cialis viagra online accutane

クシシュトフ・キェシロフスキ監督のこと

photo credit: red via photopin (license)

photo credit: red via photopin (license)

今回のポーランド旅行ではポーランド航空の直行便を利用しました。

直行便とはいえ10時間以上の長旅なので、機内の時間をどうやり過ごすかは大きな問題です。

映画は何があるのかな?と思い、シートの個人用モニターをいじっていると、ハリウッド映画や邦画と並んでポーランド映画のコーナーがありました。

その中に、10年以上前に観た懐かしい映画のタイトル『ふたりのベロニカ』と『トリコロール/赤の愛』を見つけたので、もう一度観てみることに。

ただしこれらの映画はポーランド語ができる人を想定しているらしく、英語の字幕が付いていません。

『ふたりのベロニカ』はポーランドとフランスが舞台なので、ポーランドの場面では字幕なし、フランスの場面ではポーランド語の字幕が付いています。

『トリコロール/赤の愛』はフランスが舞台なので、ポーランド語の字幕が付いています。

私にはフランス語の知識もポーランド語の知識もありませんが、一度観てストーリーを知っている映画ということもあり、それぞれの言語の響きや字幕の文字を味わいながら楽しむことができました。

挨拶などの基本的な表現であっても、映画の中のポーランド語が理解できたときには「やった!」という気持ちになります。

どちらの作品も監督はポーランド人のクシシュトフ・キェシロフスキ。ただフランスの資本が入っているので、(特にフランス政府の依頼で作られた『トリコロール』の方は)フランス映画と言えないこともありません。

キェシロフスキは自分が一番映画に熱中していた90年代に大好きだった監督の一人。

ただこの『トリコロール/赤の愛』を発表してから、ほどなく心臓発作で亡くなってしまいました。

当時まだ50歳台で、世界的に名前を知られるようになってきたタイミングだったので、あれは本当に悲しいニュースでした。

正直ポーランドに行こうと思い立ったときには、キェシロフスキのことは頭になかったのですが、ポーランド航空の機内で思いがけず昔の友人に再会したという感じ。

今年の秋は久しぶりに映画をたくさん観ようかなという気持ちになっています。


アルファベットの小さなしっぽ

ポーランド語のアルファベットを初めて見たときに、ぱっと目が行くのは次の文字でしょう。

Ą ą Ę ę

馴染みのある[A a]と[E e]からにょろっと伸びる謎のフック。思わず洗濯物を吊り下げたくなってしまいます。

[Ą ą]の発音記号は /ɔ̃/。カタカナ表記をすれば「オン」に近い音。

[Ę ę]の発音記号は /ɛ̃/。カタカナ表記をすれば「エン」に近い音。

このにょろっとした記号にはオゴネク(ogonek)という名前が付いているようです。

ogonek の意味を Wiktionary で調べてみると、次のように出ていました。

ogonek

  1. Diminutive of ogon, a little tail
  2. queue
  3. ogonek (diacritical mark)

「Wiktionary」

ogonek はポーランド語で「小さなしっぽ」の意味。

このしっぽは[a e]以外の母音にも付けることができます。

Ą ą Ę ę Į į Ǫ ǫ Ų ų

並べてみると、ちょっと可愛らしくもありますね。


ポーランド語とフィンランド語のアルファベット順の違いについて

photo credit: book via photopin (license)

photo credit: book via photopin (license)

ポーランド旅行のおみやげに買ってきた英語・ポーランド語辞書を眺めていて気付いたことを一つ。

まずはポーランド語とフィンランド語のアルファベットを並べてみましょう。

ポーランド語 a ą b c ć d e ę f g h i j k l ł m n ń o ó p r s ś t u w y z ź ż
フィンランド語 a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z å ä ö

 

ポーランド語のアルファベットは32文字、フィンランド語のアルファベットは29文字。

この両言語の「アルファベット順」には一つ大きな違いがあります。

それはダイアクリティカルマーク付き文字(ą ć ę ł ń ó ś ź ż å ä ö)の場所。

ポーランド語では[a ą][s ś]という順番で並べているのに対して、フィンランド語では[å ä ö]をまとめて最後に置いています。

このルールは辞書の単語の配列にも反映されています。

ポーランド語の辞書で śniadanie(朝食)という単語を引きたければ、[s]のすぐ後にある[ś]の項を探します。

一方、フィンランド語の辞書で äiti(お母さん)という単語を引きたければ、[a]のすぐ後ではなく、巻末近くにある[ä]の項を探さなければなりません。

正直、フィンランド語のこの感覚にはいつまでたっても慣れることがありません。

実際のところ、フィンランド語で一文字目に[ä ö]が来る単語は少ないのですが、二文字目以降に[ä ö]が来る単語は多いです。

例えば käsi(手)という単語を引きたいとき、

うっかり ka と探しそうになって「違う! kä だから ky の後だ!」などということは日常茶飯事。

ポーランド語の辞書でも同じ問題は起こると思いますが、フィンランド語の[a]と[ä]ほど距離が離れていないので、目当ての単語に辿り着きやすいのではないかと想像します。

たかがアルファベット順、されどアルファベット順。なかなか奥深い問題です。


ポーランド人の名字のはなし

ポーランドへ行く前は、ポーランド人の多くは「◯◯スキー」さんなのだと思っていました。

旧ユーゴスラビアに「◯◯ッチ」さんが多いのと同じようなイメージです。

ただガイドブックやその他の本を読んでいる限り、どうもそこまで多くはなさそうだとわかってきました。

そもそも今回の旅行へ行く前から知っていたポーランド人の名前を挙げてみると、

  • レフ・ワレサ(政治家)
  • ヨハネ・パウロ2世(ローマ教皇)
  • チェスワフ・ミウォシュ(詩人)
  • アンジェイ・ワイダ(映画監督)
  • ロマン・ポランスキー(映画監督)
  • クシシュトフ・キェシロフスキ(映画監督)

*いちおうポーランド語の綴りも拾っておきます。

  • Lech Wałęsa(本当はヴァウェンサと読むんですね)
  • Jan Paweł II(本名:Karol Józef Wojtyła)
  • Czesław Miłosz
  • Andrzej Wajda
  • Roman Polański
  • Krzysztof Kieślowski

数えてみるとこの時点で「◯◯スキー」さんは2人しかいません。6分の2(=33%)です。

サンプルは少ないものの、おそらく右も左も「◯◯スキー」さんだらけというほどではないのでしょう。

ところでポランスキーは「スキー」と伸ばすのに、キェシロフスキは「スキ」と止めるのはなぜなのでしょう?

調べてみると、ポランスキーは例外で、ポーランド人の場合は「◯◯スキ」と止める人が大半のようです。

一方、ロシア人などの場合は「ドストエフスキー」「タルコフスキー」「チャイコフスキー」のように伸ばすのが普通。

表記はさておき、ポーランド語の実際の発音は伸ばすのに近いのか、止めるのに近いのか。

またポーランド語とロシア語の「スキー」の伸ばし方は本当に違うのか、違うとすればどのくらい違うのか。

などなどちょっと気になります。


ポーランド旅行記④ − アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

ポーランド旅行記4日目の記録です。

 

クラクフからオシフィエンチムへ

この日は第二次世界大戦の際にアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所と呼ばれていた場所、現在のアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館の見学へ向かいます。

博物館はクラクフから西へ60kmのオシフィエンチム(Oświęcim)という街にあります。

アウシュヴィッツ(Auschwitz)という名前は、このオシフィエンチムのドイツ語読みなのだそう。

博物館は4〜9月の10〜15時は個人での見学は不可。ガイドツアーによる見学のみとなります。ツアーはこちらの博物館公式ホームページから予約可能(英語)。

Auschwitz-Birkenau

並べば当日の入館もできるようですが、確実にその日に見学したい場合は事前に予約しておくのが無難でしょう。

などと言っている自分も数日前になって予約しようとしたら、この日の一般ツアー(3.5時間)はすでに売り切れ。スタディツアー(6時間)という長時間の本格コース(?)が一枠だけ残っていたので、こちらに予約を入れておきました。

*最初は6時間は長いと思ったのですが、結果的にはこのコースを選んで良かったと思える充実した内容でした。じっくり回りたい人はこのコースでも全く問題ないと思います。

ただ6時間のスタディツアーは朝の9時にスタートするので、それまでには博物館に着いていなければなりません。

博物館への交通はバスと電車があり、バスは博物館前に停車、電車は博物館から徒歩20分のオシフィエンチム駅に到着するとのこと。

それでも電車の方が好きなので、最初は電車で行こうと思っていたのですが、、、

【電車の場合】クラクフ中央駅5:41発 オシフィエンチム駅7:39着
(この次の電車だと8:39着になってしまうので、おそらく間に合わない。)
【バスの場合】クラクフMDAバスターミナル7:10発 博物館前8:35着

電車を選ぶと4時半起き(!)になってしまうので、ここは素直にバスを選ぶことにしました。

バスは定刻に博物館前に到着。30×20×10cmより大きなカバンは入館前に預けなければいけないという規定なので、荷物預かり所にリュックを預け、ツアーのスタート地点へ。

16092201

ガイドさんはマイクを付けていて、その声を聞けるヘッドセットを貸してくれるので、ガイドさんと少々距離が離れてしまっても声が聞こえるという親切設計。

ただ調子にのってグループからはぐれないように注意しなければなりません。(この日は2度もはぐれかけてしまい、冷や汗ものでした。)

 

アウシュヴィッツ第一強制収容所(Auschwitz I)

午前中は第一強制収容所(いわゆるアウシュヴィッツ)の方を回ります。

正直、ここに来るまではとんでもない負のオーラが漂っているような場所を想像していたのですが、そこまでの雰囲気はなく、歴史的な建築物の一画にいるという感じ。

収容所入り口の「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」という有名なプレートをくぐって敷地内へ。

16092202

最初に訪れたのは block 4 という建物。

当時の写真がたくさん展示されていて、それらを見ているうちに「ここで起こったこと」が少しずつリアリティを持って迫ってきます。

16092203

収容者の大量虐殺に使われたチクロンBという劇薬の空き缶の山。

16092204

この他にも収容者から刈り取った髪の毛の山など、忘れられなくなりそうな強烈な展示の数々。

ただガイドさんの説明に泣き出しそうな表情をしている参加者もいるのですが、なかなかそこまで強い感情が湧き上がってきません。

率直に言えば、まだ「ここで起こったこと」を十分に理解できていないという感じ。

自分はどこか人間として偏っているところがあるのかもしれないな、などということを考えていました。

その後は収容者から没収した所持品の展示、収容者の写真(一人一人の氏名、生年月日、職業などが書いてある)、収容者の居住スペース、数千人の収容者が銃殺されたという死の壁、マキシミリアン・コルベ神父が収監された地下牢などを見学。

地下牢はそこにいるだけで息苦しくなるような重苦しい雰囲気。ここで餓死刑や窒息刑になるというのは完全に想像を超えた世界です。

建物内の見学を終えて、明るい戸外に出るとホッとします。

16092205

収容所の周囲には鉄条網が張り巡らされています。当時は高圧電流が流されていたのだそう。

16092206

16092207

さらにアウシュヴィッツの初代所長であったルドルフ・フェルディナント・ヘスの死刑を執行した絞首台や復元されたクレマトリウム(ガス室と焼却炉)なども回りました。

さまざまな展示の中で特に印象に残ったのは、収容されていた子供たちが描いたという絵の数々。

16092208

16092209

16092210

午前中のツアー最後はアウシュヴィッツだけではなくホロコースト全体に関する展示が行われている建物に入り、収容所からの生存者のインタビュー動画などを見ました。

11:40くらいに一旦解散。お昼休みを挟んで、各自12:20に出発するビルケナウ(アウシュヴィッツ第二強制収容所)行きのシャトルバスに乗って、ビルケナウの入り口に集合とのこと。

博物館に併設のカフェレストランで、チキンスープ・野菜の盛り合わせ・エスプレッソなどを注文し、軽い昼食にします。

 

アウシュヴィッツ第二強制収容所 ビルケナウ(Auschwitz II – Birkenau)

急いで昼食を済ませ、シャトルバスにのって第二強制収容所ビルケナウへ。

アウシュヴィッツから3キロほどの田舎道を走っていくと、ビルケナウの門が見えてきました。門の中に線路が入っていく光景は写真などで見たことがあります。

16092211

12:30頃、無事に参加者全員が門の前に集合。ここからはヘッドセットなし。ガイドさんの近くに付いて行動します。木造のバラック、SS監視塔、レンガのバラックを順番に回っていきます。

16092212

16092213

16092214

レンガのバラックの中には3段の木造ベッドが連なっており、地面からは土ぼこりがもうもうと舞い上がっていました。

ここに至って、実際にここで寝起きしていた収容者の生活を想像して、しめつけられるような気持ちになりました。

ここへ来る前に読んでいたヴィクトール・フランクルの『夜と霧』に描かれていた収容者の内面世界がリアリティを持って立ち上がってきたのです。

 

夜と霧 新版
夜と霧 新版
posted with amazlet at 16.09.22
ヴィクトール・E・フランクル
みすず書房
売り上げランキング: 800

 

比較的コンパクトにまとまっているアウシュヴィッツとは異なり、このビルケナウはとにかく広い。あるポイントからもう一つのポイントへ歩いていくだけでも、なかなか大変です。幸いにもこの日は快晴だったので助かりました。

収容所として使われていた当時はこの広大な敷地の中に300以上のバラックがあったそうです。

ビルケナウへ到着した人々は、プラットホームの上でSSによって労働者/ガス室送りのいずれかに分別されました。

16092215

16092216

16092217

ツアーではガス室送りになった人が歩いた道と同じ道を歩いていきます。

ガス室が満室のときには、人々は森で待機を強いられたこともあったそうです。

16092218

近くには収容者が隠れて撮影したという死体の山の写真が展示されていました。

その後、証拠隠滅のためにSSが破壊したガス室の跡や収容者用のサウナ(消毒などを行う)を見学。

結局、一連の見学を終えて思ったことは「わからない」ということ。

収容者の体験は想像の限界を超えていて、彼らがいったいどのような気持ちでいたのか、ありありと感じるまでには至りませんでした。

そしてなぜこのようなことが起こってしまったのか、人間になぜこのようなことができたのか、その答えももちろんわかりません。

ツアーの最後にはビルケナウの中心にあるモニュメント(犠牲者国際追悼碑)へ。さまざまな言語でメッセージが書いてあります。

日本語はありませんでしたが、英語のメッセージは一番右端に。

FOR EVER LET THIS PLACE BE
A CRY OF DESPAIR
AND A WARNING TO HUMANITY,
WHERE THE NAZIS MURDERED
ABOUT ONE AND A HALF
MILLION
MEN, WOMEN, AND CHILDREN,
MAINLY JEWS
FROM VARIOUS COUNTRIES
OF EUROPE.

AUSCHWITZ-BIRKENAU
1940-1945

わからないことはわからないままに、静かに目を閉じて犠牲者を追悼することにしました。


ポーランド旅行記③ − 古都クラクフへ

ポーランド旅行記3日目の記録です。

 

ワルシャワからクラクフへ

今日は南部の街クラクフ(Kraków)へ向かいます。

9時ちょうどにワルシャワのアパートメントを出て、ワルシャワ中央駅へ。

9時45分ワルシャワ発、12時07分クラクフ着の特急列車の切符を購入。150ズウォティ。

駅構内の costa coffee でアメリカンコーヒーを買って、少し早めにホームへ。

なかなか電車が来ないと思っていたら、ワルシャワ中央駅は始発駅ではなかった模様。ただ特急は指定席なので、始発駅でなくても問題はありません。

到着した列車に乗り込むと車内は満席に近い感じ。ワルシャワを出発した列車はポーランドの平原をひたすらに走っていきます。

ちなみにポーランドという国名は「平原の国」という意味なのだそう。

たしかにクラクフまで2時間半の間、列車はずっと平原を走っていました。日本とは全く異なる地形の国なのだということを実感。

12時07分着ということでしたが、20分ほど遅れて電車はクラクフ中央駅(Kraków Główny)に到着。ワルシャワと比べると、ずいぶん落ち着いた印象の駅です。

16092101

16092102

まずは今晩の宿である Rakowicka Apartment へ向かいます。ワルシャワのときとは異なり、すんなりと辿り着くことができました。

新しい建物で、部屋はこんな感じ。

16092103

16092104

壁にこのようなプレートがかかっています。

16092105

16092106

自己啓発系(?)のアパートメントなのでしょうか。

 

クラクフ旧市街へ

宿で小休憩の後、旧市街方面へ向かいます。

16092107

16092108

美しい街並みを抜けて中央広場へ出ると、、、広い! そして広場全体が多くの観光客で賑わっています。一人旅をしていると、こういう華やかさにホッとすることも。

広場の中央にあるのは織物会館(Sukiennice)と呼ばれている建物。一階にはお土産屋さんなどがぎっしりと並んでおり、見て回るだけでも楽しいです。

16092109

こちらは聖マリア教会(Kościół Wniebowzięcia Najświętszej Maryi Panny)。

16092110

ワルシャワからの移動もあって疲れたので、広場に面した Cafe Restaurant Europejska で一休みをすることに。

カプチーノとチーズケーキを注文したら、なぜかケーキが二切れも登場。この写真の印象よりボリュームがあって、全部食べきれません。

16092111

お腹も膨らんだところで、旧市街の南側にあるヴァヴェル城(Zamek Królewski na Wawelu)というお城のある方へ歩いてみることに。

遠足風の集団がお城の方角へ歩いていくので、その後を着いていったら、いつの間にかお城の敷地内に入っていました。

16092112

こちらはワルシャワにも流れていたヴィスワ川(Wisła)。ポーランドの南部からクラクフ・ワルシャワを通ってバルト海へ流れています。全長は1,000km以上もあるのだそう。

16092113

このヴァヴェル城には旧王宮・ヴァヴェル大聖堂などの見所もあるのですが、この日はあまり建築や美術を見る気分ではなかったので、中庭のベンチに横になって、ぼーっと風に吹かれていました。

16092114

いつの間にか夕方になっていたので、宿の方へ戻ることに。

駅前のショッピングモール、ガレリア・クラコフスカ(Galeria Krakowska)を散策し、スーパーマーケットのカルフールで買い物。その後、駅の裏にあるMDAバスターミナルへ立ち寄って、明日のバスチケットを購入。

明日は朝が早いので、早めに宿へ戻って備えることにしました。


cialis viagra online accutane