疲れたり、悩んだりして眠れないときにオススメの本6冊

Domestic Kitten

仕事から家に帰ってきて「はあー、今日は疲れたわ」。

神経がささくれだっているので、とても眠れそうにない。

気が滅入っているのだけど、テレビは見たくないし、音楽も聴きたくない。

気分としては本が読みたいのだけど、小説やビジネス書は重すぎる。

さくっと読めて、ちょっとだけ気分を持ち上げてくれる本はないかな。。。って、そんな気分のときもありますよね。

そんなときにおすすめの本をご紹介。

 

『オレの宇宙はまだまだ遠い』益田ミリ著

32歳の書店員・土田くんの日常を切り取ったエッセイ風コミック。

益田さんの作品は、私たちの日常に潜んでいるささやかな心の動きをいつでも上手く掬い上げて「ああ、こういうことってあるよなあ」と思わせてくれます。

あまりにしみじみしすぎるとかえって眠れなくなったりもするのですが。

オレの宇宙はまだまだ遠い
益田 ミリ
講談社
売り上げランキング: 82,619

 

『自分へのごほうび』住吉美紀著

フリーアナウンサーの住吉美紀さんのエッセイ集。

日々の暮らしの中で、自分にエネルギーを与えてくれるものって実はたくさんあるはず。

今度の休日は自分にこんなプレゼントをあげてみよう、というヒントがたくさんつまっています。

実家のガレージの中で六歳の自分に出会う「六歳の少女」という一篇が印象に残りました。

自分へのごほうび (幻冬舎文庫)
住吉 美紀
幻冬舎 (2012-06-12)
売り上げランキング: 345,149

 

『那覇の市場で古本屋』宇田智子著

都内の大手書店を退職し、那覇の公設市場で古本屋を営む宇田さんのエッセイ集。

沖縄本の話から、店番をしているときのささやかなエピソードまで、派手な話題はないのですが、読んでいて「地に足をつけて生きるというのはこういうことなのかな」と思ったり。

ちょっと心がざわざわしてくる一冊。

那覇の市場で古本屋―ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々
宇田智子
ボーダーインク
売り上げランキング: 151,196

 

『にょっ記』穂村弘著

穂村さんの本職は歌人ですが、そのエッセイはもはや至芸の域。

この『にょっ記』は日記風のスーパーショートショート。

あとから思い出してくすっと笑ってしまうようなセンスのある小話ばかり。個人的には「清潔人」の話がツボでした。

続編の『にょにょっ記』も出ています。

にょっ記 (文春文庫)
にょっ記 (文春文庫)
posted with amazlet at 14.06.20
穂村 弘
文藝春秋
売り上げランキング: 220,826

 

『リリー・フランキーの人生相談』リリー フランキー著

タイトルのとおり、リリー・フランキーさんによる人生相談。週刊プレイボーイの連載をまとめたもの。

はちゃめちゃなようで、怖いくらいに核心を突いている。

それでもこの人に話を聞いてもらいたいと思わせるのは、リリーさんがどこまでも正直に自分をさらけ出しているからなのでしょう。

リリー・フランキーの人生相談
リリー フランキー
集英社
売り上げランキング: 44,898

 

『あやしい探検隊 北へ』椎名誠著

探検隊とは言っても、仲間とキャンプ道具一式を持っての離島巡り。

ありふれた旅の記録も椎名さんの筆にかかると、魅力的な珍道中に生まれ変わります。

とにかく一人一人のキャラクターが際立っていておもしろい。

探検隊シリーズの中ではこれが一番好きです。

あやしい探検隊 北へ (「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)
クリーク・アンド・リバー社 (2014-01-29)
売り上げランキング: 5,103

 
以上、今回は「疲れたり、悩んだりして眠れないときにオススメの本6冊」を紹介してみました。

どれも、本の世界にすーっと入って行けて、気が付いたら少し気分が軽くなっている。そんな素敵な本ばかり。

しんどいときに、ぜひ手に取ってみてください。おすすめです!