 均一に
mainiosti perfectly
outstandingly
完璧に
すばらしく
piipata beep ピーと鳴る
erinomaisesti excellently 立派に
asettaa put, place 置く、配置する
seuraava following 次の

 

hyveikseen

Heidän hyveikseen olen asettanut seuraavia asioita:

人間の長所として私は次のような点を挙げます。

hyveikseen は「美徳、長所」を意味する名詞 hyve の複数変格 hyveiksi に所有接尾辞の[-Vn]が付いた形。
*変格語尾[-ksi]は後に所有接尾辞が付くと[-kse]に変化します。

。。。ということがなかなかわからず、hyveikseen って何だろう?とかなりの時間考え込んでしまいました。

 

まとめ

掃除機はほこりを吸い、トースターは均一にトーストし、電子レンジはチンと鳴る。

私たちの身の回りの家電は他者に貢献する明確な長所を備えています。では人間の長所とはいったい何なのでしょう?

続きは明日のエントリーにて。

cialis viagra online accutane