cialis viagra online accutane

日本語

「氷蘭、瑞典、丁抹、諾威、芬蘭」とは、どこの国?

フィンランドを漢字で表記すると「芬蘭」。これはもちろん当て字です。

芬【フン】は訓読みすると、かお(る)、こうば(しい)とも読み、香りを意味する漢字です。

ふん[芬]

よいかおりのするさま。匂いただようさま。

ふんぷん[芬芬]

においの強いさま。多くよい香りにいうが,悪臭にもいう。

『大辞林』

日本語の当て字によると、フィンランドは香りの国ということになります。

このような国名の漢字表記がいつ、どのように成立したのかについては、よくわかっていない点も多いようです。

一つ確かなのは表記に関する明確なルールがある訳ではなく、あくまで慣例に従って用いられているということ。

ヨーロッパの国名では、イギリスの「英吉利」、フランスの「仏蘭西」などはよく知られているものの、一見どこの国なのか判別が難しい表記も多くあります。例えば、以下の漢字はどうでしょう?

  • 氷蘭
  • 瑞典
  • 丁抹
  • 諾威

正解は次のとおり。北欧の国々でした。

カナ表記 漢字表記 一文字
アイスランド 氷蘭、氷島、氷州、氷洲、愛撒倫
スウェーデン 瑞典 瑞、典
デンマーク 丁抹、璉馬
ノルウェー 諾威、那威、能留英
フィンランド 芬蘭、芬蘭土

*Wikipedia「国名の漢字表記一覧」より

アイスランドは「氷」の国というのはイメージどおりでしょうか?

ただしよく見ると、アイスランドだけは意味に基づいて漢字が選ばれているのに対して、それ以外の国は音に基づいて漢字が選ばれていることがわかります。

フィンランドが「香り」の国なら、スウェーデンは「端っこ」の国、デンマークは「偶数」の国、ノルウェーは「同意」の国ということになるでしょうか。

全く関連性のないところが逆におもしろいと思いました。

上記の出典とその他の国名の漢字表記はこちらから見ることができます。

最初にこのような表記を考えた人は大変だったでしょうが、一方ではすごく楽しい作業だったのではないでしょうか。

そんな担当があるのだとしたら、ぜひやってみたいものだと思います。

「あい」と「あゐ」の違いとは?

photo credit: eclectic echoes via photopin cc

日本語にはさまざまな同音異義語があります。「愛」と「藍」もその組み合わせの一つ。

あい【愛】

  1. 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「―を注ぐ」
  2. 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「―が芽生える」
  3. ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する―」
  4. 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への―」
  5. キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
  6. 仏教で、主として貪愛(とんあい)のこと。自我の欲望に根ざし解脱(げだつ)を妨げるもの。

あい〔あゐ〕【藍】

  1. タデ科の一年草。高さ50~80センチ。茎は紅紫色で、葉は長楕円形。秋、穂状に赤い小花をつける。葉・茎から藍染めの染料をとり、京都・大坂・阿波が産地として知られた。果実は漢方で解熱・解毒に使う。古く中国から渡来したとされる。たであい。あいたで。《季 花=秋》「この村に減りし土蔵や―の花/秋郷」
  2. 濃青色の天然染料の一。1や木藍(きあい)などの葉や幹から得られる。インジゴ。
  3. 藍色(あいいろ)。

『大辞泉』

それぞれの語義はさておき、ここで注目したいのは、藍の方の仮名には「あい」と「あゐ」の二種類が当てられていること。

現在ではもちろん「あい」と表記しますが、昔は「あゐ」と表記していたんですね。

調べてみると、平安時代のころまでは、「い」はア行のイ、「ゐ」はワ行のヰとして区別されていたのだそうです。(ゐのカタカナはヰ)

これはつまり、「い」は[i]、「ゐ」は[wi]と発音されていたということを意味しています。

次のように五十音を並べてみると「ゐ」の位置付けがよくわかるのではないでしょうか。

w r y m h n t s k
a
i
u
e
o

 
あゐ(藍)のほか、「ゐ」を使う(使った)単語には次のようなものがあります。

  • あぢさゐ(紫陽花)
  • ゐど(井戸)
  • ゐなか(田舎)
  • くれなゐ(紅)

これらの単語も昔は「あじさうぃ」「うぃど」「うぃなか」「くれなうぃ」と読んだのでしょうか?

そうだとすると、心なしか外国語のような音にも聞こえます。ウイスキーに「ヰスキー」という字を当てたのは、まさにぴったり。

この時代の会話が録音されていたら、どんなにおもしろいだろうと思いますが、それはかなわない夢ですね。

「どういたしまして」の意味を考えてみる

英語で Thank you. とお礼を言われたら、何と答えますか?

手元の『Practical English Usage』を開いてみると、次のような表現が紹介されていました。

1 Not at all.
2 You’re welcome.
3 Don’t mention it.
4 That’s(quite)all right.
5 That’s OK.(informal)
6 No problem.(informal)

 
日本で英語を習った人なら、真っ先に思い付くのはおそらく You’re welcome. でしょう。これはアメリカ式の表現です。

その他にも、地域によって、また相手との関係性によって、さまざまな表現を用いることがあります。

以前住んでいたオーストラリアでは、No worries. という表現が一般的でした。これはいかにも Aussie な表現だと思います。

 

さて英語ではなく、日本語で「ありがとう」とお礼を言われたら、みなさんは何と答えますか?

インフォーマルな表現は多々あるものの、おそらく「どういたしまして」がもっとも一般的な表現でしょう。

私たちは日常生活で何の疑問もなくこの表現を使っています。しかしもし私が日本語を外国語として学ぶ立場だったら、次のような疑問を感じるに違いありません。

「どういたしまして」というのは、いったいどういう意味なのですか?

英語は単語ごとに分かち書きをすることもあり、内部構造を容易に把握することができます。例えば、You’re welcome. なら「あなたは歓迎されています。」、Don’t mention it. なら「それには触れてくれるな。」という意味ですね。

その点「どういたしまして」という言い回しには、どうもわかりにくいところがあります。

その謎を解くため、いくつか辞書を当たってみたところ、ウィクショナリー日本語版の説明がわかりやすかったので引用してみます。

どう、いたし・まし・て<「どう(どのように、何を)」+「いたす(「する」の謙譲語)」+「ます(丁寧語を造る助動詞)」+「て(反問的用法の終助詞)」)。
「何を、したというわけでもありませんよ(だから、気になさらないでください)」の意

「(私、あなたのために)何かをしましたか? いや何もしていません。」というニュアンスなのですね。

そう思って「どういたしまして」と呟いてみると、腑に落ちるとともに、このありふれた表現がとても美しい響きの日本語に聞こえてくるのが不思議です。

インクとケーキの違いとは?

先日このブログの文章を書いているとき、コンテクストという単語を使おうとして、あれ「コンテキスト」だったかな?それとも「コンテクスト」だったかな?と表記に迷ったことがありました。

些末なことではありますが、どうもすっきりしません。そのときは、とりあえず「コンテクスト」としておきました。

その後『たのしい日本語学入門』という本をパラパラと読んでいたら、偶然この「キ・ク」のテーマが出ており、なるほど!と思ったので紹介してみたいと思います。

漢語の発音が音読みでも中国音からずれ、日本語にあてた訓読みまで誕生したように、外来語も日本語に合わせたさまざまな変形が起こり、多かれ少なかれ原語から離れていく。

(中略)

母音の補い方が時代によって違う場合もある。inkは古くは「インキ」と書いていたのを、それではあまりに陰気なせいでもあるまいが、今は「インク」と書く。一般に「キ」が「ク」に変わる傾向があるが、「キリスト・ケーキ」はキのままだ。「テキスト・テクスト」のようにほぼ同じ意味で共存している例もある。

P.156

英語の発音[k]をカナ書きにする際、一昔前は「キ」を当てることが多かったものの、今は「ク」を当てることが多くなったということなのですね。これは納得。

ただし「インキ」は古めかしく感じますが、「ケーキ」や「ステーキ」は古く感じませんし、「ケーク」や「ステーク」と言うこともありません。この違いはなぜ生まれるのでしょう?

また「テキスト・テクスト」はたしかに共存していますが、なんとなくニュアンスが異なるような気がします。

テキストというとまずは教科書(textbook)や文字データを連想しますが、テクストというとテクスト論など文芸批評のイメージが強くなるのは自分だけでしょうか。

そういう意味では共存しつつ、異なる意味が生まれつつあるという珍しい例なのかもしれません。

 

たのしい日本語学入門 (ちくま学芸文庫)
中村 明
筑摩書房
売り上げランキング: 496,837

UNESCO Atlas of the World’s Languages in Danger − 日本国内の危機言語とは?

一昨日のエントリーで、「日本語を公用語とする国」の話題を取り上げました。

[参考]日本語を公用語とする国はいくつある? | Fragments

公用語というのは、実はかなり曖昧な概念でもあります。Wikipedia の記述を見てみましょう。

公用語(こうようご、英: Official language)とは、国、州、国際的集団など、ある集団・共同体内の公の場において用いることが定められている言語を指す。その集団が有する公的機関には義務が課され、公的情報を発信する際等には公用語を用いなければならない。

(中略)

一言語集団が大多数を占める国家や圧倒的に強い力を持っている国家の場合、公用語を法律で定めていない場合もある。(傍線筆者)

日本の公用語が法律で定められていないというのは有名な話です。もちろん法律で定める必要がないくらい、日本における日本語の地位は強力ですし、それが良い悪いという話ではありません。

ところで、公用語かどうかはさておき、現在の日本ではいったい何種類の言葉が話されているのでしょう?

もちろんインドネシアの人がいればインドネシア語を話すでしょうし、ベトナムの人がいればベトナム語を話すでしょうから、ここでは「主に日本国民によって話されている言語」という定義にします。

おそらくそれらの言語が少数言語であろうということは容易に想像できますので、UNESCO Atlas of the World’s Languages in Danger(消滅の危機にある世界の言語地図)のウェブサイトで確認してみましょう。

UNESCO Atlas of the World’s Languages in danger
UNESCO Atlas of the World’s Languages in Danger …

このサイトには現在2,473の言語が登録されています。

国別に言語を見ることもできるので、日本を選択してみると、日本国内では8つの言語が消滅の危機にあるとのこと。

さて、この8つの言語とは何でしょうか?

??

正解は下記のとおり。

  • Ainu (Hokkaido)(北海道アイヌ語)
  • Amami(奄美語)
  • Hachijō(八丈語)
  • Kunigami(国頭語)
  • Miyako(宮古語)
  • Okinawan(沖縄語)
  • Yaeyama(八重山語)
  • Yonaguni(与那国語)

アイヌ語と八丈語以外は全て沖縄の言葉ですね。これらの琉球諸語は、学説によっては「言語」ではなく「方言」に分類されることもあるようですが、ここで詳細に踏み込むのはやめておきましょう。

しかし個人的な話ですが、昔、旅行で八重山列島の小浜島に行ったとき、漁師のおじいさんと話をしたものの、全く通じなかったということがありました。あれが八重山語なのかどうかはわかりませんが、全く通じないレベルなのであれば、方言ではなく言語と認めてもよいような気がします。(全く学問的根拠のない発言ですが。。。)

いずれにしても、これらの言葉がもし遠くない将来に消滅してしまうのだとしたら、大変に寂しい話です。

日本語を公用語とする国はいくつある?

photo credit: CasaDeQueso via photopin cc

旅行の口コミサイト、トリップアドバイザーが「世界で最も交わされている挨拶は?」というインフォグラフィックスを公開しています。

世界で最も交わされている挨拶は? トリップアドバイザーのインフォグラフィックスで世界の旅が見える

この統計によると母語人口が多い言語のランキングは、下記のとおり。

中国語 885,000,000人
英語 400,000,000人
スペイン語 332,000,000人
ヒンディー語 236,000,000人
アラビア語 200,000,000人
ポルトガル語 175,000,000人
ロシア語 170,000,000人
ベンガル語 168,000,000人
日本語 125,000,000人
ドイツ語 100,000,000人

 
日本語は第9位ですので、少なくとも「母語人口」という単位では、かなりメジャーな言語と言えるでしょう。何と言ってもドイツ語やフランス語よりも多いのです(フランス語は第16位)。

にもかかわらず、日本語が国際語になり得ないのは、やはり日本という単一の国でしか使われていないという要因が大きいのでしょう。日本語より母語人口が多いヒンディー語やベンガル語も同様です。

上記のインフォグラフィックスでは、母語人口の他に「その言語を公用語としている国の数」も扱っており、それによると英語は60の国、フランス語は39の国で公用語となっています。

一方、日本語の欄を見てみると2つの国で公用語となっているとのこと。

2つ?

日本以外で、日本語を公用語としている国がある??

全く知らなかったので調べてみたところ、パラオ共和国のアンガウル州というところで日本語を公用語として定めているのだそうです。

在パラオ日本国大使館のサイトに記載があったので、おそらく間違いのない情報だと思います。

在パラオ日本国大使館

パラオは第二次世界大戦前に日本の委任統治領だったことがあり、それが公用語採択の由来なのだとか。

しかし Wikipedia によれば、アンガウル州には日本語を日常会話に用いる住民は存在しないということなので、そこは少し残念。

それでも何だか夢のある話だと思ったので、ここにシェアしておきます。

cialis viagra online accutane