cialis viagra online accutane

英語

「春夏秋冬」は英語で何と言う?

18031401

春は出会いと別れが交錯する一年の始まりの季節、、、

というのは、もしかしたら日本人に特有のマインドセットなのでしょうか?

日本語では「春夏秋冬」は一つの単語になっている一方、「夏秋冬春」「秋冬春夏」「冬春夏秋」などという並びを目にすることはありません。

しゅんかしゅうとう[春夏秋冬](名)

はる・なつ・あき・ふゆ。四季。

「三省堂国語辞典 第七版」

ただこれが英語となると、どうなのでしょう?

欧米の新学期は9月ですから、fall, winter, spring, summer という並びが使われることもあるのでしょうか?

まずは英語辞書の世界を調べてみました。

四季を表す単語が並んでいそうな見出し語といえば、やはりこちらでしょう。

season

any of the four main periods of the year: spring, summer, autumn/​fall and winter

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

ここでは日本語と同じ spring, summer, autumn/​fall and winter という順番で四季が示されています。

その他の英語辞書でも基本的にはこの順番か、説明の中で四季そのものが示されていないケースのどちらかでした。

少なくとも辞書においては spring, summer, fall, winter の順番が優勢なようです。

続いて、インターネットの世界ではどうでしょうか?

Google 検索の完全一致(” “)で四季の並びを下記の4つのパターンに分けて検索してみると、それぞれ次の件数がヒットしました。

“spring, summer, fall and winter” = 547,000件
“summer, fall, winter and spring” = 386,000件
“fall, winter, spring and summer” = 670,000件
“winter, spring, summer and fall” = 379,000件

秋から始まる並びが若干多いものの、割合均等に分かれています。

ただ検索内容を見ると、固有名詞のようなものもかなり含まれているので、この件数を現実の使用実態と考えるのは無理がありそうです。

ネット上では、英語では winter, spring, summer and fall という並びが主流という書き込みも目にしましたが、それが正しいという決定的な証拠を掴むには至りませんでした。

ただ私たちに馴染みのあるカレンダーは1月から始まっているわけですから、一年の始まりが winter というのは理にかなっています。

一方、四季のある北半球の国なら普通12月はもう冬という感覚があるでしょうから、winter に一年の終わりを感じる人がいてもおかしくありません。

結局は日本語の「春夏秋冬」のようにきっちりした順番は決まっていないというのが、結論になるのでしょうか。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


water under the bridge(橋の下の水)

18031301

デール・カーネギーの『人を動かす』の原書『How to Win Friends and Influence People』を読んでいて見つけた、ちょっと面白いイディオムを一つ紹介してみたいと思います。

南北戦争の際、合衆国大統領のリンカーンは指揮官のジョージ・ミード(George Gordon Meade)に、撤退する敵軍追撃の指示を出しますが、ミードは攻撃を躊躇し、敵軍の撤退を許してしまいます。

一度はミードへの怒りの手紙を書いたリンカーンでしたが、結局、その手紙は投函しませんでした。

著者のカーネギーがその時のリンカーンの胸中を推測して書いたのが次のシーン。リンカーンは「自分がミードの立場にいたらどうしていただろう?」と想像し、最後に Anyhow, it is water under the bridge now. という一文でその思索を締めくくっています。

Maybe I ought not to be so hasty. It is easy enough for me to sit here in the quiet of the White House and order Meade to attack; but if I had been up at Gettysburg, and if I had seen as much blood as Meade has seen during the last week, and if my ears had been pierced with the screams and shrieks of the wounded and dying, maybe I wouldn’t be so anxious to attack either. If I had Meade’s timid temperament, perhaps I would have done just what he had done. Anyhow, it is water under the bridge now.

Dale Carnegie『How to Win Friends and Influence People』

この water under the bridge というフレーズの意味がわからなかったので辞書で調べてみました。

water under the bridge

(North American water over the dam)

PHRASE

Used to refer to events that are in the past and consequently no longer to be regarded as important.

‘I don’t want to talk about that—it’s all water under the bridge now’

Oxford Dictionaries

water under the bridge は過去の出来事を指して「今さら仕方のないことだ」という諦観を表現するためのイディオム。

どんな出来事も川の水のように過ぎ去ってしまい、誰もその流れを戻すことはできないというニュアンスなのでしょう。詩的で使ってみたくなる表現です。

北米版の water over the dam も同じことを言っている(ダムを越えた水を戻すことはできない)のでしょうが、ダムというのはやや詩情に欠けるような気も。個人的には water under the bridge の方が好みですね。

 

How to Win Friends and Influence People (English Edition)
Numitor Comun Publishing (2010-12-16)

一本のとうもろこし

18031001

英語の名詞には可算(countable)、不可算(uncountable)の区別があります。

それを私たちはしばしば「数えられる、数えられない」と解釈しますが、実際には「数えられる、数えられない」という言葉では説明できない、次元の違う感覚があるのだろうと感じることがあります。

例えば「とうもろこし」を意味する corn は可算名詞でしょうか、不可算名詞でしょうか?

corn

名 U

1(米・カナダ・豪)[集合的に]トウモロコシ;トウモロコシの粒((英)maize)

▶corn on the cob
軸つきのゆで[焼き]トウモロコシ(!複数形は~ on the cobs)

▶eat an ear [a sheaf] of corn
トウモロコシを1本食べる

「ウィズダム英和辞典 第3版」

英語の corn は不可算名詞であり、「一本のとうもろこし」は上記の説明にもあるように an ear of corn などと言うのが一般的。

ただとうもろこしが不可算名詞と言われても、英語のノンネイティブである自分には腑に落ちないところもあります。

corn というのは軸付きのとうもろこしではなく、粒々のコーンを意味するのだと言われれば頭では理解できるのですが、eat a corn という表現に英語のネイティブスピーカーが感じるであろう違和感を共有することまではできません。

結局、日本語には可算・不可算という概念がないので、感覚的にそれをイメージするのは難しいような気がします。

これは三次元の世界に住む人間が四次元の世界を想像できないようなものなのかもしれない、と言ったら言い過ぎでしょうか。

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


時計の「長針・短針」は英語で何と言う?

18030601

朝が弱いので、ウチには枕元に4台の目覚し時計を置いています。

そのうち1台はデジタルで、3台はアナログ。

目覚し時計は何となく「針」の付いているアナログタイプの方が安心感があります。

さて、そんなアナログ時計の「長針・短針」は英語で何と言うのでしょう?

日本語では「針」という漢字を使いますが、英語もそのまま needle になるのでしょうか?

調べてみたところ、一般的に時計の「長針・短針」は次のように表現するようです。

big hand

NOUN

informal

The long hand on a clock or watch that indicates the minutes.

Oxford Dictionaries

little hand

NOUN

informal

The short hand on a clock or watch that indicates the hours.

Oxford Dictionaries

「長針」は big hand、「短針」は little hand。

「針」を hand と表現するのも意外ですし、「長・短」を big, little と表現するのも意外でした。

*ただ「長・短」については long hand, short hand という表現もあるようです。

時計の針と人間の手の共通点は何だろう?と考えてみると、あの時計の針というのはまさに時刻を「指し示している」ということに思い当たります。

そう考えると、枕元のアナログ時計に人間らしさのようなものを感じますし、それがデジタル時計よりアナログ時計に安心感を感じる理由なのかなとも思います。


peach color(ピーチ色)

18030301

3月に入り、すっかり暖かくなってきました。今日3月3日は桃の節句ですね。

「桃」は英語で peach。この peach という英単語は、果物の「桃」以外に色名としても使われることがあります。

それって「桃色=ピンク」のことじゃないの?と思われるかもしれませんが、色名としての peach は pink とは異なる色。

辞書の説明を見てみましょう。

peach

noun

  1. [countable] a round fruit with soft red and yellow skin, yellow flesh and a large rough seed inside
  2. [singular] peach (of a…) (old-fashioned, informal) a particularly good or attractive person or thing
  3. [uncountable] a pinkish-orange colour

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

3の意味に pinkish-orange colour とあります。

pinkish-orange というのはどんな感じかイメージできるでしょうか?

??

頭に思い浮かべていただいたところで、

、、

ピーチ色というのはこんな感じの色。

18030302

つまり桃の皮の色ではなく、中の果肉の色ということなんですね。

ピンクでもオレンジでもなく、黄色でも肌色でもない、たしかに桃の色としか表現できないような、絶妙なバランスの色だと思います。

日本語ではあまり馴染みのないこのピーチ色。これから広まっていく可能性はあるでしょうか?


「ぷちぷち」は英語で何と言う?

18021601

壊れ物の梱包などによく使われる「ぷちぷち」の正式な名称は何でしょう?

気になったので、まずは「ぷちぷち」から辞書で調べてみました。

ぷちぷち

一(副・自サ)

①小さな つぶ状のもの〈が はじける/をつぶす〉音・ようす。

②小さな つぶ状であるようす。

二(名)〔商標名〕 気泡の はいった包装用のシート。

「三省堂国語辞典 第七版」

さすが三国。きっちり「気泡のはいった包装用のシート」という意味ものせています。

ただ〔商標名〕のラベルが付いているので、正式な名称は他にあるのでしょうか?

辞書の中にはこれ以上見つからず、Wikipedia を調べてみると「気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)」という名称が出ていました。

気泡緩衝材。

もちろん意味は伝わるものの、ちょっと堅い感じ。これなら「ぷちぷち」の方が日常会話には向いているような気がします。

実際、日本語には「宅急便」や「バンドエイド」のように商標名が一般名詞化した例も多く見られます。

ではこの「ぷちぷち」は英語で何と言うのでしょう?

調べてみるとこんな表現が見つかりました。

bubble wrap

(also BubbleWrap)

NOUN

mass noun

Plastic packaging material in sheets containing numerous small air cushions designed to protect fragile goods.

Oxford Dictionaries

bubble wrap は「ぷちぷち(気泡緩衝材)」を意味する英語表現。

ただ厳密にはこちらも日本語の「ぷちぷち」と同じ商標名であるとのこと。よって bubble pack など他の表現が使われることもあります。

「ぷちぷち」はいかにも日本語らしいオノマトペですし、bubble wrap もまた英語らしいシンプルでストレートな表現。

それぞれの言語の個性がよく伝わる単語のペアなのではないかと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane