cialis viagra online accutane

日本語

冬子、冬青、冬葱、冬眠鼠

いつの間にか秋も深まり、冬の足音が聞こえてきました。

ということで、今回は手持ちの漢和辞典に出ていた冬の難読語を取り上げてみたいと思います。

  • 冬子
  • 冬青
  • 冬葱
  • 冬眠鼠

*「漢辞海 第三版」より

正直これはかなり難しい。。。

一つでも読める人がいたらすごいなと思います。

正解はこちら。

  • 冬子(どんこ)
  • 冬青(そよご・もちのき)
  • 冬葱(わけぎ)
  • 冬眠鼠(やまね)

改めてそれぞれの単語を国語辞書で引いてみました。

ドンコ【冬菇】

〘名〙 (中国語 dōnggū からか) 干ししいたけの一種。初冬から二月ごろまでの低温・低湿下で発生させる。笠が半球形で、縁が裏側に巻き込んでいて肉厚のもの。

「精選版 日本国語大辞典」

そよご【冬青】

〘名〙 モチノキ科の常緑低木または小高木。本州の関東以西、四国、九州の山地に生える。高さ二~三メートル。葉は革質で長さ五~一〇センチメートルの卵状楕円形。一~二センチメートルの葉柄があり先は尾状にとがる。雌雄異株。初夏、葉腋に長柄をもつ径約四ミリメートルの白い四弁花が咲く。雄花は数花が集散花序をなし、雌花は単生する。花後、径六~八ミリメートルの球形の果実を結び紅色に熟す。材はそろばんの玉のほか、床柱・小器具・薪炭用に使う。樹皮からは鳥もちを作り、葉からは褐色染料をとる。硬い葉が風でゆれて「戦そよぐ」意でこの名がある。ふくらしば。〔物品識名(1809)〕

「精選版 日本国語大辞典」

わけぎ【分葱】

〘名〙 ユリ科ネギ属の栽培植物で、葉を野菜として利用する。ネギと分球型タマネギの交配に由来し、鱗茎は長卵形で赤褐色の外皮におおわれる。葉はネギより細く叢生そうせい。夏季休眠する。株分けで繁殖。葉を食用にするため栽培される。なお、この他にもアサツキやネギにも「わけぎ」と呼ぶ系統のものがあり、古名「布由木」や漢名と解されてきた「凍葱」 「科葱」 「慈葱」 「大茖葱」などの実体はいまだ不明である。ふゆねぎ。ふゆぎ。《季・春》 〔日葡辞書(1603−04)〕

「精選版 日本国語大辞典」

やまね【山鼠】

〘名〙 齧歯目ヤマネ科の哺乳類。体長約七センチメートル。ネズミに似ているが尾が長く長毛を有する。体毛は淡褐色の綿状で、背面中央に顕著な黒い縦すじが走る。夜行性で昆虫や木の実などを食べる。冬は木の穴などで冬眠し、刺激を与えても容易に目をさまさない。本州以南の山林に分布する日本の固有種。天然記念物。とうみんねずみ。やまねずみ。

「精選版 日本国語大辞典」

こうして見ると、見出しでは「冬子・冬青・冬葱・冬眠鼠」という漢字を当てていないものも多いです。

これらの単語は冬とどのような関係があるのでしょう?

どんこは冬に育てるしいたけだから「冬子」、やまねは冬眠するねずみだから「冬眠鼠」。この二つはわかりやすいですね。

わけぎは「分葱」と書くのが一般的だと思いますが、別名がふゆねぎなので「冬葱」という表記することもできるのでしょうか? このあたりは調べてみてもよくわかりませんでした。

もちろん冬葱を「ふゆねぎ」と読んでも間違いではないはずです。その場合、難読漢字にはなりませんが。。。

唯一上記の語釈でわからなかったそよごは、調べてみると、冬でも葉が青いので「冬青」と書くのだそう。そよごはモチノキ科の植物なので「もち・もちのき」に冬青という字を当てることもできるようです。

これらの漢字、どんこ以外は完全な当て字なので、当てずっぽうではとても読めそうにはありません。ただどれも冬の豊かさを伝えてくれるような素敵な単語たちだと思います。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

言+語=言語

「言語」ということばは「言」うという漢字と「語」るという漢字からできています。

では言うと語るはどのように違うのでしょう?

いう[言う・×云う]イフ〔発音はユー〕

一(他五)

①ことばを口から出す。ことばに出す。

②〔考え・気持ちなどを〕ことばであらわす。

「三省堂国語辞典 第七版」

かたる[語る](他五)

①〔物語や思い出話などを〕話す。のべる。

②節をつけて読む。

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。語るの方には物語性があるんですね。

言われてみればたしかにそうかなとも思います。

この両者の違いについて漢和辞典に面白い記述が出ていました。

類義語【言・語】

ともに話す意であるが、自分からいうのを「言」、互いに談話するのを「語」という。一説に、自分のことをいうのを「言」、人のために話をするのを「語」とする。

「全訳 漢辞海 第三版」

特に注目したのは「一説に〜」の部分。

  • 言=自分のことをいう
  • 語=人のために話をする

自分のことを「言」ってばかりの人がいたらうんざりしますし、人のために「語」ってばかりの人がいたら押し付けがましいと感じます。要は両者のバランスが大切ということでしょうか。

もちろんこの説明が現代日本語の動詞「言う・語る」にそのまま当てはまるわけではありません。

ただ言語やそれを介したコミュニケーションというものについて考えるとき、「言語」ということばの中にそのような意味が内在している(かもしれない)ということを知っておいても損はないでしょう。

単純に面白い視点だなと思ったのでメモしておきたいと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
全訳 漢辞海 第三版 全訳 漢辞海 第三版
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

言いたい放題、食べ放題

職場では言いたい放題、家に帰れば食べ放題。

いいたいほうだい【言度放題】

〘名〙 (形動) 自分の言いたいことを自由気儘に口に出して言うこと。また、そのさま。

「精選版 日本国語大辞典」

たべほうだい【食放題】

〘名〙 すきなだけ勝手に食べること。制限なく食べてよいこと。食べるにまかせること。また、その形式の食事。くいほうだい。

「精選版 日本国語大辞典」

日本語の「放題」は日頃のもやもやを発散してくれるような、エネルギッシュな接尾辞です。

辞書には他にどんな放題が出ているのでしょう?

日本国語大辞典を調べてみると、こんなリストになりました。

  • あれほうだい【荒放題】
  • いいたいほうだい【言度放題】
  • いいなりほうだい【言成放題】
  • きままほうだい【気儘放題】
  • くいほうだい【食放題】
  • したいほうだい【為放題】
  • しほうだい【仕放題】
  • すきほうだい【好放題】
  • たべほうだい【食放題】
  • てあたりほうだい【手当放題】
  • でほうだい【出放題】
  • とりほうだい【取放題】
  • のみほうだい【飲放題】

こうして並べてみると、もうどうにでもなれという気分になってきます。

この中では気儘放題という表現が気に入りました。

きままほうだい【気儘放題】

〘名〙 (形動) 勝手きままにふるまうこと。思う存分好きなようにすること。また、そのさま。気儘八百。

「精選版 日本国語大辞典」

またこの「放題」はさまざまな動詞につけることができるので「忘れ放題、盗み放題」のようにマイナスのものから「休み放題、笑い放題」のようにプラスのものまで幅広いレンジの表現を生み出すことが可能。

みなさんは何かあこがれの「放題」ってあるでしょうか?

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

漫画チック、乙女チック

日本語にはさまざまなカタカナ語が氾濫しています。

その中でもユニークな存在の一つは、次のようなカタカナ接尾辞ではないでしょうか。

ーチック(接尾)〔tic〕

〔俗〕…的。…風。

「漫画ー・おとめー」

「三省堂国語辞典 第七版」

この「チック」は語釈にもあるとおり、英語の形容詞によく見られる語尾〔tic〕に由来します。

ドラマチック(dramatic)、ロマンチック(romantic)など日本語でよく使われる「〇〇チック」という表現から、漫画チック、乙女チックなどの和製表現が生まれたわけですね。

現在ならドラマティック、ロマンティックという表記の方が主流だと思いますが、漫画ティック、乙女ティックは何だか違和感があります。これはちょっと不思議。

なお三国で「チック」で終わる日本語を探してみると、次のようなリストができました。

  • アスレチック〔athletics〕
  • アンチック〔antique〕
  • エキゾチック〔exotic〕
  • エロチック〔erotic〕
  • オートマチック〔automatic〕
  • おとめチック[乙女チック]
  • ゴチック〔Gotik〕
  • システマチック〔systematic〕
  • ドラマチック〔dramatic〕
  • フィールドアスレチック〔Field Athletic=商標名〕
  • プラスチック〔plastics〕
  • ペダンチック〔pedantic〕
  • まんがチック[漫画チック]
  • ロマンチック〔romantic〕

こうしてみると、厳密には英語の綴りが〔tic〕ではないものもいくつかありますね。

乙女チックと漫画チックは見出し語にもなっていたので、さっそく引いてみました。

おとめチック[乙女チック](形動ダ)

〔俗〕いかにも若い女の子の好みだ。少女趣味。

「三省堂国語辞典 第七版」

まんがチック[(漫画)チック](形動ダ)

〔俗〕漫画的。ナンセンス。

「三省堂国語辞典 第七版」

単に乙女らしい、漫画らしいという意味を伝えるだけでなく、どちらにもちょっとした嘲りのようなニュアンスが含まれているのは面白いところ。

他に和製チックはないか探してみたところ、日国に次の見出し語がありました。

メルヘンチック

〘形動〙 (洋語ドイツMärchen+英-tic) 童話の世界にでもありそうなさま。また、現実離れしたさま。「メルヘンチックな駅舎」

「精選版 日本国語大辞典」

こちらは何とドイツ語と英語の混種語。

こんな組み合わせまで生み出してしまう日本語の造語力には本当に驚かされます。

他にもこんな「〇〇チック」があるよという情報がありましたら、ぜひ情報提供をお願いいたします!

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

煮詰まる

この頃、言葉の正しい意味って何だろう?と考えることがよくあります。

言葉には意味があり、意味があるから人間同士のコミュニケーションツールとして使われる。

ただどんな言葉においても、意味というのは固定されたものではなく、時代とともに移り変わっていく。それは避けられないこと。

ある時点において「本来とは違う意味」とみなされた用法も、別の時点においては正しい用法として認められることもある。

そう考えると、言葉の正しい意味というのは、私たちが思っている以上に捉えどころのないものなのかもしれないとも思います。

例えば「煮詰まる」という日本語があります。

みなさんは普段どんな意味で使っているでしょう?

につまる 【煮詰(ま)る】

(自五)

㊀煮えて鍋(ナベ)の中の水気が(ほとんど)無くなる。

「汁が煮詰まったところで火を止める」

㊁会議などで、議論が出尽くして、結論が出せる状態に近づく。

「話合いがー」

〔問題の解決処理に行き詰まる意に用いることもあるが、誤り〕

「新明解国語辞典 第七版」

「話合いが煮詰まる」などと言うときの「煮詰まる」は本来「結論に近づく」の意味。

ただし現在では「行きづまる」の意味で使っている人も多いのではないでしょうか。

新明解ではこの用法を明確に誤りとしています。他の辞書ではどうでしょう?

☆☆につまる[煮詰まる](自五)

①煮えて水分が なくなる。煮えつまる。

②議論・交渉をかさねて、〈結論/終わり〉に近づく。

「問題が━」

③〔俗〕考えが行きづまって、頭が はたらかなくなる。

「三省堂国語辞典 第七版」

三国はもう少し柔軟で「行きづまる」の意味も〔俗〕として認めています。

この煮詰まるの例で面白いと思うのは「結論に近づく」と「行きづまる」が、ほぼ正反対の意味であるということ。

意味が移り変わるのは仕方ないとしても、真逆になってしまうのはさすがに行き過ぎだろうと思ってしまいます。いかがでしょうか?

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

今日の空は雨模様

今日の空は雨模様

などと言うときの「雨模様」という言葉。

いったいどのような天気をイメージするでしょう?

あまもよう(オ) 【雨模様】

今にも雨の降りそうな様子。「あめもよう」とも。

「新明解国語辞典 第七版」

この語釈のとおり、雨模様はもともと「雨の降りそうな様子」を意味する言葉でした。

しかし最近ではもう一つの意味でも使われるようになっています。

☆☆あめもよう[雨模様](名)

①雨の降りそうなようす。あめもよ(雨催)い。

「ーの空」

②小雨が降ったりやんだりする天候。

▽あまもよう。

「三省堂国語辞典 第七版」

②の意味で雨模様を使うのは、かつて誤用とみなされていました。しかし現在では市民権を得た印象があります。

ではこちらの言葉はどうでしょう?

ゆきもよう(オ) 【雪模様】

雲の状態などから見て、今にも雪が降りそうだと判断される空の様子。

「新明解国語辞典 第七版」

ゆきもよう[雪模様](名)

雪が降ろうとする、空の様子

「あいにくのー」

「三省堂国語辞典 第七版」

この雪模様の語釈には「雪が降ったりやんだり」という意味は出ていません。

雨模様 雪模様
①降りそうな様子
②降ったりやんだり ×

 

私の個人的な感覚では、雨模様という言葉から連想するのは②の意味。そして雪模様という言葉から連想するのは①の意味。

この非対象性はおもしろいなと思います。みなさんの感覚はいかがでしょうか?

 
新明解国語辞典 第七版 発音音声付き 新明解国語辞典 第七版 発音音声付き
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

cialis viagra online accutane