cialis viagra online accutane

日本語

ワンクッション置いたほうがいいんじゃないですか?

先日、職場の人が「ワンクッション置いたほうがいいんじゃないですか?」と言っているのが耳に入りました。

ワンクッションというのは考えてみると面白い表現。

ワンクッションはやはり one cushion なのだろうかと思い、休憩時間に英語辞書を引いてみたものの見つからず。もしやと思い国語辞書を引いてみると、案の定こちらに出ていました。

ワンクッション

〔和製英語 ←one+cushion〕

堅い物どうしが直接接触することによって生じる衝撃を和らげるために置く、柔らかな物。

【ー置く】

事がうまく運ぶように、間に一段階置いて、直接的な刺激が及ぶことを避ける。

「社長もだいぶ怒っているようだから、ここはワンクッション置いて部長を通してあやまっておこう」

「新明解国語辞典 第七版」

ワンクッションは和製英語。

改めて考えてみると、ワンクッション置くという考え方自体がいかにも日本的だと思います。

ワンクッションがあるならツークッションやスリークッションがあってもよさそうなものですが、そのような表現は見つからず。

やはりワンクッションくらいがほどよい緩衝材ということなのでしょうか。

あらげる、あららげる

「声を荒げる(あらげる)」という日本語は間違いで、正しくは「声を荒らげる(あららげる)」であるという話を聞いたことがあります。

理屈としてはわかるものの「あらげる」が間違いとまで言い切ってしまうのはやや違和感があります。辞書ではどうなっているのだろう?と思い、調べてみました。

あらげる[荒げる](他下一)

あららげる。

「三省堂国語辞典 第七版」

☆☆あららげる[荒らげる](他下一)

〔声などを〕あらくする。あらげる。

「声をー・語気をー」

「三省堂国語辞典 第七版」

あらげる【荒げる】

(他下一)

→あららげる

「新明解国語辞典 第七版」

あららげる【荒らげる】

(他下一)

相手の(不快な)言動に刺激されたり状況のやりきれなさにいらだちを覚えたりなどして、反撥(ハンパツ)的な態度に出る。荒げる。

「声をー〔=声を必要以上に高くする〕」

「新明解国語辞典 第七版」

三国、新明解ともに「あらげる」と「あららげる」の両方が見出し語になっています。

ただどちらも「あらげる」を引いた場合は「あららげる」に誘導されるので、どちらかといえば「あららげる」の方を正当だと考えているでしょう。

こういう言葉のせめぎあいに接すると、50年後・100年後はどうなっているのだろう?と想像します。

  1. あらげるに統一される。
  2. このまま併用される。
  3. あららげるに統一される。

さすがに3はないでしょう。ただ1に向かうのか、2にとどまるのかは微妙なところ。

もし辞書の記述が、

あららげる【荒らげる】

→あらげる

となったら、じわじわ1に向かっているということなのかなと思います。

極みカット

仕事帰り、ドンキホーテでカルビーの「極じゃが(きわじゃが)」というポテトチップスを購入。パッケージの裏面を見ると、次のような説明が書いてあります。

極じゃが

たどり着いた美味しさの秘密は厚さ3.5ミリの極み(きわみ)カット。ゆずの豊かな香りと唐辛子のツンとした辛味が、極じゃがのおいしさを一層引き立てます。

ここで気になったのが「厚さ3.5ミリの極み(きわみ)カット」という表現。

「極み」という日本語はここではどのような意味で使われているのでしょう? いつものように辞書を引いてみました。

きわみ[極み]キハミ(名)

これ以上ないというところ。極点。

「喜びのー」

「三省堂国語辞典 第七版」

極みカットというのはつまり「これ以上ないくらい厚くカットされた」ポテトチップスという意味なのでしょうか?

ただそれならば3.5ミリよりも厚くなりそうなもの。もっと深い意味が隠されているような気がして、カルビーのホームページもチェックしてみました。

厚さ3.5ミリの”極みカット”

はじめは「ザックリ」噛みしめると「サクッ!」、
抜群の食感を楽しめます。
しかも短冊状でつまみやすく、食べ応えも十分です。

カルビー「極みカット」ホームページより

うーん、わかるようなわからないような。。。

ただポテトチップスはたしかに「ザックリ」「サクッ!」と食感が良く、とてもおいしかったので良しとしましょう。

「予言」と「預言」の違いとは?

阿刀田高さんの『旧約聖書を知っていますか』という本を読んでいたら、次のような記述が目に止まりました。

こまかいことではあるけれど、聖書の世界では “預言者”と書き、けっして”予言者”とは書かない。易者のように未来に起きることを “予め言う者”ではなく、これは神の言葉を”預って言う者”なのだから……。つまり神の代言者である。やっていることは似ていても、本質がちがう。

阿刀田高『旧約聖書を知っていますか』P.209

「よげんしゃ」という日本語には「予言者」と「預言者」という二通りの書き方があるんですね。

調べてみると国語辞書でもこの違いはきちんと説明されていました。

よげん[予言](名・他サ)

未来を予測して言う〈こと/ことば〉。

「ー者」

「三省堂国語辞典 第七版」

よげん[預言](名・他サ)

〘宗〙キリスト教などで、神の霊感に打たれた者が神託としてのべることば。

「ー者」

「三省堂国語辞典 第七版」

日本語にこのような書き分けがあるのなら、他の言語にも同様の書き分けがあるのでしょうか?

試しに「予言者、預言者」を Google 翻訳で英訳してみると、

予言者 → Prophet
預言者 → Prophet

どちらも同じ prophet になってしまいました。

さらに調べてみると予言者(予言する人)を意味する英単語には predictor, prognosticator などもあります。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教などの預言者は prophet、単に未来を予言する人という意味ではもう少し幅広い単語を使えるということなのでしょう。

音が同じ日本語の「予言/預言」に比べればわかりやすいでしょうか。

 

旧約聖書を知っていますか (新潮文庫)
阿刀田 高
新潮社
売り上げランキング: 32,997

面白い、面黒い

面白いという日本語にはなぜ「白」が入っているのでしょう?

面白いという日本語があるなら、面黒いという日本語があってもよいのではないか。

そう思って辞書を調べてみると、何と面黒いを発見!

おもくろい【面黒】

…(江戸時代の職人・通人ことば)

①「おもしろい」をしゃれていった語。

②(「おもしろい」の反対の意) 「つまらない」をしゃれていった語。

「精選版 日本国語大辞典」

これによると面黒いは「面白い」の意味でも「つまらない」の意味でも使われていたんですね。

現代において「それ、面黒ーい」なんて言ったら大ひんしゅくだと思いますが、「国語辞書に出ている言葉です!」と返せば一目置かれることは間違いなし(?)。一度くらい使ってみてはどうでしょう。

念のため「面青い、面赤い」なども探してみましたが、こちらは見つからず。「面+色+い」の組み合わせから成る日本語は「面白い」と「面黒い」だけのようです。

おっっきいハンバーグ

昨日に続いてモスバーガーで拾った日本語の話。

とびきりハンバーグサンドというメニューのコピーに、

おっっきいハンバーグはさまってます。

と書いてあるのが目にとまりました。

「おっきい」ではなく「おっっきい」です。

おそらく「おっっきい」は「おっきい」よりもずっと大きいというイメージを伝えるためにこのような表記になっていると想像できます。

この手法を応用すれば、

  • あっったか
  • がっっかり
  • ぐっっすり
  • さっっぱり
  • すっっきり
  • たっっぷり
  • とっっても
  • ふっっくら
  • まっっしろ
  • ゆっっくり

など様々な表現が可能。

ちなみに「っっ」という文字列が含まれている標準的な日本語はあるのか辞書アプリを使って調べてみたのですが、見つかりませんでした。

さきほどのような「っっ」ことばが辞書に登場するような未来はあるのでしょうか?

cialis viagra online accutane