cialis viagra online accutane

About

Posts by :

英文速読の技術 − スキミングとスキャニング

photo credit: *Kicki* via photopin cc

ノンネイティブである私たちが短時間に大量の英文を読もうとするとき、そこには何らかの戦略が必要になってきます。

もちろん愚直に一文ずつ文章を読みすすめていくことが悪い訳ではありません。

しかしおそらく、それだけではどこかの段階で壁にぶつかってしまうことになるでしょう。

例えば、海外の大学に留学した場合、1週間に数百ページもの課題を読んだり、それに基づいてレポートを書いたりすることになります。

よほど語学の才能に恵まれている人は別として、頑張りだけではどうにもならない段階というのがいつか訪れます。

そこまで大きな話でなくても、例えば TOEIC や英検などの試験でいつも時間が足りなくなってしまうという人もいるでしょう。

そんな時に役立つのが速読の技術です。

今回はその中からスキミングとスキャニングという技術を紹介してみたいと思います。

 

スキミング(skimming)

スキミングは、文章の要点をすくい取り、全体の大意を理解するための技術です。

要点だけを押さえながら読んでいくことになるので、当然読解のスピードはあがります。

それではどこが要点なのかは、どのように判断すればよいのでしょう?

これは一概には言えませんが、一つ確かなことは、英文の各段落の一文目(topic sentence)はその段落の要点である可能性が高いということでしょう。

1〜2時間で数百ページの資料に目を通さなければならないというほど切羽詰まった時には、最終手段として各段落の一文目だけを読んでいくという方法もあります。

もちろん理解度は下がりますが、愚直に全文を読んで結局数十ページしか読めなかったという結果に終わるよりは、よほど全体の理解はすすみます。

TOEIC のリーディングでは、全体の大意よりも細目に関する質問が多いのですが、それでもまず見出しや各段落の一文目をざっと押さえ、その文章の目的(宣伝広告、依頼等)を把握した上で、細目に関する質問に答えた方が効果的だと思います。

 

スキャニング(scanning)

スキャニングは、大量の文章から特定の情報を探し出すための技術です。

といっても、そんなに難しい話ではなく、私たちは日常生活においてこの技術をよく使っています。

例えば、家のエアコンが急に動かなくなったとしましょう。おそらく多くの人は、マニュアルを引っ張りだして、トラブル対応のページを探そうとするのではないでしょうか。

その際、マニュアルの1ページ目から一字一句読んでいく必要はもちろんありません。

意識的であれ、無意識的であれ、「トラブル」とか「困ったときは」などという文字を探しながら、パラパラとページをめくっていくことになるでしょう。

この技術は英文読解にも応用可能です。例えば、TOEIC のリーディングセクションで、

Who is Ms. Green?

という質問があったら、漠然と冒頭から読みすすめるよりも、Ms. Green のプロフィールを探すつもりで読みすすめた方が効率的なのは間違いないでしょう。

 

以上、今回はスキミングとスキャニングという英文速読の技術を紹介してみました。

ある意味、楽しむための読書とは対極にある技術ですが、試験対策等いざというときのために知っておいても損はない技術だと思います。


iPhoneアプリ『ロイヤル英文法』のQ&Aを読んでみる

photo credit: luluv1 via photopin cc

iPhoneアプリの『ロイヤル英文法』を試してみたら、思いのほか使用感がよく、触っていて楽しかったので紹介してみたいと思います。

Kindle を始めとする電子書籍が広まりつつある昨今。私も2010年から Kindle 3、昨年末から Kindle Paperwhite を使っています。

しかし内容によって、電子書籍に向いている本と向いていない本があるのもまた事実。

具体的には、辞書や文法書などのリファレンスと現行の電子書籍はあまり相性がよくないと感じています。

電子書籍は、始めから終わりまで内容を順番に読むことには適しているものの、本全体から必要な部分を探し出すことには適していないからです。

おそらくこの問題をクリアしたときに、電子書籍の新しいステージが始まるのではないでしょうか。

一方 iPhone アプリで文法書を読む場合、紙の本のようにパラパラとめくることはできないものの、Kindle に比べれば画面遷移は速いですし、検索機能を利用することもできます。

例えば、検索窓に who と入れれば、本文中に who を含む文法項目が一覧表示されるのです。

これは紙の本にはない優れた特徴と言えるでしょう。調べたい内容が決まっているとき、紙の本よりアプリの方が早く探し出せるというケースもあるのではないでしょうか。

 
さて『ロイヤル英文法』は、日本語で書かれた英文法書としては定番の一冊で、私も学生のころからよくお世話になっています。

母語でこれだけの情報量を持った英文法書を読むことができるというのは、考えてみると非常に幸運なことだと思います。

この本はもちろんリファレンスとして傍らにおいておき、何かわからないことがあるときに参照するという使い方がもっとも一般的でしょう。

あるいは英語を専門にしたいというような人は、最初から最後まで通読することもあるのかもしれません。

そこまでではないものの、英語やことばが好きという人におすすめしたいのが、本書の「Q&A」を通読すること

「Q&A」では、英語を学んでいる人が学習の過程で感じる典型的な疑問を100編のコラム形式にまとめてあります。例えばこんな内容。

地球は1つしかないのになぜ固有名詞でないのか?
nice he(すてきな彼)と言えるか?
can と be able to は同じ意味か?

これがとても面白く、昔、このコラムだけを拾い読みしたことを覚えています。

今回紹介した『ロイヤル英文法』のアプリでは、「Q&A一覧」というページから、コラムの目次をこのように見ることができます。

特に調べたいことがなくても、読むだけで新しい発見がありますので、ぜひご覧になってみてください。おすすめです。

 
ロイヤル英文法改訂新版 ロイヤル英文法改訂新版
価格: ¥1,500(記事公開時)
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 教育
App Storeで詳細を見る

 


フィンランド語学習記 vol.69 − 部屋とサウナ

photo credit: gak via photopin cc

6月は単語力強化月間ということにしました。

これまでに教室で習った単語の総復習に加え、新しい単語もどんどん覚えていく予定。

とはいえ、初期に扱った単語を久しぶりに復習すると、結構忘れていたりします。

そして先日は、教室を休んでしまったときに授業で扱った部屋の名前を覚えようとして悪戦苦闘していました。

そのあたりの単語を紹介してみたいと思います。

フィン
1 keittiö キッチン
2 makuuhuone 寝室
3 työhuone 仕事部屋
4 lastenhuone 子供部屋
5 olohuone 居間
6 kylpyhuone 浴室
7 vessa トイレ
8 eteinen 玄関
9 vaatehuone 衣装部屋
10 vierashuone 客間
11 parveke ベランダ
12 terassi テラス
13 sauna サウナ

 
こうして見ると[-huone]という語尾の形が繰り返し出てくることに気が付きます。

huone は「部屋」を意味するフィンランド語の単語です。

それがわかると、huone と組み合わさっている部分の意味を日本語訳から推測することができます。

調べてみたところ、こんな感じになっていました。

makuu(寝ること)+ huone(部屋)= makuuhuone(寝室)
työ(仕事)+ huone(部屋)= työhuone(仕事部屋)
lapsi(子供)+ huone(部屋)= lastenhuone(子供部屋)
olo(存在)+ huone(部屋)= olohuone(居間)
kylpy(浴槽)+ huone(部屋)= kylpyhuone(浴室)
vaate(衣装)+ huone(部屋)= vaatehuone(衣装部屋)
vieras(知らない)+ huone(部屋)= vierashuone(客間)

部屋らしい部屋の中では、keittiö(台所)と sauna(サウナ)のみ[-huone]が付いていません。

固有の単語が存在するということは、それだけフィンランドの人の生活にとって意味のある場所なのかなとも思います。

特に sauna は、私たちがフィンランドという名前から連想するものの一つであり、間違いなく日本で(世界で?)もっとも知られたフィンランド語でしょう。

sushi が世界中で sushi であるように、sauna も世界中で sauna なのだと思います。


フィンランド語の単語を紹介するiPhoneアプリ『Finnish Word of the Day』

photo credit: Pörrö via photopin cc

以前のエントリーで、1日1語フィンランド語の単語を紹介する『Finnish Word of the Day』というブログを紹介したことがあります。

フィンランド語の単語を紹介するブログ『Finnish Word of the Day』 | Fragments

本日は全く同名の iPhone アプリをご紹介。

こちらもその名のとおり、アプリを起動すると、毎日異なるフィンランド語の単語とその英訳を表示してくれます。

実際の画面はこんな感じ。edustaa は、to represent(代表する)という意味の動詞です。

1日1語とは言っても、画面下部の Previous と Next をタップすれば、過去や未来の単語も見ることができます。

翌日以降の分も見ていくと、こんな単語が並んでいました。

フィン
tanssiaiset dance, ball
sinne (to) there
rahaton moneyless
hedelmä fruit
juttu story, thing
hetkinen moment
tori market

 
最近、習ったばかりの hetkinen が出てきました。moment(わずかの間)という意味の単語で、会話の間を埋めるための filler としても使えます。

A: Paljonko kello on?(何時ですか)
B: Hetkinen… Se on yhdeksän.(えーっと、9時です)

このアプリで表示されるのは1対1の単語のみ。解説や例文はありません。

実際これだけで単語を覚えるのは大変なのですが、アプリを開いたときに知っている単語が出てくると「おっ!」と少し嬉しくなります。

そんな使い方もあるので、iPhone ユーザーの方はホーム画面の片隅に置いておくのもよいかもしれません。

 
Finnish Word of the Day Finnish Word of the Day
価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 教育, 辞書/辞典/その他
App Storeで詳細を見る

 


フィンランド語学習記 vol.68 − 序数の名前

photo credit: Jon McGovern via photopin cc

数字も10,000くらいまでなら、何とか言えるようになりつつあるこの頃。

また新たなハードルが登場しました。そう序数の名前です。

序数というのは、英語で言うところの first, second, third。すなわち順番を表す数詞ですね。

教室ではまだ習っていないものの、時々見かけるようになったので調べておくことにしました。

まずは1から10までを見てみたいと思います。

基数 序数
1 yksi ensimmäinen
2 kaksi toinen
3 kolme kolmas
4 neljä neljäs
5 viisi viides
6 kuusi kuudes
7 seitsemän seitsemäs
8 kahdeksan kahdeksas
9 yhdeksän yhdeksäs
10 kymmenen kymmenes

 
こうして見ると、1と2がずいぶん派手に変化しています。

特に1は「いったい何があったんだ?」というくらいの変わりようですね。

ちょっと気になったので、近隣の言語も含めて基数の1と序数の1を比較してみました。

基数1 序数1
英語 one first
ドイツ語 eins erste
フィンランド語 yksi ensimmäinen
エストニア語 üks esimene
フランス語 un premier
ラテン語 ūnus primus

*ドイツ語は女性形、フランス語・ラテン語は男性形のみ表記。

どの言語でも基数の1と序数の1は大きく異なっているので、これはフィンランド語特有の現象ではないようです。慣れるしかないということなのでしょう。

一方『フィンランド語文法ハンドブック』を見てみると、こんな記載も。

話しことばでは eka「1番目の」、toka「2番目の」という語も使われます。また vika「最後の」という語もあります。

P.170

なるほど。eka なら簡単なのですが、もちろんそれだけという訳にはいきません。

とはいえ、3以上は法則性のある変化なので、覚えるのにそれほど大変ということはないでしょう。

まずはほっと一息というところです。


フィンランド語学習記 vol.67 − 通貨の名前

以前のエントリーで、フィンランド語の値段の言い方を紹介しました。

[参考]フィンランド語学習記 vol.58 − 値段はいくら? | Fragments

例えば、こんな表現。

Kuinka paljon tämä maksaa?(これはいくらですか)
Se maksaa 120 markkaa.(120マルッカです)
*kuinka(どのくらい)、paljon(多く)、tämä(これは)、maksaa(支払う)、se(それは)

現在、フィンランド語教室で使っている教科書(Suomea Suomeksi)では、ユーロ(euro)が導入される前のフィンランドの旧通貨単位マルッカ(markka)が使われています。古い教科書なので、旧通貨のままになっているとのこと。

それではフィンランドの近隣諸国の通貨はどのようになっているのでしょうか? 気になったので少し調べてみました。

 

フィンランド近隣諸国の通貨単位は?

一般に北欧と言うと、スウェーデン、フィンランド、ノルウェー、デンマーク、アイスランドの5か国を指しますが、この中でユーロに加入しているのはフィンランドだけです。

調べてみるまで、全く知りませんでした。他の4か国はクローネ(クローナ)という通貨単位を採用しています。

正確には、ノルウェーとデンマークではクローネ、スウェーデンとアイスランドではクローナと呼んでいるようです。

フィンランド語で表記すると kruunu となります。

フィン
kruunu クローネ(クローナ)
punta ポンド
rupla ルーブル
dollari ドル
jeni

 
イギリスのポンドは punta、ロシアのルーブルは rupla

ドルや円は、外来語の印である[-i]を付けて、dollarijeni になります。

 

13,570円か、135円70銭か

現在は円安の影響もあり、1ユーロは130円程度。

私たちがヨーロッパやアメリカで買い物をするとき、そこで飛び交う数字はせいぜい数百といったところでしょうが、外国の人が日本で買い物をするときには数万という数字が飛び交うことになります。

慣れていないと値段のやりとりをする際は、結構大変なのかもしれません。

初心者の場合、フィンランド語で kolmetoistatuhattaviisisataaseitsemänkymmentä と言われても、13,570という数字がアタマに浮かぶまでには時間がかかってしまいます。

日本語の場合もおそらく同じでしょう。

これを解決するには、現在の10,000円を100円にするというようなデノミネーションを行うほかありません。

その結果、ユーロにおけるセントのように、補助通貨として「銭」が復活することになるのだと思います。

いったいどちらが便利なのでしょうか?


cialis viagra online accutane