cialis viagra online accutane

夏といえば

18052701

今日も暑い一日。

鎌倉の海沿いを自転車で走っていたら、由比ヶ浜海岸で「鎌倉ビーチフェスタ」というイベントをやっていました。

海に出ている人も多く、もうすっかり夏の雰囲気。

春はいつの間にか終わってしまったのかもしれません。

鎌倉の春の楽しみといえばやはり花。この春はあちこちに花見に行きました。

辞書にはこんな言葉もあります。

しゅんかしゅうげつ【春花秋月】

〘名〙 春の花と秋の月。美しく清らかな自然界の美のたとえ。

「精選版 日本国語大辞典」

「春○秋○」に対して「夏○冬○」という表現はないのだろうか?と思い、辞書を探してみると見つかったのはこちらの言葉。

かろとうせん【夏炉冬扇】

〘名〙 (「論衡ー逢遇」に見えるたとえで、夏のいろりと冬のおうぎの意から) 無用の物事のたとえ。冬扇夏炉。夏炉。

「精選版 日本国語大辞典」

これでは夏に向けて全然気持ちが盛り上がりません。

辞書にないのなら自分で考えてみましょう。

「夏○冬○」に入れるのにふさわしい漢字は何でしょう?

すぐに思いついたのは「冬雪」。ただ「夏○」にふさわしい漢字がどうも思いつきません。

身近な自然で考えてみれば「夏海、夏山」という表現もありそうですが、花や月や雪ほど日本人全体の心に馴染む表現ではないのかなとも思います。

日本人にとっての夏の魅力とは何なのでしょう? みなさんならどんな漢字を選びますか。

 
精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典
価格: ¥7,800(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


ハイフとコウフ

18052601

まずは問題を一つ。

問、次の  線のカタカナを漢字に直せ。
1)出席者に資料をハイフする。
2)パンフレットをハイフする。

*もちろん(1)と(2)の答えは異なります。

。。

正解は辞書で確認しましょう。

はいふ[配付](名・他サ)

めいめいにくばり渡すこと。

「出席者に資料をーする」

「三省堂国語辞典 第七版」

はいふ[配布](名・他サ)

〔文〕くばって行きわたらせること。

「パンフレットをーする」

「三省堂国語辞典 第七版」

基本的には、

  • 配付=特定の人に配る
  • 配布=不特定多数の人に配る

という使い分けがあるようです。

一度この違いを知ってしまうと、職場で「配布資料」なんていう表記を見たときには、

×配布 ○配付

と訂正したくなってしまうこと間違いなし。

この違いを踏まえた上で問題をもう一つ。

問、次の  線のカタカナを漢字に直せ。
1)証明書をコウフする。
2)法律をコウフする。

。。

。。

こちらも正解は辞書で確認しましょう。

☆☆こうふ[交付](名・他サ)

〔官庁が一般の人に〕手続きをふませておかねや書類をわたすこと。

「証明書のー・ー金」

「三省堂国語辞典 第七版」

こうふ[公布](名・他サ)

新しく決まった法律などを、官報によって、広く国民に知らせること。

「三省堂国語辞典 第七版」

このペアは「コウ」の漢字が異なっていますし、それぞれ使用できる文脈は限定されます。

たださきほどの「ハイフ」と同様「付/布」という漢字の中に特定/不特定多数という意味が内包されているのではないでしょうか。

以上、今回はシンプルながら書き間違えやすい漢字のペアを二つ紹介してみました。

全問正解できたらすごい!と思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


キセル

18052501

いわゆる無賃乗車のことを「キセル」と言うのはなぜでしょう?

そんな疑問から辞書を引いてみました。

キセル[(:煙管)](名)〔カンボジア khsier〕〔「きせる」とも書く〕

①きざみタバコをつめて吸う用具。ふつう、両はしが金属、とちゅうが竹でできている。

②〔両はしだけに金を使うことから〕〔俗〕乗車駅・下車駅近くだけの切符を持ち、中間をただ乗りする、不正乗車。キセル乗り。

「三省堂国語辞典 第七版」

なるほど。①と②の共通点は「両はしだけに金を使う」ということなんですね。

こんなつながりがあるとはびっくり。

そしてもう一つびっくりしたのが〔カンボジア khsier〕という部分。

カンボジア語?

カンボジア語はクメール語とも呼ばれる言語でこんな感じのニョロニョロ文字を使います。

ភាសាខ្មែរ

それにしてもこの「キセル」はいったいどのようなルートでカンボジアから日本へやってきたのか。少し調べてみたのですがよくわかりませんでした。

ただ①と②どちらの意味においても、キセルという文化は私たちの社会からゆっくりと消えつつあるように思います。

貴重なカンボジア語由来の外来語がなくなってしまうのは寂しいので、キセルにはもうひと頑張りしてもらって、辞書の中に踏みとどまってほしいと思います。


フィンランド語学習記 vol.583 − イチゴのシーズン

18052401

フィンランド語で「イチゴ」は mansikka(マンスィッカ)。

日本のイチゴと言えば、冬の初めから5月頃までかなり長い間スーパーに並ぶイメージ。

さまざまな品種があるということもあるでしょうし、ハウス栽培が盛んということもあるでしょう。

一方、フィンランドではイチゴのシーズンはこれから。ただし例年より早くイチゴのシーズンがやってくるというニュースがフィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」に出ていました。

Mansikkasesonki tulee aikaisin

Tänä kesänä avomaan mansikat kypsyvät aikaisin.

Suomessa avomaan mansikkaa viljellään paljon Pohjois-Savossa. Siellä odotetaan satokauden alkavan juhannuksena.

Etelä-Suomessa mansikat kypsyvät jo kesäkuun puolivälissä. Mansikan huippusesonki on heti juhannuksen jälkeen.

イチゴのシーズンは早くやって来る

今年の夏、露地栽培のイチゴが早く熟す。

フィンランドの北サヴォ県では、たくさんのイチゴが露地栽培されている。そこでは夏至祭の頃に収穫の時期が始まると期待されている。

南フィンランドでは、イチゴは6月の中旬には熟す。イチゴのトップシーズンは夏至祭のすぐ後である。

フィン
sesonki season シーズン
avomaa field (屋外の)土地
kypsyä ripen 熟す
viljellä grow 栽培する
sato harvest 収穫
juhannus Midsummer Day 夏至祭
puoliväli middle
huippu top 山頂、てっぺん

 

フィンランドの夏至祭の頃にいただく旬のイチゴって何だかとてもおいしそうじゃないですか。

ちなみに今年2018年の夏至祭は6月23日。その頃にフィンランドを訪れる予定のある方はぜひ旬のイチゴを!

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


27番目のアルファベット

18052301

えーと、英語のアルファベットというのは何文字あったでしょうか?

忘れてしまったときには、子供の頃に習った ABC の歌を思い出してみましょう。

a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y & z

数えてみると、アルファベットは27文字。

「いやアルファベットは26文字でしょう」とおっしゃる方はもう一度しっかり上記の歌詞を確認してみてください。

ここには確かに27種類の文字があります。。。。というのは、y と z の間にある & を数えているから。

この & には ampersand という名前がついています。

ampersand

the symbol &, used to mean ‘andʼ

She works for Bond & Green.

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

現代において、もちろんこの & はアルファベットの一員ではありません。

and 以外の意味で使われることはありませんし、他のアルファベットとは明らかに異なる位置付けにあります。

しかし過去にはこの & をアルファベットの一つとして数えていた時代もあったようなのです。

18052302

これは19世紀に書かれたある教科書の一ページ。

ここではたしかに & がアルファベットの一員としてカウントされています。

もちろん & がアルファベットの一員であろうとなかろうと、実際の用法が変わる訳ではありません。

ただもし & がアルファベットの一員だったら、ペンマンシップで書く練習をしていたはずなので、& という文字をもう少し綺麗に書くことができたのかもしれないなんて思ったりもします。

& ってバランスよく書くのが難しくないですか?


アルファベットに歴史あり

18052201

様々な分野のインフォグラフィックを扱う「UsefulCharts.com」というサイトでアルファベットの起源に関するスライドが公開されていました。

By Matt Baker / UsefulCharts.com /  CC BY-NC-SA 3.0

By Matt Baker / UsefulCharts.com / CC BY-NC-SA 3.0

これはすごい!

表を眺めていて面白いと思ったのは、

  • F が UVWY と同根の文字であること。
  • もともと I っぽい文字が Z になり、Z っぽい文字が I になっていること。(なぜでしょう?)
  • X だけがギリシア文字に由来する新しい文字であること。

アルファベットの起源に関しては諸説あるようなので、学問的にはこの表にも突っ込みどころはあるのだと思います。

ただそれはそれとしてこの文字の変化表を眺めていると、わくわくするような、感慨深いような気持ちになります。

好きな人がいたら、その人の歴史(その人がどんな人生を過ごして来たのか)を含めて、その人のことを知りたいという気持ちに近いものがあるのではないでしょうか。

こんな素晴らしいスライドを作成してくれた作者の Matt Baker さんに感謝です。

Evolution of the English Alphabet – UsefulCharts


cialis viagra online accutane