cialis viagra online accutane

About

Posts by :

大学名の中の旧字体

日本の大学名にはいわゆる旧字体が含まれているものがよくあります。

例えば、慶應義塾大学の「應」、駒澤大学の「澤」、東京藝術大学の「藝」などなど。

ときには慶応、駒沢、芸大という表記を見かけることもありますが、正式な表記はあくまでも慶應義塾大学、駒澤大学、東京藝術大学。

固有名詞ですので、できるだけ書き間違えないようにしたいものです。

ただし駒澤大学へ行こう!と思い立ったら、渋谷から田園都市線に乗って、降りるのは駒沢大学駅。駒澤大学駅ではないので注意が必要です。

この他、旧字体の大学名と言えば、忘れてはいけないのが國學院大學。

「國、學、學」の三文字が旧字体なので含有率は驚異の60%。画数も多いので國學院の学生さんは大学名を書くだけでも一苦労ですね。

また國學院と同じく「學」の含まれている大学に皇學館大学、二松學舍大学があります。

ただこれらの大学の場合、旧字体が使われているのはあくまでも「皇學館、二松學舍」の部分であって「〇〇大学」の部分は新字体。そのため一つの固有名詞の中に「学」と「學」が混在するという面白い例になっています。

このような旧字体の使用というのはこだわりの世界なので、なぜそのようになっているのですか?と問うても明確な答えが返ってくることはなさそう。

しかしポジティブに考えれば、こういった固有名詞というのは現代社会に生きる私たちが旧字体に触れる貴重な機会を生み出してくれているとも言えるのかもしれません。

「年号」と「元号」の違いとは?

この頃、平成の次の新年号は何になるのか?という話題をよく耳にします。

この話題が出るたびに気になっていたのが、「年号」と「元号」の違いは何?ということ。

新年号という表現を使っている媒体もあれば、新元号という表現を使っている媒体もあるのです。両者の間に何らかの意味の違いはあるのでしょうか?

今回、思い立って辞書を引いてみました。

ねんごう[年号](名)

①としにつける称号。元号。例、平成。

「ーが改まる」

②歴史上のとし。

「ーをごろ合わせで覚える」

「三省堂国語辞典 第七版」

げんごう[元号](名)

〔文〕年号。

「三省堂国語辞典 第七版」

言われてみると、年号には今回話題にしている「昭和・平成」のような年号のほかに、日本史や世界史で覚える「794、1492」のような年号もあるわけですね。

  • 鳴くよ(794)うぐいす平安京
  • 意欲に(1492)燃えるコロンブス

ではさきほどの年号の①、すなわち「昭和・平成などを意味する年号」と「元号」の間に意味の違いはあるのでしょうか?

もう少し詳しく出ていそうな日国を引いてみました。

ねんごう【年号】

〘名〙

①年につける称号。日本の場合、用字は中国の古典から選ばれ、年号勘文・討議を経て、改元の詔書によって定められる。正式には孝徳天皇の大化元年(六四五)を始めとし、大宝元年(七〇一)以降、連続して定められた。明治以前は一代の天皇が数度にわたって改元することが多く、即位・祥瑞・災変などのほか革命思想によって辛酉・甲子の年に改元されたが、明治以後は一世一元と定められた。また南北朝時代には、両朝が別々の年号を用いた。なお、正史に見えないが実用された私年号・偽年号などがある。元号。

「精選版 日本国語大辞典」

げんごう【元号】

〘名〙 中国、日本などで、ある時点から起算して年数を計算するための特定の称号。「大化」 「昭和」の類。一般には天皇が元号を制定する特権をもつとされて従ったが、これを拒否して私年号・偽年号を用いる者もあった。また、明治以前は天皇一代に何度も改元することが多かったが、明治以後は一世一元と定めた。年号。→元号法。

「精選版 日本国語大辞典」

かなり詳しく説明されているものの、ここから両者のはっきりとした違いは見つけられず。

ただ最後に出て来る「元号法」という法律名からもわかるように、法律用語としては「元号」の方を用いているようです。

 

まとめ

今回見つけることができた年号と元号の主な違いは、

  • 年号には「昭和、平成」のような年号のほかに、日本史や世界史で覚える「794、1492」のような年号もある。
  • 法律用語としては元号を用いる。

の二点。

少なくとも「平成の次の新年号/新元号は何になるのか?」と言うときには年号と元号のどちらを使ってもよいということになります。

みなさんは主にどちらを使っていますか?

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

フィンランド語学習記 vol.681 − 英語が間になかったら

フィンランド語で「〜できる」を意味する単語はたくさんありますが、たいていの人が一番最初に習うのが osata という動詞。

この動詞の面白いところは、

Osaan puhuu suomea.

のように後ろに動詞を置くこともできるし、

Osaan suomea.

のように後ろに名詞を置くこともできるということ。

英語には後者の形がないせいか、Osaan suomea. のような形にはちょっとした違和感を感じることがあります。

I can speak Finnish.
× I can Finnish.

 

ただ改めて考えてみると、日本語では後者の形もつくることができます。

私はフィンランド語を話すことができる。
私はフィンランド語ができる。

 

ということは、さきほどの違和感の正体は、おそらく英語の学習経験から生まれているということ。

このようにフィンランド語を学んでいると、英語の影響を感じることがよくあります。

実際、フィンランド語と日本語の文法は似ている点も多いので、英語の学習経験がなければフィンランド語と日本語の回路がもっとダイレクトにつながっていたのかな?と想像することがあります。

とはいえ、日本語のネイティブで英語教育を受けずにフィンランド語を学んでいる人はほとんどいないでしょうし、逆にフィンランド語のネイティブで英語教育を受けずに日本語を学んでいる人もほとんどいないでしょうから、この説の真偽を正確に判定するのは難しそうです。

フィンランド語学習記 vol.680 − クリスマス休暇の天候

フィンランドのクリスマスと言えば、静かな雪のイメージ。

しかし実際の天気はどんな感じだったのでしょう?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」が今年のクリスマス休暇の天候を伝えています。

Sää lämpeni

Sää on tänään joulupäivänä paljon lämpimämpi kuin eilen jouluaattona.

Suuressa osassa Suomea on satanut vettä tai lunta. Maantiet ja kadut ovat olleet vaarallisen liukkaita.

Keskiviikkona, tapaninpäivänä, ei enää sada lunta eikä vettä. Välillä paistaa aurinko, ja ajokeli on hyvä koko maassa tapaninpäivänä. Osa suomalaisista ajaa keskiviikkona autolla takaisin kotiin, kun joulun vapaapäivät loppuvat ja arki alkaa.

気温が上昇

今日のクリスマスは昨日のクリスマスイブよりかなり暖かい。

フィンランドの大部分では雨か雪が降った。国道や街路は危険で滑りやすくなっていた。

水曜日、ボクシングデーにはもう雪や雨は降らないだろう。時々太陽が照り、ボクシングデーの路面状況は全国的に良い。水曜に運転して自宅へ戻るフィンランド人もいる。クリスマス休暇が終わり、日常が始まるからだ。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
lämmetä warm up 暖かくなる
maantie highway 国道
vaarallinen dangerous 危険な
liukas slippery 滑りやすい
tapaninpäivä Boxing Day ボクシング・デー
(クリスマスの次の日)
välillä occasionally ときどき
ajokeli driving conditions 道路状態
arki everyday life 日常

 

フィンランド語の語形変化は複雑だなあと改めて思わされたのが、今回の文中に出てきた lämpeni, lämpimämpi という二つの単語。

どちらも元の形がぱっと思いつきませんでした。みなさんはすぐに思い付きますか?

 

lämpeni

lämpeni は「暖かくなる」を意味する動詞 lämmetä の三人称単数過去形。

現在 過去
一人称単数 lämpenen lämpenin
二人称単数 lämpenet lämpenit
三人称単数 lämpenee lämpeni
一人称複数 lämpenemme lämpenimme
二人称複数 lämpenette lämpenitte
三人称複数 lämpenevät lämpenivät

 

フィンランド語の中では珍しいタイプ6に属する動詞です。

タイプ1 2つの母音で終わる動詞
タイプ2 [dA]で終わる動詞
タイプ3 [lA, nA, rA, stA]で終わる動詞
タイプ4 [AtA, OtA, utA]で終わる動詞
タイプ5 [itA]で終わる動詞
タイプ6 [etA]で終わる動詞

 

lämpimämpi

lämpimämpi は「暖かい」を意味する形容詞 lämmin の比較級。

原級 比較級 最上級
単数主格 lämmin lämpimämpi lämpimin

 

でもなぜ lämmin の比較級が lämpimämpi になるのでしょう?

ここで押さえておくべきポイントは lämmin の語幹が例外的に lämpimä という形になるということ。

比較級 lämpimä+[-mpi]=lämpimämpi
最上級 lämpimä+[-in]=lämpimin
(ä が落ちる)

 

このルールを知らなければ lämpimämpi から lämmin を連想するのはかなり難しそう。フィンランド語の本領発揮という感じでしょうか。

フィンランド語学習記 vol.679 − 過去形における自動詞と他動詞の見分け方

フィンランド語の動詞には muuttua(変わる)と muuttaa(変える)のような自動詞と他動詞のペアがたくさんあります。

たいていの場合は[-uA/-yA]で終わっているものが自動詞で、[-AA]で終わっているものが他動詞。

その原則を踏まえつつ、昨日紹介した Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』の一節をみてみましょう。

Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko.

動詞 kiinnosti のもとの形は他動詞の kiinnostaa(興味を持たせる)でしょうか? それとも自動詞の kiinnostua(興味を持つ)でしょうか?

??

このように過去形になっているといつも迷ってしまうのですが、調べてみると kiinnosti は他動詞 kiinnostaa の三人称単数過去形であることがわかります。

辞書形 kiinnostua kiinnostaa
一人称単数過去 kiinnostuin kiinnostin
二人称単数過去 kiinnostuit kiinnostit
三人称単数過去 kiinnostui kiinnosti
一人称複数過去 kiinnostuimme kiinnostimme
二人称複数過去 kiinnostuitte kiinnostitte
三人称複数過去 kiinnostuivat kiinnostivat

 

これがもし自動詞 kiinnostua の三人称単数過去形なら[u]が落ちずに kiinnostui という形になるんですね。

せっかくなのでここでもう一度、動詞の過去形の作り方をおさらいしておきたいと思います。

 

過去形の作り方(おさらい)

フィンランド語の動詞の過去形は現在語幹に過去形の印[i]を付けた「過去語幹」をベースにして作ります。注意しなければならないのは、その際に[i]の前の母音が変化するということ。

  • 過去形の印[i]の前が[u, y, o, ö] →[u, y, o, ö]はそのまま。
  • 過去形の印[i]の前が[ä, i, e] →[ä, i, e]は消える。
  • 過去形の印[i]の前が[a]
    • 単語が三音節以上なら →[a]は消える。
    • 単語が二音節
      • 単語の最初の母音が[u, o]なら →[a]は消える。
      • 単語の最初の母音が[u, o]以外なら →[a]は[o]に変わる。

 

Kristiinaa kiinnosti…

なお冒頭の例文では Kristiinaa が分格の形(=目的語)になっているので、そこからも kiinnosti が他動詞であることがわかります。

Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko.

クリスティーナを魅了したのはローマ・カトリック教会だった。

このフィンランド語らしいリズムに慣れて、さくさく文章を読めるようになりたいものです!

フィンランド語学習記 vol.678 − Kristiina(2)

きのうに続いて Mauri Kunnas の『Koirämäen Suomen historia』より、スウェーデン女王クリスティーナのページを見ていきます。

Vaikka Kristinan isä oli ollut protestanttisen maailman sankari, Kristiinaa kiinnosti enemmän roomalaiskatolinen kirkko. Protestanttinen usko oli nuoren kuningattaren mielestä synkkää ja liian vakavaa. 27-vuotiaana Kristiina luopui kruunusta. Hän ryhtyi katolilaiseksi ja muutti Roomaan vieden mukanaan kaksitoista suurta laivalastillista isänsä sotaretkillä ryöstämiä aarteita.

Se oli skandaali. Ruotsi ja muu protestanttinen Eurooppa oli kauhuissaan, paavi sen sijaan hykerteli tyytyväisenä.

クリスティーナの父はプロテスタント世界の英雄だったが、クリスティーナをより魅了したのはローマ・カトリック教会だった。若い女王の考えでは、プロテスタントの信仰は暗く厳粛すぎた。27歳のクリスティーナは王位を放棄した。彼女はカトリックに改宗し、父の戦利品である宝物を12の大きな船に積んでローマに出発した。

このことはスキャンダルとなった。スウェーデンと他のヨーロッパのプロテスタント国家が恐れる一方、ローマ教皇は満足げに微笑んでいた。

フィン
protestanttinen protestant プロテスタントの
sankari hero 英雄
roomalaiskatolinen Roman Catholic ローマ・カトリックの
synkkä gloomy 暗い
luopua abandon 放棄する
ryhtyä begin 始める
laivalastillinen shipload 船一隻分の積荷量
sotaretki military campaign 軍事行動
ryöstää rob 盗む
aarre treasure 宝物
kauhu horror 恐れ
paavi pope 教皇
sen sijaan instead その代わり
hykerrellä chuckle 静かに笑う

 

クリスティーナの人生における二つの大きな転機は、カトリックへの改宗と王位を放棄して海外へ渡ったこと。その動機は映画「王となった少女」でも詳しくは描かれていませんでした。

もっとも人がこれほどの行動に踏み切る理由を一言や二言で語り尽くすことなどできるはずがありません。周囲の人々や後世の歴史家がどんな言葉を述べようとも、そこに掬い上げられない思いがあるはずです。

その前半生にスポットが当たりがちなクリスティーナですが、北欧を離れてからの人生にもきっと濃密なドラマがあったはず。そこを取り上げた作品もぜひ観てみたいですね。

cialis viagra online accutane