cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.615 − kiinnostaa, kiinnostua

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に「おもしろい、興味がある」という表現がまとめられていました。

Asia on mielenkiintoinen.
− Asia on kiinnostava.(その物事はおもしろい。)

mielenkiintoinen は「おもしろい」を意味する形容詞。

kiinnostava も「おもしろい」を意味する形容詞、

。。。と覚えてしまってもよいですが、もともとは「〜に興味を持たせる」を意味する kiinnostaa の能動現在分詞でもあります。

能動 受動
現在分詞 kiinnostava kiinnostettava
過去分詞 kiinnostanut kiinnostettu

 

テキストにはこの kiinnostaa を使った次のような文も出ていました。

Asia kiinostaa minua.(私はその物事に興味がある。)

この文を直訳すれば「その物事はわたしに興味を持たせる」となります。

日本語としてはやや不自然ですが、英語の interest にも同様の構文がありますね。

Politics doesn’t interest me.
(私は政治に興味がない。)

なおこの文では目的語は分格の形になるので注意が必要。

単数主格 minä
単数分格 minua

 

また「この形はしっくりこないので、私を主語にしたい!」という場合は、次のような文を作ることもできます。

Minä olen kiinnostunut asiasta.(私はその物事に興味がある。)

kiinnostunut は「興味がある」を意味する形容詞。

。。。と覚えてしまってもよいですが、もともとは「〜に興味を持つ」を意味する kiinnostua の能動過去分詞でもあります。

能動 受動
現在分詞 kiinnostuva kiinnostuttava
過去分詞 kiinnostunut kiinnostuttu

 

この文では kiinnostunut の後に来る名詞は出格の形になるので注意が必要。

単数主格 asia
単数出格 asiasta

 

改めて二つの文を並べてみましょう。

1. Asia kiinostaa minua.
2. Minä olen kiinostunut asiasta.
フィン
kiinnostaa interest 〜に興味を持たせる
kiinnostua become interested 〜に興味を持つ

 

「興味がある」と言いたいときに、

1の形はぱっと思いつかない。

2の形はぱっと思いつくけれど後続の名詞を出格の形にするのが大変。

ということで、作りやすさは五分五分でしょうか。

フィンランド語学習記 vol.614 − 世界で最も快適な都市

世界で最も快適な都市と聞いて、思い浮かべるのはどこでしょう?

北欧やフィンランドが好きな人なら、ヘルシンキを思い浮かべた人もいるかもしれませんね。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこんな記事が出ていました。

Wien on viihtyisin

Itävallan pääkaupunki Wien on maailman viihtyisin kaupunki.

Australian Melbourne on voittanut kansainvälisen vertailun jo 7 vuotta peräkkäin, mutta nyt se hävisi Wienille ja putosi toiseksi. Kolmanneksi viihtyisin kaupunki on Japanin Osaka.

Brittiläinen tutkimuslaitos vertaili 140 suurkaupunkia. Kaupunkeja vertailtiin esimerkiksi terveydenhoidon, kulttuurielämän, koulutuksen ja ympäristöasioiden suhteen.

Kymmenen kärkeen pääsi Pohjoismaista vain yksi kaupunki: Tanskan Kööpenhamina.

Vertailun häntäpäässä olivat Syyrian pääkaupunki Damaskos, Bangladeshin Dhaka ja Nigerian Lagos.

ウィーンは最も快適

オーストリアの首都ウィーンは世界で最も快適な都市だ。

オーストラリアのメルボルンは、国際的な比較調査において7年連続勝ってきたが、今はウィーンに負けて2位に落ちた。3番目に快適な都市は日本の大阪である。

イギリスの研究所は140の主要都市を比較した。それらの都市は、医療、文化的な生活、教育、環境問題などの点において比較された。

北欧からトップテンに入った、ただ一つの都市はデンマークのコペンハーゲンだ。

ランキングの最後尾には、シリアのダマスカス、バングラデシュのダッカ、ナイジェリアのラゴスが入った。

フィン
Itävalta Austria オーストリア
viihtyisä cosy / cozy 快適な
voittaa win 勝つ
vertailu comparison 比較
peräkkäin straight 続けて
hävitä lose 負ける
pudota drop 落ちる
brittiläinen British イギリスの
tutkimuslaitos research institute 研究所
vertailla compare 比較する
terveydenhoito health care 医療、健康管理
koulutus education 教育
ympäristöasia environmental issue 環境問題
suhteen regarding 〜に関して
kärki point 先端
häntäpää tail end 最後尾

 

今回の記事のもとになったイギリスの Economist Intelligence Unit による調査結果を調べてみると、トップ10は次のようなリストになっていました。

  1. ウィーン
  2. メルボルン
  3. 大阪
  4. カルガリー
  5. シドニー
  6. バンクーバー
  7. トロント
  8. 東京
  9. コペンハーゲン
  10. アデレード

こんな動画もアップされています。

日本から2つの都市がランキングしているのを見ると、日本もまだまだ捨てたものではないなと思います。

また北欧からはコペンハーゲンだけというのは少々以外。物価や税金の高さが影響しているのでしょうか?

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

under the weather

酷暑が続く今年の夏。

夏バテ気味で具合が悪いという人も多いでしょう。

今日はそんなときに使える英語のイディオムを一つ。

under the weather

(informal) if you are or feel under the weather, you feel slightly ill/​sick and not as well as usual

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

under the weather は「体調が悪い、元気がない」の意味。

穏やかな春や秋の日にこのフレーズを聞くと、どうして under the weather がそんな意味になるの?と気になってしまうところですが、この夏なら心配無用。

under the weather(=天気の影響を受けている)と言えば、イディオムとしての知識がない人でも「ああ、具合が悪いのね」と察してくれることでしょう。

そんな夏もいつのまにか後半戦。

食べるものに気をつけたり、朝夕の涼しい時間に少しは体を動かしたり。

体調管理をしっかりして、残りの夏を乗り切っていきましょう。

ビタミンBの謎

このところ、夜寝る前にビタミンBのサプリメントを飲んでいます。

手元にあるパッケージを見ると、このサプリメントには下記のビタミンB群全8種が含まれているとのこと。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • 葉酸

これを見ていて不思議に思ったことが一つ。

8つのうち数字の付いている4つを声に出して読んでみてください。

私の場合は次のようになりました。

  • ビタミンB1(ビーワン)
  • ビタミンB2(ビーツー)
  • ビタミンB6(ビーロク)
  • ビタミンB12(ビージュウニ)

普通に読むと、上の2つは英語読みなのに、下の2つは日本語読みになってしまいます。

ビタミンB6を「ビーシックス」と読むのはギリギリセーフな感じがしますが、ビタミンB12を「ビートゥウェルブ」と読むのは不自然な感じ。

このように感じるのは、いったいなぜなのでしょう?

「三階」は何と読む?

マンションの一階、二階、三階などと言うときの三階は「サンガイ」でしょうか? それとも「サンカイ」でしょうか?

国語辞書を調べてみました。

かい[階]

一(名)

①建物の、高さ一段階ごとの区分。

「次のーでお降りください」

②〔文〕階段。

「ーを上る」

(接尾)「階一①」のかさなりをかぞえることば。

「五ー・三ーガイ

「三省堂国語辞典 第七版」

用例の「三階」のところに「ガイ」とルビが振ってあります。

ということは、おそらく正式な日本語は「サンガイ」?

ただわざわざこのように書いてあるということは「サンカイ」と読む人も多いということでしょう。

NHK放送文化研究所のウェブサイトには次のような記載がありました。

…「3階」を[サンカイ]と読む人は全体としてみればまだ少数派で、違和感を引き起こすことがあるのを知っておいたほうがよいでしょう。文研の調査では、九州地方では[サンカイ]と読む人が多いものの、それ以外の地域ではすべて[サンガイ]と読む人が多くなっており、日本全体では[サンガイ]派が4分の3以上を占めることが明らかになっています(詳しくは『放送研究と調査』2000年2月号参照)。くれぐれもご注意ください。

「3階」はサンガイ? サンカイ? | ことば(放送用語) – 最近気になる放送用語 | NHK放送文化研究所

正式な日本語はサンガイであるということに特に異論はないのですが、日本全体でサンガイ派が4分の3以上という記述にはやや違和感を感じます。

自分自身がこれまで「サンカイ」と言っていたということもあるし、周りの人がそこまで「サンガイ、サンガイ」と言っているような感覚もありません。

ただこの記事は2005年に書かれたものなので、13年の間にサンガイとサンカイの勢力図が変わった可能性はあるでしょう。

どうも気になるので、周りの人に少しリサーチをしてみようかと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

「究める」と「極める」の違いとは?

「学問をきわめる」と言うときの「きわめる」は次のどちらが正しいでしょう?

  • 学問を究める
  • 学問を極める

まずは辞書を引いてみました。

きわめる[究める・窮める]

ものごとをどこまでも明らかにする。

「学をー・真理をー」

「三省堂国語辞典 第七版」

きわめる[極める]

①これ以上はないという状態に〈持っていく/行きつく〉。

「栄華をー・混乱をー」

②いちばん高いところに行きつく。

「山頂をー」

「三省堂国語辞典 第七版」

「究める」の用例に「学を究める」と出ているので、おそらくは「学問を究める」が正しいのでしょう。

ただ語釈を見ても案外はっきりとわからないのが「究める」と「極める」の違い。

  • 究める=ものごとをどこまでも明らかにする。
  • 極める=これ以上はないという状態に〈持っていく/行きつく〉。

この二つをじーっと眺めていて思ったのは、

「ものごとをどこまでも明らかにする」ことは「これ以上はないという状態に持っていく」ことではあるけれども、

「これ以上はないという状態に持っていく」ことは「ものごとをどこまでも明らかにする」ことではないということ。

そのように分析すると「極める」は「究める」の上位概念と考えることはできないでしょうか。

そのためなのか「学問を極める」にはそれほど違和感がないのに対して、「栄華を究める」にはかなりの違和感があります。

究める
(狭い?)
極める
(広い?)
◯ 学問を究める ◯ 栄華を極める
× 栄華を究める △ 学問を極める

 

一つはっきり言えることは、用例の「混乱を極める」にあるように「極める」はプラスだけではなくマイナスの方向にも使えるということ。

北極と南極のように、両方の極があるというのが「極める」の特徴なのだと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane