cialis viagra online accutane

[i]で終わる単語はどこから来るのか − フィンランド語と英語の場合

photo credit: bdebaca via photopin cc

フィンランド語には[i]で終わる単語がたくさんあり、その多くは外来語です。いくつか並べてみましょう。

Japani 日本
kassi 手さげ袋
kaupunki 都市
lasi グラス
lauantai 日曜日
pankki 銀行
posti 郵便局
tuoli イス

 
一方、英語には[i]で終わる単語がほとんどありません。

先日読んだ『楽しみながらボキャブラリーが増える 英語の語源のはなし』という本によると、その数少ない例外として、taxiski が紹介されていました。

taxi は[taximeter cab → taxicab → taxi]と短縮されて出来た単語で、もともとは[i]で終わる形ではなかったのだとか。

また ski はノルウェー語を起源とし、英語に流入した結果、いつのまにか skid(滑る)に取って代わるようになったのだそうです。

その他、フィンランド語に比べると少ないものの、英語にも[i]で終わる外来語はいくつかあり、例えば spaghetti(イタリア語)、safari(アラビア語)、kiwi(マオリ語)などは日本人にも馴染みのある単語です。

またラテン語を起源とする英単語には[i]で終わる複数形を持つものがあります。単数・複数の語尾に注目してみてください。

単数 複数
alumnus alumni (男子)卒業生、同窓生
cactus cacti サボテン
focus foci 焦点
nucleus nuclei 中心、核心
octopus octopi タコ
radius radii 半径
stimulus stimuli 刺激
thesaurus thesauri シソーラス、類義語辞典

 
語尾の[-us]⇒[-i]という変化は、ラテン語文法のルールから来ています。ただし古めかしいイメージもあり、いくつかの語では octopuses のように英語的な複数形を標準とするようになってきました。

その中でも数少ない現役選手である alumni という語は、15年くらい前に読んだ『ガープの世界』という小説で初めて見て「へえ、こんな単語があるんだ」と思ったのをなぜか今でもよく覚えています。

フィンランド語・英語ともに[i]で終わる単語には外来語が多いという点は同じなのに、フィンランド語ではその数がどんどん増え、英語では衰退に向かうというのは、なんだか面白い現象ですね。

 

英語の語源の話 - 楽しみながらボキャブラリーが増える
佐久間 治
研究社出版
売り上げランキング: 52,509

漢字を覚えるのはやはり大変!? − 日本語学習者のブログを読んでみる

このブログを始めてから、フィンランド語や英語を勉強している人のブログを読むことが増えました。

そこで紹介されている方法を参考にしたり、「みんな頑張っているなあ」と思い励まされたりするので、モチベーションのアップにもつながります。

そんな中で、最近面白いなと思っているのが、日本語を勉強している人のブログ。

漢字を暗記するための涙ぐましい取り組みがあったりして、応援したくなります。こちらのブログでは、58日間で、2,042字の漢字を覚えるというチャレンジについてのエントリーがありました。

Japanese Words

漢字というのはやはり外国語として日本語を学ぶ人にはすごく高い壁なのだろう、と思います。

ネイティブの私たちですら、小学校の6年間をかけて約1,000字の漢字を習う訳ですから、これを成人してから習得しようとするのは並大抵の苦労ではないでしょう。

しかも日本語の場合、少なくともそれくらいの漢字を覚えていなければ、普通の文章を読むことすらままなりません。いや1,000字だと小学校レベルに留まってしまうので、実際にはもっと必要になりますか。

調べてみたところ、現在のいわゆる「常用漢字」は2,136字あるそうです。

だとすると、冒頭に紹介したブログでも取り組んでいた2,000字程度が一つの目標になるのでしょう。未知の言語の未知の文字を2,000字覚えるというのはなかなか想像ができません。

いずれにせよ、フィンランド語の格変化くらいでひーひー言っているようでは、日本語を勉強している人から怒られてしまうことでしょう。


フィンランド語学習記 vol.31 − 動詞の活用をほんの少し

フィンランド語教室15週目のレポート。

前回までの授業で扱った表現をもとに、瞬間フィン作文(?)の練習をしていきます。

すなわち、先生が出したテーマに基づいて、瞬間的にフィンランド語の文章を言ってみたり、隣の人に質問をしたりします。

例えば「リーサは今どこの国にいますか?って言ってみて」と言われて、

Missä maassa Liisa on nyt?

と言ってみたり、「隣の人に、あなたは東京に住んでいますか?って聞いてみて」と言われて、

Asutko sinä Tokiossa?

と聞いてみたりします。

これをたくさんやると、それなりにぐったりしてくるので、ほどよい負荷がかかっているのでしょう。

作文はノートに書くものという先入観がありますが、この瞬間フィン作文もなかなかよい練習になっていると思います。

さて、今回の授業では asua(住む)という動詞が導入されていましたので、簡単にまとめておきましょう。

asua はいわゆる辞書形ですので、実際の文章では次のように活用します。

一人称単数 asun 一人称複数 asumme
二人称単数 asut 二人称複数 asutte
三人称単数 asuu 三人称複数 asuvat

 
文章の中に入れてみると、こんな感じ。

Minä asun Tokiossa.(私は東京に住んでいます)
Sinä asut Tokiossa.(あなたは東京に住んでいます)
Hän asuu Tokiossa.(彼/彼女は東京に住んでいます)
Me asumme Tokiossa.(私たちは東京に住んでいます)
Te asutte Tokiossa.(あなたたちは東京に住んでいます)
He asuvat Tokiossa.(彼ら/彼女らは東京に住んでいます)

『フィンランド語文法ハンドブック』によると、フィンランド語の動詞は語幹の求め方によって6つのタイプに分かれ、asua はタイプ1に分類されるとのこと。

ただしどのタイプでも人称語尾(太字部分)の形はそれほど変わらないようですし、名詞/形容詞の格変化に比べればいくぶん覚えやすいでしょうか。

とはいえ、この6種類がさらに過去形になったり、完了形になったりする訳なので、実はそう簡単な話ではありません。

6種類の人称変化を学んだといっても、英語で言えば[play – plays][study – studies]の変化を学んだだけで、[write – wrote – written]の変化には全く踏み込んでいないのでした。だとすると、この先にはまだまだ深い森があるのでしょう。


フィンランド語学習記 vol.30 − 単語の辞書形がわからないときは Wiktionary を使うという手もあり

フィンランド語クラスで扱う内容もだんだんと難しくなってきました。

そのため最近はあらかじめ新出単語の意味を押さえておくようにしています。これだけで理解がかなり違ってきます。

しかし単語の意味を調べるときに困るのは、フィンランド語は語形変化が豊富なので、もとの形(辞書形)がしばしば見えなくなるということ。

先日のエントリーでも触れましたが、pojat(少年たち)という単語が出てきたときに、poika(少年)という辞書形を連想するのはなかなか難しいものがあります。(新出単語であればなおのこと)

フィンランド語学習記 vol.27 − ふたたび複数形、そしてその先へ | Fragments

英語の辞書に boys がのっていないのと同様、フィンランド語の辞書に pojat はのっていません。

そこで辞書の[p-o-]のあたりをウロウロすることになるのですが、そこで辞書形の poika を見つけたとしても、そもそもそれを pojat と結びつけるための材料がありません。

(もちろんフィンランド語の格変化ルールをきちんと押さえていれば大丈夫なのではありますが。。。)

そんな訳で、先日もある単語の辞書形がわからず、辞書や文法書をあれこれ開いて格闘していました。しかしそのときふっとひらめいたのです。Wiktionary で調べることができるのではないか?ということに。

このブログでも何度か言及している Wiktionary はオープンソースのオンライン辞書で、Wikipedia の辞書版と考えてもらうとわかりやすいでしょう。

これは Wiktionary(英語版)のトップページです。ここで言う英語版というのは、語義を英語で表示するという意味であって、検索窓には何語を入力してもかまいません。

その単語がデータベースにあれば、自動的に言語を判別して意味を表示してくれます。また、ある単語のつづりが複数の言語で使われている場合は、それらもすべて表示してくれます。

現在、収録語数が圧倒的に豊富なのはやはり英語版で、現在3,000,000語以上の登録があるようです。日本語版はまだ100,000語以下ですので、フィンランド語のようなあまりメジャーでない言語を調べるのには使えません。

さて前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

この Wiktionary の素晴らしいところは、フィンランド語の「辞書形」だけでなく、あらゆる「変化形」ものっているということ。

例えば、先述の pojat を検索してみると、このとおり Plural form of poika(poika の複数形)と出てきます。

poika の部分がリンクになっていますので、そこをクリックすると、poikaのページに移動します。

ここでは語義だけでなく、発音、語形変化、派生語、複合語、語源、アナグラム(!)など様々な項目を見ることができます。せっかくなので、その長いスクリーンショットをご覧ください。

語形変化の一覧を見るには、中程の declension というパートより、右端の[show]というタグをクリックします。(↓)

[show]をクリックすると、こんな感じに展開します。(↓)

電子(オンライン)辞書と紙の辞書というのは、相補的な役割があり、どちらかがどちらかに取って代わることはできないと考えていますが、とりあえず単語の辞書形がわからないときには、Wiktionary は非常に便利なツールです。ぜひ利用してみてください。

Wiktionary, the free dictionary

 


継続をサポートしてくれるiPhoneアプリ『Streaks – Motivational Calender』

語学やエクササイズなど、何かを継続したいときにモチベーションを少し高めてくれる iPhoneアプリ『Streaks − Motivational Calender』を紹介します。

このアプリのしくみはとても単純。例えばフィンランド語の学習を継続したいなら「フィンランド語」というカレンダーを作成し、実際学習した日付にタッチすると[×]が表示されます。

これを毎日続けていくと「連続日数」を表示してくれるというしくみ。

「連続日数」は、

  • Current Streak(現在継続中の連続日数)
  • Longest Streak(過去最高の連続日数)

の2種類が表示されます。

このアプリ、1週間くらい続けただけでは「ふ〜ん」という感じなのですが、1か月くらい続けてみると「記録を途切れさせたくない!」という気持ちが働いて、いつのまにか習慣化してしまいます。

こういうシンプルな仕組みを考えられる人というのはほんとにすごいと思います。

なお一旦記録が途切れてしまっても、過去の連続記録は残るので、そこからまた過去最高の連続日数を目指して再スタートすることもできます。

また連続日数云々にかかわらず、過去に学習に取り組んだ日が一望できるので、それを見ることでこれだけやったんだという自信と達成感にもつながります。

カレンダーは複数作成できるので、学習が軌道に乗ってきたら「単語暗記」「音読」など、複数の項目に分けて管理してもよいかもしれません。

カレンダーのデザインは現在6種類から選ぶことができます。どれも飽きのこないすっきりしたデザインです。

これはビーチ風(?)の『Beachy』

 

こちらは黒板風の『Chalkboard』

その他の機能としては、連続のペースを「毎日」「1日おき」~「30日おき」まで様々な間隔で設定したり、特定の曜日だけを休みにしたりすることもできます。

そんな訳で、継続へのモチベーションをほんの少しだけ後押ししてくれるこのアプリ、おすすめです。

 
Streaks - Motivational Calendar Streaks – Motivational Calendar
価格: ¥170(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

 


Finnish as a third language − 第三言語としてのフィンランド語習得を考える

photo credit: Raphael Cockx via photopin cc

最近、フィンランド語の単語を覚えているとき、日本語よりも、英語と結びつけた方が覚えやすいということがよくあります。

例えば、aina(いつも)という単語がありますが、「aina=いつも」よりも、「aina=always」の方が覚えやすいのです。

あるいはフィン・日辞書で、ainaを調べて「いつも」とのっていても何だかそれだけでは不安で、ついついフィン・英辞書を引き直し、そこに「always」とのっていると安心するということもあります。

もちろんこれはケースバイケースであり、いつも英語と結びつけた方が覚えやすい訳ではありませんが、ときどきこういった感覚に見舞われることがあります。

第三言語の習得に関する研究を見てみると、第三言語の習得に関して、母語より第二言語との親和性があるということは珍しいことではないようです。

特に日本語・英語・フィンランド語という関係で見てみると、英語とフィンランド語は全く異なる言語ですが、それでも共通のアルファベットを持っていますし、少なくとも表面的には日本語とフィンランド語よりは距離が近いと言えるでしょう。(本質的な部分では日本語とフィンランド語の方が近い点も多々あるのですが。。。)

第二言語習得理論の概説書である、Gass and Selinker(2009)には、Third language acquisitionという小チャプターがあり、そこではアラビア語を第二言語として学んだ英語の母語話者が、第三言語のポルトガル語を使用するとき、アラビア語とポルトガル語の混同が起こってしまうという例が紹介されています。

このような混同というのは、一般に言語習得を阻害するものとして理解されています。しかし混同するということはそれだけ結びつきが強いということですので、それを語彙の記憶に利用することもあるでしょう。

例えば、上記の Gass and Selinker には、オランダ語の母語話者がフランス語(第三言語)の impliqués と英語(第二言語)の involves を混同する例が出てきます。これなども「impliqués=involves」という回路ができていることの裏返しではないでしょうか。

私の場合は、日本語⇒英語⇒フィンランド語とすすんだので、英語とフィンランド語の結びつきが起こる訳ですが、例えば英語⇒日本語⇒フィンランド語とすすんだ人は日本語とフィンランド語の結びつきが起こるのでしょうか?

もしそうだとしたら非常に面白い現象だと思います。

 


cialis viagra online accutane