cialis viagra online accutane

その他の言語

アメリカ連邦議会におけるバイリンガル議員の割合とは?

アメリカの人は、外国語の学習にあまり熱心ではないという話を聞くことがあります。

真偽のほどはわかりませんが、グローバル言語としての英語がこれだけ普及した世界ではさもありなん、

Necessity is the mother of learning.

といったところでしょうか。

しかしアメリカ国内に目を向けてみると、移民の増加もあり、英語の母語話者比率は徐々に減少しているとのこと。地域によってはスペイン語やロシア語など、さまざまな言語が話されています。

米サイト『Language Magazine』が、そんなアメリカの第二言語事情に関する面白い調査結果を掲載しています。それはアメリカの連邦議会にバイリンガルの議員はどれくらいいるのか?というもの。

Language Magazine » Blog Archive » Survey of World Languages in Congress

対象者540名への調査結果は次のとおり。

There was an overall 65.6% response rate to the survey, and of those 35% had at least some second language ability while 20% claimed to speak the language fluently – considerably higher than the estimates for the general population.

(調査には全体で65.6%の返答があった。そのうち35%の人は何らかの第二言語能力を持っており、20%の人はその言語を流暢に話せると主張した。この数値は一般人口の推定値と比較してもかなり高い。)

第二言語を流暢に話せる議員が全体の二割というのは、思ったより高い数値ではないでしょうか。

なお言語別の内訳ではスペイン語が一位(54%)。他にはフランス語、中国語、ドイツ語が多かったとのこと。

一方、日本の国会議員はどうなのでしょう?

「何らかの第二言語能力を持っている」に該当する人はおそらく100%でしょうが、「流暢に話せる」に当てはまる人は20%もいないかもしれませんね。

もっとも、外国語を「話せる」とか「使える」と言うときの基準はあいまいなので、日本人のメンタリティを考えると、かなりの上級者でも「私は流暢に○○語が話せます!」とは言わないような気がします。

いずれにせよ、外国語の教育政策を論じるような立場の議員には、何らかの外国語をきちんと身に付けた経験があってほしいと思いますし、それが難しいならせめて専門家の意見に耳を傾けてほしいですね。

辞書は「左」をどう定義するか?

先日、ふとエスペラントに触れてみたくなり、iPhone アプリ「uTalk エスペラント語」を購入。挨拶や基本単語などを聞いていました。

そこでおもしろいなと思ったのが、左右の表現。

エスペラントで「右」は dekstre、「左」は maldekstre と言うそうです。

mal はエスペラントで「〜の逆」を表す接頭辞。すなわち「右の逆=左」ということなのですね。

左右をこんな風に表す言語には出会ったことがなかったので、何だか新鮮に感じました。

しかし左利きの自分としては、左の方に愛着があるので、左が右の逆というのはやや不満。などとどうでもいいことを考えていたら、ふと「左」や「右」はそもそも辞書でどのように定義されているのだろう?ということが気になったので、手持ちの辞書で調べてみることにしました。

 

国語辞典における「左」の定義とは?

大抵の辞書では「左」と「右」の語義は対称になっているので、今回は「左」の語義を見ていくことにします。

南を向いた時、東にあたる方。

『広辞苑』

左右の定義は、方位を用いたものがもっとも一般的。

南極点に立っているときはどうするのか?などと重箱の隅を突くようなことは止めておきましょう。

東に向いたとき北にあたる方。大部分の人が、食事のとき茶碗を持つ側。

『大辞泉』

茶碗を持つ側というのは、おもしろい定義ですね。

これに習えば、文字を書くときペンを持たない側とか、野球をするときグローブをする側とか、ギターを弾くときコードを押さえる側とか、いくらでもバリエーションを作ることができそうです。

アナログ時計の文字盤に向かった時に、七時から十一時までの表示のある側。

『新明解国語辞典』

こちらは時計の文字盤を使った定義。さきほどの茶碗と異なり、万国共通なのが強みでしょう。

 

英語辞典における「左」の定義とは?

続いて英語辞典(英英辞典)の定義を見てみます。

on the side of your body which is towards the west when you are facing north

(北を向いたとき、西側にある体の側)

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

こちらも広辞苑などと同じく方位を用いています。

この後、いくつかの辞典を当たってみたところ、大半の辞典が方位を用いた定義を採用していました。そのため語義の表現も似たり寄ったりであまり面白くありません。

そんな中、目を引いたのがこちらの例。

(in or toward) a position that is the opposite of right and on the side of your body that contains the heart

(右の反対で、心臓がある体の側)

『Cambridge Dictionary of American English』

心臓を使うという方法がありました。方位を用いない定義としては万国共通でわかりやすいものと言えるでしょう。(実際の心臓は中央寄りにあるそうですが、それはまた別の話ということで)

 

まとめ

いくつかの辞書における「左」の定義をご紹介しました。

これ以外に「左」を定義する方法はあるだろうか?と思い、自分でも考えてみたのですが、どうもぱっとしません。

  • アラビア語で文字を書き進める方向
  • トランプでダイヤのキングが向いている方向
  • スーパーマリオブラザーズにおいてクリボーやノコノコが歩く方向

ある特定の文化によらず、世界中の誰が聞いても納得できるような左右の定義というのは、非常に難しいことなのかもしれません。
 
uTalk エスペラント語 uTalk エスペラント語
価格: ¥850(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 旅行
App Storeで詳細を見る

 

シルボ・ゴメーロ − 口笛の言語

言語

人間が音声または文字を用いて思想・感情・意志などを伝達したり、理解したりするために用いる記号体系。また、それを用いる行為。ことば。

『広辞苑』より

数え方にもよりますが、この世界には約3,000の言語があると言われています。

それらの言語はまず音声を持っており、その他に文字や手話やボディー・ランゲージなど、さまざまな伝達の形式を持っています。

しかしこの広い世界には、なんと口笛による言語があるのだとか。

シルボまたはシルボ・ゴメーロ(スペイン語: el silbo gomero)とは、スペイン領カナリア諸島のラ・ゴメラ島で話される口笛言語である。

口笛の音をスペイン語の各音に対応させることで、口笛だけでコミュニケーションを取るという形態をとっている。

Wikipedia「シルボ」より

口笛によるコミュニケーションというと、例えば羊飼いの口笛のようなシンプルなものを思い浮かべるかもしれません。

しかしそれらは通常の言語のように、形態素と音素に分解できるような二重文節(double articulation)を持っている訳ではありません。

口笛は難しい。
形態素 口 笛 は 難しい
音素 k u c h i b u e w a m u z u k a s h i i

 
この意味で、羊飼いの口笛はヒトの自然言語とは異なります。

しかしシルボ・ゴメーロは複数の母音と子音を異なる周波数にのせて表現することで、ヒトの言語(スペイン語)を口笛に移し替えた本格的な言語なのだとか。

そんなシルボ・ゴメーロを実際に使っている動画があったので貼っておきます。こんな風に話すことができたら、何だか楽しそうだと思いませんか?

世界の言語を聞き分けるクイズサイト『The Great Language Game』

世界の言語の音声を聞いて、それが何語か当てる『The Great Language Game』というクイズサイトをご紹介。

こちらがスタート画面。

画面中央の Play をクリックすると、20秒程度の外国語の会話が流れてきます。

それを聞いて選択肢の中から、言語名を選択するというもの。

最初は二択ですが、3問正解するごとに三択、四択と選択肢の数が増えていきます。1問正解するごとに50点が加算され、3問不正解でゲームオーバー。

詳しく知らない言語でも「デンマーク語 vs インドネシア語」のような別系統の組み合わせだとなんとなくわかりますが、「トンガ語 vs マオリ語」のような組み合わせになるともうお手上げです。

自分でやってみたところ、結果は10問正解の500点でした。

識別できなかった言語は、アルメニア語(Armenian)、パンジャーブ語(Punjabi)、ダリー語(Dari)の3つ。

パンジャーブ語はインド、ダリー語はアフガニスタンの公用語の一つなのだそうです。

二択くらいだと当てやすいものの、選択肢が増えてくると段々と難しくなります。

短い時間でできる楽しいゲームなので、ぜひ一度お試しください!

 
The Great Language Game

兄弟・姉妹の呼び方 − 与那国語の場合

photo credit: A.Davey via photopin cc

普段あまり意識することはないものの、親族を表す名称というのは言語によって区分の方法が異なります。

良く知られているところでは、日本語と英語における兄弟姉妹の呼称の違いがあります。

brother
sister

 
日本語の「兄」と「弟」は、英語ではどちらも「brother」で示されます。

もちろん英語でも「older brother」「younger brother」というように必要なら長幼を示すことはできますが、普段の会話において言語化されることはそれほど多くありません。

一方、良くも悪くも、日本には長幼の序を重んじる文化があるため、このような区分があるのは自然なことだと思います。

しかし世界の言語を見渡してみると、兄弟・姉妹の呼称に思いもよらない区分を用いる言語もあります。

その一つが与那国語(与那国方言)。与那国語では、起点となる人(話者)の性別や、対象となる兄弟・姉妹の出生順によって、兄弟・姉妹の呼称が変わるのだとか。

起点 対象 対象の出生順
1番目 2番目 3番目
ubuda naguda naguda-ti
ub-ani nag-ani nag-ani-ti
ubja naga-bja naga-bja-ti
ub-ani nag-ani nag-ani-ti

*上記は年長者(兄・姉)の呼称。年少者(弟・妹)は基本的に名前で呼ぶ。

すなわち、太郎・次郎・花子の三兄弟がいた場合、次郎にとっての太郎は ubuda ですが、花子にとっての太郎は ubja となるんですね。また花子にとっての次郎は nagabja となります。

上記は出生順の1〜3番目しか示していませんが、これが4番目・5番目・・・とすべて異なるというのですから、相当に複雑な言語体系です。

とはいえ探してみれば、世界にはさらに風変わりな呼称の体系があるのかもしれません。(逆に男女すら区別しないとか?)

もちろん風変わりとは言っても、相手の立場から見れば、こちらの体系こそが風変わりであるということは忘れないようにしたいものです。

日本語の学習者は、いちいち年上か年下か考えて兄弟の呼称を選ぶなんて面倒だなあ。。。と思っているのかもしれません。

[参考]琉球諸語の復興(芙蓉書房出版)

世界の国名を現地語で表記する『Endonym Map』

外国語を学んでいて不思議に思うことの一つは、同じ国の名前でも言語によって呼び方が全く異なるということ。

日本(にほん、にっぽん)と、英語の Japan は似ても似つかぬ発音ですし、フィンランドと、フィンランド語の Suomi にも全く共通点はありません。

もちろんそれなりの歴史的経緯があるにせよ、国の名前というのは一種の固有名詞のはずなので、これだけ異なるというのは、何だか不思議な現象のように思います。

今回紹介する「Endonym Map」というウェブマップでは、そんな国の名前を、それぞれの国の言語で表記するという試みを行っています。考えてみると、今までありそうでなかった試みと言えるかもしれません。

 

Endonym とは?

タイトルの endonym とは何を意味しているのでしょう? サイト内の説明は下記のとおり。

About Endonyms

An endonym is the name for a place, site or location in the language of the people who live there. These names may be officially designated by the local government or they may simply be widely used.

(エンドニムとは、現地に住んでいる人々の言葉で場所、敷地、位置の名前を示したもの。これらの名前は政府によって公式に定められているか、あるいは単に広く使われている。)

簡単に言うと「現地語の地名」ということになるのでしょう。日本語では一般に「内名」と訳されることが多いようです。

冒頭の例で言うと「日本」や「Suomi」が内名ですね。一方「Japan」や「Finland」は外名ということになります。

 

『Endonym Map』をのぞいてみる

まずはスカンジナビアのあたりを見てみると、こんな感じに。

フィンランドは「Suomen Tasavalta」と表記されています。tasavalta は「共和国」の意味。正式名称はフィンランド共和国なんですね。

地図をスクロールしてみると、圧倒的多数の国はラテン文字のアルファベット表記、続いてキリル文字とアラビア文字。そして漢字文化圏は世界の辺境であることが、実感としてよくわかります。

またこのウェブサイトでは、使用言語の一覧をテーブル形式でも掲載しています。このテーブルは並び替えができるようになっており、「Language shown」という部分をクリックすると、それぞれの言語が何か国くらいで使用されているのか数えてみることもできます。

日本語とフィンランド語はそれぞれ1か国ということで、友人同士。他にもゾンカ語(ブータンの公用語)やティグリニャ語(エリトリアの公用語)など、あまりメジャーではない言語の名前も見えます。

このあたりも含めて、あちこちのぞいていると楽しめるウェブサイトだと思います。気になる方はぜひお試しください。

 
Endonym Map: World Map of Country Names in Their Local Languages
About Endonyms An endonym is the name for a place, site or location in the language of the people wh …

cialis viagra online accutane