cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.513 − Suomen historia(2)

17110901

昨日のエントリーに続いて『suomen mestari 3』より、フィンランドの歴史に関するテキストを読んでいきます。

フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)

長い間、スウェーデンの一部であったフィンランドは、1809年にロシアに併合されます。

Ruotsin vallan aika päättyi 1809, kun Suomi liitettiin Venäjään. Vaikka Suomi oli osa Venäjää, Suomella oli oma hallinto ja omat lait. Helsingistä tuli pääkaupunki. Euroopassa vallitsi kansallisromanttinen aate, joka vaikutti myös Suomessa: suomen kieli, taide ja kulttuuri kehittyivät voimakkaasti. Myös Kalevalan runot kerättiin 1800-luvulla. Kalevala on Suomen kansalliseepos.

スウェーデンによる支配の時代は、フィンランドがロシアに併合された1809年に終わった。フィンランドはロシアの一部ではあったけれども、フィンランドには独自の行政と法律があった。首都はヘルシンキになった。ヨーロッパには民族的ロマン主義の思想が広まり、それはフィンランドにも影響を与えた。フィンランド語、芸術と文化が力強く発展した。またカレワラの詩は1800年代に集められた。カレワラはフィンランドの民族叙事詩である。
フィン
päättyä end 終わる
liittää join, annex 併合する
oma own 自分の
hallinto administration 行政
laki law
vallita prevail 広まる
kansallisromanttinen National Romanticism 民族的ロマン主義
aate ideology 思想
vaikuttaa impact 影響を与える
kehittyä evolve 発達する
voimakas strong 力強い
Kalevala Kalevala カレワラ
runo poem, rune
kerätä collect 集める
kansalliseepos national epic 民族叙事詩

 

この時代のフィンランドはフィンランド大公国(Suomen suuriruhtinaskunta)と呼ばれ、ロシア皇帝がフィンランド大公を兼ねる形で統治されていました。

しかしさきほどの本文にもあるとおり、フィンランド人による自治が認められていたため、比較的のびのびとした時代だったようです。

それまでの首都であったトゥルクからヘルシンキに首都が移されたのは1812年のこと。ヘルシンキの首都としての歴史はまだ200年くらいなんですね。

また医師であったエリアス・リョンロート(Elias Lönnrot)がフィンランドの民族叙事詩『カレワラ』を出版したのもこの時期のこと。

この時期にフィンランド人としてのアイデンティティが形成され、ナショナリズムの機運が高まっていきました。この機運がやがて独立へとつながっていきます。

続きは明日のエントリーにて。


フィンランド語学習記 vol.512 − Suomen historia(1)

17110801

フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』にフィンランドの歴史をコンパクトにまとめた読み物がのっていました。

フィンランドの歴史をさっと俯瞰できるので、拙訳とともに紹介してみたいと思います。

まずは先史時代からスウェーデンによる支配の時代まで。

Suomea alettiin asuttaa kivikaudella noin 8 000 eaa., kun jääkausi oli loppunut. Rannikoille muutti vähitellen metsästäjiä ja kalastajia sekä idästä että etelästä. Noin 1 500 eaa. Suomessa aloitettiin maanviljejy. Suomi oli pitkään harvaan asuttu alue, jolla ei ollut hallitsijaa.

1100-luvulla ruotsalaiset saapuivat lännestä Suomeen ja alkoi Ruotsin vallan aika. Suomi oli osa Ruotsia noin 700 vuotta. Suomen pääkaupunki oli Turku. Ruotsi-Suomessa käännyttiin kristinuskoon 1200-luvulla. Mikael Agricola toi 1500-luvulla Suomeen luterilaisen uskon ja kehitti myös suomen kirjakielen.

フィンランドには氷河期が終わった紀元前8000年頃に人が住み始めた。沿岸には、東方や南方から猟師や漁師たちが移り住んできた。紀元前1500年頃にはフィンランドで農業が始まった。フィンランドは長い間、統治者のいない、人がまばらに住む土地であった。

1100年代にはスウェーデン人が西からフィンランドに辿り着き、スウェーデンによる支配の時代が始まった。フィンランドは約700年、スウェーデンの一部であった。フィンランドの首都はトゥルクだった。スウェーデン=フィンランドでは1200年代にキリスト教が広まった。ミカエル・アグリコラは1500年代にフィンランドにルーテル派の信仰をもたらし、フィンランド語の書き言葉も発達させた。

フィン
asuttaa inhabit, settle 居住する
kivikausi Stone Age 石器時代
eaa. BCE 紀元前
jääkausi ice age 氷河期
rannikko coast 沿岸
vähitellen gradually 少しずつ
metsästäjä hunter 猟師
kalastaja fisher 漁師
maanviljely farming, agriculture 農業
pitkään for a long time 長い間
harvaan asuttu sparsely populated まばらに住んでいる
alue area 地域
hallitsija monarch 君主
valta power 支配、力
osa part 部分
kääntyä turn, convert 回る、改宗する
kristinusko Christianity キリスト教
luterilainen Lutheran ルーテル派の
usko belief 信仰
kehittää develop 発達させる
kirjakieli literary language 書き言葉

 

ミカエル・アグリコラ(Mikael Agricola)フィンランド語の書き言葉の父と呼ばれるルーテル派の牧師。彼は新約聖書をフィンランド語に翻訳するため、フィンランド語の書き言葉を統一する作業を行いました。

数年前にヘルシンキの大聖堂を訪れた際、聖堂の中にアグリコラの立派な像があったことを覚えています。

アグリコラがフィンランド語の書き言葉についてまとめた『ABCkiria』の初版本を出したのは1543年。よって自分たちが今学んでいるフィンランド語の書き言葉というのは、まだ500年に満たない歴史しかありません。

このような記述を見ると、フィンランドというのは本当に新しい国なのだということがわかります。

長くなったので、続きは明日のエントリーにて。


フィンランド語学習記 vol.511 − 悪夢

17110701

みなさんが見る夢は、良い夢が多いですか? それとも悪い夢が多いですか?

フィンランド語学習者のためのやさしいフィンランド語によるニュースサイト「Yle Uutiset selkosuomeksi」にそんな夢に関する興味深いニュースが出ていたので紹介してみたいと思います。

Painajaisunista laaja tutkimus

Moni suomalainen aikuinen näkee painajaisunen ainakin yhden kerran kuukaudessa. Uusi tutkimus kertoo, että noin puolet aikuisista näkee painajaisen joka kuukausi. Painajainen on paha uni, joka ahdistaa.

Tutkimuksen mukaan painajaisten näkeminen lisääntyy, kun ihminen vanhenee. Sadat tuhannet suomalaiset näkevät painajaisia joka viikko.

Tutkija arvioi, että painajaisunia nähdään silloin, jos elämässä ei ole kaikki hyvin.

Uudessa tutkimuksessa tutkittiin painajaisia 40 vuoden ajalta. Mukana oli kymmeniä tuhansia suomalaisia.

悪夢に関する幅広い研究

多くのフィンランド人の成人は少なくとも月に一回は悪夢を見る。新しい研究によれば、約半数の成人は毎月悪夢を見る。悪夢(painajainen)とは、人を悩ませる悪い夢のことである。

研究によれば、悪夢を見る回数は年をとるにつれて増える。何十万というフィンランド人は毎週、悪夢を見る。

研究者は、人生があまり上手くいっていないと、人は悪夢を見ると推定した。

新しい研究では、40年の間悪夢を研究している。何万人ものフィンランド人がそこに関わった。

フィン
painajaisuni nightmare 悪夢
laaja broad 広い
tutkimus research 研究
aikuinen adult 大人
ainakin at least 少なくとも
paha bad 悪い
uni dream
ahdistaa distress 悩ませる
〜mukaan according to〜 〜によれば
lisääntyä increase 増える
vanheta age 年をとる
tutkija researcher 研究者
arvioida estimate 推定する
tutkia examine 研究する

 

年をとると悪夢を見る回数が増えるというのは、本当なら恐ろしいこと。

私自身も年に数回くらいは悪夢を見ることがありますが、その頻度はこれからどんどん増えていくのでしょうか?

悪夢ばかり見ていると、夜眠るのが怖くなってしまいそうで心配です。

また毎週悪夢を見るフィンランド人が何十万もいるというのはびっくりする話。

(人口500万+の国なのに!)

もしも夢をコントロールする装置を発明することができれば、パソコンやスマートフォンと同じレベルで世界を席巻する大ヒット商品になるのかもしれませんね。

 
Yle Uutiset selkosuomeksi | Yle Uutiset | yle.fi


フィンランド映画祭2017で『ペット安楽死請負人』を観てきました。

17110601

現在六本木で開催中の「フィンランド映画祭 2017」。

フィンランド映画祭 2017

二日目の昨日は13:30からの『月の森のカイサ』に続いて16:00より『ペット安楽死請負人』を観ました。ずいぶんと物騒なタイトルの映画ですが、いったいどんな内容なのでしょう?

あらすじは映画祭の公式ホームページより。

ペット安楽死請負人
Armomurhaaja/Euthanizer

今秋トロント国際映画祭でワールドプレミアを行い、第30回東京国際映画祭でも上映される「ワンダフル・ワールド」(Lovemilla フィンランド映画祭2015上映)監督の最新作。フィンランド本国では11月24日に公開される。製作ヤニ・ペセ、監督テーム・ニッキのコンビによる長編映画3作目にあたる本作は前作とは全く異なるジャンルに挑戦している。“痛みには常に理由がある”と語り、ペットの安楽死サービスを副業とするメカニックがペットを虐待する人々を処罰していくというストーリー。アキ・カウリスマキ監督の「浮き雲」「街のあかり」で知られるフィンランドで最も著名な名脇役マッティ・オンニスマーを主役に迎え、テーム監督自ら動物を抱えたダーティーハリーのような作品と語る。70年代カルト映画へスローバックしたノワール映画にして、スタイリッシュなグランジ・ムービー。

本作の主人公ヴェイヨは、フィンランドの小さな町で住人から報酬と引き換えにペットの安楽死を請け負っています。

安楽死という言葉の響きから、映画を観る前は、未来が見えないような重い病気にかかった動物が対象なのだろうと思っていました。

しかし実際には、獣医に連れて行くとお金がかかりすぎる、あるいは単に世話をするのが面倒になってしまった、そんな浅薄な理由でペットを連れてくる人もいます。安楽死云々というよりは単にペットを処分してほしいという人々です。

主人公のヴェイヨはそんな理不尽な依頼を淡々と請け負う、、、のではなく、それらの動物が抱えてきたであろう苦しみをちょっと過激な方法で飼い主に味わってもらったり、一度は処分を請け負った犬を愛情から自分の飼い犬にしてしまったり。どちらかといえば慈悲的なキャラクターとして描かれています。

この段階において、私たち観客は彼の行動を「正しい」ものとして理解しています。

ところが、末期の病で入院している父親との複雑な関係性が明らかになり、物語の後半で彼が暴走し始めるとき、彼の行動は依然として「正しい」ものの、正しい行動というのは現実の社会において必ずしも正しくはないという矛盾に気づき始めます。

スリリングな展開の中に、人間の業と偽善を暴いた一種の哲学的な映画になっているのかなと思いました。

なお映画が終わった後にはプロデューサーのヤニ・ペセさんによるティーチ・インがありました。

その中で印象に残ったのはランボーは映画の中で150人の人を殺しても問題にならないが、一匹の犬を殺したら問題になるだろうという言葉。

そこにある「矛盾」はこの映画のテーマとリンクしています。その理由を上手く言葉にすることはできないのですが、私たちが普段疑いなく信じているこの世界の前提のようなものを強く揺さぶってくる、そんな力のある作品だったと思います。


フィンランド映画祭2017で『月の森のカイサ』を観てきました。

17110501

昨日から始まった「フィンランド映画祭 2017」の二日目。

フィンランド映画祭 2017

今日はまず13:30より『月の森のカイサ』という作品を観ます。こちらはスカンジナビア半島の先住民族であるサーミの人々についてのドキュメンタリー。

あらすじは映画祭の公式ホームページより。

月の森のカイサ
Kuun metsän Kaisa/ Kaisa’s Enchanted Forest

スイスの作家ロベール・クロットエ(1908 − 1987)は、1930年代、かねてより夢見てきたフィンランド北部のスコルト・サーミ部族に会うために、北に向かって旅に出る。彼の想いは部族に受け入れられ、スコルトの長老カイサと緊密な友情を育んでいく。カイサはクロットエに部族の豊かな伝説と伝記を外部に伝承することを許可する。これはクロットエと脆弱な部族との生涯にわたる関係の始まりでもあった。クロットエの書籍、写真、ビデオ、音声テープを使用して、カイサ自身の子孫カトゥヤ・ガウリロフによる本作は、異なる二つの文化の出会いと二人の友情についての詩的な探求である。それは真実とフィクションの境界にあり、スコルトの伝説とカイサの気まぐれな音楽をアニメーションで表現するなど、フィンランドの遥か北の地方にひっそりと生きる人々の暖かく愛に満ちたポートレートである。

あらすじによると本作はサーミの長老の子孫が記録したドキュメンタリーであるとのこと。どんな内容なのか俄然気になります。

映画の冒頭、スコルト・サーミ(Skolt Sami)の伝説がアニメーションで語られていきます。しかしその物語は完結せず、映画は本作の語り部である作家ロベール・クロットエ(Robert Crottet)のライフヒストリーへと移っていきます。

幼い頃に母親を亡くした彼がなぜ北の文化に惹きつけられたのか、その核心部分は語られることがないのですが、同じように北の文化に魅力を感じる自分のような人間にとっては理屈抜きに共感できる部分がありました。

物語はまだ平和な時代のスコルト・サーミの人々とクロットエの交流、そこから戦争の時代へと進んでいきます。

ちょうど今、読んでいる『物語 フィンランドの歴史』というフィンランド史の入門書にも詳しくは出てこなかったサーミの人々と戦争との関わりがリアリティを持って語られます。

 

物語 フィンランドの歴史 - 北欧先進国「バルトの乙女」の800年 (中公新書)
石野 裕子
中央公論新社
売り上げランキング: 2,632

 
本作の元になっている映像はクロットエのパートナーが私的に撮影した過去のフィルムが元になっているとのこと。その古いフィルムの質感とフランス語の静謐なナレーションがあいまって、ドキュメンタリー映画というより、私的な記録映画を見ているような気分になります。

またこれまでサーミの言葉をきちんと聞いたことがなかったので、その言葉の響きを味わうことができたのも、言葉好きの自分にとっては嬉しいことでした。

いわゆる「北」の歴史や文化に興味のある人にはオススメの作品だと思います。


フィンランド映画祭2017で『マイアミ』を観てきました。

17110401

今日11月4日(土)から11月8日(水)までの5日間、六本木のTOHOシネマズにて「フィンランド映画祭 2017」が開催されています。

フィンランド映画祭 2017

今回の映画祭で上映される作品のリストは次のとおり。

フィン
ペット安楽死請負人 Armomurhaaja Euthanizer
マイアミ Miami Miami
リトル・ウィング Tyttö nimeltä Varpu Little Wing
月の森のカイサ Kuun metsän Kaisa Kaisa’s Enchanted Forest
ラップランドの掟 Armoton maa Law of the Land
希望のかなた Toivon tuolla puolen The Other Side of Hope

 

オープニング作品の『ペット安楽死請負人』は明日観る予定なので、今日は夕方16時からの『マイアミ』を観てきました。

あらすじは映画祭の公式ホームページより。

マイアミ
Miami/Miami

離れ離れに育った二人の姉妹の物語。姉のアンジェラはナイトクラブを周る奔放なショー・ダンサー。恥ずかしがりやの妹のアンナは小さな町のパン屋で働いている。父親の死後、不安が募るアンナはアンジェラを見つけ再会を果たす。魅惑的で自信に満ち溢れたアンジェラは彼女のツアーに同行するよう臆病なアンナに尋ね、二人の旅が始まった。アンナはアンジェラが過去からの苦悩を抱えていることなど知る由もなかった。旅は互いを必要としていたが、姉妹の絆が試される事態に直面する。監督はフィンランド映画界期待のザイダ・バリルート。彼女の他の監督作は「僕はラスト・カウボーイ」(フィンランド映画祭2010上映)、「グッド・サン」(フィンランド映画祭2011上映)がある。平和と安定を求めて葛藤する機能不全の家族を常に探求している。

若手の俊英として知られるザイダ・バリルート監督の名前は聞いたことがあったものの、作品はまだ見たことがなかったので、楽しみにして来ました。

事前情報なしに映画を観たので、何となく姉妹がフィンランドを旅するロードムービーなのかなと思っていたのですが、実際には事件が事件を呼ぶサスペンス映画。

物語の途中で起こる大事件からラストのどんでん返しまでは、一気に突き進むジェットコースタームービーという感じ。いつの間にか時間を忘れて映画の世界に入り込んでいました。

また主役の姉妹を演じた二人の女優、姉アンジェラ役のクリスタ・コソネン(Krista Kosonen)と妹アンナ役のソニア・クイッティネン(Sonja Kuittinen)のコンビがとても素敵で印象に残りました。

特に妹役のソニア・クイッティネンは映画の最初と最後では全く別人なのではないかと思うくらい表情がくるくると変わっていって、その一コマ一コマがとても魅力的。映画が終わった後に近くの席の人が「アンナ、かわいかったねー」と呟いていたので、心の中で思わず「うんうん」とうなずいてしまいました。

とりあえず初日はこの作品のみ。二日目の明日は二作品を観る予定です。


cialis viagra online accutane