cialis viagra online accutane

台風の名前はどのように付けるのか?

16082701

台風10号が接近していますね。この10号にはライオンロック(Lionrock)という名前が付いているそうです。

いかにも強そうな名前ですが、そもそも台風の名前というのはどのように決まっているのでしょう?

今年やってきた台風の名前を調べてみると、次のようになっていました。

1号 ニパルタック Nepartak
2号 ルピート Lupit
3号 ミリネ Mirinae
4号 ニーダ Nida
5号 オーマイス Omais
6号 コンソン Conson
7号 チャンスー Chanthu
8号 ディアンムー Dianmu
9号 ミンドゥル Mindulle
10号 ライオンロック Lionrock

 

気象庁のホームページによると、台風の名前というのは予め140個が決められており、それを順番に使っていくのだそう。

例えば、ある年の台風が100番で終わったら、翌年の台風は101番から始まります。そして140番まで行ったら、1番へ戻るという仕組み。

1 ダムレイ Damrey
102 ライオンロック Lionrock
140 サオラー Saola

 

接近中のライオンロックは全体で102番目の名前なんですね。

この140個の名前は国際機関である台風委員会(The Typhoon Committee)が命名しています。

台風委員会は日本を含む14の国と地域から成っており、140個の名前を均等に決めているとのこと。

つまり140個のうち10個は日本が名付けているということになります。その一覧がこちら。

5 テンビン Tembin
19 ヤギ Yagi
33 ウサギ Usagi
47 カジキ Kajiki
61 カンムリ Kammuri
75 クジラ Kujira
89 コップ Koppu
103 コンパス Kompasu
117 トカゲ Tokage
131 ハト Hato

 

一見、脈絡のないリストに見えますが、これらは全て星座の名前なのだそう。

「ハト」のようにかわいらしい名前もありますが、年によってはこれが超大型台風になったりすることもあるのでしょう。

いずれにしても来週はライオンロックに要注意!ですね。


「嬉しい」と「楽しい」の違いとは?

16082601

宝くじが当たったら嬉しい。遊園地で遊んだら楽しい。

似たような感情でありながら、微妙に異なる「嬉しい」と「楽しい」の違いとは何でしょう?

うれしい【嬉しい】

自分の欲求が満足されたと感じて、その状態を積極的に受け入れようとする気持だ。

「新明解国語辞典 第七版」

たのしい【楽しい・愉しい】

充足感が味わえるものとして、その状態を積極的に受け入れたい、出来ることならそれを持続したい気持だ。

「新明解国語辞典 第七版」

ともに「気持だ」という語尾がユニークな新明解の語義。わかるような、わからないような説明ですね。

ただよく見ると、楽しいの語義には「それを持続したい」という文言があります。

この「持続」というのが、嬉しいと楽しいの違いを考える上での一つのキーワードなのかもしれません。

例えば、次の使い分けを考えてみましょう。

オリンピックで金メダルを取れて嬉しい。
オリンピックのテレビ放送を見ることが楽しい。

嬉しいの方は結果に価値があり、楽しいの方はプロセスに価値がある。そう考えると嬉しいの方が感情としては貴重なのでしょうか?

ただ楽しいの方は「楽しむ」という動詞にすることができます。嬉しいという感情は向こうからやってくるのを待つしかありませんが、何かを主体的・積極的に楽しむことは私たちの心がけ次第。

そう考えると、楽しいという感情もまた私たちに与えられた大切な贈り物のように思えてきます。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


『The Japan Times On Sunday』を購読してみる

16082501

仕事の昼休みにまとまった英文が読みたいと思い、久しぶりに英字新聞を購読してみることにしました。

いろいろと比較検討の結果、選んだのはジャパンタイムズ(The Japan Times)が発行している『The Japan Times On Sunday』という週刊紙。

日刊紙にしてしまうと、未読がどんどん積み上がってしまうのではないかと思い、無難な週刊紙を選びました。

この『The Japan Times On Sunday』は一部28ページ。一面や興味のある記事はじっくり読んで、あとはパラパラ読み流す感じでしょうか。

いわゆる英語学習者向けの新聞ではないので、それなりに手応えはありますが、『Time』や『Newsweek』などの雑誌に比べれば読みやすい印象。

洋書を一冊読み終える達成感も大きなものですが、新聞だと隙間時間に完結した記事を読み終えることができるので、それはそれで別の達成感があります。

また今は何となくフィクションよりも、実際に世の中で起こっていることを追いかけたい気分なので、そういう意味でも新聞はベスト。

この記事を書いている2016年8月現在、購読料金は13週で3,343円となっています。

一部当たり300円弱ですので、英語の勉強ツールとしても、情報源としても、それなりにお買い得なのではないでしょうか。

最近は英文を読むときにスマートフォンやパソコンというケースが多かったので、久しぶりに新聞を眺めてみると、紙媒体は落ち着くなあというのが率直な感想。昼休みくらいは液晶から離れていたいという気持ちもあります。

コーヒーを飲みながら、紙面をパラパラとめくって、おもしろそうな記事を探す。集中して読むときもあれば、適当に流し読みをするときもある。そんな昼休みの過ごし方もよいものだと思います。

 
The Japan Times On Sunday | The Japan Times | 各紙ご紹介 | 英字新聞ジャパンタイムズ | The Japan Times PLUS


「煮る」と「茹でる」の違いとは?

16082401

帰省先から戻ってくる新幹線の中で、玉村豊男さんの『男子厨房学入門』という本を読んでいました。

その中に、玉村さんがメニューを考えるときには「肉か魚か」「和か洋か中か」「煮るか、茹でるか、焼くか、炒めるか、あげるか、蒸すか、ナマのまま食べるか」という3つの段階で考えるという話が出ていました。

なるほどと思いつつ、一つ疑問に思ったのは、

「煮る」と「茹でる」は何が違うのだろう?

ということ。

「味噌汁を煮る」「卵を茹でる」のように言葉としては使い分けるものの、実際にやっていることは同じなのでは?と思ってしまったのです。

そこでいつものように辞書の語義から見てみることにしました。

にる【煮る】

液体の中へ入れ、熱を通して柔らかく(どろどろに)する。〔狭義では、食品について言い、それに味をつけるまでをも指す〕

「新明解国語辞典 第七版」

ゆでる【茹でる】

熱湯の中へしばらく入れて煮る。うでる。

「新明解国語辞典 第七版」

これだけだとわかりにくいのですが、いろいろ調べてみるとキーワードは「味付け」であることがわかりました。

つまり、味付けをしないのが「茹でる」、味付けをするのが「煮る」という使い分け。

ただし野菜などの「塩茹で」という表現からもわかるように、茹でるの方も塩だけは追加することがあるようです。

英語ではどちらも boil としか表せないので、日本語ならではの繊細な表現と言えるのかもしれません。

 

男子厨房学(メンズ・クッキング)入門 (中公文庫)
玉村 豊男
中央公論新社
売り上げランキング: 27,284

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


でんでん虫について

photo credit: slowing down via photopin (license)

photo credit: slowing down via photopin (license)

先日ある本を読んでいたら、でんでん虫(かたつむり)のことを「電電虫」と表記しているのを見かけました。

最初は字面を見て「電電虫って何?」と思ったのですが、ほどなく「ああ、でんでん虫のことか」と気が付きました。

でんでん虫は漢字で書くと電電虫なのでしょうか?

あのツノから電気を出している訳でもないのに、そんな表記があるのかなあと思い、辞書を調べてみました。

でんでんむし

カタツムリの幼児語

「新明解国語辞典 第七版」

新明解には漢字表記が出ていません。

続いて語源由来辞典を調べてみると、でんでん虫というのは「出出虫(ででむし)」の変化した語だという説明が出ていました。

出出虫というのは(例えばツノを)出せ出せという意味であって、電電虫の意味ではないという記述まであります。

やはり電電虫という表記は間違いなのでしょうか?

しかし電電虫という表記も味があって捨てがたいので、もし「でんでん虫=電電虫」説があるなら、ぜひ聞いてみたいものです。

 
新明解国語辞典 第七版 公式アプリ 新明解国語辞典 第七版 公式アプリ
価格: ¥1,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


Auld Lang Syne

16082201

実家に帰省中、たまたま録画してあった「世界ふれあい街歩き」という旅番組を見ていました。

登場するのはニュージーランド南島のダニーデン(Dunedin)という街。昔、ここに半年ほど滞在していたことがあるので、変わらない街の様子を懐かしい気持ちで見ていました。

このダニーデンは19世紀にスコットランドからやってきた移民たちが開拓して作った街。番組内でその移民たちの心の支えになった歌として紹介されていたのが、この「Auld Lang Syne」でした。

日本では「蛍の光」として知られていますが、原曲で聴いてみると全然違ったイメージがあります。

ところでタイトルの auld lang syne というのは英語ではなさそうですし、いったい何語なのでしょう?

改めて調べてみると、これはスコットランド語(Scots)だということがわかりました。現代英語に直せば old long since となるようです。

日本では卒業式など別れのイメージが強い曲ですが、英語圏では新年のお祝いに歌われることも。

いずれにしても、世界中で最も親しまれている曲の一つであることは間違いないでしょう。久しぶりにしみじみと聴き入ってしまいました。


cialis viagra online accutane