cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.782 − ヘイノ・カスキ(2)

昨日に続いてフィンランドの作曲家ヘイノ・カスキに関する文章を読んでいきます。

Pianominiatyyreista kenties tunnetuin on toivekonserttien suosikki Yö meren rannalla. Hän sävelsi myös sinfonian h-molli op. 16 vuonna 1919. Säveltäjä itse piti tätä teosta pääteoksenaan. Muita Kasken sävellyksiä ovat muun muassa viulu- (1920), sello- (1923) ja huilusonaatit (1937). Hän sävelsi yli sata yksinlaulua sekä yli sata pianokappaletta.

ピアノ小品のうち、おそらく最もよく知られているのは toivekonsertti で好まれる「夜の海辺にて」である。彼は1919年に「交響曲ロ短調」も作曲した。彼自身はこの作品を代表作とみなしていた。その他のカスキの曲には例えばヴァイオリン・ソナタ(1920)、チェロ・ソナタ(1923)、フルート・ソナタ(1937)がある。彼は100以上の歌曲と100以上のピアノ小品を作曲した。

Heino Kaski – Wikipedia

フィン
miniatyyri miniature ミニチュア
kenties possibly おそらく
tunnettu famous よく知られた、有名な
suosikki favorite お気に入り
pääteos main work 主要作品
muun muassa among other things 例えば
viulu violin バイオリン
sello cello チェロ
huilu flute フルート

 

toivekonsertti

Pianominiatyyreista kenties tunnetuin on toivekonserttien suosikki Yö meren rannalla.

ピアノ小品のうち、おそらく最も有名なのは toivekonsertti で好まれる「夜の海辺にて」である。

ここに出てくる toivekonsertti の意味がよくわかりませんでした。

toive は「希望」、konsertti は「コンサート」の意味ですが、toivekonsertti(希望コンサート?)というのは何のことなのでしょう?

 

ひとこと

手元にある舘野泉さんのCD『夜の海辺にて~カスキ作品集』には今回の文章に出てくる作品のうち「Yö meren rannalla(夜の海辺にて)」と「Huilusonaatti(フルート・ソナタ)」が収録されています。久しぶりに聞いてみると、しみじみと素敵な作品だなと思います。

 

夜の海辺にて~カスキ:作品集
舘野泉
ダブリューイーエー・ジャパン (1999-03-10)
売り上げランキング: 2,147

フィンランド語学習記 vol.781 − ヘイノ・カスキ(1)

フィンランドの作曲家に関する本を読んでみたいと思っているのですが、フィンランド語の本を一冊読み通すのはまだまだ難しそう。

そんな現在の語学力でも比較的気軽に読めるのがフィンランド語版 Wikipedia の記事です。

今回から数回に分けて、フィンランドの作曲家ヘイノ・カスキに関する文章を読んでみたいと思います。

Heino Wilhelm Daniel Kaski (21. kesäkuuta 1885 Pielisjärvi – 20. syyskuuta 1957 Helsinki) oli suomalainen säveltäjä ja pianisti. Säveltäjänä Kaski keskittyi pääasiassa pienimuotoisiin pianokappaleisiin ja lauluihin. Tyylillisesti hän edustaa kansallisromantiikkaa.

ヘイノ・ヴィルヘルム・ダニエル・カスキ(1885年6月21日 ピエリスヤルヴィ− 1957年9月20日 ヘルシンキ)はフィンランドの作曲家、ピアニストである。作曲家としてカスキは主にピアノの小品や歌曲に専念した。様式的には彼はナショナル・ロマンティシズムを代表する。

Heino Kaski – Wikipedia

フィン
säveltäjä composer 作曲家
keskittyä concentrate on 集中する、専念する
pääasiassa mainly 主に
pienimuotoinen small-scale 小規模の
laulu song
tyylillisesti stylistically 様式的には
edustaa represent 代表する
kansallisromantiikka national romanticism ナショナル・ロマンティシズム

 

säveltäjä

Heino Wilhelm Daniel Kaski (21. kesäkuuta 1885 Pielisjärvi – 20. syyskuuta 1957 Helsinki) oli suomalainen säveltäjä ja pianisti.

ヘイノ・ヴィルヘルム・ダニエル・カスキ(1885年6月21日 ピエリスヤルヴィ− 1957年9月20日 ヘルシンキ)はフィンランドの作曲家、ピアニストである。

säveltäjä は「作曲家」の意味。「作曲する」を意味する動詞 säveltää に「〜する人」を意味する接尾辞[-jA]を付けた単語です。

säveltää

作曲する

Sibelius sävelsi “Finlandian” vuonna 1899.
シベリウスは『フィンランディア』を1899年に作曲した。

「パスポート初級フィンランド語辞典」

 

ひとこと

カスキの同時代人にはフィンランドで最も高名な作曲家シベリウスがいました。シベリウスは1865年生まれなので、カスキより20歳年上ということになります。

続きは明日のエントリーにて。

 

パスポート初級フィンランド語辞典
吉田 欣吾
白水社
売り上げランキング: 79,636

フィンランド語学習記 vol.780 − エチオピアの植林

夏が来るたびに地球温暖化が話題に上るここ数年。

暗い未来を想像させるようなニュースが多い中、フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にアフリカのエチオピアで行われている大規模な植林の話題が出ていました。

Etiopialaiset istuttavat puita

Afrikassa, Etiopiassa on istutettu paljon puita. Etiopialaiset istuttivat maanantaina 350 miljoonaa puuta yhden päivän aikana.

Etiopia aikoo istuttaa yhteensä 4 miljardia puuta puolessa vuodessa. Etiopia haluaa estää sen, että metsät katoavat ja tilalle tulee aavikkoa, jossa ei kasva mitään.

エチオピア人は木を植える

アフリカのエチオピアで多くの木が植えられている。エチオピア人は月曜日に一日で3億5千万本の木を植えた。

エチオピアは半年で計40億本の木を植えるつもりだ。 エチオピアは森が消え、その場所が何も育たない砂漠になることを防ぎたい。

Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi

フィン
istuttaa plant (苗などを)植える
estää prevent 妨げる
kadota disappear 消える
tila space 場所、スペース
aavikko desert 砂漠

 

istuttaa

Etiopialaiset istuttavat puita

エチオピア人は木を植える。

istuttaa は「座る」を意味する動詞 istua の他動詞の形。

「座らせる」という意味もありますが、「(苗などを)植える」という意味もあるんですね。

植える=座らせるというのは面白い感覚です。

 

ひとこと

3億5千万本とか40億本というのは途方も無い数字。 最初は読み間違えているのかな?と思ったのですが、そういう訳でもなさそうです。

未来へのささやかな希望を感じ取れるような、こういったニュースももっと報じてもらいたいと思います。

全国的に厳暑が続く

梅雨明けを報じるニュースを読んでいたら、こんな見出しが目に留まりました。

週間天気 全国的に厳暑が続く – ウェザーニュース

厳暑というのは辞書にのっている言葉なのだろうか?と思い、手元の辞書を調べてみると、きちんとのっていました。

げんしょ[厳暑](名)

〔文〕きびしい暑さ。酷暑。(↔厳寒)

「三省堂国語辞典 第七版」

「厳暑」というのはたしかに今の日本の暑さにぴったりの言葉かもしれません。

なお国語辞書で◯暑という言葉を拾ってみると、次のようなリストができあがりました。

  • えんしょ【炎暑】
  • げきしょ【激暑】
  • げんしょ【厳暑】
  • こくしょ【酷暑】
  • ごくしょ【極暑】
  • たいしょ【大暑】
  • ねっしょ【熱暑】
  • もうしょ【猛暑】

このうち「猛暑」は最高気温35度以上の日を表す言葉として使われています。

もうしょ[猛暑](名)

〔文〕猛烈な暑さ。

・☆☆ーび[猛暑日](名)

〘天〙一日の最高気温が三五度以上の日。

「三省堂国語辞典 第七版」

もしこれより上の最高気温40度以上のカテゴリーを作らなければならないとしても日本語にはこのように豊かな語彙があるので一安心。。。もうどうにでもなれという感じでしょうか。

チョッキ vs ベスト

言葉というのは生き物であり、いまこの瞬間にも新しい言葉が生み出され、かつて使われていた言葉もいつの間にか消えていく。

そのことはわかっていたはずだったのですが、、、

国語辞書を眺めていたらこんな見出し語を見つけて少しショックを受けました。

チョッキ(名)〔ポ jaque〕

〘服〙〔古風〕ベスト。

「上着、ー、ズボン・防弾ー」

「三省堂国語辞典 第七版」

何とチョッキに〔古風〕のラベルが付いています。

もちろん自分が今チョッキという言葉を使っている訳ではありませんが、子どもの頃たしかに使っていた記憶のある言葉に〔古風〕のラベルが付いているのを見るのはややショッキングな出来事。時の流れを感じます。

現在このチョッキという言葉を使うのは、さきほどの用例にある防弾チョッキくらいなものでしょうか? あるいは今や防弾ベストの方が表現としては主流なのでしょうか?

防弾チョッキは防弾チョッキだろうと思って、Google検索してみるとこんな結果に。

“防弾チョッキ” → 1,400,000件
“防弾ベスト” → 2,300,000件

何と防弾ベストの方が多いという結果に。

とはいえ、1,400,000 vs 2,300,000 ですから、この分野ではまだまだチョッキも健闘しています。

防弾ベストが完全に主流になったら、いよいよ日本語におけるチョッキは死に絶えてしまうのではないか? そして国語辞書からも消えてしまうのではないか? ついそんな心配をしてしまいます。チョッキの未来が心配です。

読みづらい、読みずらい

日本語ネイティブでも時々よくわからなくなってしまうのが「づ」と「ず」の使い分け。

例えば、次のうち日本語として表記が正しいのはどちらでしょう。

字が読みづらい。
字が読みずらい。

考えているうちにわからなくなってしまったので辞書で確認することに。

さすがに「読みづらい/読みずらい」は見出し語になっていませんでしたが、次のような見出し語が見つかりました。

─づらい[(▽辛い)](造語)〔形容詞をつくる〕

①…するのがつらい。

「居ー・〔暴言が〕聞きー・〔老眼で〕読みー」

「三省堂国語辞典 第七版」

読みづらいのづらいは「つらい(辛い)」から来ていると考えれば、たしかに読みづらいの方が正しい表記ということになるのでしょう。

なおこの文章を書いている Mac においては「づ/ず」の部分を du  と入力するか zu と入力するかによって変換候補が変わります。(ローマ字入力の場合)

yomidurai → 読みづらい
yomizurai → 読みずらい、読みづらい

ここからも「読みづらい」の方が正しい表記なのだろうということは推察できます。

ただ yomizurai の場合は「読みずらい」という変換候補も出てくる訳ですし、この表記を用いている人が一定数いることは間違いなさそう。

100%どちらかが正しいということではなく、グレーゾーンの部分もあるということなのでしょうか。

cialis viagra online accutane