cialis viagra online accutane

英語

さいころの123456

17062701

きのうに続いてさいころのお話。

die or dice?

一般的なさいころは、立方体の六つの面に1〜6の数字が割り当てられています。

この数字を英語で読めば、もちろん one, two, three, four, five, six。

たださいころの数字を表すときには、ちょっと古めかしい次のような単語を使うこともできます。

1 ace
2 deuce
3 trey
4 cater
5 cinque
6 sice

 

これらの単語は古フランス語に由来しますが、よく見ると現代フランス語(un, deux, trois, quatre, cinq, six)との類似性があることもわかります。

またこの中にはフランス語を知らない人でも、おそらく聞いたことがある単語も含まれています。

1の ace はトランプのエース、テニスのサービスエース、野球のエース(ピッチャー)など様々な文脈で使われますし、2の deuce もテニスやバレーボールのデュースで使われています。

*ただしサービスエースは和製英語。英語では単に ace と言うようです。

ところで ace というのは考えてみれば不思議な単語。

さいころを振って1が出たらがっかりする人がほとんどでしょうが、それが ace と呼ばれたとたんに急に価値が高まったように感じます。

もっともそれがすごろくなら1マスしか進めないことに変わりはない訳ですが。


die or dice?

17062601

「さいころ」を Google 翻訳で英訳すると次のように変換されます。

さいころ → dice

しかしこの dice というのはもともと die という単語の複数形。

この die を使った有名なフレーズはやはりこちらでしょう。

The die is cast.(賽は投げられた。)

さいは投げられた 句

〔カエサルがルビコン川をわたってローマに進軍するときに言ったという〕一度こうしようと決めた以上、最後までやりぬくほかはない。やることはもはや決定した、ということ。

「三省堂国語辞典 第七版」

die はもちろん「死ぬ」を意味する動詞の die と綴りは同じ。

そのため、さきほどのフレーズでは「さいころ」を意味する die が迫り来る死を暗示するダブルミーニングになっているような印象を受けます。

ただカエサルが話していたのは英語ではなくラテン語ですから、これは偶然の一致。

英訳の際に思いがけずこのような意味の重なりができたということなのでしょう。

それはそれで何だか神秘的な話ではないでしょうか。

さて話は戻って現代へ。

現代英語においては、die をさいころの意味で使うことはほとんどなく、単数・複数ともに dice を用いることがほとんど。

ただ現代の英語学習者にとっては「単数・複数ともに dice」というのは「dice の単数形は die」と同様に紛らわしいルールではあります。

いっそ複数形を dices にしてくれれば間違いは減ると思うのですが、そうならないところが不規則好きの英語らしいとも思います。


長いことは悪いこと?

17061901

「長い」を意味する英単語 long の名詞形は何でしょう?

??

と聞かれると、ちょっと迷う人もいるかもしれません。

正解はこちら。

length

NOUN

The measurement or extent of something from end to end; the greater of two or the greatest of three dimensions of an object.

Oxford Dictionaries

long(長い)→ length(長さ)という対応関係は綴りが変化しているので、頭の中でペアになりづらいように思います。

それではこの length という単語の形容詞形は何でしょう?

もちろん long と答えてもよいのですが、length にはたった一文字を足しただけのこんな派生語もあります。

lengthy

ADJECTIVE

(especially in reference to time) of considerable or unusual length, especially so as to be tedious.

Oxford Dictionaries

long(長い)→ length(長さ)→ lengthy(長い)と並べてみると、long と lengthy の違いは何なのだろうということが気になります。

辞書によると lengthy という単語は大抵「長過ぎる」というマイナスの意味で使われます。(e.g., lengthy speech)

一方の long はそのような含みのない中立的な単語と言えるでしょう。

単語の成り立ちを考えれば lengthy の方が中立的な意味になってもよさそうなのに、このような意味の分かれ方になっているのはなぜなのか? 一考に値する面白い現象だと思います。


さまざまな music

17061701

この頃、ちょっとした隙間時間にイギリスの言語学者 David Cristal の『The Story of English in 100 Words』という本を読んでいます。

これは100個の英単語を取り上げて、その単語の歴史や裏側にある物語を100編のショートエッセイにまとめた本。

例えば music を取り上げた章では、この単語が英語の歴史において40通りもの綴りで書かれてきたという話が紹介されています。

本書で紹介されているそのバリエーションは次の通り。

  • musiqe
  • musyque
  • musique
  • musyk
  • musik
  • musike
  • musice
  • mysycque
  • mewsycke
  • musick
  • musicke
  • musickque
  • moosick
  • mwsick
  • maisick
  • masic
  • meesic
  • misic

こうして見ると、現在のスタンダードである music とはかけ離れたものもあれば、一歩間違えれば music の代わりにこちらがスタンダードになっていたかもしれないと思えるものまで、さまざまな綴り字が並んでいます。

そもそも music /ˈmjuːzɪk/ の /k/ という音を表すのに、現在の英語では c, k, ck あるいは que という文字を使うケースもあります。その中で c という文字が選ばれたのは必然なのか偶然なのか。

たった一つの単語にも、私たちの想像力が及ばないような、さまざまなドラマが隠されているのかもしれません。

 

The Story of English in 100 Words
Profile Books (2011-10-13)

octothorp

17061301

本日のテーマは、

#

こちらの記号について。

この記号、以前のエントリーで「ナンバーサイン」として紹介したことがありました。

ナンバーサインとシャープ

しかしこの記号にはナンバーサインの他にも様々な名前があるようなのです。

その中の一つがこちら。

octothorp (also octothorpe)

NOUN

Another term for the symbol # (the hash sign or pound sign).

Oxford Dictionaries

[oct-(octa-, octo-)]というのは8を意味する接頭辞。octopus には足が8本あります。

しかし#と8のつながりがよくわかりません。

初めてこの単語を見つけたときには、なぜ8なのだろう?としばらく考えてしまいました。

調べてみるとその理由は不明となっている資料もあり。

たださきほどの Oxford Dictionaries には次のような説明が出ています。

Origin

1970s: of uncertain origin; probably from octo- (referring to the eight points on the symbol) + the surname Thorpe.

#という記号には8つの先端があるから、というのがこちらの説。

真偽のほどはわかりませんが、言われてみればなるほどという気もします。

それでは後半の thorp(thorpe)というのは何なのでしょう?

これはアメリカのスポーツ選手、ジム・ソープ(Jim Thorpe)に由来するという説やその他の説もあり、今のところ統一の見解はないようです。

シンプルな number sign もよいのですが、octothorp もその綴り字の中に様々な物語を内包した素敵な名前だと思います。


Is a nut a fruit?(ナッツはフルーツか?)

17061201

何気なく Oxford Dictionaries の動画シリーズを見ていたら、こんな動画が目にとまりました。

いやあ、ナッツはナッツであって、フルーツではないでしょう。

と思いつつ動画を見たら、その第一声、

Well yes, it definitely is

まさかの全面肯定。

せめてナッツはフルーツと呼べるのかを議論するのかと思っていたら、ナッツは100%フルーツ!という趣旨の動画でした。

。。。そうか、ナッツってフルーツなんですね。(あっさり説得される)

ただわかるようでわからないのが fruit の定義。OALDには次のように出ていました。

fruit

the part of a plant that consists of one or more seeds and flesh, can be eaten as food and usually tastes sweet

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

この定義には「一つ以上の種と果肉からなる(consists of one or more seeds and flesh)」とあります。

調べてみると、例えばアーモンドなどには通常食用にはしない果肉の部分もあるんですね。

つまり果肉の部分を食べるフルーツもあれば、種の部分を食べるフルーツもあると。

そう言われてみるとナッツがフルーツであるというのも納得できます。

今回の教訓は、ものごとは見た目で判断してはいけないということでしょうか。


cialis viagra online accutane