cialis viagra online accutane

英語

英和辞書の中のフィンランド

最近よく遊んでいるのが英和辞書アプリの用例検索です。

例えば「フィンランド」という語句を指定すると、こんな用例がひっかかります。

cross the frontier into Finland

国境を越えてフィンランドに入る。

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

これは frontier の用例の一つ。

国境を越えて入るのがアメリカや中国ではなくフィンランドというところが面白いですね。

またこんな用例も。

Modern communication methods easily link places as far apart as Finland and South Africa.

現代の通信技術のおかげでフィンランドと南アフリカほど遠く離れた国同士も連絡がつくようになっている。

「ウィズダム英和辞典 第4版」

これは far の用例の一つ。

遠い国同士の例としてフィンランドと南アフリカが挙げられています。

あるいはこんな用例も。

フィンランドの家庭では夫が皿を洗うことも多い。

In Finnish homes, it is often the husband’s job to wash[OR do]the dishes.

「オーレックス和英辞典 第2版」

これは和英の「洗う」の用例の一つ。

フィンランドでは「皿洗い=夫の仕事」というイメージがあるのでしょうか?

数は多くないのですが、英和辞書の中に出てくるフィンランドを紹介してみました。他の国についても調べてみたいですね。

「責任感」は英語で何と言う?

先日ある英文を書いていたとき「責任感」という日本語を英語でどう表すべきか迷いました。

責任という日本語から真っ先に連想したのは responsibility という単語。

responsibility

a duty to deal with or take care of somebody/​something, so that you may be blamed if something goes wrong

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

例えば、responsibility for XX で「XXに対する責任」という意味になります。

We are recruiting a sales manager with responsibility for the European market.

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

具体的に「〇〇に対する責任がある」と言いたいときにはこれでOK。

しかしある人の性格を表して「彼は責任感がある」と言いたいときの「感」はどのようにして表したらよいでしょうか?

これがなかなか思いつかず。手持ちの和英辞書の見出しには「責任感」という項目はなかったので、用例検索をしてみたところ複数の候補が見つかりました。

a lack of commitment

やる気のなさ、責任感の欠如

act from necessity, not from a sense of duty

責任感からでなくて必要に迫られて行動する

a sense of responsibility

責任感

「リーダーズ英和辞典 第3版」

ここでは責任感という日本語が commitment, sense of duty, sense of responsibility という3つの表現に分かれています。それぞれ微妙にニュアンスが異なるのが面白いところ。

言われてみればなるほどという感じもしますが、自分でアウトプットするときにはなかなかこのような表現が出てきません。備忘録代わりにここにメモしておきたいと思います。

Stow device holder during taxi, takeoff and landing

ロシア旅行の帰路、ウラジオストクから成田へ向かうS7航空(シベリア航空)に乗っていたときのこと。

座席のテーブルの下にこんな英語の注意書きがありました。

Please fasten seat belt while seated

Life vest under your seat

Stow device holder during taxi, takeoff and landing

ざっと訳すとこんな感じでしょうか。

座席にいる間はシートベルトを締めてください。
救命胴衣は座席の下にあります。
taxi、離陸、着陸の間はデバイスホルダーをしまってください。

ここでよくわからなかったのが3行目の taxi の意味。

なぜここで taxi が出てくるのでしょう?

辞書を引くと taxi の意外な意味が出ていました。

taxi

動 自

  1. <飛行機が>(離着陸時に)誘導路を移動する
  2. (まれ)タクシーで行く[に乗る]…

「ウィズダム英和辞典 第4版」

ここでの taxi は「誘導路を移動する」の意味だったんですね。

taxi にこんな意味があるとは知りませんでした。

それにしてもなぜ taxi がこのような意味になるのでしょう??

The best way to learn English?

『ウィズダム和英辞典』のコラムにこんな文章が出ていました。

英語を勉強する最もよい方法

The best way to learn English, I think, is to read English aloud. Reading aloud has many benefits. First of all, you can memorize words and phrases more easily by reading aloud. If you read silently, you may sometimes lose concentration, and skip some difficult phrases. On the other hand, when you read aloud you have to focus on every word. This helps to memorize English words more quickly. Also, if you use a CD that reads the text aloud, you can learn correct pronunciation and intonation at the same time.

私が思うに、英語を学ぶ一番の方法は音読することだ。音読には多くの利点がある。第一に、音読することで単語やフレーズが暗記しやすくなる。黙読だと時々集中力が切れて難しいフレーズを抜かすことがある。一方、音読するとすべての語に集中しなければならないため、より速く英単語を覚えることができる。また朗読CDを使えば、正しい発音とイントネーションも同時に学べる…

「ウィズダム和英辞典 第3版」

語学における音読の効用を否定する訳ではないのですが、このコラムにはいくつか突っ込みどころがあるように感じます。

まずは「音読することで単語やフレーズが暗記しやすくなる」という部分について。

暗記はあくまでも形式(単語・フレーズ)と意味を結びつけるということが目的なのですから、その部分において音読が黙読より優れているとは限りません。

「黙読だと時々集中力が切れて難しいフレーズを抜かすことがある。一方、音読するとすべての語に集中しなければならない」というのもあくまで形式(単語・フレーズ)にフォーカスした話。

アルファベットとフォニックスに馴染んでいれば意味がわからないまま音読することだって可能な訳ですから、その状態でどんなに音読をしても暗記に寄与することはないでしょう。

大切なのはきちんと意味を理解しながら音読をすすめることなのではないでしょうか。

その際の意味理解というのはもちろん日本語に訳せるということではなくて、直読直解で語順通りに意味をつかめるということ。

そこさえ意識して音読を行うなら、外国語学習の強い味方になってくれることは間違いありません。

そんなことをつらつらと考えてしまう、英語辞書のコラムでした。

「さばさば」は英語で何と言う?

「さばさば」という日本語には二つの意味があります。

一つ目は「さばさばした気持ちになる」と言うときの気持ちのさばさば。

二つ目は「あの人はさばさばした人だ」と言うときの人柄のさばさばです。

さばさば(副・自サ)

〔俗〕

①気持ちがさっぱりするようす。

「借金をはらってーした」

②ものごとにこだわらない性格。

「ーした人」

「三省堂国語辞典 第七版」

このさばさばを英語で表すといったいどのようになるのでしょう?

??

今回はストレートに和英辞典を引いてみました。

さばさば

▶︎そのことを言ったのでさばさばした

I got it off my chest and felt fine [better]. (get … off one’s chestは「心につかえていることを人に言う」の意)

▶︎彼は会社を辞めて実にさばさばした(=すごい解放感を覚えた)

He felt a terrific sense of freedom when he left the company.

▶︎彼はさばさばした人だ

He is a man who never niggles. (niggleは「つまらないことにこだわる」の意)

「ウィズダム和英辞典 第3版」

やはり直接さばさばに対応するような単語は見つからず。何とか近いニュアンスを表現しようという感じの例文になっています。

この中でちょっと笑ってしまったのが、二つ目の He felt a terrific sense of freedom when he left the company. という例文。

terrific sense of freedom という気持ちがどんなものなのか試してみたい誘惑に駆られてしまいます。

「フィンランド人」は英語で何と言う?

北欧諸国の英語名は次のとおり。

アイスランド Iceland
スウェーデン Sweden
デンマーク Denmark
ノルウェー Norway
フィンランド Finland

 

ではそれぞれの国に住む人(〇〇人)を表す単語はどのようになるでしょう?

Icelander

n. アイスランド人

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Swedish

n.⦅the Swedish⦆ ⦅集合的に複数扱い⦆ スウェーデン人

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Swede

n. スウェーデン人

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Danish 

n.⦅the Danish⦆ ⦅集合的⦆ ⦅複数扱い⦆ デンマーク人

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Dane

n. デンマーク人

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Norwegian

n. ノルウェー人[住民]

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

Finn

n. フィンランド人;フィンランドの原住民[居住民]

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

まとめると次のようになります。

アイスランド Iceland Icelander
スウェーデン Sweden Swedish, Swede
デンマーク Denmark Danish, Dane
ノルウェー Norway Norweigian
フィンランド Finland Finn

 

この一覧を見て思ったのは、Iceland に住んでいる人が Icelander なら、フィンランドに住んでいる人が Finlander にならないのはなぜだろう?ということ。

もちろんそうなっているからそうなっていると言われればそれまでのことではあるのですが。。。

しかし念のため調べてみると Finlander という言葉も辞書に出ていました。

Finlander

n. フィンランド人、(特に)ふつうスウェーデン語を話す土着のフィンランド人

◆現在では通例、Finnという

「ランダムハウス英和大辞典 第2版」

スウェーデン語を話す土着のフィンランド人?

ということは、もともとはフィンランド語を話すフィンランド人と区別するための言葉だったのか、あるいはフィンランドの独立前、フィンランド地方に暮らす人を指す言葉だったのかもしれません。

いずれにせよ、現在ではあまり使わない表現であることは間違いなさそうです。

cialis viagra online accutane