cialis viagra online accutane

sensible と sensitive の違いとは?

15021001

ともに sense(感覚)という単語から派生した sensible と sensitive の違いとは何でしょう?

なかなか紛らわしい単語のペアなので、それぞれの中核の意味を考えながら違いを探ってみたいと思います。

sensible

(of people and their behavior) able to make good judgements based on reason and experience rather than emotion; practical

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

sensible は「分別のある、思慮深い」の意味。

例えば、大きな決断を迫られる局面において、取り乱すことなく冷静な判断をすることができる。組織のリーダーには欠かせない資質と言えるのではないでしょうか。

それだけに sensible な人というのは、仕事ができる人というイメージがあります。

sensitive

aware of and able to understand other people and their feelings

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」

sensitive は「敏感な」の意味。

目の前にいる人が今どんなことを感じているのか、それを感じ取る能力というのは、人間関係を構築する上で欠かせないスキルの一つと言えるでしょう。

それだけに sensitive な人というのは、気配りができる人というイメージがあります。

すなわち他人の気持ちに sensitive であり、かつ物事の判断において sensible な人がいたら、最強のビジネスパーソンになる訳ですが、そんな人はいったいどれくらいいるものでしょうか?

 
Oxford Advanced Learner’s Dictionary, 8th edition Oxford Advanced Learner’s Dictionary, 8th edition
価格: ¥3,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


来者可追

15020901

来者可追【らいしゃはおうべし】

【意味】将来のことはまだ間に合う。これからどうしたらいいか、考えてみることが大切だということ。

「四字熟語の辞典」

眼前の仕事に没頭しているときには、地に足をつけている感覚があるのに、休日に気持ちが緩んだときに、過去の記憶が蘇ってきて「あのときああしていれば」と後悔したり、気持ちが不安定になったりすることはありませんか。

そんな時には、今日という一日がこれからの人生の起点であるという意識を持つようにしています。

来るべき時間に意識を集中する。

そのために過ぎ去った時間を一旦切り離す。

若いときにはあまり考えなかったことですが、年を重ねるほどに、前に進むためには様々なものを切り離していかなければならないという感覚が強くなっているような気がします。

過去がどのようなものであったとしても、これからの人生は自分の力で動かしていくことができる。そんな感覚を取り戻して、また新しいステージに進んで行きたいものですね。

 
四字熟語の辞典 四字熟語の辞典
価格: ¥600(記事公開時)
カテゴリ: ブック, 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る


鯨構文の世界

photo credit: nob baleiando via photopin (license)

photo credit: nob baleiando via photopin (license)

一昔前(?)の受験英語の定番にいわゆる「鯨構文」というものがあります。

A whale is no more a fish than a horse is (a fish).

(鯨が魚でないのは馬が魚でないのと同じことである。)

「ロイヤル英文法」

A is no more B than C is D(AがBでないのはCがDでないのと同じ) という構文の例として、上記の例があまりにも有名になったため、構文自体が鯨構文と呼ばれるようになったんですね。

ただし A is no more B than C is D の用例を様々な辞書から拾ってみると、鯨以外にもさまざまなバリエーションがあって面白いのでいくつか紹介してみたいと思います。

A bat is no more a bird than a mouse (is).

(こうもりが鳥でないのはねずみが鳥でないのと同じである。)

「ジーニアス英和大辞典」

馬が魚でないというのも唐突ですが、ねずみが鳥でないというのも負けずに唐突ですね!

A watermelon is no more a fruit than a tomato is.

(トマトと同じく、スイカも果物ではありません。)

「英辞郎」

「なぜスイカは果物じゃないの?」と子どもに聞かれて、「トマトが果物じゃないのと同じことさ」と答えたら納得してくれるでしょうか?

I can no more play the piano than speak Latin.

(ラテン語が話せないのと同じで私にピアノなど弾けない。)

「ウィズダム英和辞典 第3版」

この世界には、ラテン語を話せる人よりピアノを弾ける人の方が多いんでしょうね。おそらく。。。

A home without love is no more a home than a body without a soul is a man.

(愛のない家庭が家庭でないのは、魂のない体が人間でないのと同じである。)

「ロイヤル英文法」

急に深遠な世界になりました。愛のない家庭は、魂のない体のようなものであると。

He is no more a god than we are.

(彼は我々も同様神ではない。)

「熟語本位英和中辞典」

最後に80年前の辞書「熟語本位英和中辞典」より。

最初はどういう意味?と思ったのですが、よく考えてみるとこれは励ましの言葉なんですね。

英語がペラペラの人に出会って「自分はまだまだだなあ」と思ったときにはこの文を思い出すようにしましょう。

以上、いわゆる鯨構文のさまざまなバリエーションを紹介してみました。

この構文の面白いところは、後半にどんなあり得ない例を入れても成り立つということ。

「馬は魚でない」のように唐突であればあるほど説得力が生まれる珍しい例だと言えるでしょう。

 
ロイヤル英文法改訂新版 ロイヤル英文法改訂新版
価格: ¥1,600(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 
ウィズダム英和・和英辞典 2 ウィズダム英和・和英辞典 2
価格: ¥2,900(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る


mansplain − Macquarie Dictionary Word of the Year 2014

15020701

以前の記事で2014年の Oxford Dictionaries Word of the Year に vape という単語が選ばれたという話題を紹介しました。

vape − 2014 Oxford Dictionaries Word of the Year

そして今回紹介するのは2014年の Macquarie Dictionary Word of the Year。

Macquarie Dictionary? 聞いたことがないなあ。。。という人もいるでしょう。

Macquarie Dictionary というのは Made in Australia の英語辞書。

オーストラリアの書店の辞書コーナーに行くと、大抵 Oxford や Longman など英米の有名ブランドと並べて置いてあるのを見ることができます。

さて、今回の投票では有識者の投票による Committee’s Choice winner と一般の投票による People’s Choice winner という二つのカテゴリーで単語が選ばれました。

今回面白い単語だなあと思ったのは Committee’s Choice winner に選ばれた mansplain という単語。

mansplain

verb (t) Colloquial (humorous) (of a man) to explain (something) to a woman, in a way that is patronising because it assumes that a woman will be ignorant of the subject matter.

[MAN + (EX)PLAIN with s inserted to create a pronunciation link with explain] –mansplaining, noun

Macquarie Dictionary「Winning Word of the Year 2014」より

mansplain というのは「男性が女性に話をするときに、女性がその話題には無知であると推測し、見下した感じで説明をする」の意味。

それだけのニュアンスが man と explain の合成語である mansplain 一語の中に込められているんですね。

まあ男性的には「ひえー」という単語ではあるのですが、男女間コミュニケーションの一つの側面を的確にとらえた面白い表現だと思いました。


ふつう配偶者は自分で見つけるので

15020601

日本で発売されている英和辞書には、どれもそれぞれの面白さがあります。

最近よく引いている『アンカーコズミカ英和辞典』で気に入っている点の一つは、時々出てくる「解説」という名のミニコラム。

この「解説」では辞書のレベルを超えた、様々な知恵を授けてくれます。

例えば、date の項目にはこんな解説が。

(解説)デートについて

(1)英米の若者は日本の若者よりも異性とのデートを早い時期に始めることが多い。早い人は小学校の高学年から、一般的には中学校の初期のころから始める。

(2)英語圏の国には日本の「見合い」のような習慣がなく、また、ふつう配偶者は自分で見つけるので、「デート」はそのための真剣な機会となる。

「アンカーコズミカ英和辞典」

「ふつう配偶者は自分で見つけるので」とか「デートはそのための真剣な機会となる」という生真面目な物言いに何ともいえないおかしさを感じてしまいます。

これが50年前の辞書ならわからなくもないのですが、現代の辞書にこういう解説をのせてしまうという素敵なアナクロニズム。

誰がこの情報を必要としているの?などと野暮なことを言うのはやめて、楽しんでしまいましょう。

 

アンカーコズミカ英和辞典
学習研究社
売り上げランキング: 48,129

We must either love each other, or we must die.

15020501

1964年のアメリカ合衆国大統領選挙は、ジョン・F・ケネディの後を継いで当時現職の大統領であった民主党のリンドン・ジョンソン(Lyndon Johnson)と共和党のバリー・ゴールドウォーター(Barry Goldwater)の間で争われました。

その際に民主党がゴールドウォーターへのネガティブキャンペーンとして作成したテレビコマーシャルが、いわゆる「Daisy Spot」として後に有名になった動画。

女の子がヒナギクの花びらを一枚、二枚と数えながら取っていきます。 ちょっと数の数え方も覚束ない感じ。

九枚くらいまで数えたところで、男性の声でカウントダウンが始まり、カメラは女の子の瞳の中へズームイン。

ゼロの掛け声とともに核爆発の様子が映し出されます。

そこに流れる次のようなナレーション。

These are the stakes. To make a world in which all of God’s children can live, or to go into the dark. We must either love each other, or we must die.

Wikipedia「Daisy (advertisement)」より

当時は冷戦のまっただ中。

ベトナム戦争に対する強硬派であったバリーウォーターと核戦争のイメージを重ねたのでしょうが、今考えるとよくこんなCMが許されたなという気がします。

このCMが放映されたのが、今から約40年前。

当時と比べて、世界の終末はより近づいたのでしょうか? それとも遠ざかったのでしょうか?


cialis viagra online accutane