cialis viagra online accutane

フィンランド語学習記 vol.113 − 飲み物の名前

photo credit: Etolane via photopin cc

Haluan juoda kahvia(コーヒーが飲みたい)

フィンランド語でコーヒーは kahvi(カハヴィ)。しかし上の文をよく見ると、kahvi の後ろに[-a]という語尾が付いています。

この kahvia は、kahvi が格変化した形。

[主格]kahvi
[分格]kahvia

フィンランド語では、いわゆる数えられない名詞(不可算名詞)が文の目的語として使われるときには分格になるというルールがあります。

[参考]フィンランド語学習記 vol.112 − 目的語の格変化 | Fragments

コーヒーのような飲み物は数えられない名詞の典型。従って分格になることもしばしば。

そんなこともあり、先日のフィンランド語教室では飲み物の名前を使って分格を作る練習をしました。

これは飲み物の名前も覚えることができて一石二鳥。

そこで今回はフィンランド語の飲み物の名前を主格と分格の両方で見てみましょう。

フィン(主格) フィン(分格)
1 kaakao kaakaota cocoa
2 kahvi kahvia coffee
3 limu limua soda
4 maito maitoa milk
5 mehu mehua juice
6 olut olutta beer
7 piimä piimää sour milk
8 punaviini punaviiniä red wine
9 siideri siideriä cider
10 tee teetä tea
11 valkoviini valkoviiniä white wine
12 vesi vettä water


7)piimä は「発酵乳」の意味。Wiktionary には次のような説明が出ていました。

A type of cultured milk typical for Nordic countries; the texture and taste resemble kefir but piimä is thicker and the bacteria used in the fermentation process are different.

(北欧の典型的な発酵乳の一種。舌触りや味はケフィアに似ているが、piimä はより濃く、発酵の過程で使われているバクテリアも異なる。)

Google画像検索に piimä と入れると、パッケージの写真がたくさん出てきます。しかしこればかりは飲んでみないとよくわかりませんね。

9)siideri は「シードル(りんご酒)」の意味。

シードル(cidre)というのはフランス語の発音で、英語読みではサイダー(cider)となります。

「サイダー」という語の定義は国によって異なり、日本では無色の炭酸飲料、北米ではリンゴ果汁、ヨーロッパではリンゴ酒の意味になるのだとか。

リンゴジュースのつもりで飲んだらお酒だったというのは、びっくりしてしまいますね。

以上、今回はフィンランド語の飲み物の名前を紹介しました。

いつかフィンランドに行くことがあったら、せっかくなので日本では飲んだことのないものを飲んでみたいですね。


ある手っ取り早い問題解決の方法 − from ‘problem’ to ‘challenge’

problem

a thing that is difficult to deal with or to understand

『Oxford Advanced Learner’s Dictionary』

私たちの日常にはさまざまな問題(problem)が山積み。

仕事や私生活で、解決するべき問題を抱えていない人の方が珍しいくらいでしょう。

そんな problem に関する面白い記事が『Critical Pages』というウェブサイトにのっていました。

“Problem” (n.) May Be Dropped from Dictionary | Critical Pages

Problem — the word that Google defines as “a matter or situation regarded as unwelcome or harmful and needing to be dealt with and overcome” is fading from the dictionary.

(グーグルが「歓迎されないか、有害とみなされ、対処克服すべき事柄や状況」と定義する problem という単語は辞書から消えつつある。)

「辞書から消えつつある」というのは、一種の比喩であり、problem という単語そのものが消えつつあるということではありません。

それでは problem という単語はどこから消えつつあるのでしょうか?

例えばあなたが属している組織が何か深刻な problem を抱えているとき、それをそのまま公にすれば、組織自体の信用に関わります。思いもよらぬバッシングや批判の対称になることもあるでしょう。

To avoid these kinds of disasters, business and the armed forces, as well as the government agencies and virtually all academic institutions, have quietly done away with the word problem and all its synonyms. In it’s place they now use challenge or issue.

(これらの災難を避けるため、企業や軍隊、そして政府機関やほとんど全ての大学機関は、problem という単語とその同義語を使うのを密かに止めてしまった。その代わりに今は challenge や issue という語を使っている。)

challenge というのは言い得て妙な表現だと思います。例えば現代日本が抱える、

  • 財政赤字
  • 少子高齢化
  • エネルギー政策

といった課題にしても、problem というより challenge と言った方がポジティブなイメージがありますね。

いかにも現代的なニュースだと思いますが、これは単なるごまかしやすりかえの問題とも言い切れません。

特にどこかの国のように、代案を伴わない非建設的な批判、足の引っ張り合いが横行している社会においては、ポジティブな世論形成に寄与する表現を選択することも、時に必要なのではないでしょうか。

いずれにせよ解決しなければならない問題ならば、前向きに取り組んでいきたいものだと思います。


脳トレーニングとしての外国語学習

英『BBC News』のウェブサイトに、バイリンガル(二言語話者)の人は認知症の発症が遅れるという記事が出ていました。

BBC News – Speaking a second language may delay dementia

People who speak more than one language and who develop dementia tend to do so up to five years later than those who are monolingual, according to a study.

(ある研究によると、2つ以上の言語を話す人は、1つの言語しか話さない人と比べて、認知症の発症が最大5年程度遅れる傾向がある。)

外国語の使用には思わぬ副産物があるということでしょうか。

実際、外国語を使っているときというのは、脳の普段使っていない部分を絞っているような感覚がありますね。

そのことは脳のトレーニングにもつながっているようです。

The researchers suggested bilingual switching between different sounds, words, concepts, grammatical structures and social norms constituted a form of natural brain training, which was likely to be more effective than any artificial brain training programme.

(研究者たちは、二言語間で「音声、単語、概念、文法構造、社会規範」を切り替えることは、自然な脳トレーニングになると提唱している。それはどのような人工的な脳トレーニングよりも効果的であるとみなされている。)

一時期、日本でも脳トレーニングがブームになったことがありました。

このニュースを見る限り、脳トレーニングの代わりに「新しい外国語を学んでみよう!」という発想もありなのかもしれません。


フィンランド語学習記 vol.112 − 目的語の格変化

photo credit: *Kicki* via photopin cc

フィンランド語教室45週目のレポート後編です。

[前編はこちら]フィンランド語学習記 vol.111 − 存在文のつくり方 | Fragments

存在文に続いて、この日は目的語の格変化について習いました。

例えば「本を読んだ」と言いたいとき、フィンランド語ではどのように表すのでしょうか。

Luin kirjan.(私は本を読んだ。)
*lukea(読む)、kirja(本)
*luin は lukea の一人称過去形

目的語の kirjan は、kirja が格変化した形。

[主格]kirja(本は)
[対格]kirjan(本を)

対格というのは「〜を」を表すフィンランド語の格変化。

でもちょっと待ってください。「〜を」表す格変化といえば、これまでは分格だったはず。

対格と分格の違いとは何でしょう? ここには次のような使い分けのルールがあります。

行為が完了する場合は対格、完了しない場合は分格を用いる。

本の例文に当てはめれば、本を読み終わる場合は対格、読み終わらない場合は分格を用いるということになります。

読み終わらない場合(分格)の文も見てみましょう。

Luin kirjaa.(私は本を読んでいた。)
[主格]kirja(本は)
[分格]kirjaa(本を)

この文の私はあくまで「本を読んでいた」のであって、「本を読み終わった」のではありません。すなわち目的語を分格の形にすることによって、進行形の意味を表しています。

この形はもともと読み終わることを前提としない本を読む際にも適用します。

Luin sanakirjaa.(私は辞書を読んでいた。)
*sanakirja(辞書)

ここでうっかり対格を使って「Luin sanakirjan.」と言ってしまうと、辞書を一冊きちんと読み終わったという意味になるとのこと。(もちろん絶対にあり得ないことではないのですが。)

なおここまでの話はあくまで目的語が数えられる名詞(可算名詞)の場合です。数えられない名詞(不可算名詞)の場合は、行為完了の有無に関わらず分格を使いましょう。

Join kahvia.(私はコーヒーを飲んだ。)
*juoda(飲む)、kahvi(コーヒー)
*join は juoda の一人称過去形

ここでもし対格を使って「Join kahvin.」と言ってしまうと、あらゆるコーヒーを飲み尽くしたという意味になってしまうのでしょうか? 語尾を一文字変えるだけでそんなニュアンスが表現できるのだとしたら、それはそれで面白いことですね。

 

まとめ

フィンランド語の目的語の格を決めるときには、

  • 可算/不可算
  • 全体/部分

という2つの要素を検討して格を決定しなければなりません。

数えられる名詞
(可算名詞)
数えられない名詞
(不可算名詞)
行為が完了(全体) 対格 分格
行為が未完了(部分) 分格 分格

 

これはちょっと大変ですね。

ただしこれは日本語にも英語にもない要素ですし、イメージを膨らませるのはそれなりに楽しい作業だと思いました。せっかく新しい言葉を習うのですから、これまでには思いもよらなかった「世界の切り取り方」に出会ってみたいものです。


フィンランド語学習記 vol.111 − 存在文のつくり方

photo credit: *MarS via photopin cc

フィンランド語教室45週目のレポート前編です。

まずは前回習った「A olla B」構文の復習。

[参考]フィンランド語学習記 vol.107 −「A olla B」構文における補語の格変化 | Fragments

続いて存在文のつくり方を習いました。

存在文とは「〜に〜がある」という意味を表す文。英語の「there is〜.」構文をイメージしてもらうとよいでしょう。

There is a book on the table.(テーブルの上に本がある。)

同じ意味をフィンランド語で表すと、いったいどのようになるでしょうか。

Pöydällä on kirja.(テーブルの上に本がある。)
*pöytä(テーブル)、kirja(本)

冒頭の単語 pöydälla は、pöytä が格変化した形。

[主格]pöytä(テーブルは)
[接格]pöydällä(テーブルの上に)

接格というのは「〜の上に」を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-lla/llä]を付けて表します。

ここまでは特に問題なし。

もう一つの文を見てみましょう。

Lasissa on vettä.(グラスの中に水がある。)
*lasi(グラス)、vesi(水)

冒頭の単語 lasissa は、lasi が格変化した形。

[主格]lasi(グラスは)
[内格]lasissa(グラスの中に)

内格というのは「〜の中に」を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-ssa/ssä]を付けて表します。

また文末の単語 vettä は、vesi が格変化した形。

[主格]vesi(水は)
[分格]vettä(水は)

分格というのは、幅広い意味を表すフィンランド語の格変化。語尾に[-a/ä][-ta/tä][-tta/ttä]のいずれかを付けて表します。(*分格の意味は後述します。)

わかりやすくするため、もう一度二つの文を並べてみましょう。

1)Pöydällä on kirja.(テーブルの上に本がある。)
2)Lasissa on vettä.(グラスの中に水がある。)

1の文では kirja は主格のままですが、2の文では vesi は分格(vesi → vettä)に格変化しています。これは次のようなルールによるもの。

存在文においては、主語が数えられる名詞(可算名詞)のときは主格、数えられない名詞(不可算名詞)のときは分格になる。

ここでの分格は、グラスの中に水の「一部分」が入っているというイメージでとらえるとよいと思います。一方、テーブルの上にあるのは本の「一部分」ではありません。

ここまでを見ると、存在文をつくる際には、数えられない名詞は数えられる名詞より扱いが難しいという印象があります。

しかしこの難易度はすぐにひっくり返ってしまいます。

主語が数えられる名詞であっても、分格になるケースを二つ紹介しましょう。

3)Pöydällä ei ole kirjaa.(テーブルの上に本はない。)
4)Pöydällä on kirjoja.(テーブルの上に本が何冊かある。)
[単数分格]kirjaa
[複数分格]kirjoja

3の文では kirja は分格(kirja → kirjaa)、4の文では複数分格(kirja → kirjoja)に格変化しています。これは次のようなルールによるもの。

存在文においては、主語が数えられる名詞(可算名詞)であっても否定文のときは単数分格、また主語が複数のときは複数分格になる。

本のあるなしを話しているだけなのに一筋縄ではいきませんね。

分格のつくり方は、フィンランド語の他の格変化とは異なる独自のルールを持っているため、覚えるのがやや大変。

ただし最近習った単元ではあらゆるところに分格が登場するため、もう一度つくり方をきちんと復習しなければなりません。

分格という概念が、フィンランド語を学ぶ上での一つの鍵のように思えてきた今日この頃です。


フィンランド語学習記 vol.110 − elämä

フィンランド語で「人生」は elämä(エラマ)。

iPhone のフィン・英辞書アプリ『MOT Finnish-English』で elämä を調べたところ、さまざまな用例がのっていたので、いくつか紹介してみたいと思います。

Elämä on kovaa.
(Life is hard. It’s a dog’s life.)
*kova(難しい)

フィンランドでも、人生は一筋縄ではいかないようですね。

ちなみに “dog’s life” というのは、しんどい生活を表す英語のイディオムです。

elämän tarkoitus
(the meaning of life, reason for living)
*tarkoitus(意味、目的)

フィンランドの人も、人生の意味や目的を考えずにはいられないということでしょうか。

こちらに発音をアップしてくれている人がいました。ラテン語のような格調高い響きがありますね。

Elämä ei ole pelkkää ruusuilla tanssimista.
(Life isn’t always a bed of roses.)
*pelkkä(〜だけ)、ruusu(バラ)、tanssiminen(ダンス)

英訳は “Life isn’t always a bed of roses.” となっていますが、原文のフィンランド語の中に bed に当たる単語はありません。

そのまま訳すと「人生はバラの上で踊るだけではない」という感じでしょうか。

おそらく「人生はいいことばかりじゃない」という意味の定型表現なのでしょう。日本語でこれに類する表現はあるかな?としばらく考えてみたものの結局思い付かず。「人間万事塞翁が馬」とは少し意味が違いますね。

以上、今回はフィンランド語の elämä の用例をいくつか紹介してみました。

こうして見ると、お国が違えど、人生の有り様にそうそう違いはないということなのかもしれません。

MOT Finnish-English MOT Finnish-English
価格: ¥1,000(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, ビジネス
App Storeで詳細を見る


cialis viagra online accutane