cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.670 − Suomalaisen musiikin päivä

12月8日は何の日?

と聞かれれば、真珠湾攻撃の日と答える人もいるかもしれませんし、ジョン・レノンが亡くなった日と答える人もいるでしょう。

そんな12月8日はフィンランドでは音楽の日なのだそうです。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこんな記事が出ていました。

Suomalaisen musiikin päivä

Lauantaina on vietetty suomalaisen musiikin päivää. Päivää vietetään joulukuun 8. päivä, koska se on Jean Sibeliuksen syntymäpäivä.

Sibelius on Suomen kansallissäveltäjä. Hän syntyi vuonna 1865 ja kuoli vuonna 1957.

フィンランドの音楽の日

土曜日にはフィンランドの音楽の日を祝った。音楽の日は12月8日に祝われる。なぜならその日はジャン・シベリウスの誕生日だからだ。

シベリウスはフィンランドの国民的作曲家だ、彼は1865年に生まれ、1957年に亡くなった。

フィン
viettää spend, celebrate 過ごす、祝う
syntymäpäivä birthday 誕生日
kansallis- national 国の、国民の
säveltäjä composer 作曲家

 

生まれる、亡くなる

フィンランド語で「生まれる」は syntyä、「亡くなる」は kuolla。

フィン
syntyä be born 生まれる
kuolla die 亡くなる

 

今回の例文ではどちらも三人称単数の過去形になっています。

Hän syntyi vuonna 1865 ja kuoli vuonna 1957.

辞書形 syntyä kuolla
三単過 syntyi kuoli

 

これを見て思い出したのが、フィンランド語で「生まれる」と言うとき、その人が亡くなっていれば過去形、存命なら現在完了形を用いるというルール。

Hän syntyi vuonna 1865.(彼は1865年に生まれた。)
Hän on syntynyt vuonna 1965.(彼は1965年に生まれた。)
【参考】フィンランド語学習記 vol.271 − 生まれる

それでは「亡くなる」の時制についてはどうなのでしょう?

Hän kuoli vuonna 1957.(彼は1957年に亡くなった。)

シベリウスのような有名人が亡くなったという事実を述べるときには過去形でも、家族について語るときのように亡くなったという事実が話し手の中に痕跡を残しているときには現在完了形を用いるなんていう用法があったら面白いのにと思います。

ただ実際には人が亡くなったという事実は、常に過去形を用いて、過去というフレームの中に収められていくということなのでしょう。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.669 − vaikea, vaikeus

vaikea

フィンランド語で「難しい」は vaikea。

フィンランド語の語法書『Tarkista Tästä』で vaikea のページを見ると、次のような例文が出ています。

VAIKEA(adj)

vaikea + V 1. inf Oli vaikea löytää halpaa asuntoa.
Vaikeinta oli myöntää omat virheeni.

 

安い住居を見つけるのは難しかった。
最も難しいのは自分の間違いを認めることだった。

『Tarkista Tästä』P.147

vaikea +動詞の原形で「〜するのは難しい」の意味になります。

例文に出てきた vaikeinta は vaikea の最上級 vaikein の単数分格の形。

原級 比較級 最上級
単数主格 vaikea vaikeampi vaikein
単数分格 vaikeaa
vaikeata
vaikeampaa vaikeinta

 

Vaikeinta oli myöntää omat virheeni.

この文でなぜ vaikeinta は分格になるのだろう?と考えてみたものの、すぐに答えは思いつきません。

 

vaikeus

フィンランド語で「困難」は vaikeus。

フィンランド語の語法書『Tarkista Tästä』で vaikeus のページを見ると、次のような例文が出ています。

VAIKEUS(subst)

vaikeus + V 1. inf Minulla oli vaikeuksia vastata kysymyksiin.

 

私は質問に答えるのが難しかった。

『Tarkista Tästä』P.147

vaikeus +動詞の原形で「〜するのが困難」の意味になります。

vaikeuksia は vaikea の複数分格の形。

単数主格 vaikea
複数分格 vaikeuksia

 

Minulla oli vaikeuksia vastata kysymyksiin.

この文でなぜ vaikeinta は分格になるのだろう?と考えてみたものの、すぐに答えは思いつきません。

 

まとめ

「難しい」を意味するフィンランド語の例文を見ていて、改めてフィンランド語の分格は難しいなあと思った、そんな話でした。

万が一、将来フィンランド語の達人になったとしても、分格だけは100%理解できないのではないか。。。そんな感覚があります。それはそれで仕方がないことだとは思うのですが。

フィンランド語学習記 vol.668 − palaveri

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari』を読み返していると、こんな一文が目に止まりました。

Palaverin jälkeen Jari kysyy, lähteekö Alex lounaalle.

Palaveri の後、ヤリはアレックスにお昼に行くかどうか尋ねる。

Palaveri の意味がわからなかったので、Wiktionary を調べてみると次のように出ていました。

palaveri

meeting; especially an informal one

「Wiktionary」

Palaveri はミーティングの意味。さきほどの文は「ミーティングの後、ヤリはアレックスにお昼に行くかどうか尋ねる」という意味だったんですね。

またこれを調べた際に面白いと思ったのが語源についての記述。

Etymology

From English palaver, from Portuguese palavra, from Latin parabola, from Ancient Greek παραβολή (parabolḗ).

整理するとこの単語は次のようなルートでフィンランド語に入ってきたことになります。

古代ギリシア語 παραβολή
ラテン語 parabola
ポルトガル語 palavra
英語 palaver
フィンランド語 palaveri

 

フィンランド語に入ってくるまでに、こんなに多くの言語を経由しているという事実にまず驚かされます。

英語の palaver という単語は聞いたことがなかったので、こちらも辞書で調べてみました。

palaver

(informal)

  1.  [uncountable, singular] (British English) a lot of unnecessary activity, excitement or trouble, especially caused by something that is unimportant
  2.  [uncountable] (North American English) talk that does not have any meaning; nonsense

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

unnecessary activity とか、nonsense とか、これを見る限り英語の palaver にはネガティブなニュアンスがあるようです。

一方、フィンランド語の palaveri には、辞書の記述や用例を見る限り、そのような含意はなさそうに見えます。

こんな風に同じ系統の単語であっても、使われる言語によって微妙にニュアンスが異なるというのは面白い現象。やはりことばというのは生き物なのだということを再認識させられます。

フィンランド語学習記 vol.667 − Itsenäisyyspäivä 2018

昨日12月6日はフィンランドの独立記念日。

。。。ということをフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」の記事を見て思い出しました。

昨年は独立100周年ということで日本国内のさまざまなメディアにも取り上げられていましたが、今年は101周年ということでそこまでの動きはなかったように思います。

ただフィンランドではもちろん盛大な祝典が行われたようです。

Itsenäisyyspäivä

Torstaina vietetään itsenäisyyspäivää.

Juhlajumalanpalvelus on Helsingin tuomiokirkossa, ja armeijan itsenäisyyspäivän paraati on Mikkelissä. Molempia tapahtumia voi katsoa TV1:stä ja Areenasta.

Itsenäisyyspäivän suurin juhla on illalla Presidentinlinnassa. Linnan juhlia voi seurata TV1:stä, Areenasta ja Radio Suomesta.

独立記念日

木曜日には独立記念日を祝う。

祝いの礼拝はヘルシンキ大聖堂で、軍隊による独立記念日のパレードはミッケリで行われる。どちらのイベントも TV1 と Areena で見ることができる。

独立記念日の最も大きな祝典は夜に大統領官邸で行われる。官邸の祝典は TV1、Areena、Radio Suomi で視聴することができる。

フィン
viettää spend, celebrate 過ごす、祝う
jumalanpalvelus service, worship 礼拝
tuomiokirkko cathedral 大聖堂
armeija army 軍隊
paraati parade パレード
presidentinlinna presidential palace 大統領官邸
seurata follow 従う、続く

 

100周年の独立記念日を祝ったのがつい最近のように思えるのですが、あれからもう1年が経ったんですね。

独立記念日のような行事は数字が明確なので、105周年には「あれからもう5年が経ったのか」、110周年には「あれからもう10年が経ったのか」なんて思い出すことになるのかもしれません。

時計の針は着実に進んでいきます。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィンランド語学習記 vol.666 − pedon luku

このブログのフィンランド語学習記も今回で666回目。

666は、

日本語なら roppyaku rokujyuu roku
英語なら six hundred (and) sixty-six
フィンランド語なら kuusisataakuusikymmentäkuusi

 

この666はヨハネの黙示録に登場する数字として知られています。

13:18

ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

口語 新約聖書「ヨハネの黙示録」より

「獣の数字」として666が登場するこの一節は謎かけのようでもあり、前後の文章を読んでも666が何を意味するのかはっきりとはわかりません。

この「獣の数字」をフィンランド語では pedon luku と表現するようです。

Pedon luku mainitaan Raamatun Ilmestyskirjassa eli Johanneksen ilmestyksessä. Luvuksi mainitaan 666 (kuusisataakuusikymmentäkuusi), ja enkeli varoittaa kostosta kaikille, jotka kantavat tätä pedon merkin lukua käsissään tai päässään. Joissain varhaisissa Uuden testamentin kopioissa pedon luku esiintyy myös muodossa 616.

獣の数字は聖書の黙示録、すなわちヨハネの黙示録で言及されている。数字は666であり、天使は獣の印である数字を手や頭に刻印されたすべての人々に報復を警告する。新約聖書の初期の版においては、獣の数字は616という形でも現れる。

Wikipedia「Pedon luku」より

フィン
peto beast
luku number
mainita mention 言及する
Johanneksen ilmestys Book of Revelation ヨハネの黙示録
enkeli angel 天使
varoittaa warn 注意する、警告する
kosto revenge 報復
varhainen early 早い
esiintyä appear 現れる
muoto shape, form

 

はっきりとした意味がわからなくてもキリスト教圏の人にとってこの666はどこか心に引っかかる数字なのだと思います。

サイコロを3個振って、

⚅⚅⚅

と出たら、ぶるぶるっと背筋が寒くなったりするのでしょうか。

フィンランド語学習記 vol.665 − Filippiinit

久しぶりに uTalk のアプリで、フィンランド語の単語練習をしていたときのこと。

世界の国名を確認していたら、この国の名前で「おっ」と思いました。

フィンランド語で「フィリピン」を意味する Filippiinit には複数主格の印[-t]が付いています。

フィリピンは英語でも Philippines と複数形になるので「なるほど。フィンランド語のフィリピンも複数形になるのか」と思って、ここで立ち止まってしまいました。

(いちいちこういう点が気になってしまうので単語練習は捗りません。)

そもそもなぜ複数形になるんだろう?と考えてみると、

フィリピンという国が複数の島から成り立っているから?

ただそれなら日本も Japans / Japanit になるはずだし、、、このあたりは慣例ということなのでしょう。

なお国名が複数になっているということは、格変化の際には複数形の印[i]を含む複数形の変化を伴うということ。

主格 〜は/が Filippiinit
属格 〜の Filippiinien
対格 〜を Filippiinit
分格 〜を Filippiinejä
内格 〜の中で/に Filippiineissä
出格 〜の中から Filippiineistä
入格 〜の中へ Filippiineihin
接格 〜の表面で/に Filippiineillä
離格 〜の表面から Filippiineiltä
向格 〜の表面へ Filippiineille
変格 〜に(なる) Filippiineiksi
様格 〜として Filippiineinä
具格 〜を使って Filippiinein
共格 〜と共に Filippiineineen
欠格 〜なしで Filippiineittä

 

以前に書いた記事の中にも、こんな活用形が登場していました。

Se osuu huomenna lauantaina Filippiineille.

この台風は明日土曜日にフィリピンを直撃する。

フィンランド語学習記 vol.630 − スーパー台風マンクット

なお「フィリピン人」と言いたいときには Filippiinit の[-t]を外して filippiiniläinen となるようです。

こちらは[-nen]の部分が語形変化するので馴染みのある形ですね。

 
Go Talk - 学習言語 Go Talk – 学習言語
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 旅行
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane