cialis viagra online accutane

日本語

クニナイガイ?

何気なく動画のニュースを見ていたら、気になるフレーズが耳に入ってきました。

皇位継承を前に安倍総理大臣が今日午後、皇太子様のもとを訪れることが日本テレビの取材で明らかになりました。国内外(クニナイガイ)の情勢について報告することを検討しているということです。

「日テレNEWS24」

クニナイガイ?

それはコクナイガイじゃないの?と思い、手元の辞書を調べてみましたが、コクナイガイもクニナイガイも出ていません。

代わりに見つかったのはこれらの言葉。

こくない[国内](名)

国の〈領土内/内部〉。(↔国外)

「三省堂国語辞典 第七版」

こくがい[国外](名)

国の領土の外。(↔国内)

「三省堂国語辞典 第七版」

ないがい[内外]

一(名)

①うちとそと。

②国内と国外。

「三省堂国語辞典 第七版」

普通に考えれば、コクナイとコクガイとナイガイという言葉があるなら、国内外はコクナイガイになるのではないでしょうか。

もちろん「国の内外」のように「の」を挟めばクニノナイガイになる訳ですが。。。みなさんはどのように感じますか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

独壇場と独擅場

飲み会からの帰り道、国語辞書アプリを眺めていたら面白い項目を見つけました。

☆☆どくだんじょう[独壇場](名)〔「独擅場ドクセンジョウ」の読みあやまりから〕

自分だけが活動する場所。ひとりぶたい。

「この分野は彼のーだ」

「三省堂国語辞典 第七版」

どくせんじょう[独×擅場](名)

→どくだんじょう。

「三省堂国語辞典 第七版」

これによると独壇場(どくだんじょう)という言葉は独擅場(どくせんじょう)の読みあやまりから生まれた表現であるとのこと。

つまり擅(せん)という漢字をうっかり(だん)と読み間違えているうちに、いつのまにか漢字の方も壇(だん)に変わってしまったということなんですね。

たしかに壇と擅はよく似ています。

壇(だん)

擅(せん)

改めてそれぞれの漢字を漢和辞典でチェックしてみました。

ダン・タン

①土で築かれた高い台。祭祀サイシ・謁見・盟約などの儀式を行った場所。「郊壇」「盟壇」

「全訳 漢辞海 第三版」

セン

①{ほしいままニス}

㋐一手に握る。思うがままに行う。

㋑すべてを占有する。ひとりじめにする。

㋒圧倒する。

「全訳 漢辞海 第三版」

これを見ると「どくだんじょう」という言葉にふさわしいのはよりであることがよくわかります。

またどんなに「正しい日本語とは」と語ってみたところで現実の変化の前では無力であるということをこの種の表現は示してくれます。

個人的にはこのようなテキトーなエピソードが大好きだったりするのですが。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

雄々しい、女々しい

男らしい、女らしいという考え方が批判される社会。世の中がジェンダーフリーの方向へ進むことには基本的に賛成ですが、日本語にはそんな考え方と真っ向から対立するような表現も数多く残っています。

例えばこんな表現。

おおしい[雄々しい・▽男々しい](形)

(男らしくて)勇ましい。

「ー山容」

(↔女々しい)

「三省堂国語辞典 第七版」

めめしい[女々しい](形)

男でありながら(女のように)〈弱々しい/いくじがない〉。

「ー男だ」

(↔雄々しい)

「三省堂国語辞典 第七版」

雄々しいが褒め言葉なのに対して、女々しいはいわゆる貶し言葉。

現在の基準に照らせば、男尊女卑的と言われても仕方ないでしょう。

また雄々しいが人間以外のもの(例文の山容など)にも広く使われるのに対して、女々しいは主として人間の男性に使われます。

そのこともある意味では男尊女卑的と言えるのかもしれません。

言葉表現におけるジェンダーというのはなかなかややこしい問題です。このような表現に接すると「女々しくたっていいじゃないか!」と言いたくなるのですが、そういう問題ではないんですよね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

佐佑

今日取り上げるのは「佐・佑」という漢字について。

「左・右」ににんべんを加えた「佐・佑」という漢字にはいったいどんなイメージがありますか?

佐は佐藤さんの佐、佑は佑樹くんの佑のように人名によく使う漢字という印象もあります。

この「佐・佑」について手元の漢和辞典にこんな説明が出ていました。

類義語【佐・佑ユウ

ともに助ける意。立場上、上にある者をおぎない助けるのを「佐」、下にある者を守り助けるのを「佑ユウ」という。

「全訳 漢辞海 第三版」

なるほど。「佐・佑」という漢字にはこんな意味があったんですね。

佐は補佐の佐ですから、上にある者を助けるという意味があるのはわかります。

ほさ[補佐・×輔佐](名・他サ)

主になってする人の仕事を助ける〈こと/人〉。

「課長ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

たださきほどの説明によると「佑」という字にも「佐」と似たような意味、ただしこの場合は下にあるものを助けるという意味があるようです。

では補佐に対して補佑という表現はないのでしょうか?

調べてみると、三国には出ていなかったものの日国に出ていました。

ほゆう【補佑】

〘名〙 補いたすけること。補助。

「精選版 日本国語大辞典」

下にある者を助けるとは書かれていないので、補佑という表現にそのような含みがあるのかどうかはわかりません。

ただ日本語において補佐より補佑の使用頻度が少ないのは、日本人気質として上にはペコペコするのに下にある者を助けることが少ないから?などと想像してしまうのはうがった見方でしょうか。

 
全訳 漢辞海 第三版 全訳 漢辞海 第三版
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

ホンとフォン(2)

先日[-phone]の付く英単語を外来語として日本語に組み入れたとき、ホンとフォンのどちらで表記するのかというテーマの記事を書きました。

ホンとフォン

このテーマをもう少し一般化すると、英語の f の音をカタカナでどのように表すのかということになります。

この表記方法に関する共通のルールはあるのだろうか?と思い、調べてみることにしました。

 

NHK ことばのハンドブック 第2版

『NHK ことばのハンドブック 第2版』の「外来語のカナ表記」には次のようなガイドラインが示されています。

16(ファ・フィ・フェ・フォ)(ハ・ヒ・ヘ・ホ

原音[fa・fi・fe・fo]は次のように扱う。

(1)原音に近く書き表す場合は「ファ・フィ・フェ・フォ」と書く。

〈例〉ファン fan、フィールド field、フェルト felt、フォークダンス folk dance

(2)慣用により「ハ・ヒ・ヘ・ホ」と書くものがある。

〈例〉ヘッドホン headphone

〈注〉「ファ・フィ・フェ・フォ」の発音は原音のような歯と唇を使った発音でなく、両唇を使った日本語としての発音で差し支えない。

NHK放送文化研究所編『NHK ことばのハンドブック 第2版』P.227

ここで示されているのは、原則としては「ファ・フィ・フェ・フォ」と表記するというガイドライン。

一部、慣用表現として「ハ・ヒ・ヘ・ホ」も認めるという扱いになっています。

 

内閣告示第二号「外来語の表記」

1991年の内閣告示第二号「外来語の表記」には次のようなガイドラインが示されています。

5 「ファ」「フィ」「フェ」「フォ」は,外来音ファ,フィ,フェ,フォに対応する仮名である。

〔例〕 ファイル フィート フェンシング フォークダンス

バッファロー(地) フィリピン(地) フェアバンクス(地) カリフォルニア(地)

ファーブル(人) マンスフィールド(人) エッフェル(人) フォスター(人)

注1 「ハ」「ヒ」「ヘ」「ホ」と書く慣用のある場合は,それによる。

〔例〕 セロハン モルヒネ プラットホーム ホルマリン メガホン

注2 「ファン」「フィルム」「フェルト」等は,「フアン」「フイルム」「フエルト」と書く慣用もある。

文部科学省ホームページ「外来語の表記」より

こちらもさきほどの『NHK ことばのハンドブック 第2版』と同じく、原則としては「ファ・フィ・フェ・フォ」、慣用表現として「ハ・ヒ・ヘ・ホ」を認めるというガイドラインになっています。

ここでは「ハ・ヒ・ヘ・ホ」を用いる慣用表現として次の5つの単語が例示されています。

セロハン モルヒネ プラットホーム ホルマリン メガホン

これを試しに「ファ・フィ・フェ・フォ」で表記してみると、こんな感じに。

セロファン モルフィネ プラットフォーム フォルマリン メガフォン

個人的な感覚ではモルフィネ、フォルマリンの表記にはやや違和感あり。その他はありかなという気がします。

いずれにせよ f →「ハ・ヒ・へ・ホ」というのはそれなりに歴史のある外来語に見られる表記であって、これから生まれる外来語には通常「ファ・フィ・フェ・フォ」を当てることになるのでしょう。

だとすると短縮から生まれたという例外的な事情があるにせよ、スマホのように最新のテクノロジーに「ホ」を使うというのは非常に珍しいケースなのかもしれません。

 

NHK ことばのハンドブック 第2版
NHK出版
売り上げランキング: 57,324

ワイシャツ、カッターシャツ

ワイシャツの「ワイ」って何だろう?と考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

国語辞書を引くと、次のように出ています。

ワイシャツ(名)〔ホワイトシャツ(white shirt)の変化〕

背広の すぐ下に着る、そでの長いシャツ。

表記 俗に「Yシャツ」とも書く。

「三省堂国語辞典 第七版」

ワイシャツの「ワイ」はアルファベットの Y ではなく white から来ているんですね。

たしかに white という単語をスピードをつけて英語らしく発音すれば「ワイ」に聞こえるのかもしれません。

また地域によってはワイシャツよりカッターシャツという名称に馴染みのある人もいるでしょう。

この場合のカッターシャツは cutter shirt なのでしょうか?

こちらも国語辞書を引いてみると、意外な語源が見つかりました。

カッターシャツ(名)〔もと、「勝った」の意味でつけた商標名。西日本方言〕

ワイシャツ。カッター。

「三省堂国語辞典 第七版」

カッターシャツの「カッター」は cutter ではなく日本語の「勝った」に由来するとのこと。

正直、この情報については「ホント?」と疑ってしまい、他の辞書やネットの情報も見て回ったのですが、どうも間違いないようです。

身の回りのものにも思いがけない語源が眠っているものですね。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane