cialis viagra online accutane

言語を比較する

幽霊の日

今日7月26日は幽霊の日。

なぜ幽霊?と思って調べてみると、今から200年近く前の1825年7月26日に歌舞伎の『東海道四谷怪談』が初演されたことから、7月26日が幽霊の日ということになったようです。

ゆうれい[幽霊](名)

①〔文〕死んだ人のたましい。亡霊。

②死んだ人間などの霊が生前の姿になってあらわれるというもの。

③実際はないのに、あるように見せかけたもの。

「三省堂国語辞典 第七版」

幽霊という言葉から連想するのは、頭に白い三角頭巾をした日本風の幽霊の姿。

おそらく日本には日本の、他の国には他の国なりの典型的な幽霊のイメージというものがあるのでしょう。

今回は『13か国語でわかる 新・ネーミング辞典』で他言語の「幽霊」を意味する単語を調べてみました。

ゴースト ghost
ファントーム fantôme
ゲシュペンスト Gespenst
ファンタズマ fantasma
西 ファンタスマ fantasma
ファンターズマ fantasma
ヘーストゥ geest
レムレース lemures
プネヴマ πνευμα
プリヴィヂェーニイ привидение
ヨウリン 幽灵
ユリョン 유령
ハヤール خيال

 

英語の ghost には「幽霊」以外に「幻影、面影」などの意味もあります。

ghost

  1. 幽霊、亡霊;幽霊のような(やつれきった)人
  2. (単数形で)〈…の〉幻影,影[幻]のようなもの,面影,かすかなもの[気配];微量、わずか〈of〉
  3. 代作者,ゴーストライター(ghostwriter)
  4. 〖放送〗ゴースト⦅テレビの二重画像のはっきりとしない方の像⦆
  5. (米)幽霊人口[社員];架空の会社
  6. (古)魂;霊

「オーレックス英和辞典 第2版」

おそらくは ghost 以外の単語もこのように様々な意味のある言葉なのでしょう。

上記の単語のうち、フランス語の fantôme は宇多田ヒカルさんのアルバムのタイトルになっていますし、イタリア語・スペイン語・ポルトガル語の fantasma は(ちょいと昔の話ですが)コーネリアスのアルバムのタイトルになっています。

そういう意味では何となくどこかで見たことがあるような単語が並んでいるような気もします。

猛暑が続くこの頃、少しでも涼しくなるのなら幽霊でも何でも出て来てもらいたいですね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
オーレックス英和・和英辞典(第2版) オーレックス英和・和英辞典(第2版)
価格: ¥4,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 

13か国語でわかる 新・ネーミング辞典 新装版
学研プラス
売り上げランキング: 571,681

熱について

うだるように暑い日が続いています。

あまりに暑く、体がだるいと、もしかして熱があるのかな?と思うことがあります。

ねつ[熱](名)

①熱さを感じさせるもの。

②病気などのための、ふつうより高い体温。

③熱心さ。

④熱中(した状態)。

「三省堂国語辞典 第七版」

ただ大抵はエアコンの効いた部屋に入るとおさまるので、体調には問題なかったことがわかります。

②の熱かと思ったら、①の熱だったという訳ですね。

あまりに暑いと、こんな風に自分の中の熱と周囲の熱が区別できなくなることってないでしょうか?

ちなみに英語ではこの①と②の熱を異なる単語で表します。

heat

  1. [uncountable, singular] the quality of being hot
  2. [uncountable, countable, usually singular] the level of temperature
  3. [uncountable] hot weather; the hot conditions in a building/​vehicle, etc.

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

fever

[countable, uncountable] a medical condition in which a person has a temperature that is higher than normal

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

人間は言葉によって世界をそして自分自身を認識するのだとすれば、英語のネイティブスピーカーは、うだるような暑さの中でも、自分の中の熱(fever)と周囲の熱(heat)を明確に区別できるのでしょうか?

それとも単に「うだるー」と感じているだけなのか。

そんなことがふと気になりました。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

一二三輪車

英語で「自転車」は bicycle。

では「一輪車、三輪車」はいったい何というのでしょう?

調べてみると、次のような単語が見つかりました。

unicycle

(also monocycle)

a vehicle that is similar to a bicycle but that has only one wheel

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

tricycle

(informal trike)

a vehicle similar to a bicycle, but with one wheel at the front and two at the back

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

「一輪車」は unicycle、「三輪車」は tricycle。

unicycle, bicycle, tricycle と並べてみると、 bicycle の[bi-]は「二つ」を意味する接頭辞の[bi-]であるということがよくわかります。

unicycle 一輪車
bicycle 自転車(二輪車)
tricycle 三輪車

 

ただ日本語では bicycle のことを「二輪車」ではなく「自転車」と呼ぶのが慣例。

じてんしゃ[自転車](名)

乗った人がペダルをふんで車輪を回しながら走るしかけの二輪車。じでんしゃ〔話〕。

「三省堂国語辞典 第七版」

もちろん「二輪車」という日本語もありますが、どちらかというと自動二輪の意味で使われることが多いような気がします。

にりんしゃ[二輪車](名)

①自転車。

②オートバイ。スクーター。単車。〔自動二輪車とも言う〕(↔三輪車・四輪車)

「三省堂国語辞典 第七版」

日本語を外国語として学んでいる人にとっては、この使い分けはかなりトリッキーなのではないかと想像します。

「一輪車、二輪車、三輪車」とシンプルに覚えられたら楽なんですけどね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

世界に降る雨

18062501

以前のエントリーで各国語の6月を紹介したことがあります。

世界のさまざまな6月

ヨーロッパの言語の6月はどれも英語の June によく似ているというのがそのときの印象。

そうではなくて、言語ごとに全く違う音になるような単語はないのだろうか?と思って、『13か国語でわかるネーミング辞典』をめくっていたら目に付いたのがこの言葉でした。

レイン rain
プリュイ pluie
レーゲン Regen
ピョッジャ pioggia
西 ジュビア lluvia
シューヴァ chuva
マイ mei
レーヘン regen
ヒューエトス υετος
ドーシチ дождь
ユィ
マタル مطر

 

ドイツ語とラテン語、スペイン語とポルトガル語は似ているものの、それぞれの単語が比較的オリジナルな音を持っています。

高名な言語学者が言ったとおり、言語の音と意味の結びつきというのは恣意的なもの。

空から降ってくる水滴は、あめ(雨)であっても、レイン(rain)であっても、ドンガラガッシャンであっても特に問題はありません。

それでもこうして並べてみると、例えばオランダ語のマイ(mei)とギリシア語のヒューエトス(υετος)が同じ意味を持っているというのは不思議な感じ。

何となくマイは生ぬるいような、ヒューエトスは冷たいような。そんな勝手なイメージを抱いてしまいます。

日本語の「雨」は外国の人にはどんな風に聞こえるのでしょうか?

 

13か国語でわかる 新・ネーミング辞典 新装版
学研プラス
売り上げランキング: 486,227

ブラジルとブラジリア

18062201

南米一の大国ブラジル。そしてその首都ブラジリア。

今日はこのブラジルとブラジリアが、世界のいくつかの言語で微妙に綴りを変えていく様子を楽しんでみたいと思います。 (マニアックですみません。)

 

ポルトガル語の場合

ブラジル ブラジリア
Brasil Brasília

 

「ブラジル」は Brasil、「ブラジリア」は Brasília。

Brasília の[í]に付いているナナメの点はアクセント記号の一種です。

 

英語の場合

ブラジル ブラジリア
Brasil Brasília
Brazil Brasília

 

「ブラジル」は Brazil、「ブラジリア」は Brasília。

Brazil は[z]になるのに Brasilia は[s]のままなのはなぜでしょう?

 

フィンランド語の場合

ブラジル ブラジリア
Brazil Brasília
Brasil Brasília
フィン Brasilia Brasília

 

「ブラジル」は Brasilia、「ブラジリア」は Brasília。

書いていて混乱してしまいますが、アクセント記号のあるなしによって両者を区別できます。

 

アイスランド語の場合

ブラジル ブラジリア
Brazil Brasília
Brasil Brasília
フィン Brasilia Brasília
アイス Brasilía Brasilía

 

「ブラジル」は Brasilía、「ブラジリア」は Brasilía。

ここに至って両者とも同じになってしまいました。そしてよく見ると点の位置が後ろにずれています。

以上、今回は英語・ポルトガル語・フィンランド語・アイスランド語におけるブラジルとブラジリアの綴りの違いを検証してみました。

各国語における微妙な違いを楽しんでいただけたでしょうか?

太平洋と大西洋

18062101

フィンランド語で「フィンランド」は Suomi。

そんな現地語の国名を見て思うのは、国名のような固有名詞において、言語ごとに様々な呼び名があるのはなぜなのだろう?ということ。

いっそ、英語でも日本語でも Suomi と呼べばいいのではと思ってしまいます。

ただ世界の地名の中には特定の国に属さないものもあります。 例えば、海の名前はその一つ。

今回はそんな海の名付けについて探ってみました。

 

太平洋

フィン
Tyynimeri
Tyyni valtameri
the Pacific Ocean
the Pacific
太平洋

 

フィンランド語で「太平洋」は Tyynimeri(Tyyni valtameri)。

tyyni は「穏やかな」、meri は「海」なので、Tyynimeri は「穏やかな海」という意味になります。
(valtameri は「大海」の意味。)

英語の pacific も、日本語の太平も「穏やかな」という意味ですから、太平洋=穏やかな海というネーミングは3つの言語に共通のもの。

この名前の由来について日本国語大辞典に次のような記述がありました。

たいへいよう【太平洋】

(マゼランが、最初の横断航海が平穏であったところから、平和な海(Mare Pacificum)と名づけたことによる)…

「精選版 日本国語大辞典」

フィンランド語の Tyynimeri も日本語の太平洋も元はラテン語の Mare Pacificum から派生した言葉なんですね。

 

大西洋

フィン
Atlantin valtameri
Atlantti
the Atlantic Ocean
the Atlantic
大西洋

 

フィンランド語で「大西洋」は Atlantin valtameri(Atlantti)。

こちらは英語の Atlantic ほぼそのまま。

この名前の由来についても日本国語大辞典に次のような記述がありました。

たいせいよう【大西洋】

…原名の Atlantic Ocean は、古代ギリシアで世界の西端にあって天空を支えると考えられた巨人神アトラスに由来する。…

「精選版 日本国語大辞典」

なるほど。Atlantic というのはギリシア神話のアトラス(Atlas)に由来するんですね。ただなぜアトラスなのかについての言及はありません。

一方、日本語の大西洋というのは、おそらくヨーロッパの西の大きな海という意味なのでしょう。

太平洋と比べるとやや味わいに欠ける名前でしょうか?

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane