cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.549 − 時相構文の作り方(2)

18021801

前回の時相構文に関するエントリーの続きです。

フィンランド語学習記 vol.548 − 時相構文の作り方(1)

前回は二種類ある時相構文のうち、第2不定詞内格[-essA]を使った形を紹介しました。

Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa. =
Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)

今回はもう一つの形を見ていきたいと思います。

Mikon tultua kotiin Leena heräsi.
(ミッコが家に帰ったあと、レーナは起きた。)

前回扱ったのは「AのときB」という、AとBに時間差がないときの表現。

それに対して今回扱うのは「AのあとB」という、AとBに時間差があるときの表現。

今回の文も、前回の文と同じように接続詞 kun を使って書き換えることができます。

Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
(ミッコが家に帰ったあと、レーナは起きた。)

この文の従属節の動詞 oli tullut は過去完了の形になっています。

辞書形 tulla
三人称単数過去完了形 oli tullut

 

今回も kun を使った文を時相構文に書き換えることによって、両者の形を比べてみたいと思います。

 

1)主語を属格[-n]の形にする。

Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
Mikon

 

今回の時相構文でも従属節の主語は属格[-n]の形になります。

主格 Mikko
属格 Mikon

 

2)動詞を受動過去分詞分格の形にする。

Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
Mikon tultua

 

今回の時相構文では従属節の動詞は受動過去分詞分格の形になります。

辞書形 tulla
三人称単数過去完了形 oli tullut
受動過去分詞分格 tultua

 

動詞の辞書形から受動過去分詞分格を作る手順は次のとおりです。

 

2ー1)受動現在形を作る。

タイプ2〜6の動詞はおしまいの母音を重ねて[-n]を付ける。(語幹を経由する必要はなし。)

タイプ1の動詞は弱形語幹に[-tAAn]を付ける。

ただし[-tAAn]の前に[A]が来るときは[A]を[e]に変える。

辞書形 語幹 受動現在形
T3 tulla tule tullaan
T1 puhua puhu puhutaan
T1 tietää *tiedä tiedetään

 

*kpt 交替のあるタイプ1の動詞では「強形→弱形」の変化あり。[t→d]

 

2ー2)受動過去形を作る。

受動現在形の語尾が[-dAAn][-lAAn][-nAAn]で終わる場合は、その[-dAAn][-lAAn][-nAAn]を[-tiin]に変える。

受動現在形の語尾が[-tAAn]で終わる場合は、その[-tAAn]を[-ttiin]に変える。

辞書形 語幹 受動現在形 受動過去形
T3 tulla tule tullaan *tultiin
T1 puhua puhu puhutaan #puhuttiin
T1 tietää tiedä tiedetään #tiedettiin

 

*逆 kpt 交替のあるタイプ3・4・6の動詞では「弱形→強形」の変化あり。[ll→lt]

#細かいですが[t]が2つになっています!

 

2ー3)受動過去分詞を作る。

受動過去形の語尾[-iin]を[-u]または[-y]に変える。

辞書形 語幹 受動現在形 受動過去形 受動過去分詞
T3 tulla tule tullaan tultiin *tultu
T1 puhua puhu puhutaan puhuttiin *puhuttu
T1 tietää tiedä tiedetään tiedettiin #tiedetty

 

*もとの単語に[a, o, u]が含まれていれば[u]。

#もとの単語に[a, o, u]が含まれていなければ[y]。

 

2ー4)受動過去分詞分格を作る。

受動過去分詞の語尾に[-a]を付ける。

辞書形 語幹 受動現在形 受動過去形 受動過去分詞 受動過去分詞分格
T3 tulla tule tullaan tultiin tultu tultua
T1 puhua puhu puhutaan puhuttiin puhuttu puhuttua
T1 tietää tiedä tiedetään tiedettiin tiedetty tiedettä

 

 

3)あとはそのまま

上記のように主語と動詞の形を整えたら、あとはそのままで時相構文のできあがり。

前回と同じように、節の間のコンマがなくなっている点にだけ注意しましょう。

kun の文 Kun Mikko oli tullut kotiin, Leena heräsi.
時相構文  × Mikon tultua kotiin Leena heräsi.

 

まとめ

以上、前回と今回の二回に渡って、第2不定詞内格と受動過去分詞分格を使った時相構文についてまとめてみました。

第2不定詞内格 Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)
受動過去分詞分格 Mikon tultua kotiin Leena heräsi.
(ミッコが家に帰ったあと、レーナは起きた。)

 

明日はこの時相構文の注意すべき点についてもう少しだけ書いてみたいと思います。


フィンランド語学習記 vol.548 − 時相構文の作り方(1)

18021701

先日のフィンランド語教室では次のような文を扱いました。

Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)

tullessa の部分がこれまで見たことのない形になっています。これは時相構文と呼ばれる形。

この例文のように「AのときB」という意味を表すのに、これまでは接続詞 kun を用いてきました。

Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
(ミッコが家に帰ったとき、レーナはもう眠っていた。)

今回扱う時相構文では同じ意味を kun を使わずに表すことができます。

もちろん kun を使ってもよいのですが、書き言葉ではよくこの時相構文が見られるとのこと。

今回は kun を使った文を時相構文に書き換えることによって、両者の形を比べてみたいと思います。

 

1)主語を属格[-n]の形にする。

Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
Mikon

 

時相構文では従属節の主語は属格[-n]の形になります。

主格 Mikko
属格 Mikon

 

2)動詞を第2不定詞内格[-essA]の形にする。

Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
Mikon tullessa

 

時相構文では従属節の動詞は第2不定詞内格[-essA]の形になります。

辞書形 tulla
三人称単数過去形 tuli
第2不定詞内格 tulessa

 

なお動詞の辞書形から第2不定詞内格を作る手順は次のとおりです。

 

2ー1)語尾の[-A]を外す。

tulla → tull

 

2ー2)[-essA]を付ける。

tull → tullessa

*ただし語尾の[-A]を外したときに[e]で終わる単語は[e]を[i]に変えてから[-essA]を付けます。

itkeä → itke → itki → itkiessa

 

3)あとはそのまま

上記のように主語と動詞の形を整えたら、あとはそのままで時相構文のできあがり。

細かいところですが、節の間のコンマがなくなっている点にだけ注意しましょう。

kun の文 Kun Mikko tuli kotiin, Leena oli jo nukkumassa.
時相構文 × Mikon tullessa kotiin Leena oli jo nukkumassa.

 

以上、今回はフィンランド語の時相構文と呼ばれる形についてまとめてみました。

ただし今回扱ったのは二種類ある時相構文のうちの一つ目の形。明日はもう一つの形を扱ってみたいと思います。


「ぷちぷち」は英語で何と言う?

18021601

壊れ物の梱包などによく使われる「ぷちぷち」の正式な名称は何でしょう?

気になったので、まずは「ぷちぷち」から辞書で調べてみました。

ぷちぷち

一(副・自サ)

①小さな つぶ状のもの〈が はじける/をつぶす〉音・ようす。

②小さな つぶ状であるようす。

二(名)〔商標名〕 気泡の はいった包装用のシート。

「三省堂国語辞典 第七版」

さすが三国。きっちり「気泡のはいった包装用のシート」という意味ものせています。

ただ〔商標名〕のラベルが付いているので、正式な名称は他にあるのでしょうか?

辞書の中にはこれ以上見つからず、Wikipedia を調べてみると「気泡緩衝材(きほうかんしょうざい)」という名称が出ていました。

気泡緩衝材。

もちろん意味は伝わるものの、ちょっと堅い感じ。これなら「ぷちぷち」の方が日常会話には向いているような気がします。

実際、日本語には「宅急便」や「バンドエイド」のように商標名が一般名詞化した例も多く見られます。

ではこの「ぷちぷち」は英語で何と言うのでしょう?

調べてみるとこんな表現が見つかりました。

bubble wrap

(also BubbleWrap)

NOUN

mass noun

Plastic packaging material in sheets containing numerous small air cushions designed to protect fragile goods.

Oxford Dictionaries

bubble wrap は「ぷちぷち(気泡緩衝材)」を意味する英語表現。

ただ厳密にはこちらも日本語の「ぷちぷち」と同じ商標名であるとのこと。よって bubble pack など他の表現が使われることもあります。

「ぷちぷち」はいかにも日本語らしいオノマトペですし、bubble wrap もまた英語らしいシンプルでストレートな表現。

それぞれの言語の個性がよく伝わる単語のペアなのではないかと思います。

 
三省堂国語辞典 第七版 三省堂国語辞典 第七版
価格: ¥1,700(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


消えゆく英単語 − 女性を表す[-ette][-trix]

18021501

以前に女性を表す接尾辞[-ess]についてのエントリーを書いたことがあります。

消えゆく英単語 − 女性を表す[-ess]

ジェンダーフリーな表現が主流になりつつある現在、接尾辞[-ess]を含む単語の使用頻度は低くなりつつあります。

しかし stewardess や waitress が消えてしまっても、actress はまだまだ残りそうですし、princess はおそらく消えることはないでしょう。

ところで英語の語彙にはそんな[-ess]以外にも女性を表す接尾辞が存在するのをご存知でしょうか?

今回は[-ette]と[-trix]という二つの接尾辞を紹介してみたいと思います。

 

[-ette]

[-ette]はフランス語由来の接尾辞。

「小さい」「女性の」という二つの意味があります。

前者の代表には次のような単語があります。

  • kitchenette(小さな台所)
  • novelette(中編小説)
  • sermonette(短い説教[法話])

一方、後者の代表には次のような単語があります。

Man Woman
major? majorette バトンガール
usher usherette (教会・劇場などの)女子案内係[役]

*「ランダムハウス英和大辞典 第2版」より

残念ながらこの二つ以外に現役で使われている単語は見当たらないようです。

 

[-trix]

[-trix]はラテン語由来の接尾辞。

残念ながら現役バリバリで使われている単語は一つも存在しませんが、辞書には法律関連の用語を中心にいくつか掲載されています。

Man Woman
aviator aviatrix 女性飛行士
executor executrix 〘法律〙女性遺言執行者
inheritor inheritrix 〘法律〙女性(遺産)相続人
mediator mediatrix 女性の仲介者[調停者]

*「ランダムハウス英和大辞典 第2版」より

「女性飛行士」を意味する aviatrix は何だか素敵な響きのある単語。しかし今では aviator で男女両方を表すのが一般的とのこと。

 

以上、今回は女性を表す二つの接尾辞[-ette]と[-trix]を含むいくつかの英単語を紹介してみました。

どの単語も歴史の荒波を潜り抜けて現代の英語辞書に到達した強者たち。しかしもちろんその将来には危ういものがつきまとっています。

これだけはぜひ残しておきたいという単語はあるでしょうか?

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


一番強い者@ユーロスペース

18021401

昨日は渋谷のユーロスペースで開催している「トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2018」へ。

『一番強い者』というスウェーデンのサイレント映画を観てきました。

映画祭の公式ホームページより、あらすじを転載します。

一番強い者

Den starkaste : En berättelse från Ishavet / The Strongest

監督:アクセル・リンドブロム、アルフ・シェーベルイ Axel Lindblom, Alf Sjöberg / 1929年 / スウェーデン / intertitle:スウェーデン語(Swedish) / 106min / 字幕:日本語

北極での狩猟に雇われた水夫のオーレと船長の娘インゲボルグは惹かれ合うが、彼女には婚約者がいた…。A・リンドブロムが1920年に北極で撮影した記録映像に、A・シェ―ベルイが後に撮り足したドラマ部分を巧みに結合させ創り上げた奇跡のアクション・ラブストーリー。息をのむような迫力ある映像と俳優たちの生き生きとした魅力に圧倒される。

原題の starkaste はスウェーデン語で strong を意味する stark の最上級の形。

stark – starkare – starkast と変化するようです。

映画は、婚約者のいる娘が後からやってきた男と恋に落ちるといういわゆるメロドラマ。

ただ北国の美しい風景の中できびきびと進んでいくストーリーに緩みはありません。

そして今回改めて思ったのは、100年も前に生きていた人の暮らしぶりを映像を通して間近に見られるというのは凄いことだということ。

こんな服を着て、こんな食事をして、こんな家に住んでいたのかと、思わず一つ一つのディテールに注目してしまいます。

現代の私たちが「これがなくては生活できない!」と思い込んでいるものの大半はこの時代には存在しませんが、映画の中の人々はそれぞれの人生を謳歌しています。

そういう意味で古い映画を観ることは「人の暮らしの本質って何だろう?」ということを考える契機になったりします。

なお解説によるとこの映画には1920年に北極で撮影した記録映像が使われているとのこと。

実際、映画の中には荒涼とした北極海の風景やそこに生きるアザラシやシロクマのリアルな姿が映し出されています。

ただ記録映像と劇映画のパートは巧みに組み合わされているので、映画を観ている間に編集を意識することはほとんどありませんでした。

またこの映画に彩りを添えるのが、サイレント映画ピアニストの柳下美恵さんの生演奏。

北極の雄大な自然、その自然と対峙する人間たちの高揚感や不安感を表現する伴奏もまたこの映画のもう一人の主人公だったように思います。

その旋律に浸りながら106分の非日常の世界をゆっくりと味わうことができました。


commentator(コメンテーター)の他には?[-tator]で終わる英単語

18021301

きのうのエントリーで commentator(コメンテーター)という単語は動詞 commentate がもとになっているという話を書きました。

commentator(コメンテーター)と commenter(コメンター)

今回はこの commentator のように[-tator]で終わる単語とそのもとになっている動詞を辞書の中から探してみました。

agitate agitator アジテーター
commutate commutator 〘電気〙(整流器)
devastate devastator 荒らす人
dictate dictator 独裁者
facilitate facilitator (物事を)容易にする人[もの]
meditate meditator 黙想[瞑想]にふける人
resuscitate resuscitator 蘇生させる人[もの]
rotate rotator 回転する人[もの]
spectate spectator (行事などの)見物人
state stator 〘電気〙〘機械〙固定子
testate testator 〘法律〙遺言(作成)者

*『ランダムハウス英和大辞典 第2版』より

agitator, dictator, facilitator あたりは一般的にもよく使う単語でしょう。

rotator(回転する人)というのはいったいどんな人なのか気になります。。。

また[-tator]という語尾を持っていても、ペアになる動詞[-tate]を見つけられないものもありました。

× citator 引用者
× compotator 飲み仲間
× cunctator ぐずぐずする人
× natator 泳ぐ人
× scrutator 精密に調査する人
× sternutator (化学戦で)くしゃみガス[誘発剤、薬]

 

これらの単語には特殊な生成過程があるのかもしれません。

なお英語で「〜する人」を意味する接尾辞には[-er]もありますが、[-ate]で終わる動詞から派生する場合はおおむね[-or]の形になるようです。

英語の[-er]と[-or]の使い分け問題はかなり大きなトピックなので、またいずれかの機会に書いてみたいと思います。

 
小学館 ランダムハウス英和大辞典 小学館 ランダムハウス英和大辞典
価格: ¥6,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane