cialis viagra online accutane

About

Posts by :

commentator(コメンテーター)と commenter(コメンター)

18021201

以前のエントリーで和製英語としてのプレゼンテーターという言葉を取り上げたことがあります。

presentator(プレゼンテーター)

プレゼンテーター(名)〔和製 presentator〕

プレゼンテーションをする人。

「三省堂国語辞典 第七版」

このプレゼンテーターという日本語を認めるかどうかはおそらく議論の分かれるところ。

ただ少なくとも英語としてはプレゼンター(presenter)が正しい表現です。

それではこの言葉はどうなのでしょう?

☆☆コメンテーター(名)〔commentator〕

〔討論会や放送番組の中で〕説明や意見などをのべる人。解説者。

「三省堂国語辞典 第七版」

present する人が presenter なら、comment する人は commenter なのではないでしょうか?

しかし改めて英語辞書を調べてみると、commentator という単語は comment ではなく commentate という動詞が元になっているということがわかります。

commentate

VERB

Report on an event as it occurs, especially for a news or sports broadcast; provide a commentary.

Oxford Dictionaries

ただ commentator という単語を「Oxford Dictionaries」で調べてみると、comment する人、commentate する人という両方の説明が書いてあります。

commentator

NOUN

1 A person who comments on events or on a text.

1.1 A person who commentates on a sports match or other event.

Oxford Dictionaries

それでは「コメントする人」という意味の commenter という英単語はないのだろうか?と思って調べてみると、こちらも存在することがわかりました。

commenter

NOUN

A person who expresses an opinion or engages in discussion of an issue or event, especially online in response to an article or blog post.

Oxford Dictionaries

これによると commenter には「特にウェブ上で記事やブログへのコメントをする人」という含みがあるようです。

ということは commentator / commenter にはプロフェッショナル/アマチュアという意味合いがあるのでしょうか?

言われてみると commentator という単語には、単に「コメントする人」という意味で使うのにはちょっと重々しい、職業的な響きがあるのはたしかでしょう。

そのためウェブ上で気軽にコメントを残す人を commenter という単語で表すようになったのかもしれません。

何だか面白い単語の使い分けではないかと思います。


代赭色(たいしゃいろ)ってどんな色?

18021101

深田久弥『日本百名山』の至仏山(しぶつさん)の項を読んでいたら、次のような一節が出てきました。

噂に聞く尾瀬ヶ原を見下ろしたのも、その時が初めてであった。原一面まるで燃えるような代赭色で、それがずっと向うの端、ピラミッドの燧の裾まで延びている。美しい尾瀬の第一印象を至仏の頂上で得たことは、私の幸福であった。

ここに出て来る「代赭色」というのはいったいどんな色なのでしょう?

辞書を引いてみると、次のように出ていました。

たいしゃ[(代×赭)](名)

茶色をおびた だいだい色。赤土色。たいしゃいろ。

「三省堂国語辞典 第七版」

代赭色というのは赤土の色なんですね。

Webで検索してみると、こんな色見本が出てきました。

18021102

なるほど。おそらくは尾瀬の草紅葉を代赭色と形容したのでしょう。

色の名前というのは、私たちがこの世界を見る眼鏡のようなもの。

もし色名として「黒、白、赤、青」という4つの言葉しか知らなければ、私たちの眼前の世界は4色に映ることでしょう。

そこに「黄」や「緑」という語彙を加えることで、色彩のグラデーションの中に初めて「黄」や「緑」という色を認識することができます。

「代赭」という少々耳慣れない色名もまた同様で、深田久弥が尾瀬の草紅葉を「燃えるような代赭色」と形容することができたのも、この言葉を自身の辞書に加えていたからに他なりません。

そういう意味で色の名前というのは眼前の世界をカラフルにしてくれる魔法の道具のようであり、そこから敷衍して考えてみれば、それは色の言葉に限らず、あらゆる言葉に当てはまるということに気付かされます。

新しい言葉を知るということは、私たちの世界の見方をアップグレードすること。そこに人と言葉の関係の本質があるのかもしれません。

 

日本百名山 (新潮文庫)
日本百名山 (新潮文庫)
posted with amazlet at 18.02.11
深田 久弥
新潮社
売り上げランキング: 18,029

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


きまめ? なままめ? − コーヒーの「生豆」の読み方

18021001

先日、コーヒーの手回し焙煎機と生豆を購入し、初めての自家焙煎に挑戦してみました。

そのあたりの話もおいおい書いてみたいと思いますが、今日のテーマはコーヒーの「生豆」について。

みなさんはこの「生豆」を何と読みますか?

おそらくは「きまめ」派と「なままめ」派に分かれるのではないかと思います。

このうち『三省堂国語辞典』の見出し語になっているのはこちら。

きまめ[生豆](名)

煎る前のコーヒー豆。なままめ。

「三省堂国語辞典 第七版」

語釈の中に「なままめ」という読み方も示されていますが、この「なままめ」は見出し語にはなっていません。

ということは「きまめ」の方が正統な読みということなのでしょうか。

ただコーヒー関係の動画などを見ていると、「きまめ」よりも「なままめ」と発音している人の方がかなり多い印象があります。

そもそも「生」という漢字を「き」と読むケースと「なま」と読むケースはどちらが多いのでしょう?

『三省堂国語辞典』を調べてみると、語頭の「生」を「き」と読ませている見出し語は次の15個。

  1. きいっぽん[生一本]
  2. きいと[生糸]
  3. きぐすり[生薬]
  4. きざけ[生酒]
  5. きじ[生地・素地]
  6. きじょうゆ[生醤油]
  7. きずし[生寿司]
  8. きぜわ[生世話]
  9. きっすい[生粋]
  10. きなり[生成り]
  11. きぶどうしゅ[生葡萄酒]
  12. きまじめ[生真面目]
  13. きまめ[生豆]
  14. きむすめ[生娘]
  15. きもと[生酛]

それに対して「生」を「なま」と読ませている見出し語は次の69個。

  1. なまあくび[生欠伸]
  2. なまあげ[生揚げ]
  3. なまあし[生足]
  4. なまあせ[生汗]
  5. なまあたたかい[生暖かい]
  6. なまいき[生意気]
  7. なまうた[生歌]
  8. なまえんそう[生演奏]
  9. なまおと[生音]
  10. なまがし[生菓子]
  11. なまかじり[生齧り]
  12. なまかわ[生皮]
  13. なまがわき[生乾き]
  14. なまき[生木]
  15. なまきず[生傷]
  16. なまギター[生ギター]
  17. なまぐさ[生臭・腥]
  18. なまぐび[生首]
  19. なまクリーム[生クリーム]
  20. なまごえ[生声]
  21. なまごみ[生ごみ]
  22. なまゴム[生ゴム]
  23. なまごろし[生殺し]
  24. なまコンクリート[生コンクリート]
  25. なまざかな[生魚]
  26. なまざけ[生酒]
  27. なましゅつえん[生出演]
  28. なましょく[生食]
  29. なまじろい[生白い]
  30. なまずし[生寿司]
  31. なまたまご[生卵]
  32. なまちゅう[生中]
  33. なまちゅうけい[生中継]
  34. なまっちょろい[生っちょろい]
  35. なまっちろい[生っ白い]
  36. なまつば[生唾]
  37. なまづめ[生爪]
  38. なまテープ[生テープ]
  39. なまなか[生半]
  40. なまなましい[生々しい]
  41. なまなまと[生々と]
  42. なまにえ[生煮え]
  43. なまにく[生肉]
  44. なまぬるい[生温い]
  45. なまはげ[生剥げ]
  46. なまばな[生花]
  47. なまハム[生ハム]
  48. なまはんか[生半可]
  49. なまび[生火]
  50. なまビール[生ビール]
  51. なまびょうほう[生兵法]
  52. なまふ[生麩]
  53. なまフィルム[生フィルム]
  54. なまへんじ[生返事]
  55. なまほうそう[生放送]
  56. なまぼし[生干し・生乾し]
  57. なまみ[生身]
  58. なまみず[生水]
  59. なまめん[生麺]
  60. なまもの[生物]
  61. なまやき[生焼き]
  62. なまやけ[生焼け]
  63. なまやさい[生野菜]
  64. なまやさしい[生易しい]
  65. なまゆで[生茹で]
  66. なまよい[生酔い]
  67. なまりぶし[生り節・生利節]
  68. なまろく[生録]
  69. なまワクチン[生ワクチン]

数の上では「き」より「なま」の方が圧倒的に多いですね。

それでは食品に限った場合はどうでしょうか。

  1. きざけ[生酒]
  2. きじょうゆ[生醤油]
  3. きずし[生寿司]★
  4. きぶどうしゅ[生葡萄酒]
  1. なまがし[生菓子]★
  2. なまクリーム[生クリーム]★
  3. なまざかな[生魚]
  4. なまざけ[生酒]
  5. なまたまご[生卵]
  6. なまちゅう[生中]
  7. なまにく[生肉]
  8. なまハム[生ハム]
  9. なまビール[生ビール]
  10. なまふ[生麩]★
  11. なまめん[生麺]
  12. なまやさい[生野菜]
  13. なまりぶし[生り節・生利節]★

この場合も、やはり「き」より「なま」の方が多いようです。

なおこれらの意味を比較検討すると、「き」は「まぜもののない」という意味で使われているのに対して、「なま」は「煮たり焼いたりしていない」という意味で使われていることがわかります。(★印の単語は例外)

例えば、次のペアが「き」と「なま」の対比を端的に示しています。

きざけ[生酒](名)

まぜもののない、純粋の清酒。生一本の酒。

「三省堂国語辞典 第七版」

なまざけ[生酒](名)

(もろみをしぼっただけの)加熱による殺菌をしない酒。

「三省堂国語辞典 第七版」

この法則に沿って考えれば、生豆というのは煎る前のコーヒー豆という意味なので「きまめ」よりも「なままめ」と読む方が理にかなっているのではないかと思います。いかがでしょう?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


フィンランド語学習記 vol.547 − トンネルは200億ユーロ

18020901

フィンランドの首都ヘルシンキから隣国エストニアの首都タリンまでは高速船でわずか1時間半程度。

そのためヘルシンキ観光の際にタリンにも立ち寄ったという人は多いのではないでしょうか。

そんなヘルシンキとタリンの間をさらに高速で移動できるようにするため、海底鉄道トンネルを作ろうという仰天の計画があるのだとか。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にこのトンネル計画が取り上げられていました。

Tunneli maksaa 20 miljardia

Helsingin ja Tallinnan välille halutaan rakentaa merenalainen rautatietunneli. Tunnelia suunnittelevat Helsingin ja Tallinnan kaupungit sekä Suomen ja Viron liikenneministeriöt. Tänään kerrottiin, että tunneli maksaa noin 20 miljardia euroa. Tunnelia pitkin juna voi ajaa puolessa tunnissa Helsingistä Tallinnaan.

Jos tunneli rakennetaan, se on maailman pisin rautatietunneli, 103 kilometriä.

トンネルは200億ユーロ

ヘルシンキとタリンの間に海底鉄道トンネルを建設することが望まれている。トンネルはヘルシンキ市とタリン市、そしてフィンランドとエストニアの運輸省が計画している。 今日、トンネルは約200億ユーロかかると言われている。長いトンネルによって、電車はヘルシンキからタリンまで30分で走ることができる。

もしトンネルが建設されれば、それは103kmの世界最長の鉄道トンネルになる。

フィン
miljardi billion 10億
rakentaa build 建築する
merenalainen submarine 海底の
rautatietunneli railroad tunnel 鉄道トンネル
suunnitella plan 計画する
sekä and そして
liikenneministeriö ministry of transportation 運輸省

 

この記事を読んで世界最長の鉄道トンネルはたしか青函トンネルだったかな?と思い、調べてみると、2016年にスイスに作られたゴッタルドベーストンネル(Gotthard Base Tunnel)が青函トンネルを抜いて世界最長になっていることがわかりました。

青函トンネルは53.85km、ゴッタルドベーストンネルが57.104kmであるのに対して、ヘルシンキ・タリン間のトンネルは103kmというのですから、そのスケールは凄まじいものがあります。

200億ユーロという莫大な建設費用も含めて、突っ込みどころの多いニュースではあるのですが、一つの夢のある話ということで受け止めておけばよいのではないかと思います。未来のことは誰にもわからないのですから。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.546 − Saamelaisten kansallispäivä

18020801

2日過ぎてしまいましたが、2月6日は Saamelaisten kansallispäivä(Sami National Day)。

北欧の先住民族サーミ人が1917年にノルウェーのトロンハイムに最初の議会を開いたのが2月6日なのだそうです。

この Saamelaisten kansallispäivä(Sami National Day)を日本語に訳すのはなかなか難しい作業。サーミの人々は国を持っている訳ではないので、サーミ国家の日もサーミ国民の日もちょっと不自然な感じ。結局はシンプルにサーミの日というのが一番収まりがよいのかもしれません。

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にもこの Saamelaisten kansallispäivä に関するニュースが出ていました。

Saamelaiset juhlivat kansallispäivää

Tänään on saamelaisten kansallispäivä.

Saamelaiset ovat alkuperäiskansa, joka asuu Suomen, Ruotsin, Norjan ja Venäjän pohjoisosissa.

Saamelaisia on noin 60 000. Heillä on oma kieli ja kulttuuri.

Saamelaisilla on myös oma lippu ja oma parlamentti eli saamelaiskäräjät, joka puolustaa saamelaista elämäntapaa.

Saamelaisten elämäntapaan kuuluvat esimerkiksi poronhoito ja kalastus.

サーミ人、記念の日を祝う

今日はサーミ人の日だ。

サーミ人はフィンランド、スウェーデン、ノルウェー、ロシアの北部に住んでいる先住民だ。

サーミ人は約6万人。彼らは独自の言語と文化を持っている。

サーミ人は独自の旗と独自の議会である saamelaiskäräjät も持っており、それはサーミ人の生活様式を守っている。

サーミ人の生活様式にはトナカイの放牧や漁などが含まれる。

フィン
saamelainen Sami サーミ人の
kansallispäivä national day 国家の日
alkuperäiskansa indigenous people 先住民
pohjoisosa northern part 北部
kieli language 言語
kulttuuri culture 文化
lippu flag
puolustaa defend 守る
elämäntapa lifestyle 生活様式
kuulua belong 属する
poro reindeer トナカイ
poronhoito reindeer herding トナカイの飼育
kalastus fishing

 

サーミ語はフィンランド語と同じフィン・ウゴル語派に属する言語。そんなこともありサーミ人というのはフィンランドとのつながりが強いイメージがありましたが、実際にはスウェーデンやノルウェーにも多くのサーミ人が住んでいるんですね。

いずれにしてもサーミの人々というのは、独自の言語と文化を持つ北欧の大切な構成員。できることならその言語や文化を書籍などでもっと深く学んでみたいと思わせるようなエキゾチックな魅力があります。

なお Yle Areena のホームページにはこの Saamelaisten kansallispäivä に関する約2分間の動画もアップされていました。興味のある方はぜひこちらもご覧になってみてください。

【動画はこちらから】Saamelaisten kansallispäivä

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド語学習記 vol.545 − 時の表現(13)

18020701

昨日に続いてフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeski 2』より、様々な「時の表現」を見ていきます。今回が最終回です。

 

päivä(日)を使った表現

Me olimme eräänä päivänä kävelemässä Seurasaaressa.
(私たちはある日セウラサーリを歩いていた。)

eräänä päivänä は「ある日」という意味の決まり文句。過去の不特定な一日を示すときに用います。

eräänä päivänä は様格[-nA]の形になっています。

主格 erää päivä
様格 eräänä päivänä

 

Menemme jonakin päivänä kävelemään Seurasaareen.
(私たちはいつの日かセウラサーリを歩きに行く。)

jonakin päivänä は「いつの日か」という意味の決まり文句。未来の不特定な一日を示すときに用います。

jonakin päivänä は様格[-nA]の形になっています。

主格 jokin päivä
様格 jonakin päivänä

 

以上、これで全13回に分けて書き継いできた「時の表現」に関するエントリーは終了です。

フィンランド語の時の表現には格変化によって細かなニュアンスを表すもの、決まり文句として覚えるべきものなど、様々なバリエーションがあることがわかりました。

日常的に使う表現もたくさんあるので、瞬時に使いこなせるよう、しっかりと復習しておきたいところです。


cialis viagra online accutane