cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.644 − スーパーマーケット

フィンランド語で「スーパーマーケット」は valintamyymälä(ヴァリンタミューマラ)。

これは valinta と myymälä から成る複合語。

フィン
valinta choice 選択
myymälä shop

 

このほか英語の supermarket に当たる supermarketti という単語もあります。

つまりフィンランド語には外来語の supermarketti と本来のフィンランド語である valintamyymälä という二つの単語があることになります。

では日本語の場合はどうでしょう?

スーパーマーケットを意味する外来語ではない日本語は存在するでしょうか?

量販店? 大規模小売店?

考えてはみたものの、どうもしっくりした日本語が浮かびません。

ヒントを探すため、辞書を調べてみました。

スーパーマーケット

〘名〙 (英 supermarket) 食料品・雑貨・衣料品などを主体に、セルフサービス方式を採用する、単一経営による大規模な小売店。スーパー。〔新聞語辞典(一九五一年版)(1950)〕

語誌 一九三〇年、大不況時代のアメリカで、ロングアイランドの空き倉庫を使って食料品などを超格安で大量に販売したのが始まり。日本では一九五三年に誕生した東京青山の紀ノ国屋が最初。

「精選版 日本国語大辞典」

日国によると日本最初のスーパーマーケットは1953年に誕生したとのこと。

そのときすでにスーパーマーケットという言葉が使われていたのだとすれば、それ以外の日本語が存在しないのも頷けます。

ただこのような歴史はフィンランドもそれほど変わらないはずなので、フィンランド語に valintamyymälä という表現があるのはやはり一つのフィンランド語らしさなのかもしれません。

フィンランド語というのは、あまり借用語に頼らず、固有の表現にこだわる言語だという印象があります。

フィンランド語を学んでいる立場からすると、覚えるべき単語の量が増えたとしても、そういった固有の表現に触れることが楽しいと感じるのですが、みなさんはいかがでしょうか。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

フィンランド語学習記 vol.643 − 薬の色

みなさんはこれまでに飲んでいる薬の色を意識したことはありますか?

私自身は全く考えたこともないのですが、薬の色というのはそれを飲む私たちの思考や、さらには薬の効果にすら影響を与えているかもしれないというのです。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にそんな面白い記事が出ていたので紹介してみたいと思います。

Lääkkeen väri

Lääkkeen väri on ihmisille tärkeä. Ihmiset ajattelevat esimerkiksi, että punainen lääke piristää ja sininen lääke nukuttaa. Ajatus voi olla niin voimakas, että se vaikuttaa lääkkeen tehoon.

Ajatuksen voima yllätti tutkija Ilari Sireniuksen. Hän on tutkinut, kuinka toiveet ja ajatukset vaikuttavat siihen, minkä lääkkeen ihminen valitsee.

Sirenius sanoo, että ihminen haluaa usein lääkettä, jonka väri on tuttu. Monen mielestä hyvä yskänlääke on ruskeaa, koska niin on aina ollut. Ja särkylääke toimii hyvin, jos se on valkoista.

Sireniuksen tutkimus kertoo, että järki ei yksin määrää, mitä ostamme apteekista.

薬の色

薬の色は人間にとって重要だ。人は例えば赤い薬で元気になり、青い薬で眠くなると考える。この思考はとても強力なもので、薬の力にも影響を及ぼす。

研究者のイラリ・シレニウスは思考の力に驚かされた。彼は人の薬の選択に希望や思考がどのように影響するのかを研究している。

シレニウスによれば、人はしばしば馴染みのある色の薬を欲する。多くの人の考えでは、よい咳の薬は茶色である。なぜなら咳の薬はずっと茶色であったから。そして鎮痛剤は白い方がよく効く。

シレニウスの研究は、薬局で何を買うかは理性だけで決まるものではないと教えてくれる。

フィン
lääke medicine
väri color
piristää refresh 元気にする
nukuttaa put someone to sleep 眠らせる
ajatus thought 考え
voimakas strong 力強い
vaikuttaa influence 影響を与える
teho power
yllättää surprise 驚かす
tutkia examine 研究する
toive wish 希望
tuttu familiar 慣れた
yskä cough
särky pain 痛み
toimia work 機能する、働く
järki reason 理性
määrätä determine 決定する
apteekki pharmacy 薬局

 

なおこの記事を読んだ後、机の引き出しに入っていた薬を確認したところ、頭痛薬は白、トローチは茶色でした。

こういった薬の色にも、もしかしたら深い意味があるのかもしれません。

今後このような研究が進んだら、これまで見たこともないようなカラフルな薬が発売されるようになるのでしょうか?

ただ食べ物ではないとはいえ、体に入れるものですから、あまり人工的でけばけばしい色は敬遠されるのではないかとも思います。

いずれにせよ、これまで何気なく服用していた薬の色にも意味があるということを教えてくれた面白い記事でした。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.642 − Kustaa Vaasa(3)

きのうに続いて、Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』より、スウェーデン王グスタフ1世のページを見ていきます。

Veronkanto uusittiin. Kaikki valtakunnan talot, myös muuan Koiramäki, kirjattiin vero-luetteloihin. Isännät joutuivat maksamaan veroa lehmistään ja pelloistaan. Näistä luetteloista on paljon iloa nykyajan suku- ja historiantutkijoille.

Kustaa Vaasa perusti Helsingin kilpailijaksi rikkaalle Räävelille. Rauman, Ulvilan, Tammisaaren ja Porvoon kauppiaita ja porvareita määrättiin muuttamaan Helsinkiin, mutta eihän siellä kukaan viihtynyt. Helsinki jäi pitkäksi aikaa pieneksi kyläpahaseksi.

徴税方法が一新された。コイラマキを含む王国の全ての家は徴税リストに記録された。農場所有者は牛や畑に税金を払わなければならなかった。これらの徴税リストは現代の家系・歴史研究者にとって興味のあるものになっている。

グスタフ1世は裕福なタリンに対抗してヘルシンキを建設した。ラウマ、ウルヴィラ、タンミサーリ、ポルヴォーの商人や資産家はヘルシンキに移住するよう命令された。しかしそこでは誰も快適に過ごしてはいなかった。ヘルシンキは長い間、小さな町のままだった。

フィン
veronkanto tax collection 徴税
uusia renew 一新する
kirjata register 記録する
luettelo list リスト
isäntä master, householder 農場所有者
lehmä cow 雌牛
pelto field
ilo joy 喜び
nykyaika present, modern age 現在、現代
tutkija researcher 研究者
perustaa found 設立する
kilpailija competitor ライバル
Rääveli Tallinn タリン(旧名)
kauppias merchant 商人
porvari capitalist 資産家
määrätä order 命令する
viihtyä enjoy oneself 快適である
kyläpahanen one-horse town 小さな町

 

ヘルシンキとタリン

「へえー」と思ったのがこちらの一文。

Kustaa Vaasa perusti Helsingin kilpailijaksi rikkaalle Räävelille.

グスタフ1世は裕福なタリンに対抗してヘルシンキを建設した。

フィンランド湾を挟んで向かい合うフィンランドの首都ヘルシンキとエストニアの首都タリン。もともとはタリンが先に栄えていて、ヘルシンキはそれに対抗するために建設された街だったんですね。両者にそんな歴史があったとは知りませんでした。

そしてこのページの主人公グスタフ1世がヘルシンキを建設した人だということも初めて知りました。フィンランドの歴史を紹介する絵本で最初にグスタフ1世が登場したのにはそんな理由があったんですね。

フィンランド語学習記 vol.641 − Kustaa Vaasa(2)

きのうに続いて Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』より、スウェーデン王グスタフ1世のページを見ていきます。

Kirkkojen varat otettiin valtakunnan käyttöön, Kustaa Vaasalla kun oli isot velat. Koiramäenkin kirkko joutui luovuttamaan suurimman kellonsa kruunulle. Sota Tanskaa vastaan oli tullut kalliiksi, ja Ruotsi ja Venäjäkin sotivat lakkaamatta. Syrjäseudulle, Venäjän ja Ruotsin raja-alueelle Savoon oli muuttanut uutta väkeä, eikä se tietenkään venäläisiä miellyttänyt.

グスタフ1世には多大な負債があったので、教会の財産は王国が利用できることになった。コイラマキの教会は最も大きな鐘を王に引き渡さなければならなかった。デンマークとの戦争には高額の戦費がかかり、スウェーデンとロシアは終わることのない戦争をしていた。周辺部では、ロシアとスウェーデンの境界のサヴォに新しい人々が入ってきた。ロシアの人々はもちろんそれを喜ばなかった。
フィン
varat funds 金、財産
valtakunta kingdom 王国
ottaa käyttöön put into use 使用される
velka debt 負債、借金
joutua +mAAn be forced to do 〜することを強いられる
luovuttaa hand over 引き渡す
kruunu crown 王冠、王位
sotia wage war 戦争する
lakata cease 終わる
syrjäseutu periphery 周辺
seutu area, region 地方
raja border 境界
väki people 人々
miellyttää please 嬉しがらせる

 

kello

今回取り上げたいのはこの一文。

Koiramäenkin kirkko joutui luovuttamaan suurimman kellonsa kruunulle.

コイラマキの教会は最も大きな鐘を王に引き渡さなければならなかった。

最初この中の kello を当たり前のように「時計」と訳してしまったのですが、この時代に時計なんてある?と思い直して調べてみると kello には「鐘」の意味もあることがわかりました。

馴染みのある単語でも改めて辞書を確認することは大切だなと思いました。

続きは明日のエントリーにて。

フィンランド語学習記 vol.640 − Kustaa Vaasa(1)

booky.fi のオンライン通販で、Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』を購入しました。

タイトルのとおりフィンランドの歴史に関する絵本で、Kunnas の他の作品と同様、登場人物はみな犬になっています。

子供向けの絵本とはいえ、実際に読み始めてみると今の自分の語学力ではなかなか大変。このブログでよく記事を取り上げている Yle Uutiset selkosuomeksi より読むのに時間がかかります。

ただ時間制限がある訳でもないので、ゆるゆると読み進めて行くことにしました。

まずは以前のフィンランド語教室でも少し読んだスウェーデン王グスタフ1世に関するページを開いてみます。

1523-1560

Kustaa Vaasa

Kustaa Vaasa oli Ruotsin kuningas.
Hän oli vahva hallitsija.

Ruotsi oli ollut katolinen maa niin kuin muutkin Euroopan maat, mutta valtaan päästyään Kustaa muutti maansa luterilaiseksi. Uskontoa enemmän häntä kuitenkin kiinnosti kirkkojen ja luostareiden omaisuus.

グスタフ1世

グスタフ1世はスウェーデンの王だ。
彼は強い支配者だった。

スウェーデンは他のヨーロッパの国と同じようにカトリックの国だったが、権力を握ったあと、グスタフは彼の国をルター派に変えた。しかし彼は宗教よりも教会や修道院の財産に興味を持っていた。

フィン
kuningas king
vahva strong 強い
hallitsija ruler 支配者
katolinen Catholic カトリックの
luostari cloister 修道院
omaisuus properties 財産、所有地

 

比較級

最初うまく訳せなかったのがこの一文。

Uskontoa enemmän häntä kuitenkin kiinnosti kirkkojen ja luostareiden omaisuus.

しかし彼は宗教よりも教会や修道院の財産に興味を持っていた。

uskontoa enemmän の部分が比較表現であることに気付かず、かなりの時間考え込んでしまいました。

uskontoa enemmän
= enemmän kuin uskonto

フィンランド語には、比較対象を分格の形にして比較級(enemmän)の前に置くという用法があります。

比較の対象は kuin を使わずに表現されることもあります。その場合には分格にして、多くの場合は比較級の前に置きます。

Äitini on minua lyhyempi. 私の母は私よりも背が低い(lyhyt)。

「フィンランド語文法ハンドブック」P.217

最初この形に気付かず、「より多くの宗教が教会や修道院の財産に興味を持っていた」 と訳してしまい、häntä が何を指しているのかわからない状況に。

たった一つの段落でかなりのエネルギーを使ってしまいました。

続きは明日のエントリーにて。

 

フィンランド語文法ハンドブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 297,396

フィンランド語学習記 vol.639 − 改めて[ö]の発音について考える

Wikipedia の Finnish Language という項目にフィンランド語の[ö]の発音に関する次のような説明が出ていました。

‘ö’ is almost like english article ‘a’. It is pronounced with rounded lips, like ‘eu’ in French ‘peur’ or German ‘ö’

Wikipedia「Finnish language」

これによると[ö]は英語の冠詞の a のように発音する。

ホント?

ただ振り返ってみると、冠詞の a の発音なんて意識したことがないような気もします。改めて辞書を調べてみました。

a

BrE /ə/ , strong form /eɪ/

NAmE /ə/ , strong form /eɪ/

「Oxford Dictionaries」

a の発音はいわゆる schwa(シュワー)と呼ばれる /ə/ の音。この schwa は時にあいまい母音とも呼ばれる捉えどころのない音であり、英語で最もよく現れる音の一つです。

難しいと思っていたフィンランド語の音が、実は英語で最もよく現れる音に似ているというのは意外なこと。

/ə/ の正確な発音を確認するため、『発音記号の正しい読み方』を久しぶりに参照してみました。

ə:

【発音の仕方】唇を横に引き、上下の歯がはるくふれるくらいにして「アー」と長くいう。

 
ə

【発音の仕方】[ə:]を発音する時よりも少し広く口をあけて、短かく「ア」という。

「発音記号の正しい読み方」P.18

ニュアンスはわかるのですが、実際にやってみると加減がなかなか難しいですね。

ただ[ö]を発音するときに schwa を意識するというのは、実戦的に有効な方法かもしれません。頭の片隅に留めておきたいと思います。

 

発音記号の正しい読み方
中村駿夫
昇龍堂出版
売り上げランキング: 147,370
cialis viagra online accutane