cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.599 − クロアチアがワールドカップの決勝へ

サッカーワールドカップも残すところ3位決定戦と決勝戦の二試合のみとなりました。

フランスとともに決勝に勝ち上がったクロアチアは人口450万人の小国。

決勝戦は判官贔屓でクロアチアを応援する人が多いのかもしれませんね。

人口500万人のフィンランドでも、そんなクロアチアにシンパシーを感じている人が多いのでしょうか。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」で今回のクロアチアの決勝進出のニュースが取り上げられていました。

Kroatia pääsi MM-finaaliin

Kroatia on päässyt jalkapallon MM-finaaliin. Kroatian finaalipaikka varmistui, kun se voitti keskiviikkona Englannin 2 – 1.

Pieni Kroatia on MM-kilpailujen yllättäjä. Kroatia pelaa finaalissa Ranskaa vastaan.

Sunnuntaina selviää, onko maailmanmestari tällä kertaa Ranska vai Kroatia.

クロアチアがワールドカップの決勝へ

クロアチアがサッカーワールドカップの決勝戦に進出した。クロアチアの決勝への切符は、水曜にイングランドに2対1で勝った時に確かなものになった。

小さなクロアチアはワールドカップの驚くべき存在だ。クロアチアはフランスと決勝を戦う。

日曜には、今回の世界チャンピオンがフランスなのかクロアチアなのか明らかになる。

フィン
päästä get 着く
MM World championship 世界選手権
finaali final 決勝戦
finaalipaikka place in the finals 決勝戦の席
varmistua make sure 確信する
voittaa win 勝つ
kilpailu competition 競争、競技
yllättäjä one who surprises 驚かせる人、もの
pelata play 試合をする
vastaan against 〜に対して
selvitä become clear 明らかになる
maailmanmestari world champion 世界チャンピオン
tällä kertaa this time 今回

 

Croatia / Kroatia

「クロアチア」は英語で Croatia。

ただフィンランド語では原則[c]の文字を使わないので、Kroatia と表記します。

他の国はどうなっているのだろう?と思い、英語名が[c]で始まっている国のフィンランド語名を調べてみました。

フィン
Cambodia Kambodža カンボジア
Cameroon Kamerun カメルーン
Canada Kanada カナダ
Cape Verde Kap Verde カーボベルデ
Central African Republic Keski-Afrikan tasavalta 中央アフリカ共和国
Chad Tšad チャド
Chile Chile チリ
China Kiina 中国
Colombia Kolumbia コロンビア
Comoros Komorit コモロ
Congo
(Democratic Republic
of the Congo)
Kongon
demokraattinen
tasavalta
コンゴ民主共和国
Congo
(Republic
of the Congo)
Kongon
tasavalta
コンゴ共和国
Costa Rica Costa Rica コスタリカ
Croatia Kroatia クロアチア
Cuba Kuuba キューバ
Cyprus Kypros キプロス
Czech Republic Tšekki チェコ

 

たいていの国名では[c → k]の変化が起こっていますが、面白いことにチリ(Chile)とコスタリカ(Costa Rica)だけは[c]のまま。

フィンランドの歴史とは縁がなさそうな両国だけに、うっかり[k]にするのを忘れてしまったのでしょうか?

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.598 − 可能法完了形の作り方

昨日のエントリーでは、動詞の可能法現在形についてまとめました。

フィンランド語学習記 vol.597 − 可能法現在形の作り方

今日は同じ可能法の完了形についてまとめておきます。

可能法完了形は過去の話をするときに使われます。

  • 可能法現在形=「おそらく〜だろう、〜かもしれない」
  • 可能法完了形=「おそらく〜しただろう、〜したかもしれない」
Lienemme nähneet tämän elokuvan aikaisemmin.
(私たちは以前にこの映画を見たかもしれない。)

可能法完了形は olla の可能法現在形と能動過去分詞を組み合わせて作ります。

ここではそれぞれの作り方をおさらいしておきましょう。

 

olla の可能法現在形

olla の可能法現在形は liene という特殊な語幹をもとに作ります。

[辞書形]olla(ある、いる)
→[可能法語幹] liene
肯定 否定
minä lienen en liene
sinä lienet et liene
hän lienee ei liene
me lienemme emme liene
te lienette ette liene
he lienevät eivät liene

 

能動過去分詞

能動過去分詞は、語幹(子音語幹)に[-nut/-nyt][-neet]を付けて作ります。

[辞書形]nähdä(見る)
→[子音語幹]näh
→[能動過去分詞]nähnyt / nähneet

動詞のタイプごとの作り方は次のとおり。

 語尾 語尾の処理 過去分詞(単数) 過去分詞(複数)
T1 VA [A]を外す -nut/-nyt -neet
T2 dA [dA]を外す -nut/-nyt -neet
T3 lA [lA]を外す -lut/-lyt -leet
nA [nA]を外す -nut/-nyt -neet
rA [rA]を外す -rut/-ryt -reet
stA [tA]を外す -sut/-syt -seet
T4 AtA [tA]を外す -nnut/-nnyt -nneet
OtA [tA]を外す -nnut/-nnyt -nneet
utA [tA]を外す -nnut/-nnyt -nneet
T5 itA [tA]を外す -nnut/-nnyt -nneet
T6 etA [tA]を外す -nnut/-nnyt -nneet

 

まとめ

以上、今回はフィンランド語の動詞の可能法完了形の作り方についてまとめてみました。

可能法完了形 = olla の可能法現在形+能動過去分詞
実はこの能動過去分詞の作り方というのは、可能法現在形の作り方と手順がほぼ同じ。

可能法現在形 nähdä → näh → nähne
能動過去分詞 nähdä → näh → nähnyt / nähneet

 

可能法現在形はたまにしか使わない形ですが、能動過去分詞[-nut/-nyt][-neet]はフィンランド語で最もよく使う形の一つ。

よってこの手順はきっちり覚えて置いた方がよさそうです。

フィンランド語学習記 vol.597 − 可能法現在形の作り方

先日のフィンランド語教室では動詞の可能法という形を扱いました。

可能法は「おそらく〜だろう」という意味を付与する動詞の形。

Utsjoki sijaitsee pohjoisessa.(ウツヨキは北に位置している。)
Utsjoki sijainnee pohjoisessa.(ウツヨキはおそらく北に位置しているだろう。)
*sijaita(位置する)

sijainnee の中の[-ne]の部分が可能法の印です。

今回は可能法のうち、可能法現在形と呼ばれる形を扱います。

以下、動詞のタイプごとに可能法現在形の作り方をまとめていきます。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

可能法現在形の作り方 − タイプ1の動詞

タイプ1は2つの母音で終わる動詞。

このタイプは、語尾の[-a/-ä]を外すと語幹が得られます。

この語幹に可能法の印[-ne]を付けると可能法語幹になります。

[辞書形]nukkua(寝る)
→[語幹] nukku*
→[可能法語幹] nukkune

*語幹は強形

ここに人称語尾を付けると次のような形になります。 否定形は「否定動詞+可能法語幹」の形になります。

肯定 否定
minä nukkunen en nukkune
sinä nukkunet et nukkune
hän nukkunee ei nukkune
me nukkunemme emme nukkune
te nukkunette ette nukkune
he nukkunevät eivät nukkune

 

可能法現在形の作り方 − タイプ2の動詞

タイプ2は[dA]で終わる動詞。

このタイプは、語尾の[dA]を外すと語幹が得られます。

この語幹に可能法の印[-ne]を付けると可能法語幹になります。

[辞書形]syödä(食べる)
→[語幹] syö
→[可能法語幹] syöne

ここに人称語尾を付けると次のような形になります。

肯定 否定
minä syönen en syöne
sinä syönet et syöne
hän syönee ei syöne
me syönemme emme syöne
te syönette ette syöne
he syönevät eivät syöne

 

可能法現在形の作り方 − タイプ3の動詞

タイプ3は[lA, nA, rA, stA]で終わる動詞。

このタイプは、語尾の[lA, nA, rA, tA]を外すと子音語幹が得られます。

この子音語幹に[-le, -ne, -re, -se]を付けると可能法語幹になります。

子音語幹 可能法語幹
ajatella(考える) → ajatel → ajatelle
mennä(行く) → men → menne
purra(噛む) → pur → purre
nousta(上がる) → nous → nousse

 

ここに人称語尾を付けると次のような形になります。

肯定 否定
minä ajatellen en ajatelle
sinä ajatellet et ajatelle
hän ajatellee ei ajatelle
me ajatellemme emme ajatelle
te ajatellette ette ajatelle
he ajatellevät eivät ajatelle

 

肯定 否定
minä mennen en menne
sinä mennet et menne
hän mennee ei menne
me mennemme emme menne
te mennette ette menne
he mennevät eivät menne

 

肯定 否定
minä purren en purre
sinä purret et purre
hän purree ei purre
me purremme emme purre
te purrette ette purre
he purrevät eivät purre

 

肯定 否定
minä noussen en nousse
sinä nousset et nousse
hän noussee ei nousse
me noussemme emme nousse
te noussette ette nousse
he noussevät eivät nousse

 

可能法現在形の作り方 − タイプ4〜6の動詞

タイプ4は[AtA, OtA, utA]で終わる動詞。

タイプ5は[itA]で終わる動詞。

タイプ6は[etA]で終わる動詞。

このタイプは、語尾の[A]を外すと子音語幹が得られます。

この子音語幹に可能法の印[-ne]を付けて、直前の[t]を[n]に変えると可能法語幹になります。

[辞書形]avata(開ける)
→[子音語幹] avat
→[可能法語幹] avanne

ここに人称語尾を付けると次のような形になります。

肯定 否定
minä avannen en avanne
sinä avannet et avanne
hän avannee ei avanne
me avannemme emme avanne
te avannette ette avanne
he avannevät eivät avanne

 

可能法現在形の作り方 − olla

olla は次のような特別な変化を伴います。

[辞書形]olla(ある、いる)
→[可能法語幹] liene

ここに人称語尾を付けると次のような形になります。

肯定 否定
minä lienen en liene
sinä lienet et liene
hän lienee ei liene
me lienemme emme liene
te lienette ette liene
he lienevät eivät liene

 

まとめ

以上、今回はフィンランド語の動詞の可能法現在形の作り方についてまとめてみました。

もう一度、ここまでに紹介した動詞の可能法語幹の形を確認しておきましょう。

語尾 辞書形 可能法語幹
T1 VA nukkua nukkune
T2 dA syödä syöne
T3 lA ajatella ajatelle
nA mennä menne
rA purra purre
stA nousta mousse
T4 AtA avata avanne
olla liene

 

可能法は原則、書き言葉でのみ使われる形。

話し言葉では「たぶん、おそらく」を意味する副詞 ehkä, kai, kenties, luultavasti, varmaankin, mahdollisesti を使う方が普通のようです。

書き言葉においても決して出現頻度の高い形ではないのでしょうが、それだけにひょこっと出てきたときにひっかかることがありそう。

よって頭の片隅の片隅には置いておきたいかなと思います。

フィンランド語学習記 vol.596 − Heinäkuu on lämpimin kuukausi

7月が始まりました。

関東甲信地方はすでに梅雨明け。連日厳しい暑さになっています。

一方、北欧フィンランドの7月というのはどんな感じなのでしょう?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」では、フィンランドの7月の気候が紹介されていました。

Heinäkuu on lämpimin kuukausi

Heinäkuu on alkanut. Heinäkuu on Suomen lämpimin kuukausi. Siksi suomalaiset haluavat olla lomalla juuri heinäkuussa.

Ylen meteorologi Kerttu Kotakorpi kertoo, että heinäkuun ylin lämpötila mitattiin vuonna 2010. Silloin Joensuun lentoasemalla oli 37,2 astetta lämmintä.

Kotakorpi kertoo, että heinäkuu on myös sateisin kuukausi. Heinäkuussa sataa keskimäärin joka toinen päivä.

7月は最も暖かい月

7月が始まった。7月はフィンランドで最も暖かい月だ。そのためフィンランド人はちょうど7月に休暇を取りたいと思っている。

Yle の気象学者 Kerttu Kotakorpi によれば、7月の最高気温は2010年に観測された。そのときヨエンスー空港では37.2度だった。

Kotakorpi によれば、7月はまた雨の多い月でもある。7月は平均して一日おきに雨が降る。

フィン
heinäkuu July 7月
lämmin warm 暖かい
meteorologi meteorologist 気象学者
ylin highest 最高の
lämpötila temperature 気温
mitata measure 測る
sateinen rainy 雨の
keskimäärin on average 平均して
joka toinen päivä every other day 一日おきに

 

日本で最も暑い月は8月ですが、フィンランドで最も暖かい月は7月なんですね。

8月の後半にはもう秋の気配が感じられるそうなので、日本と比べればかなり短い夏。

その分、夏を楽しもうという気持ちは大きいのかもしれません。

 

lämpimin

記事タイトル Heinäkuu on lämpimin kuukausi の中の lämpimin は「暖かい」を意味する形容詞 lämmin の最上級の形。

ここでは形容詞の最上級の作り方を確認しておきたいと思います。

lämmin 1)単数語幹を求める lämpimä
lämpimä 2)kpt の変化を伴う単語では弱形の語幹を使用
*今回は kpt の変化なし
lämpimä
lämpimä 3ー1)語末の長母音は短母音に変化する
3ー2)語末の[-e][-a/-ä]は消える
3ー3)語末の[-i][-ii]は[-e]に変化する
*今回は(3ー2)のルールを適用
lämpim
lämpim 4)語幹に[-in]を付ける lämpimin

 

lämmin は語幹がやや特殊な形(lämpimä)なので注意が必要。そこさえクリアしてしまえばルール通りに最上級の形を作ることができます。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.595 − Rehellinen löytäjä saa pitää.

昨日は恵比寿ガーデンシネマでフィンランド映画『オンネリとアンネリのおうち』を観てきました。

本作はフィンランドの有名な児童文学が原作。ということで内容は子供向けの映画でしたが、色彩の豊かさや独特の世界観をゆったりと楽しむことができました。

今回は映画の中で気になった表現を2つ取り上げてみます。

 

Rehellinen löytäjä saa pitää.

こちらはオンネリとアンネリが水色の家の前で拾った封筒に書いてある文。

単語ごとの意味は次のとおり。

フィン
rehellinen honest 正直な
löytäjä finder 発見者
saada may 〜してもよい
pitää hold 持つ

 

直訳すれば「正直な発見者は持ってよい」。

日本語字幕では「正直者にあげます」となっていました。

 

myytävänä

こちらは家の持ち主のおばあさんが家を売るために出していた看板に書かれていた単語。

myydä(売る)という動詞が次のように語形変化しています。

原形 myydä(売る)
受動現在分詞 myytävä(売られている)
受動現在分詞様格 myytävänä(売られている状態で)

 

直訳するとまわりくどくなってしまいますが、要は英語の for sale に当たる表現のようです。

日本語なら「売り物」という感じでしょうか。

以上、今回はフィンランド映画『オンネリとアンネリのおうち』に出てきた表現を2つ取り上げてみました。

本作は登場人物の誰も不幸にならない映画。ほっと一息つきたいときにはおすすめの作品です。

フィンランド語学習記 vol.594 − ヘルシンキの外国語事情

フィンランドの公用語はフィンランド語とスウェーデン語。

しかし移民も多く住んでいる首都のヘルシンキでは、それ以外の言語を耳にする機会もあるかもしれません。

そこではいったいどんな言葉が話されているのでしょう?

そのあたりの外国語事情をフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」がレポートしていました。

Helsingissä on paljon vieraskielisiä

Helsingissä on kohta 100 000 vieraskielistä asukasta. Noin 15 prosenttia helsinkiläisistä puhuu äidinkielenä jotakin muuta kieltä kuin suomea tai ruotsia.

Suurimmat vieraskieliset ryhmät ovat venäjänkieliset, vironkieliset ja somalinkieliset. Lisäksi arabian, persian ja vietnamin puhujien määrä kasvaa nyt nopeasti.

Helsingin kaupungin maahanmuuttoasioiden päällikkö Ilkka Haahtela kertoo, että kaupunki ottaa vieraskieliset asukkaat huomioon monella tavalla. Esimerkiksi ammatillisen koulutuksen kielirajat on poistettu. Näin vieraskieliset pääsevät helpommin osallistumaan opintoihin ja oppivat samalla suomea, Haahtela sanoo.

ヘルシンキに多くの外国語話者

ヘルシンキで外国語を話す住民は100,000人になる。約15%のヘルシンキ市民はフィンランド語とスウェーデン語以外の母語を話す。

最大の外国語グループは、ロシア語話者、エストニア語話者、ソマリ語話者である。加えて、アラビア語、ペルシア語、ベトナム語を話す人の数も今急速に増えている。

ヘルシンキ市の移民問題のリーダー Ilkka Haahtela は、市は多くの方法で外国語話者を考慮していると語る。例えば、職業教育における言葉の壁は取り除かれた。外国語話者はより簡単に学習に参加でき、同時にフィンランド語を学ぶこともできると Haahtela は語っている。

フィン
vieraskieli foreign language 外国語
kohta soon すぐに
vieraskielinen foreign-language 外国語の
asukas resident 住民
äidinkieli mother tongue 母語
ryhmä group グループ
määrä number 数量
kasvaa grow 育つ、増える
maahanmuutto immigration 移民
päällikkö chief, head 組織の長
ottaa huomioon take into account 考慮する
monella tavalla in many ways 多くの方法で
ammatillinen occupational 職業の
koulutus education 教育
raja limit 境界
poistaa remove 取り除く
osallistua participate 参加する
opinnot studies 学習

 

映画『希望のかなた』の主人公はシリアからの難民という設定でしたし、ヨーロッパだけではなく中東やアジア全域からの移民も増えているということなのでしょう。

矛盾や軋轢を抱えつつも、成熟した社会に向かってほしいと思います。

 

-kieliset

本文に venäjänkieliset(ロシア語話者)、vironkieliset(エストニア語話者)、somalinkieliset(ソマリ語話者)という表現が出てきました。

ここでは venäjänkieliset(ロシア語話者)= venäläiset(ロシア人)ではないことに注意する必要があります。

ボーダーレスな世界の中で国籍と言語の関係というのはますます複雑になっていくのかもしれません。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

cialis viagra online accutane