cialis viagra online accutane

フィンランド語

フィンランド語学習記 vol.415 − その時が来ればいつも

フィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に次のような表現が出てきました。

Luennot ovat iltaisin, retket lauantaisin ja sunnuntaisin.
(講義は毎晩、遠足は毎週土曜日・日曜日にあります。)
*luento(講義)、retki(遠足)

「晩」を意味する ilta、「土曜日」を意味する lauantai、「日曜日」を意味する sunnuntai に[-isin / -sin]という語尾が付いているのがわかるでしょうか。

ilta(晩) iltaisin(毎晩)
lauantai(土曜日) lauantaisin(毎週土曜日に)
sunnuntai(日曜日) sunnutaisin(毎週日曜日に)

 

この[-isin]は「毎」を意味する接尾辞。

*lauantai, sunnuntai のようにもともと[i]で終わっている単語には[-sin]を付けます。

テキストには他に次のような例が出ていました。

päivä(昼) päivisin(昼はいつも)
yö(夜) öisin(毎夜)
kesä(夏) kesäisin(毎年夏に)
syksy(秋) syksyisin(毎年秋に)
talvi(冬) talvisin(毎年冬に)
kevät(春) keväisin(毎年春に)
maanantai(月曜日) maanantaisin(毎週月曜日に)
arki(平日) arkisin(平日はいつも)
pyhä(祝日) pyhäisin(祝日はいつも)

 

ちょっと困ってしまうのは[-isi]という形を見ると、つい条件法を連想してしまうということ。

【参考】フィンランド語学習記 vol.354 − 条件法の使い方(1)

あちらは動詞、こちらは名詞なのでよく考えればわかるはずですが、いつも考えている訳にはいかないので、ぱっと見てわかるように慣れていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.414 − 能動現在分詞の使い方

photo credit: m4tik - 128db Stock Violon via photopin (license)

photo credit: m4tik – 128db Stock Violon via photopin (license)

きのうの能動現在分詞に関するエントリーの続きです。

フィンランド語学習記 vol.413 − 能動現在分詞の作り方

まずはフィンランド語教室のテキスト『suomea suomeksi 2』に出てくる次の表現を見てみましょう。

puhua
(話す)
puhuva papukaija
(話すオウム)
lentää
(飛ぶ)
lentävä lautanen
(空飛ぶ円盤)
soittaa
(演奏する)
vivlua soittava tyttö
(バイオリンを弾く少女)
asua
(住む)
Suomessa asuva ulkomaalainen opiskelija
(フィンランドに住む外国人留学生)

 

太字の部分が能動現在分詞[-vA]の形になっています。

続いてこれらの表現が文中で格変化する例を見ていきましょう。

 

puhuva papukaija(話すオウム)

Puhuvat papukaijat osaavat yleensä sanoa vain pari sanaa.
(話すオウムは普通2〜3語だけを話すことができる。)

オウムは一羽だけではないので、複数主格[-t]の形になっています。

単数主格 Puhuva papukaija
複数主格 Puhuvat papukaijat

 

lentävä lautanen(空飛ぶ円盤)

Uskotko sinä lentäviin lautasiin?
(あなたは空飛ぶ円盤を信じますか?)

uskoa+入格で「〜を信じる」の意味に。かつ円盤は一枚だけではないので、複数入格の形になっています。

単数主格 lentävä lautanen
複数入格 lentäviin lautasiin

 

vivlua soittava tyttö(バイオリンを弾く少女)

Tunnetko tuon vivlua soittavan tytön?
(あなたはあのバイオリンを弾く少女を知っていますか?)

少女は目的語なので、対格[-n]の形になっています。

単数主格 soittava tyttö
単数対格 soittavan tytön

 

Suomessa asuva ulkomaalainen opiskelija(フィンランドに住む外国人留学生)

Suomessa asuville ulkomaalaisille opiskelijoille opetetaan suomea.
(フィンランドに住む外国人留学生にフィンランド語を教えています。)

opettaa+向格で「〜に教える」の意味に。かつ学生は一人だけではないので、複数向格の形になっています。

単数主格 asuva ulkomaalainen opiskelija
複数向格 asuville ulkomaalaisille opiskelijoille

 

以上『suomea suomeksi 2』より能動現在分詞の格変化の例を取り上げてみました。

一見複雑なようではありますが、 [-vA]の形さえ作ってしまえば、どの動詞であってもそこから先の格変化は同じ。
(語尾が必ず[-vA]になるため。)

そういった意味では、多くの用例に当たって慣れていけば、すぐに使いこなせる形なのではないかと思います。。。おそらく。


フィンランド語学習記 vol.413 − 能動現在分詞の作り方

最近のフィンランド語教室ではいわゆる「分詞」を扱っています。

分詞といえば、中学高校の英語の時間に現在分詞や過去分詞を習った記憶のある人も多いでしょう。

フィンランド語の場合はさらに細かく、次のような5種類の分詞があるのだそう。

1 能動現在分詞
2 受動現在分詞
3 能動過去分詞
4 受動過去分詞
5 動作主分詞

 

さすがフィンランド語。盛りだくさんです!

ともあれ、分詞を一言で定義すれば「動詞を形容詞のように使う用法」ということになるでしょうか。

例えば、次の例を見てみましょう。

pieni lintu(小さい鳥)
laulava lintu(歌う鳥)
*pieni(小さい)、laulaa(歌う)、lintu(鳥)

pieni は「小さい」を意味する形容詞。

laulava は「歌う」を意味する動詞 laulaa の能動現在分詞の形。

形容詞と同じように lintu を修飾しているのがわかるでしょうか。

今回はまずこの能動現在分詞の作り方を見ていきましょう。

 

能動現在分詞の作り方

laulaa(歌う)の能動現在分詞を求める手順は以下の2ステップ。

 

1)三人称複数[-vAt]の形を求める。

単数 複数
一人称 laulan laulamme
二人称 laulat laulatte
三人称 laulaa laulavat

 

laulaa → laulavat

 

2)[-vAt]の代わりに[-vA]を置く

laulavat → laulava

以上できあがり。非常にシンプルですね。

ただ実際の文においては、この laulava という分詞がここからまた様々な形に格変化するので一筋縄ではいきません。

そのあたりの使い方は明日のエントリーで見ていきたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.412 − 夜のもう一つの姿

16101201

フィンランド語教室の再開に向けて、『フィンランド語トレーニングブック』を使って複数格変化の復習をしていました。

どんどんと新規の文法が出てくる中で、どうもこのあたりがあいまいになっていたのです。

『フィンランド語トレーニングブック』の Kappale 48 では動詞の過去語幹と名詞の複数語幹(いずれも i を付ける)を対比しながら、パターンごとに練習できる問題がのっていて、全体をざっと復習したいときにはとても助かります。

例えば、syödä(食べる)の過去語幹と yö(夜)の複数語幹の作り方を見てみましょう。
 

syödä(食べる)の過去語幹の作り方

syödä 1)現在語幹を求める syö
syö 2)複数の印[i]を置く syöi
syöi 3) [i]の前に[ie][uo][yö]が来るときは、一文字目の[i][u][y]が消える。 söi

 

 yö(夜)の複数語幹の作り方

1)単数語幹を求める(=そのまま)
2)複数の印[i]を置く yöi
yöi 3) [i]の前に[ie][uo][yö]が来るときは、一文字目の[i][u][y]が消える。 öi

 

作り方がよく似ているので、過去語幹と複数語幹の作り方は合わせて覚えるのが効果的。

それにしても yö のように2つの母音のみで構成されている単語は複数形になると語頭の文字が変わってしまうんですね。

öi に yö の面影はなく、果たしてぱっと見たときに yö を連想できるかどうか。

もしこれを知らずに öi から辞書を引いてしまったら、永久に目当ての単語にたどり着けないという悲しい結果になりそうです。

 

フィンランド語トレーニングブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 106,036

フィンランド語学習記 vol.411 − supersankari

16100901

一仕事終えた夜、ぼーっと Radio Suomipop を聞いていたら耳に残る一曲が。

クレジットを見ると Laura Närhi さんという人の「Supersankari」という曲でした。

何度か聞いた後、ふと「タイトルの supersankari ってどういう意味なのだろう?」という疑問が。(そんなこともわからずに聞いていたのです。)

Wiktionary で調べてみると、次のような意味が出ていました。

sankari

hero, heroine

「Wiktionary」

supersankari

superhero

「Wiktionary」

sankari は「ヒーロー」、supersankari は「スーパーヒーロー」の意味。

また語源に関して次のような説明ものっていました。

From a Germanic language, cf. Swedish sångare. Compare with Väinämöinen, the singing hero.

ここに比較として出てくるスウェーデン語の sångare は singer の意味。

同じ起源の単語が一方ではヒーローになり、一方では歌い手になるというのはおもしろい現象だと思います。


フィンランド語学習記 vol.410 − näyttää

16100801

『フィンランド語トレーニングブック』で既習文法の復習をしていたところ、次のような文が出てきました。

Mies näytti menestyvältä ihmiseltä.

(その男は成功する人間のように見えた。)

『フィンランド語トレーニングブック』P.177

フィン
näyttää show, seem, appear
menestyä be successful, succeed

 

ここでちょっと気になったのは näyttää という動詞の使い方。

後続の menestyvältä ihmiseltä がいわゆる離格[-ltA]の形になっています。

näyttää の後には離格が来るというルールがあるのだろうか?と思い、語法書の『Tarkista Tästä』を引いてみました。

NÄYTTÄÄ(verbi, transit)

näyttää + N all Näytä minulle, missä talossa sinä asut.
näyttää + että-lause Näytän heille, että olen oikeassa.

 

NÄYTTÄÄ(verbi, intransit)

näyttää + N abl
Hän näytti hyvin sairaalta.

これによると näyttää には他動詞(transit)と自動詞(intransit)の用法があるということがわかります。

そして他動詞のときは näyttää+向格[-lle]で「〜に見せる」、自動詞のときは näyttää+離格[-ltA]で「〜に見える」という意味になるよう。

他動詞 Näytä minulle, missä talossa sinä asut. どの家に住んでいるのか見せて。
自動詞 Hän näytti hyvin sairaalta. 彼はかなり具合が悪そうに見えた。

 

これを踏まえて冒頭の文に戻ってみましょう。

Mies näytti menestyvältä ihmiseltä.

(その男は成功する人間のように見えた。)

ここでの näyttää(〜に見える)は自動詞なので、後続の単語が離格の形になっているのでしょう。

とはいえ、なぜ離格になるのか?感覚的にはしっくり来ないのですが、ここはそのまま覚えるよりほかなさそうです。

 

フィンランド語トレーニングブック
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 217,187

cialis viagra online accutane