cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.615 − kiinnostaa, kiinnostua

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に「おもしろい、興味がある」という表現がまとめられていました。

Asia on mielenkiintoinen.
− Asia on kiinnostava.(その物事はおもしろい。)

mielenkiintoinen は「おもしろい」を意味する形容詞。

kiinnostava も「おもしろい」を意味する形容詞、

。。。と覚えてしまってもよいですが、もともとは「〜に興味を持たせる」を意味する kiinnostaa の能動現在分詞でもあります。

能動 受動
現在分詞 kiinnostava kiinnostettava
過去分詞 kiinnostanut kiinnostettu

 

テキストにはこの kiinnostaa を使った次のような文も出ていました。

Asia kiinostaa minua.(私はその物事に興味がある。)

この文を直訳すれば「その物事はわたしに興味を持たせる」となります。

日本語としてはやや不自然ですが、英語の interest にも同様の構文がありますね。

Politics doesn’t interest me.
(私は政治に興味がない。)

なおこの文では目的語は分格の形になるので注意が必要。

単数主格 minä
単数分格 minua

 

また「この形はしっくりこないので、私を主語にしたい!」という場合は、次のような文を作ることもできます。

Minä olen kiinnostunut asiasta.(私はその物事に興味がある。)

kiinnostunut は「興味がある」を意味する形容詞。

。。。と覚えてしまってもよいですが、もともとは「〜に興味を持つ」を意味する kiinnostua の能動過去分詞でもあります。

能動 受動
現在分詞 kiinnostuva kiinnostuttava
過去分詞 kiinnostunut kiinnostuttu

 

この文では kiinnostunut の後に来る名詞は出格の形になるので注意が必要。

単数主格 asia
単数出格 asiasta

 

改めて二つの文を並べてみましょう。

1. Asia kiinostaa minua.
2. Minä olen kiinostunut asiasta.
フィン
kiinnostaa interest 〜に興味を持たせる
kiinnostua become interested 〜に興味を持つ

 

「興味がある」と言いたいときに、

1の形はぱっと思いつかない。

2の形はぱっと思いつくけれど後続の名詞を出格の形にするのが大変。

ということで、作りやすさは五分五分でしょうか。

フィンランド語学習記 vol.614 − 世界で最も快適な都市

世界で最も快適な都市と聞いて、思い浮かべるのはどこでしょう?

北欧やフィンランドが好きな人なら、ヘルシンキを思い浮かべた人もいるかもしれませんね。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこんな記事が出ていました。

Wien on viihtyisin

Itävallan pääkaupunki Wien on maailman viihtyisin kaupunki.

Australian Melbourne on voittanut kansainvälisen vertailun jo 7 vuotta peräkkäin, mutta nyt se hävisi Wienille ja putosi toiseksi. Kolmanneksi viihtyisin kaupunki on Japanin Osaka.

Brittiläinen tutkimuslaitos vertaili 140 suurkaupunkia. Kaupunkeja vertailtiin esimerkiksi terveydenhoidon, kulttuurielämän, koulutuksen ja ympäristöasioiden suhteen.

Kymmenen kärkeen pääsi Pohjoismaista vain yksi kaupunki: Tanskan Kööpenhamina.

Vertailun häntäpäässä olivat Syyrian pääkaupunki Damaskos, Bangladeshin Dhaka ja Nigerian Lagos.

ウィーンは最も快適

オーストリアの首都ウィーンは世界で最も快適な都市だ。

オーストラリアのメルボルンは、国際的な比較調査において7年連続勝ってきたが、今はウィーンに負けて2位に落ちた。3番目に快適な都市は日本の大阪である。

イギリスの研究所は140の主要都市を比較した。それらの都市は、医療、文化的な生活、教育、環境問題などの点において比較された。

北欧からトップテンに入った、ただ一つの都市はデンマークのコペンハーゲンだ。

ランキングの最後尾には、シリアのダマスカス、バングラデシュのダッカ、ナイジェリアのラゴスが入った。

フィン
Itävalta Austria オーストリア
viihtyisä cosy / cozy 快適な
voittaa win 勝つ
vertailu comparison 比較
peräkkäin straight 続けて
hävitä lose 負ける
pudota drop 落ちる
brittiläinen British イギリスの
tutkimuslaitos research institute 研究所
vertailla compare 比較する
terveydenhoito health care 医療、健康管理
koulutus education 教育
ympäristöasia environmental issue 環境問題
suhteen regarding 〜に関して
kärki point 先端
häntäpää tail end 最後尾

 

今回の記事のもとになったイギリスの Economist Intelligence Unit による調査結果を調べてみると、トップ10は次のようなリストになっていました。

  1. ウィーン
  2. メルボルン
  3. 大阪
  4. カルガリー
  5. シドニー
  6. バンクーバー
  7. トロント
  8. 東京
  9. コペンハーゲン
  10. アデレード

こんな動画もアップされています。

日本から2つの都市がランキングしているのを見ると、日本もまだまだ捨てたものではないなと思います。

また北欧からはコペンハーゲンだけというのは少々以外。物価や税金の高さが影響しているのでしょうか?

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.613 − Matti valloittaa Kiinaa

フィンランド発のコミック『Finnish Nightmares』は、ちょっと内気なフィンランド人気質をユーモアたっぷりに描いて、日本でも人気になりました。

この『Finnish Nightmares』が中国でも人気になっていると、フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」が伝えています。

Matti valloittaa Kiinaa

Suomalainen sarjakuva Finnish Nightmares menestyy maailmalla. Sarjakuva kertoo suomalaisesta Matista.

Matti on ujo, ja sosiaaliset tilanteet ovat hänelle vaikeita. Matti ei halua olla toisten ihmisten lähellä.

Nyt myös kiinalaiset ovat kiinnostuneet Matista. Se on yllättävää, koska Kiinassa on paljon ihmisiä joka paikassa.

Ehkä Matti näyttää kiinalaisille, että on ihan ok haluta rauhaa ja omaa tilaa. Näin sanoo Karoliina Korhonen. Hän on Finnish Nightmares -sarjakuvan tekijä.

Matin takia kiinan kieleen on tullut jopa uusi sana. Se on jingfen. Se tarkoittaa henkistä suomalaista eli ihmistä, joka toivoo, että toiset ihmiset pysyvät tarpeeksi kaukana.

マッティ、中国を征する

フィンランドのコミック『Finnish Nightmares』は世界中で人気になっている。コミックはフィンランド人のマッティについて語る。

マッティは恥ずかしがり屋で、人付き合いが苦手だ。マッティは他人の近くにいたくはない。

今、中国の人々もマッティに興味を持っている。これは驚くべきことだ。なぜなら中国ではどの場所にも多くの人がいるからだ。

おそらくマッティは中国の人に、静けさとパーソナルスペースを求めても良いのだということを示している。そのようにカロリーナ・コルホネンは語っている。彼女は『Finnish Nightmares』の作者だ。

マッティのおかげで、中国語に新しい単語すらできた。それは jingfen である。jingfen は心のフィンランド人、すなわち他人が十分離れていることを望む人を意味している。

フィン
valloittaa conquer 征服する
sarjakuva comics マンガ
menestyä succeed 成功する
sosiaalinen tilanne social situation 人付き合い
yllättävä surprising 驚くべき
rauha peace 平和
tila space スペース
tekijä author 作者
henkinen mental 心の
pysyä stay とどまる
tarpeeksi enough 十分

 

マッティのキャラクターは「日本人とよく似ている!」ということで、日本では人気になりました。

あのキャラクターは中国ではどのように受け取られたのでしょう?

一つ言えることは、中国にだっておそらくマッティ的なメンタリティーの持ち主はいるということ。

そんな人はおそらく中国の社会で少し肩身の狭い思いをしているに違いないので、よりいっそうマッティに励まされたのかもしれません。

手元には英語版の『Finnish Nightmares』とフィンランド語版の『Suomalaisten Painajaisia』があるのでもう一度読み返してみたくなりました。

 

マッティは今日も憂鬱
マッティは今日も憂鬱

posted with amazlet at 18.08.10
カロリーナ・コルホネン
方丈社 (2017-04-27)
売り上げランキング: 28,838

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.612 − kymppi

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』にこんな例文が出ていました。

Viiden markan raha on viitonen,
(5マルッカのお金は viitonen。)

kymmenen markan raha on kymppi,
(10マルッカのお金は kymppi。)

viidenkymmenen markan raha on viisikymppinen,
(50マルッカのお金は viisikymppinen。)

sadan markan raha on satanen.
(100マルッカのお金は satanen。)

古いテキストなので、ユーロではなくフィンランドの旧通貨マルッカが使われています。

(1ユーロ=5.94573マルッカ)

例文に出てくる viitonen や kymppi は、この前も紹介した番号を表す数の形。

基数詞 序数詞 番号
1 yksi ensimmäinen ykkönen
2 kaksi toinen kakkonen
3 kolme kolmas kolmonen
4 neljä neljäs nelonen
5 viisi viides viitonen
6 kuusi kuudes kuutonen
7 seitsemän seitsemäs seitsemän (seiska)
8 kahdeksan kahdeksas kahdeksikko (kasi)
9 yhdeksän yhdeksäs yhdeksikkö (ysi)
10 kymmenen kymmenes kymppi

 

フィンランド語学習記 vol.604 − 1チャンネル、2チャンネル

番号を表す数は「貨幣」も意味することもあるんですね。

なおユーロの導入によって、それぞれの数詞の意味は次のように変わりました。

viitonen 5マルッカ 5ユーロ
kymppi 10マルッカ 10ユーロ
viisikymppinen 50マルッカ 50ユーロ
satanen 100マルッカ 100ユーロ

 

同じ単語でも価値は約6倍に。これもまた面白い現象です。

フィンランド語学習記 vol.611 − novelli と romaani

フィンランド語で「文学」は kirjallisuus(キルヤッリスース)。

この文学に関する様々な用語がフィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にまとめられていました。

フィン
kirjailija author, writer 作家
runoilija poet 詩人
teos work 作品
(esikois)romaani (first) novel (最初の)小説
novelli short story 短編小説
runo poem
kustantaja publisher 発行人
julkaisuvuosi year of publication 出版年
päähenkilö main character 主人公
sivuhenkilö supporting character 脇役
aihe theme 主題
juoni plot 筋書
tapahtuma-aika event time 時代
tapahtumapaikka venue 舞台

 

この中で面白いと思ったのは、novelli と romaani という単語の関係性。

基本的に novelli は短編小説、romaani は長編小説を指すとのこと。

Wikipedia には次のような説明が出ていました。

Englannin kielen sana novel tarkoittaa romaania eikä novellia.

英単語の novel は novelli ではなく romaani を指す。

Wikipedia「Novelli」より

ややこしいようですが、英語にも novella というイタリア語由来の単語があります。

novella

NOUN

A short novel or long short story.

Oxford Dictionaries

おそらくフィンランド語の novelli はこちらの系譜を受け継いだ単語なのでしょう。

novelli と romaani、ちょっと紛らわしい単語の使い分けです。

フィンランド語学習記 vol.610 − antaa

今回はフィンランド語の動詞 antaa を使った文の組み立て方についてまとめていきたいと思います。

 

antaa(与える)

フィン
antaa give 与える

 

antaa は英語の give に当たる動詞。

フィンランド語の語法書『Tarkista Tästä』に出ている例文を見てみましょう。

ANTAA(verbi, transit)

antaa + ill/all Hän antaa rahaa hyväntekeväisyyteen.
Annoin hänelle sanakirjan.

 

『Tarkista Tästä』P.14

 

Hän antaa rahaa hyväntekeväisyyteen.
(彼/彼女は慈善団体にお金を寄付する。)
単数分格
(〜を)
単数入格
(〜に)
Hän antaa rahaa hyväntekeväisyyteen
raha hyväntekeväisyys

 

「お金」を意味する raha は単数分格、「慈善団体」を意味する hyväntekeväisyys は単数入格の形になっています。

 

Annoin hänelle sanakirjan.
(私は彼/彼女に辞書をあげた。)
単数向格
(〜に)
単数対格
(〜を)
Annoin hänelle sanakirjan
hän sanakirja

 

「彼/彼女」を意味する hän は単数向格、「辞書」を意味する sanakirja は単数対格の形になっています。

 

antaa(させる)

フィン
antaa let させる

 

antaa は英語の let に当たる動詞でもあります。

こちらも『Tarkista Tästä』に出ている例文を見てみましょう。

ANTAA(verbi, transit)

antaa + N gen + V 1. inf Annoin hänen puhua.
Hoitaja on antanut lasten mennä ulos.
En antanut lapsen ostaa lisää suklaata.
Miksi et anna minun puhua?

 

『Tarkista Tästä』P.14

 

Annoin hänen puhua.
(私は彼/彼女に話してもらった。)
単数属格
(〜に)
動詞の
辞書形
Annoin hänen puhua
hän

 

「彼/彼女」を意味する hän は単数属格の形になっています。

 

Hoitaja on antanut lasten mennä ulos.
(看護師は子どもたちを外出させた。)
複数属格
(〜に)
動詞の
辞書形
Hoitaja on antanut lasten mennä ulos
lapsi

 

「子ども」を意味する lapsi は複数属格の形になっています。

 

En antanut lapsen ostaa lisää suklaata.
(私は子どもがさらにチョコレートを買うことを許さなかった。)
単数属格
(〜に)
動詞の
辞書形
En antanut lapten ostaa lisää suklaata
lapsi

 

「子ども」を意味する lapsi は単数属格の形になっています。

 

Miksi et anna minun puhua?
(なぜあなたは私に話させてくれないのですか?)
単数属格
(〜に)
動詞の
辞書形
Miksi et anna minun puhua
minä

 

「私」を意味する minä は単数属格の形になっています。

 

まとめ

今回は「与える、させる」などを意味するフィンランド語の動詞 antaa を使った文の組み立て方についてまとめてみました。

Annoin hänelle sanakirjan.
(私は彼/彼女に辞書をあげた。)

Annoin hänen puhua.
(私は彼/彼女に話してもらった。)

後続の単語の形も覚えておかないとアウトプットでは使えないので、整理して覚えておく必要がありそうです。

cialis viagra online accutane