cialis viagra online accutane

世界は幸福へ向かっているか? − 幸福測定計『Hedonometer』

21世紀に突入し、人類全体の幸福度は上がっているのでしょうか? それとも下がっているのでしょうか?

米バーモント大学の研究チームが、そんな答えようのない質問に示唆を与えてくれる幸福測定計『Hedonometer』をウェブ上に公開しています。

Hedonometer

幸福度を測定する装置としての hedonometer という用語自体は19世紀に作られたとのこと。

現在公開されている21世紀の『Hedonometer』はツイッターのメッセージに含まれる単語を分析することで、幸福度を算出しています。

その算出方法が面白いので、以下に紹介してみます。

1)Google Books、New York Times、音楽の歌詞、ツイッターメッセージの4媒体をデータベースとして、それぞれ使用頻度の高い5,000語を抽出する。(5,000語×4媒体=20,000語)

2)重なる単語を除き、約10,000語の単語リストを作る。

3)Amazon の Mechanical Turk service(ウェブ上での内職システムのようなもの)を使い、参加者にそれぞれの単語の印象をもっとも悲しい(1)からもっとも幸福(9)まで9段階で評価してもらう。

4)採点者の平均点を取って、各単語の幸福度を決定。

5)世界のツイッターメッセージの10%程度をサンプリングし、1日ごとに上記の単語が含まれる割合を測定。

例えば、2013年5月11日に世界で発信されたツイートを分析し、悲しい単語が多く含まれていればその日は悲しい日、幸せな単語が多く含まれていればその日は幸せな日ということになります。

これを経年で見ていくと、幸福度の増減がわかるという具合。

現在、公開されているのは、2008年以降のデータで、こちらがそのスクリーンショット。ゆるやかに右肩下がりになっているのが、やや気になりますね。

3/11 や最近ではボストンでの爆破事件など、特筆すべき出来事があった日には幸福度がぐんと下がっています。

ところで実際に分析の対象になっている単語にはどのようなものがあるのでしょうか?

『Hedonometer』のウェブ上には単語の幸福度印象ランキングも掲載されていますので、順位が高いものと低いものをそれぞれ見てみましょう。

順位 単語
1 laughter
2 happiness
3 love
4 happy
5 laughed
6 laugh
7 laughing
8 excellent
9 laughs
10 joy
11 successful
12 win
13 rainbow
14 smile
15 won
16 pleasure
17 smiled
18 rainbows
19 winning
20 celebration
10216 cancer
10217 death
10218 murder
10219 terrorism
10220 rape
10221 suicide
10222 terrorist

 
上位は laugh の派生語が多いですね。笑う門には福来たるということでしょうか。一方、下位は。。。ノーコメントにしておきましょう。

幸福というのは、あくまで主観的なものだと思いますが、それだけにこうして客観的なデータを示されると説得力があるような気がします。

みなさんは右肩下がりのグラフをどう解釈されるでしょうか?


氷河時代の言語とは? − from the University of Reading News

photo credit: Jeff Pang via photopin cc

英語とドイツ語など、お互いに似ている言語の起源を遡っていくと、もともとは一つの言語であったのではないかという結論に至ることがあります。

比較言語学では、そのような言語の共通の祖先を「祖語」と呼んでいます。

このように言語の起源をどんどん遡っていくと、かつて全ての言語の共通の祖先である「世界祖語」が存在したのではないかという仮説を立てることもできます。

言語の起源については、かつて世界祖語が存在したという単一起源説と、複数の言語が別々の大陸で発生・進化したという複数起源説があるようです。

いわゆる「バベルの塔」の神話は前者の説に基づいている訳ですね。

そんな世界祖語への夢が広がる研究が、英レディング大学のホームページに掲載されています。

Ice Age ancestors might have used words in common with us

New research from the University of Reading shows that Ice Age people living in Europe 15,000 years ago might have used forms of some common words including I, you, we, man and bark, that in some cases could still be recognised today.

レディング大学の新しい研究によれば、15,000万年前にヨーロッパに住んでいた氷河時代の人々は、I, you, we, man, bark など、今日でもよく使われる単語の形式を用いていたのかもしれない。それらの単語は、場合によっては現在でもなお識別できるはずだ。

これらの common words を使えば、氷河時代の人々と簡単なコミュニケーションができるかもしれないそうです。非常に壮大で夢のある話ですね。

Using statistical models, Professor of Evolutionary Biology Mark Pagel and his team predicted that certain words would have changed so slowly over long periods of time as to retain traces of their ancestry for up to ten thousand or more years.  These words point to the existence of a linguistic super-family tree that unites seven major language families of Eurasia.

統計モデルを用いて、進化生物学のマーク・パゲル教授と研究チームは、特定の単語は原形の痕跡を保持しながら1万年かそれ以上の長期間にわたってゆっくり変化していくだろうと予測した。これらの単語はユーラシア大陸の7つの主要な語族をつなぐさらに大きな樹形図(super family-tree)の存在を示している。

この研究では、上記のような仮説を導きだすために単語の使用頻度に着目しているようです。日常よく使われる単語ほど、時を経た変化が少ないのだとか。

ここで挙がっている「7つの主要な語族」のリストは下記のとおりです。

  • Indo-European(インド・ヨーロッパ語族)
  • Uralic(ウラル語族)
  • Altaic(アルタイ語族)
  • Kartvelian(南コーカサス語族)
  • Dravidian(ドラヴィダ語族)
  • Chuckchee-Kamchatkan(チュクチ・カムチャッカ語族)
  • Eskimo-Aleut(エスキモー・アレウト語族)

日本語は一般的には系統不明の言語とされているものの、アルタイ語族やドラヴィダ語族との関連を指摘する説も存在します。

そうだとすれば、もしかすると日本語の中にも氷河時代の人々に伝わる語彙があるのかもしれません。

春の季節にそんな単語について想像してみるのはいかがでしょう?


フィンランド語学習記 vol.58 − 値段はいくら?

フィンランド語教室24週目のレポート。

ゴールデンウイーク休みを挟んだため、2週間ぶりの教室です。

今回は以前学習した「分格」を使って、値段の言い方を練習しました。

「分格」については、こちらのエントリーで紹介しています。

[参考]フィンランド語学習記 vol.55 − 分格のつくり方 | Fragments

細かい内容はさておき、今回は2以上の数詞の後ろに置く名詞は分格の形になるという一点のみ、押さえておきましょう。

[主格]kissa(猫)
[分格]2 kissaa(2匹の猫)

2匹の猫と言う場合には、kissa に[-a]が付いて kissaa となります。

この分格の形は、買い物などで値段のやり取りをする際に必要になります。例えば、こんな会話。

Kuinka paljon tämä maksaa?(これはいくらですか)
Se maksaa 30 euroa.(30ユーロです)
*kuinka(どのくらい)、paljon(多く)、tämä(これは)、maksaa(支払う)、se(それは)

フィンランドの通貨単位はユーロ(euro)です。ここでは数詞の30に続いているため、euroa という分格の形になっています。

もう少し別の例文も見てみましょう。今度は数字を文字で書いてみます

Tämä pieni sanakirja maksaa kuusikymmentäviisi euroa.(この小さい辞書は65ユーロです)
Tuo iso sanakirja maksaa satakaksikymmentäviisi euroa.(あの大きい辞書は125ユーロです)
*pieni(小さい)、sanakirja(辞書)、tuo(あの)、iso(大きい)

値段のやり取りをする際には、このような数字の読み方が非常に重要になってきます。

例えば、フィンランドへ旅行へ行って、買い物の際に何かの値段を尋ねたと想像してみてください。

そこで「それは satakaksikymmentäviisi ユーロです」と言われたとき、頭の中にすぐ125が浮かばないと買うかどうかの判断をすることができません。

そのため、教科書にはこんな練習問題ものっています。

  1. Yhdeksän kertaa yhdeksän on __________.
  2. Viisikymmentäneljä miinus neljäkymmentäkaksi on __________.
  3. Yhdeksäntoista plus kuusitoista on __________.

これは計算問題になっていて、数字で書くと、

  1. 9×9=
  2. 54-42=
  3. 19+16=

となります。

こう書いてしまえば簡単なのですが、文字で書いてあるとどうしても読み解く時間がかかってしまいます。自在に変換できるようになるには、練習あるのみ!ですね。


宮川幸久編著/山岸和夫・西世古柳平著『中学英語Q&A実用指導事典』

ゴールデンウィークに帰省した折、本棚を物色していると『中学英語Q&A実用指導事典』(教育出版)という本が出てきました。

その名の通り、中学生に英語を教える先生のためのQ&A集です。パラパラとめくっていたら、以前英語を教えていたときのことを思い出しました。

少し中身を紹介してみましょう。

英語はなぜつづりどおりに発音しないのか

Q 英語の勉強を始めて間もない中学1年生などは、haveを「ハベ」、someを「ソメ」などと発音してしまいます。英語ではなぜつづりと発音が一致しないのかを、わかりやすく説明するにはどうしたらよいでしょうか。

A つづりと発音のずれを説明するには英語の歴史をさかのぼるしかありません。そんな説明より、まず some, home, come などの基本語の発音をしっかり覚えさせることが大切です。

P.125

この突き放しっぷりが素晴らしいですね。しかし、これに続く解説では、きちんと英語史についての補足説明もありますので、ただ突き放している訳ではありません。

実際に英語を教えていると、クラスに1人くらいは言葉に非常に敏感な生徒がいて、鋭い質問を投げかけてくることがあります。

即答できないものは「次回の授業までに調べてくるね」と言って保留にする訳ですが、調べた結果妥当な答えが見つかっても、どこまで生徒に説明するかというのはなかなか難しい問題です。

本書はそういった先生の悩みに答えてくれる一冊と言えます。それからもう一つ気に入っているのが、こちらの質問と答え。

なぜ I だけが大文字か

Q 教室で生徒に「代名詞の中で、なぜ I だけがいつも大文字なんですか」と質問されました。いちおう、「小文字だとかっこう悪いからだ」と答えておきましたが、これでよいのでしょうか。

A そのとおりです。読みやすくするために、習慣上「私は」という代名詞の I はいつも大文字で書きます。

P.146

「かっこう悪いから」という理由は、何だかほほえましいですし、「そのとおりです」と言い切ってしまう著者のスタンスもまた素敵です。

なおこれに続く解説では、英語の一人称代名詞の歴史的変遷と大文字の I を使うようになった経緯についてもきちんと触れています。

この他に本書で扱っている質問の一部は下記のとおり。

  • 名詞の複数になぜ men などの例外があるのか
  • なぜ国や船などを she で受けるのか
  • 関係代名詞でなぜこんなに文を長くするのか
  • 最上級にはなぜ the が付くのか
  • must は過去形として用いられないか
  • 疑問文に do を使うのはなぜか
  • read の過去・過去分詞はなぜ[red]か
  • なぜ amn’t を使わないか

改めて聞かれてみると、なかなか答えが思い浮かばない質問が並んでいます。

初版が1986年とずいぶん古い本ではあるのですが、1テーマ1ページで非常に読みやすく、寝る前などにパラパラめくってみるのも面白い本だと思います。

 

中学英語Q&A実用指導事典
宮川 幸久 山岸 和夫 西世古 柳平
教育出版
売り上げランキング: 112,316

外国語の単語を効率的に覚える方法② − 語彙学習ストラテジー

photo credit: Andy.Schultz via photopin cc

私たちが外国語の単語を学習するとき、意識的であれ、無意識的であれ、様々な方略(ストラテジー)を用いています。

例えば「ノートにひたすら書く」というのも立派な学習ストラテジーと言えるでしょう。

あるいは単語を10個覚えるごとに、ご褒美としてどら焼きを1つ食べるというのも立派な学習ストラテジーです。(ただし太ってしまいますので、生活ストラテジーとしてはよくないかもしれません。)

語彙指導の専門書 Vocabulary in Language Teaching を読んでいると、Vocabulary Learning Strategies(語彙学習ストラテジー)という小チャプターがあり、なるほどと思えるものから、それは当然と思えるものまで、多くのストラテジーが紹介されています。

一部にコメントを添えつつ、そのリストをシェアしてみたいと思います。

 

Strategies for discovering the meaning of a new word(新出単語の意味を見つけるためのストラテジー)

Determination Strategies(決定ストラテジー)

新出単語に出会ったときは、可能な範囲で意味を推測してみましょう。その気になれば意外に手がかりはあるものです。

Analyze part of speech
(品詞を分析する)
Analyze affixes and roots
(接辞と語幹を分析する)
Check for L1 cognate
(母語の中から同じ語源の単語を探す)

これは日本語を母語とする私たちには難しいですが、英語の母語話者がヨーロッパ系言語を学習するような状況では役に立つのかもしれませんね。

Analyze any available pictures or gestures
(手がかりとなる写真やジェスチャーを分析する)
Guess meaning from textual context
(テキストの文脈から意味を推測する)
Use a dictionary (bilingual or monolingual)
(辞書を使う)

 

Social Strategies(社会的ストラテジー)

言語は社会的コミュニケーションのための道具です。だとすれば、わからないことは周囲にどんどん聞いてしまいましょう。

Ask teacher for a synonym, paraphrase or L1 translaton of new word
(先生に新出単語の同意語、言い換え、訳を聞いてみる)
Ask classmates for meaning
(クラスメイトに意味を聞いてみる)

 

Strategies for consolidating a word once it has been encountered(出会った単語の記憶を強化するためのストラテジー)

Social Strategies(社会的ストラテジー)

Study and practice meaning in a group
(グループで学び、練習する)
Interact with native-speakers
(ネイティブスピーカーと交流する)

 

Memory Strategies(記憶ストラテジー)

大人になってから外国語を学ぶ最大のメリットは、この世界や言語というものについて既に一定の知識を持っているということではないでしょうか。

単語を記憶する際には、それらの知識を最大限活用することができるはずです。

Connect word to a previous personal experience
(単語を以前に起こった個人的な体験と結びつける)

文脈なしで覚えた単語の定着率はあまりよくないと感じています。一方、教室で習った単語の定着率がよいのはここで言う「個人的な体験」との結びつきがあるからなのかもしれません。

[参考]語学教室に通うメリットを改めて考えてみる | Fragments

いずれにせよ、単語を単語以外の何かと結びつけて覚えることは定着率向上の鍵だと思います。

Associate the word with its coordinates
(同位語と関連付ける)

white という単語を覚えるためには、他の色の名前(black, blue, red など)と合わせて覚えた方が効率的です。

Connect the word to its synonyms and antonyms
(同意語や対義語と結びつける)
Use semantic maps
(意味マップを使う)

例えば、lullaby という単語を覚えたいとき、紙の中央に lullaby と書き、そこから線を引いて song, child, sleep など関連のありそうな単語をつなげていきます。実際のマップはこんなイメージです。これは自宅ではなく、教室で行うアクティビティだと思います。

Image word form
(語形をイメージする)
Image words’ meaning
(単語の意味をイメージする)
Use Keyword Method
(キーワードメソッドを用いる)

キーワードメソッドについては昨日のエントリーで先行紹介していますので、そちらをご覧になってみてください。

[参考]外国語の単語を効率的に覚える方法① − Keyword Method | Fragments

Group words together to study them
(単語をグループ化して学習する)

テーマごとに単語をグループ化して覚えるのは有効だと感じています。このブログのフィンランド語学習記でも、テーマごとの単語をときどき取り上げています。

[参考]フィンランド語学習記 vol.53 − 衣類の名前 | Fragments

Study the spelling of a word
(単語のスペルを覚える)
Say new word aloud when studying
(新出単語を声に出して学習する)

声を出すことは記憶を定着させるために重要な役割を果たしているようです。

[参考]外国語学習における音読の効用 | Fragments

Use physical action when learning a word
(体の動きを使って単語を覚える)

 

Cognitive Strategies(認知ストラテジー)

単語を記憶する際には、脳内の作業だけではなく、反復やまとめノートの作成など外的な作業も欠かせません。

Verbal repetition
(口頭で繰り返す)
Written repetition
(書いて繰り返す)
Word lists
(単語リストの作成)
Put English labels on physical objects
(英語のラベルを対象物に貼ってみる)

以前、身の回りのものにどんどん付箋を貼って英語名を暗記しているという人に会ったことがあります。抽象的概念に付箋を貼るのは無理だとしても、身近なものの名前を覚えるにはよい方法なのかもしれないですね。

Keep a vocabulary notebook
(単語ノートをつける)

 

Metacognitive Strategies(メタ認知ストラテジー)

外国語の学習が1日で終わるものでない限り、私たちは学習のプロセスを意識的に分析・評価し、より効果的な学習方法を模索していくことができるでしょう。

Use English-language media (songs, movies, newscast, etc.)
(英語のメディアを利用する)

この21世紀に外国語学習を行う最大のメリットは、インターネット上などにある膨大なリソースを利用することができるということだと思います。

ただしこれだけ情報が多くなると、信頼できるキュレーターを見つけ、情報を絞り込むためのリテラシーも欠かせません。

Use spaced word practice
(空欄に単語を埋める練習をする)
Testing oneself with word tests
(単語テストで知識の確認をする)
Skip or pass new word
(新出単語を飛ばす)

多読・多聴では未知の単語を飛ばすというのも立派なストラテジーだと思います。完璧主義になってはいけません。

Continue to study over time
(長い期間、学習を継続する)

最後に王道の学習法が登場しました。これがストラテジーと呼べるのかどうかわかりませんが、この重要性を否定する人はいないでしょう。

継続こそ最高のストラテジーということで、本稿を締めくくりたいと思います。

 

Vocabulary in Language Teaching (Cambridge Language Education)
Norbert Schmitt
Cambridge University Press
売り上げランキング: 57,092

外国語の単語を効率的に覚える方法① − Keyword Method

photo credit: Kerri Lee Smith via photopin cc

語学のとっかかりといえばまずは単語と文法。特に単語の知識がなくては、何も始まりません。

単語の暗記といえば「声に出して読んでみる」「ノートにひたすら書く」などこれまではどちらかと言えば地味な方法が主流だったように思います。

一方、最近ではウェブサービスやスマートフォンのアプリなどを使った新しい単語暗記法も広まってきました。

そんな中、今回は古くて新しい(?)Keyword Method という単語暗記法を紹介してみたいと思います。

例えば、フィンランド語の kissa(猫)という単語を覚えたいものの、どうしても意味を忘れてしまうというシチュエーションを考えてみましょう。

 

Keyword Method の 3 Steps

STEP 1

まずは kissa(キッサ)と音が似ている日本語の単語を探します。この場合は「喫茶店」でよいでしょう。

STEP 2

次に kissa と「喫茶店」を結びつけるイメージを探します。例えば猫が喫茶店でくつろいでいる図を頭の中で想像してみてください。
(私の場合はふてぶてしいガーフィールドの姿が浮かびました。)

STEP 3

先ほどの図を強烈にイメージすることで、今後 kissa という語を耳にするたび、喫茶店でくつろいでいる猫を連想するようになります。これによって「kissa=猫」という結びつきができ上がります。

 

Keyword method は「kissa」と「猫」を直接結びつけるのではなく、「喫茶店」という第三者を媒介にするという点で、通常の語呂合わせとは微妙に異なります。

このことにより、語呂合わせ以上に様々な単語に応用することが可能です。

こちらのサイトでは radius(半径)と diameter(直径)の混同を避けるために、半径を示す振り子にradish(大根)をぶら下げてイメージするという方法が紹介されていました。

Keyword Method – for Memorizing Languages, Definitions, and More

もちろんこの方法を全ての新出単語に用いることは難しいでしょうが、繰り返し練習してもどうしても忘れてしまう単語に用いてみると効果的かもしれません。(そういう単語ってありますよね?)

ぜひお試しください。


cialis viagra online accutane